スプレッド シート クエリ。 スプレッドシート関数(SUM、SUMIF、SUMIFS、AVERAGE)の便利な使い方|戦略的営業代行のセレブリックス

スプレッドシートのQUERY関数を使う最初の一歩!クエリを理解する

スプレッド シート クエリ

Googleスプレッドシートとは? 表計算ソフトといったら、ほとんどの人がマイクロソフトのExcel(エクセル)を思い浮かべると思います。 その他にも、フリーソフトの表計算ソフトやキングソフトのExcel互換製品などもありますが、ビジネスの世界でExcelが事実上の標準になっていることもあり、表計算ソフトといえば、ほぼExcelを指すのが実態です。 こうした状況はいまでも変わりませんが、じわじわと人気を高めているのが「」です。 Googleスプレッドシートとは、検索で有名なグーグルが開発した表計算ソフトで、Googleアカウントを持っていれば誰でも無料で利用できます。 できることもExcelと似ています。 たとえば、Excelと同じように関数や式を使って数値を自動的に計算したり、グラフを作成したりできます。 もちろん、請求書や名簿などを作成して印刷することもできます。 また、Excelとのある程度の互換性も持っています。 たとえば、簡単な表であれば、Excelで作った表をGoogleスプレッドシートに読み込んで編集することもできます。 では、ExcelとGoogleスプレッドシートは何が違うのでしょうか? 以下では、主な違いについて説明していきましょう。 これがGoogleスプレッドシート。 グーグルが作った表計算ソフトです。 できることもExcelと似ています。 Excelのファイルを読み込んで編集することも可能です。 ただし、完全な互換性があるわけではありません Googleスプレッドシートを利用するにはインターネットが必要? ExcelはWindowsアプリケーションです。 このため、Windowsにインストールして利用します。 これに対して、GoogleスプレッドシートはWebアプリケーションです。 Webアプリケーションは、Webブラウザで動作するアプリケーションのことで、基本的な仕組みは通常のWebサイトと同じです。 このため、インターネットに接続できるパソコンとWebブラウザがあれば、Googleスプレッドシートはどこからでも利用することができます。 逆にいうと、インターネットがないとGoogleスプレッドシートを利用することはできません。 この点は、インターネットがなくても利用できるExcelとの大きな違いです。 ただし、Googleスプレッドシートには、インターネットがなくても特定のファイルを編集できるようにする機能が用意されています。 具体的には、Googleスプレッドシートのファイル一覧の画面で、ファイル右端のボタンをクリックし、メニューの[オフラインで使用できるようにする]をオンにします。 これで、そのファイルはインターネットがなくても編集できるようになります。 なお、この機能を利用するには、WebブラウザにGoogle Chromeを使って、「Googleオフラインドキュメント」という拡張機能をインストールしておく必要があります。 「Googleオフラインドキュメント」は、からインストールできます。 ファイル名の右端にある三点アイコンをクリックし、[オフラインで使用できるようにする]をオンにする GoogleスプレッドシートはGoogleドライブと一体化している? グーグルは、クラウドにファイルを保存できるクラウドストレージサービスとして「」を提供しています。 これは、マイクロソフトのにあたるサービスです。 Googleスプレッドシートは、このGoogleドライブと一体化しています。 具体的には、Googleスプレッドシートで作成したファイルは、自動的にGoogleドライブに保存されます。 また、Googleドライブ上で、Googleスプレッドシートのファイルを新規作成することもできます。 なお、Googleドライブと一体化しているのは、Googleスプレッドシートだけではありません。 ワープロの、プレゼンソフトのも、Googleドライブと一体化しています。 ファイルを保存するGoogleドライブとファイルを作るソフトを一体化することで、より利便性を追求しているわけです。 