ポケモン こらえる。 こらえる

きしかいせい

ポケモン こらえる

きしかいせいは、ポケモンの技の一種。 説明文 たたかうわざ ・ じぶんの たいりょくが すくないほど てきに おおきなダメージを あたえる ちからを ふりしぼって こうげきする。 じぶんの HPが すくないほど あたえる ダメージが おおきい。 ・・・・ ちからを ふりしぼり こうげきする。 じぶんの HPが すくないほど わざの いりょくは あがる。 漢字 力を ふりしぼり 攻撃する。 自分の HPが 少ないほど 技の 威力は あがる。 コンテストわざ 1ばん さいごに アピールすると アピールが すごく うまくいく さいごの アピールで ひょうかが 2ばいに なる。 最高で威力200となりをも凌駕する。 単体で使うのではなく、、などでを1にして使用するのが一般的。 その際を発動させればより多くのに対処できる。 におけるきしかいせい HPが少ない時に使うのダメージが増える、という効果のとして登場する。 におけるきしかいせい PP17。 正面の敵を攻撃する。 自分の残りHPが少ないほどダメージが増える。 効果は救助隊と同じだが、HP減少により増えるダメージ量が変わった。 またPP12となった。 威力について• に当たらない のみ•

次の

きしかいせい

ポケモン こらえる

ただし、連続して使用すると失敗しやすくなる。 が高い。 1度だけ妨害を受けない。 こらえるは、ポケモンの技の一種。 説明文 たたかうわざ ・ そのターンで こうげきを うけても かならず たいりょくが 1のこる こうげきを うけても HPが かならず 1だけ のこる。 れんぞくで だすと しっぱい しやすい。 ・・・・ こうげきを うけても HPを かならず 1だけ のこせる。 れんぞくで だすと しっぱい しやすい。 漢字 攻撃を 受けても HPを 必ず 1だけ 残せる。 連続で だすと 失敗しやすい。 コンテストわざ ほかの ポケモンに おどかされても 1ど くらいは がまんできる その ターンでは ボルテージが ふえなく なる。 このつぎの アピールを おわりの ほうに だすことが できる。 漢字 この次の アピールを 終わりの方に だすことが できる。 わざマシン・わざレコード• 以外は、・のわざマシンで覚えることができる。 わざマシンの使用できないポケモンと・ ガラルのすがた 以外は、のわざレコードで覚えることができる。 以外は、で覚えることができる。 こんなときに使おう やといった、HPが下がると効果が発動する技・アイテムとのコンボが基本。 ただし特に第四世代以降はが普及しているため成功させるのは難しい。 を始めとする低レベル戦においては、等の固定HP回復アイテムを持たせておけば、HPが半端に残っていてもこの技で攻撃を耐え、発動によって全回復を狙うことができる。 におけるこらえる 「コインを1回投げオモテなら、次の相手の番、ワザのダメージで 自分の残りHPがなくなった場合、 自分は きぜつせず、残りHPが「10」になる。 」という効果のワザとして登場する。 ポケモンによっては、ゲームとは異なり 相手にダメージを与えられる。 におけるこらえる 一定ターンの間こらえる状態になり、その間にダメージを受けてもHPが必ず1残る。 その場合「たおれそうだったが、なんとかこらえた! 」とメッセージが出る。 におけるこらえる ポケモン エフェクト 使用者 初出話 備考 攻撃を受け止め、投げ飛ばす。 わざの初出 備考• 行動がそのターンで最後の場合、必ず失敗する 以降。 以下の状況が考えられる。 他のポケモンがしたとき。 他のポケモンがなどの優先度の高い技で先に行動したとき。 でこらえるを出したとき。 連続で使用するとが下がる。 ・の選択をこらえる同士の間に挟んだ場合も連続使用と見做され、成功率が下がる。 ・・で動けなかったターンを挟んだ場合は連続使用とは見做されず、成功する。 こらえるが成功した後に・・・・・・を連続で使用した場合、は低くなる。 これらの技が成功した後にこらえるを使用した場合も成功率が低くなる。 ではこらえると・を連続で使うと成功率が低くなる。 以降ではこらえるの後に・を使っても必ず成功するが、ワイドガード・ファストガードの後にこらえるを使うと成功率が低くなる。 失敗した場合や連続で使用しなかった場合は、次に使用するときの成功率が元に戻り、必ず成功する。 を含むにも有効。 やと異なりを受けても持ちこたえる。 きあいのタスキを持っていた場合でも技の効果が優先されるため、タスキは消費されない。 1ターンに複数の相手から攻撃を受けたとしても全ての攻撃を持ちこたえる。 持ちこたえることが出来るのは相手がによるダメージのみ。 や、やなどのダメージを受ける状態変化、、など、ターン終了時に受けるダメージ、の火花によるダメージは耐えられない。 ・のダメージは、まで耐えることができない。 以降は耐えることができる。 の攻撃を受けた場合、空中にいる間にこらえる状態が解除されるため、フリーフォールのダメージや2ターン目以降に受ける攻撃技のダメージを耐えることはできない。 連れ去られたターンにこらえるを使用していた場合、そのターンのみ受ける攻撃を耐えることができる。 連れ去られて動けなかったターンを挟んだ場合、こらえるの連続使用回数はリセットされ、次のターンはこらえるや上記成功率が下がる技も確実に成功させることができる。 ・で選ばれない。 でコピーできない。 では状態のポケモンが使用した場合、必ず失敗する。 で使うと評価が下がる。 これ以上は下がらない。 連続で使うごとに成功率は半減していく。 下限はない。

