富山 コロナ 京都 産業 大学。 京都産業大学欧州旅行に行ったのは誰?顔画像「内定取り消し」で怒りの声続出

京産大生クラスター、大学の感染予防呼び掛けも防げず 自粛に限界「他大学に比べ対策劣らず」と擁護も|社会|地域のニュース|京都新聞

富山 コロナ 京都 産業 大学

学生たちの間で感染が広がった京都産業大(3日午後0時54分、京都市北区) 京都産業大(京都市北区)で発生した感染者集団(クラスター)からの感染が府内外に広がっている。 症状が出にくい若者の行動が招いた事態。 京産大は学生らに海外旅行や懇親会への注意を呼び掛けていたが、防げなかった。 一方で学生らが旅行して帰国した3月前半は政府の取り組みも十分といえず、国内の警戒感が緩んでいた時期でもあった。 京都府と市によると、京産大生に端を発するクラスターは65人(4月3日現在)。 うち府内在住者は43人で、府内感染者全体の約4割を占める。 始まりは、学生4人が3月2~13日、英国やフランスなど欧州5カ国の卒業旅行から帰国したことだった。 京都新聞社の双方向報道「読者に応える」には、「この時期に軽率だ」「自粛すべきだった」との批判が寄せられている。 ただ、外務省ホームページにある新型コロナウイルス感染症に関する入国制限措置などでは、フランスが同17日、EUや英国以外の出身者の入国禁止を発表したが、学生が出国した時点で旅行先には措置が出ていなかった。 同29日、学生の感染者を市役所で発表した門川大作市長は「外務省などのアナウンスに従っての旅行は批判できない」と学生らを守った。 学生4人は3月14日に帰国し、このうち後に感染が判明した3人が19、21、22日、特段の症状もなかったため、二つの卒業祝賀会とサークル懇親会に参加し、同席した別の学生ら26人が2次感染した。 さらに21日の卒業祝賀会に参加し感染していた学生が、23日にあった京都府井手町での交流会に参加したことで、町職員を含む10人以上の3次感染を生み、その家族にまで感染が及ぶ結果となっている。 京産大も、学生の感染防止には取り組んでいた。 中国での感染拡大を受けて1月30日にはホームページなどを通じて中国への渡航中止を求めたほか、他国への渡航についても注意を喚起した。 2月3日には緊急対策本部を設置し、卒業式・入学式の中止を決定。 今回問題となったゼミの卒業祝賀会やサークルの懇親会なども、教員を通じて自粛を呼び掛けていた。 そこに限界はあったが、「他の大学と比べ、京産大の取り組みが劣っていたということはない。 3月の3連休前あたりからは、国内の警戒感が一時、緩んでしまった面もある」(府幹部)。 京産大は「多方面にご迷惑をかけたことをおわびするとともに、罹(り)患された方の一日も早い治癒を祈っている。 京都市をはじめ各自治体と連携し、感染拡大の防止に全力で取り組む」としている。 感染が波及した井手町は、2013年に京産大と包括協定を結んでいる。 人口減少に悩む町を活性化に導く「井手応援隊」として学生が貢献してきた。 地元産の竹で作った灯籠で、町を流れる玉川を照らすイルミネーションイベント「井手!みねーしょん」は14年に始まり、今や町の名物行事に。 17年には町内の古民家を応援隊の活動拠点「むすび家ide」に改修し、子どもたちに勉強を教える「寺子屋」として活用。 19年からは町名物を味わえる「むすび家カフェ」としての営業も始めた。 学生らが給仕し、住民らとの交流を深めており、むすび家カフェ関係者は「『早く復活してね。 あの子らの笑顔見に行くわ』と声をかけてくれる町民もいる。 (この事態を)乗り越えて、今後も学生と頑張りたい」と話していた。 クラスターを早期に封じ込め、今回の事態を教訓に生かすことが行政や大学に求められる。

次の

富山県で初の新型コロナ感染者は京都産業大学の学生から、住所・入院先はどこ?