Googleドライブはグーグルが提供するクラウドストレージサービスです。 [新規]ボタンをクリックすると、Googleスプレッドシートのファイルを新規作成できます。 ワープロのGoogleドキュメント、プレゼンソフトのGoogleスライドも同じです Googleスプレッドシートのファイルはパソコンやタブレット、スマートフォンで表示・編集できる? Googleスプレッドシートで作ったファイルは、Googleドライブに保存されます。 このため、インターネットが使えれば、その他のパソコンやタブレット、スマートフォンからもアクセスできます。 実際に、グーグルはおよびのGoogleスプレッドシートのアプリを提供しています。 iOS用はApp Store、Android用はGoogle Playからインストールして利用できます。 このように、さまざまな端末を使って、さまざまな場所から同じファイルにアクセスできるのは、Googleスプレッドシートの非常に大きいメリットになっています。 iPhone用のGoogleスプレッドシートのアプリ。 iPhoneでGoogleスプレッドシートのファイルを表示・編集できます Googleスプレッドシートは複数人による同時編集が得意? Googleスプレッドシートには、複数人での同時編集が得意です。 Googleスプレッドシートで作ったファイルは、Googleドライブに保存されます。 つまり、クラウド上に保存されているので、そのファイルに、複数の人が離れた場所からアクセスし、同時に編集することができるのです。 この仕組みを使えば、たとえば請求書を作るとき、Aさんが商品名と個数を入力し、Bさんが商品の一覧表を確認しながら単価を入力して、請求書を完成させるといったことも可能です。 また、チャット機能もあるので、同じ請求書を見ながら、「この商品の単価を確認して!」とか「正式な商品名を教えて!」といったやりとりを、リアルタイムで行うことも可能です。 Excelでも同様のことは可能ですが、手軽さはGoogleスプレッドシートの方が優れていると思います。 Googleスプレッドシートは1つのファイルに複数人で同時にアクセスして、同時編集することもできます。 チャット機能でコミュニケーションしながら作業することも可能です Googleスプレッドシートは基本的には無料? 価格についても触れておきましょう。 まずExcelですが、こちらは有料のソフトです。 Officeのプレインストールされたパソコンやパッケージを購入したり、Office 365というクラウドサービスを契約して、はじめて利用することができます。 これに対して、Googleスプレッドシートは、Googleアカウントを持っていれば、基本的には無料で利用できます。 ただし、「」という企業向けのサービス(マイクロソフトのOfficeに相当します)を利用している場合は、その料金がかかります。 Googleスプレッドシートの特徴を活かす使い方は? Googleスプレッドシートの表計算ソフトとしての実力は、ビジネスで十分活用できるレベルです。 そう書くと「Excelとどっちがいい?」と考えたくなりますが、両者は排他的ではありません。 Excelは実績のあるソフトで、仕事はもちろん、他の会社とデータをやりとりするときも必ず必要になります。 したがって、Excelのスキルは間違いなく必要です。 一方、Googleスプレッドシートは、いつでもどこからでもアクセスできて、共同編集もできます。 これはクラウドのメリットそのもので、それを活かすならGoogleスプレッドシートは最適です。 というわけで、両方をうまく活用するのがいちばんいいと思います。 ビジネスの現場を見ると、やはりExcelをメインにして、共同編集したいときなどにGoogleスプレッドシートを使うのが、バランスがよいと思います。 ただし、最近はスタートアップ企業などを中心に、Googleスプレッドシートをメインに活用して、他の企業とやりとりするときにExcelを使うといった逆転現象も起きているようです。 いずれにしても、これからは「Excelだけ使えれば十分!」とはいえなくなりそうです。 ぜひ、Googleスプレッドシートを試してみて、その活用を検討してみてください。 「Google スプレッドシートの使い方」のおすすめ記事• 【関連記事】•