次の

ガルーラ : 【チイラ解禁】こらえるガルーラ

ポケモン こらえる

ただし、連続して使用すると失敗しやすくなる。 が高い。 1度だけ妨害を受けない。 こらえるは、ポケモンの技の一種。 説明文 たたかうわざ ・ そのターンで こうげきを うけても かならず たいりょくが 1のこる こうげきを うけても HPが かならず 1だけ のこる。 れんぞくで だすと しっぱい しやすい。 ・・・・ こうげきを うけても HPを かならず 1だけ のこせる。 れんぞくで だすと しっぱい しやすい。 漢字 攻撃を 受けても HPを 必ず 1だけ 残せる。 連続で だすと 失敗しやすい。 コンテストわざ ほかの ポケモンに おどかされても 1ど くらいは がまんできる その ターンでは ボルテージが ふえなく なる。 このつぎの アピールを おわりの ほうに だすことが できる。 漢字 この次の アピールを 終わりの方に だすことが できる。 わざマシン・わざレコード• 以外は、・のわざマシンで覚えることができる。 わざマシンの使用できないポケモンと・ ガラルのすがた 以外は、のわざレコードで覚えることができる。 以外は、で覚えることができる。 こんなときに使おう やといった、HPが下がると効果が発動する技・アイテムとのコンボが基本。 ただし特に第四世代以降はが普及しているため成功させるのは難しい。 を始めとする低レベル戦においては、等の固定HP回復アイテムを持たせておけば、HPが半端に残っていてもこの技で攻撃を耐え、発動によって全回復を狙うことができる。 におけるこらえる 「コインを1回投げオモテなら、次の相手の番、ワザのダメージで 自分の残りHPがなくなった場合、 自分は きぜつせず、残りHPが「10」になる。 」という効果のワザとして登場する。 ポケモンによっては、ゲームとは異なり 相手にダメージを与えられる。 におけるこらえる 一定ターンの間こらえる状態になり、その間にダメージを受けてもHPが必ず1残る。 その場合「たおれそうだったが、なんとかこらえた! 」とメッセージが出る。 におけるこらえる ポケモン エフェクト 使用者 初出話 備考 攻撃を受け止め、投げ飛ばす。 わざの初出 備考• 行動がそのターンで最後の場合、必ず失敗する 以降。 以下の状況が考えられる。 他のポケモンがしたとき。 他のポケモンがなどの優先度の高い技で先に行動したとき。 でこらえるを出したとき。 連続で使用するとが下がる。 ・の選択をこらえる同士の間に挟んだ場合も連続使用と見做され、成功率が下がる。 ・・で動けなかったターンを挟んだ場合は連続使用とは見做されず、成功する。 こらえるが成功した後に・・・・・・を連続で使用した場合、は低くなる。 これらの技が成功した後にこらえるを使用した場合も成功率が低くなる。 ではこらえると・を連続で使うと成功率が低くなる。 以降ではこらえるの後に・を使っても必ず成功するが、ワイドガード・ファストガードの後にこらえるを使うと成功率が低くなる。 失敗した場合や連続で使用しなかった場合は、次に使用するときの成功率が元に戻り、必ず成功する。 を含むにも有効。 やと異なりを受けても持ちこたえる。 きあいのタスキを持っていた場合でも技の効果が優先されるため、タスキは消費されない。 1ターンに複数の相手から攻撃を受けたとしても全ての攻撃を持ちこたえる。 持ちこたえることが出来るのは相手がによるダメージのみ。 や、やなどのダメージを受ける状態変化、、など、ターン終了時に受けるダメージ、の火花によるダメージは耐えられない。 ・のダメージは、まで耐えることができない。 以降は耐えることができる。 の攻撃を受けた場合、空中にいる間にこらえる状態が解除されるため、フリーフォールのダメージや2ターン目以降に受ける攻撃技のダメージを耐えることはできない。 連れ去られたターンにこらえるを使用していた場合、そのターンのみ受ける攻撃を耐えることができる。 連れ去られて動けなかったターンを挟んだ場合、こらえるの連続使用回数はリセットされ、次のターンはこらえるや上記成功率が下がる技も確実に成功させることができる。 ・で選ばれない。 でコピーできない。 では状態のポケモンが使用した場合、必ず失敗する。 で使うと評価が下がる。 これ以上は下がらない。 連続で使うごとに成功率は半減していく。 下限はない。

次の