富山 コロナ 京都 産業 大学

学生たちの間で感染が広がった京都産業大(3日午後0時54分、京都市北区) 京都産業大(京都市北区)で発生した感染者集団(クラスター)からの感染が府内外に広がっている。 症状が出にくい若者の行動が招いた事態。 京産大は学生らに海外旅行や懇親会への注意を呼び掛けていたが、防げなかった。 一方で学生らが旅行して帰国した3月前半は政府の取り組みも十分といえず、国内の警戒感が緩んでいた時期でもあった。 京都府と市によると、京産大生に端を発するクラスターは65人(4月3日現在)。 うち府内在住者は43人で、府内感染者全体の約4割を占める。 始まりは、学生4人が3月2~13日、英国やフランスなど欧州5カ国の卒業旅行から帰国したことだった。 京都新聞社の双方向報道「読者に応える」には、「この時期に軽率だ」「自粛すべきだった」との批判が寄せられている。 ただ、外務省ホームページにある新型コロナウイルス感染症に関する入国制限措置などでは、フランスが同17日、EUや英国以外の出身者の入国禁止を発表したが、学生が出国した時点で旅行先には措置が出ていなかった。 同29日、学生の感染者を市役所で発表した門川大作市長は「外務省などのアナウンスに従っての旅行は批判できない」と学生らを守った。 学生4人は3月14日に帰国し、このうち後に感染が判明した3人が19、21、22日、特段の症状もなかったため、二つの卒業祝賀会とサークル懇親会に参加し、同席した別の学生ら26人が2次感染した。 さらに21日の卒業祝賀会に参加し感染していた学生が、23日にあった京都府井手町での交流会に参加したことで、町職員を含む10人以上の3次感染を生み、その家族にまで感染が及ぶ結果となっている。 京産大も、学生の感染防止には取り組んでいた。 中国での感染拡大を受けて1月30日にはホームページなどを通じて中国への渡航中止を求めたほか、他国への渡航についても注意を喚起した。 2月3日には緊急対策本部を設置し、卒業式・入学式の中止を決定。 今回問題となったゼミの卒業祝賀会やサークルの懇親会なども、教員を通じて自粛を呼び掛けていた。 そこに限界はあったが、「他の大学と比べ、京産大の取り組みが劣っていたということはない。 3月の3連休前あたりからは、国内の警戒感が一時、緩んでしまった面もある」(府幹部)。 京産大は「多方面にご迷惑をかけたことをおわびするとともに、罹(り)患された方の一日も早い治癒を祈っている。 京都市をはじめ各自治体と連携し、感染拡大の防止に全力で取り組む」としている。 感染が波及した井手町は、2013年に京産大と包括協定を結んでいる。 人口減少に悩む町を活性化に導く「井手応援隊」として学生が貢献してきた。 地元産の竹で作った灯籠で、町を流れる玉川を照らすイルミネーションイベント「井手!みねーしょん」は14年に始まり、今や町の名物行事に。 17年には町内の古民家を応援隊の活動拠点「むすび家ide」に改修し、子どもたちに勉強を教える「寺子屋」として活用。 19年からは町名物を味わえる「むすび家カフェ」としての営業も始めた。 学生らが給仕し、住民らとの交流を深めており、むすび家カフェ関係者は「『早く復活してね。 あの子らの笑顔見に行くわ』と声をかけてくれる町民もいる。 (この事態を)乗り越えて、今後も学生と頑張りたい」と話していた。 クラスターを早期に封じ込め、今回の事態を教訓に生かすことが行政や大学に求められる。

次の

コロナ感染の京産大生、富山で「村八分」「父親失職」「家に投石」情報はデマだったのか?

富山 コロナ 京都 産業 大学

富山のコロナ感染が爆サイで特定? 富山でコロナ感染者が出たのですが、その中の一人目の感染者とされる京都産業大学卒業生とされる20代女性が爆サイと言う地域密着型の掲示板で特定されたと言われています。 実際にどうなのか調べた所、名前を文中に隠されたり伏せ字にされていたりはされている為、確証が取れるものではないものの「袋井泉希」と言う名前が浮かび上がる様なものは確認出来ました。 友人を名乗る人やそれらしい目撃証言が出て来ているものの、井戸端会議レベルのものが殆どで実際に有用なソースは確認出来ていないレベルではあります。 報道等で名前が出る等の確証が得られる情報がない事から、あくまで地域の噂レベルに捉えた方がいいかもしれませんね。 スポンサードリンク 袋井泉希は誰? 袋井泉希は誰かどうかですが、爆サイの情報が正しければ京都産業大学卒業生とされる20代女性とされます。 実際にそれらしい名前のアカウントのSNSアカウントを確認は出来ましたが、アカウントを非公開にされており、本当に同一人物なのかどうかは不明な状況です。 名前が出てしまったことによっていわれもない誹謗中傷を避ける為にアカウントを非公開にした可能性もありそうですね。 同一人物かどうかも不明な状況ですし、SNS上で同じ名前を見かけたらと言って安易に誹謗中傷を浴びせたり絡んだりはしない様にしましょう。 特に富山の一人目のコロナ感染の京都産業大学卒業生とされる20代女性は自粛ムードの中で祝賀会に参加されていたとして叩かれやすい要素もある為、特に気をつけるべきです。 スポンサードリンク まとめ 富山でコロナ感染が確認出来た京都産業大学卒業生とされる20代女性が、爆サイと言うコミュニティサイトで特定された噂ですが、掲示板を探してみると文中に「袋井泉希」と文字が浮かび上がる様な物は確認出来ました。 ただ、確定的なソースは存在せず、あくまで井戸端会議レベルのものですので鵜呑みにせず、拡散等はしない様にしましょう。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の