次の

【GAS】QUERY関数を使って複数シートの情報を統合する

スプレッド シート クエリ

今回はGoogleスプレッドシートのハイパーリンク機能についてご紹介します。 スプレッドシートにおけるハイパーリンク機能とは、特定のセルにハイパーリンクを設定することで特定のセルから指定した場所へ移動することができる機能です。 例えば、特定のセルにGoogleトップページのリンクを設定します。 設定後は、特定のセルを選択するとGoogleのトップページへ移動する事ができます。 説明だけですとわかりにくい箇所もあると思いますので実際に作業してみましょう。 まずはGoogleスプレッドシートをひらきます。 どこでもよいのでセルのひとつを選択し文字を入力します。 文字を入力後、セルを選択したまま挿入タブのボタンを押します。 挿入タブを押下すると挿入タブにおけるメニューの一覧が表示されます。 続いてメニューの下側にあるリンクボタンを押します。 ボタンを押した後、リンク先を設定するメニューが表示されます。 テキストにはセルに入力された文字列が表示されています。 リンクには何も表示されていません。 このリンクのテキストボックスにURLを入力します。 入力したURLがセルをクリックしたときに移動する先となります。 リンクにURLを入力し終えたら適用ボタンをクリックします。 適用ボタンを押すと、選択したセルの文字列が青色になっていることが確認できます。 これでハイパーリンクの設定は完了です。 早速試してみましょう。 特定のセルにカーソルをあわせて、文字列をクリックすると指定のホームページへ移動しました。 無事にハイパーリンクの設定ができていることが確認出来ました。 作業の効率化を行う場合、普段アクセスするURLをまとめてハイパーリンクの設定をしておくことで、多くのページに遷移することなく、少ないクリック回数で多くのホームページへ移動し、必要な情報を取得する事ができます。 次は、対象のセル範囲へ移動する設定方法についてご説明いたします。 スプレッドシートのハイパーリンクで対象のセル範囲へ移動 スプレッドシートのハイパーリンクでは対象のサイトへ移動するだけでなく、同じスプレッドシートの対象セル範囲に移動するように設定させることも可能です。 この機能の活用例といたしましては、ハイパーリンクのテキストにより入力者に入力して欲しい情報について記載します。 そしてハイパーリンクにより入力範囲を明示することにより入力者の入力忘れを防止します。 具体的に霊を挙げさせて頂きますと、ハイパーリンクのテキストで交通費の申請をお願いしますと設定します。 その一方で、ハイパーリンクの移動先には交通費申請における入力必須項目についてセルの範囲設定をしておきます。 このようにGoogleスプレッドシートのハイパーリンクにおけるセル範囲の設定を活用することで入力者および管理者の業務効率化をはかることができます。 それでは実際にGoogleスプレッドシートのハイパーリンクにおけるセル範囲設定を行ってみましょう。 まずはGoogleスプレッドシートを開きます。 その後、任意のセルに何らかの文字を入力します。 ) その後、挿入タブをクリックすると挿入メニューの一覧が表示されますのでリンクボタンを押してください。 リンクボタンを押しますと、新たに画面が表示されます。 テキストとリンクを入力する事ができます。 テキストは先ほど入力した文字が表示されていますのでここではリンク先を入力します。 先ほどと違うポイントとして、リンクのボックスを選んだ際にリンクを追加するセルの範囲と表示がされるのでセル範囲を指定したい場合はこちらの項目をクリックしてください。 ここでリンクを追加するセルの範囲を選択し、対象のセルを指定すると、セルを押したときに指定したセルの範囲へ移動することができます。 下の画像をセル範囲をリンク先へ指定した時のイメージです。 Googleスプレッドシートのハイパーリンクを用いてリンク表を作成する 記事の上段で説明させて頂いたリンクの一覧を作成してみましょう。 仕事でもプライベートでも参照するホームページはある程度固定化されています。 お気に入りに設定することでホームページを移動することも可能ですが、スプレッドシートにハイパーリンクをまとめることによってさらなる効率化につながります。 それでは実際に作業してみましょう。 今回は新聞社のホームページへのハイパーリンクについて表に纏めてみたいと思います。 最初に日経新聞社へのハイパーリンクを作成します。 ハイパーリンクの作成は先ほどご説明しましたが、復習のためにもう一度説明させていただきます。 挿入ボタンをクリックするとメニューが出てきますので、リンクボタンを押します。 リンクに係る画面が表示されますので、テキストに日経新聞社が表示されていることを確認します。 確認が完了しましたらリンクの項目に日経新聞社のURLを設定します。 1社ではありますが、これで新聞社のリンク表が部分的に作成出来ました。 この作業に続いて違う新聞社へのハイパーリンクを作成していきます。 必要な新聞社すべてのハイパーリンクを作成したらリンク一覧の目次が完成します。 Googleスプレッドシートのハイパーリンクの消去方法 作成したハイパーリンクの一覧ですが、業務内容の変更があった場合や対象のサイトについてみることがなくなった場合はハイパーリンクを削除する必要があります。 ここではGoogleスプレッドシートのハイパーリンク削除方法についてご紹介いたします。 まずはハイパーリンクが設定されているセルを選択します。 その後、対象セルの上で右クリックを押し、リンクを解除するとかかれたボタンを押すことによってリンクが解除できます。 一方、ハイパーリンクの削除ではなく、ハイパーリンクの変更を行いたいときは、対象セルの上で右クリックを押し、リンクを編集するの項目を選択します。 そして新たに移動先としたいURLを設定することで表示されている文字を変えずにリンク先のみを変更することができます。 ちなみにではありますが、ハイパーリンクのテキスト及びリンクを完全に削除したい場合は、特定のセルに合わせてdeleteボタンを押下するか、対象の行列を選択して削除してしまえばハイパーリンク及びテキストがすべて削除されます。 まとめ 今回はGoogleスプレッドシートのハイパーリンクについて説明させていただきましたがいかがでしたでしょうか。 記事でご紹介した内容は以下の通りです。 機能自体の派手さはないかもしれませんが、きちんと活用することで毎日の時間を少しずつ創出する事ができます。 ハイパーリンク設定は、はじめの設定が手間になるかもしれませんが、しっかりと対応することで手間が少しなくなりますので気が向いたときにとりかかってみてはどうでしょうか。

次の

外部データ取り込み機能が意外と楽しいGoogleスプレッドシート

スプレッド シート クエリ

Googleスプレッドシートとは? 表計算ソフトといったら、ほとんどの人がマイクロソフトのExcel(エクセル)を思い浮かべると思います。 その他にも、フリーソフトの表計算ソフトやキングソフトのExcel互換製品などもありますが、ビジネスの世界でExcelが事実上の標準になっていることもあり、表計算ソフトといえば、ほぼExcelを指すのが実態です。 こうした状況はいまでも変わりませんが、じわじわと人気を高めているのが「」です。 Googleスプレッドシートとは、検索で有名なグーグルが開発した表計算ソフトで、Googleアカウントを持っていれば誰でも無料で利用できます。 できることもExcelと似ています。 たとえば、Excelと同じように関数や式を使って数値を自動的に計算したり、グラフを作成したりできます。 もちろん、請求書や名簿などを作成して印刷することもできます。 また、Excelとのある程度の互換性も持っています。 たとえば、簡単な表であれば、Excelで作った表をGoogleスプレッドシートに読み込んで編集することもできます。 では、ExcelとGoogleスプレッドシートは何が違うのでしょうか? 以下では、主な違いについて説明していきましょう。 これがGoogleスプレッドシート。 グーグルが作った表計算ソフトです。 できることもExcelと似ています。 Excelのファイルを読み込んで編集することも可能です。 ただし、完全な互換性があるわけではありません Googleスプレッドシートを利用するにはインターネットが必要? ExcelはWindowsアプリケーションです。 このため、Windowsにインストールして利用します。 これに対して、GoogleスプレッドシートはWebアプリケーションです。 Webアプリケーションは、Webブラウザで動作するアプリケーションのことで、基本的な仕組みは通常のWebサイトと同じです。 このため、インターネットに接続できるパソコンとWebブラウザがあれば、Googleスプレッドシートはどこからでも利用することができます。 逆にいうと、インターネットがないとGoogleスプレッドシートを利用することはできません。 この点は、インターネットがなくても利用できるExcelとの大きな違いです。 ただし、Googleスプレッドシートには、インターネットがなくても特定のファイルを編集できるようにする機能が用意されています。 具体的には、Googleスプレッドシートのファイル一覧の画面で、ファイル右端のボタンをクリックし、メニューの[オフラインで使用できるようにする]をオンにします。 これで、そのファイルはインターネットがなくても編集できるようになります。 なお、この機能を利用するには、WebブラウザにGoogle Chromeを使って、「Googleオフラインドキュメント」という拡張機能をインストールしておく必要があります。 「Googleオフラインドキュメント」は、からインストールできます。 ファイル名の右端にある三点アイコンをクリックし、[オフラインで使用できるようにする]をオンにする GoogleスプレッドシートはGoogleドライブと一体化している? グーグルは、クラウドにファイルを保存できるクラウドストレージサービスとして「」を提供しています。 これは、マイクロソフトのにあたるサービスです。 Googleスプレッドシートは、このGoogleドライブと一体化しています。 具体的には、Googleスプレッドシートで作成したファイルは、自動的にGoogleドライブに保存されます。 また、Googleドライブ上で、Googleスプレッドシートのファイルを新規作成することもできます。 なお、Googleドライブと一体化しているのは、Googleスプレッドシートだけではありません。 ワープロの、プレゼンソフトのも、Googleドライブと一体化しています。 ファイルを保存するGoogleドライブとファイルを作るソフトを一体化することで、より利便性を追求しているわけです。 Googleドライブはグーグルが提供するクラウドストレージサービスです。 [新規]ボタンをクリックすると、Googleスプレッドシートのファイルを新規作成できます。 ワープロのGoogleドキュメント、プレゼンソフトのGoogleスライドも同じです Googleスプレッドシートのファイルはパソコンやタブレット、スマートフォンで表示・編集できる? Googleスプレッドシートで作ったファイルは、Googleドライブに保存されます。 このため、インターネットが使えれば、その他のパソコンやタブレット、スマートフォンからもアクセスできます。 実際に、グーグルはおよびのGoogleスプレッドシートのアプリを提供しています。 iOS用はApp Store、Android用はGoogle Playからインストールして利用できます。 このように、さまざまな端末を使って、さまざまな場所から同じファイルにアクセスできるのは、Googleスプレッドシートの非常に大きいメリットになっています。 iPhone用のGoogleスプレッドシートのアプリ。 iPhoneでGoogleスプレッドシートのファイルを表示・編集できます Googleスプレッドシートは複数人による同時編集が得意? Googleスプレッドシートには、複数人での同時編集が得意です。 Googleスプレッドシートで作ったファイルは、Googleドライブに保存されます。 つまり、クラウド上に保存されているので、そのファイルに、複数の人が離れた場所からアクセスし、同時に編集することができるのです。 この仕組みを使えば、たとえば請求書を作るとき、Aさんが商品名と個数を入力し、Bさんが商品の一覧表を確認しながら単価を入力して、請求書を完成させるといったことも可能です。 また、チャット機能もあるので、同じ請求書を見ながら、「この商品の単価を確認して!」とか「正式な商品名を教えて!」といったやりとりを、リアルタイムで行うことも可能です。 Excelでも同様のことは可能ですが、手軽さはGoogleスプレッドシートの方が優れていると思います。 Googleスプレッドシートは1つのファイルに複数人で同時にアクセスして、同時編集することもできます。 チャット機能でコミュニケーションしながら作業することも可能です Googleスプレッドシートは基本的には無料? 価格についても触れておきましょう。 まずExcelですが、こちらは有料のソフトです。 Officeのプレインストールされたパソコンやパッケージを購入したり、Office 365というクラウドサービスを契約して、はじめて利用することができます。 これに対して、Googleスプレッドシートは、Googleアカウントを持っていれば、基本的には無料で利用できます。 ただし、「」という企業向けのサービス(マイクロソフトのOfficeに相当します)を利用している場合は、その料金がかかります。 Googleスプレッドシートの特徴を活かす使い方は? Googleスプレッドシートの表計算ソフトとしての実力は、ビジネスで十分活用できるレベルです。 そう書くと「Excelとどっちがいい?」と考えたくなりますが、両者は排他的ではありません。 Excelは実績のあるソフトで、仕事はもちろん、他の会社とデータをやりとりするときも必ず必要になります。 したがって、Excelのスキルは間違いなく必要です。 一方、Googleスプレッドシートは、いつでもどこからでもアクセスできて、共同編集もできます。 これはクラウドのメリットそのもので、それを活かすならGoogleスプレッドシートは最適です。 というわけで、両方をうまく活用するのがいちばんいいと思います。 ビジネスの現場を見ると、やはりExcelをメインにして、共同編集したいときなどにGoogleスプレッドシートを使うのが、バランスがよいと思います。 ただし、最近はスタートアップ企業などを中心に、Googleスプレッドシートをメインに活用して、他の企業とやりとりするときにExcelを使うといった逆転現象も起きているようです。 いずれにしても、これからは「Excelだけ使えれば十分!」とはいえなくなりそうです。 ぜひ、Googleスプレッドシートを試してみて、その活用を検討してみてください。 「Google スプレッドシートの使い方」のおすすめ記事• 【関連記事】•

次の