比嘉 大吾 試合。 比嘉大悟の現在2020年は復帰したけどやっぱり引退?!今後の行方はどうなるのか!

比嘉大吾

比嘉 大吾 試合

プロボクシングの元WBC世界フライ級王者の比嘉大吾(24)=白井・具志堅スポーツ=の復帰戦(2020年2月13日、東京・後楽園ホール)の対戦相手が、ジェイソン・ブエナオブラ(25)=フィリピン=となり、8回戦で行われることが27日、わかった。 所属ジム関係者が明かした。 19日に、試合が119ポンド(約53・97キロ=スーパーバンタム級相当)契約のノンタイトル戦で行われることは発表されていたが、対戦相手と何回戦で行われるかは未定となっていた。 比嘉は所属ジムを通じ「約2年ぶりの試合が決まりました。 応援してくださっている方、お世話になった方のためにも、今自分にできる全てを出して頑張ります!」とコメントしていた。 ブエナオブラのプロ戦績は14戦7勝(3KO)4敗3分け。 すべての試合を母国で闘っており、3度フィリピン国内のタイトルマッチの経験がある。 スーパーフライ級やバンタム級が主戦場で、身長168センチのサウスポー。 比嘉は18年4月、WBC世界フライ級3度目の防衛戦の前日計量で、リミットの50・8キロを900グラム超過。 世界戦で日本選手初の計量失格となり、王座を剥奪された。 その後、ボクサーライセンス無期限停止処分を受け、復帰の場合は1階級以上階級を上げることを義務とする異例の条件を課された。 今秋に処分が解除され、現在はWBC世界バンタム級7位にランクインしている。 プロ戦績は16戦15勝(15KO)1敗。 プロデビュー戦から15戦連続KO勝利の日本記録を持つ、強打が武器の身長161センチの右ファイター。

次の

比嘉大吾の現在がヤバイ!井上尚弥との意外な関係とは?

比嘉 大吾 試合

表情が冴えないのは仕方ないかな。 ロサレスはチャンスとばかり恐れずジャブを出してきます。 比嘉もパンチを当てているがグイグイロサレスがパンチを出しておりポイントはロサレス。 両者、大きなダメージはありません。 ただ比嘉の元気はないですね。 【2R】 ジャブの差し合いはややロサレス。 ただ比嘉のボディがヒットしているので長引けばチャンスもありそう。 減量失敗に置ける比嘉の耐久力も心配だけど・・・。 本来なら恐れられる比嘉の強打もロサレスはチャンスとばかり自信を持っている様子。 クリーンヒットはないけれど、やっぱり比嘉はバテてるのかな? ポイントはロサレス。 【3R】 比嘉は早く決めたいのか大振りで倒しにいく。 ただロサレスは全く引かない。 自信を持ってジャブを打ち込んできます。 比嘉のボディやストレートも当たっているから倒せそうだけど、比嘉の耐久力がどこまで戻っているか。 比嘉も倒れてもおかしくないくらいもらっています。 減量失敗で複雑な思いだけどやっぱり勝って海外進出してほしい。 ポイントは五分。 【4R】 ロサレスの手数がポイントを奪う。 比嘉のボディもいいからダメージは与えているはずだけど。 普段の比嘉なら身体で負けないんだけど押し勝てない。 ロサレスのストレートがクリーンヒットすることが増えてきた。 ポイントはロサレス 【4Rまでの途中採点】 37-36 比嘉 39-37 ロサレス 39-37 ロサレス 【スポンサードリンク】 【5R】 足を止めての打ち合いが続くがロサレスの手数が有効。 普段の比嘉の印象が強いから攻めきれない雰囲気はあるけど大差はない。 終盤、比嘉のボディにロサレスが怯むがポイントはロサレスか。 どちらにしてもKOは近そう。 【6R】 ロサレスのアッパーと比嘉のボディ、どちらが先に倒すかという展開。 両者ともダメージが蓄積されてきた。 ややロサレス有利か。 比嘉ピンチ。 ロサレスのクリーンヒットを相当もらっている。 かつてないピンチだけど比嘉の耐久力は・・・。 相当もらってるよ。 減量失敗でこれだけの耐久力は驚きです。 【7R】 よほど形勢が逆転しない限りポイントでは勝てない。 もう倒さないと。 でも結構もらってるね。 コンディションを考えてタオル投入もあるかも。 比嘉のパンチも当たってるんだけどね。 やっぱりパンチに力が入らないのかな。 終盤、比嘉のボディ、フックで反撃。 被弾は相変わらずだけどまだまだ勝負はわからない。 ポイントはロサレス。 【8R】 ロサレスの手数が減らないね。 いい選手。 比嘉は強打を返すけど倒さない限りはポイントはロサレス。 ラウンド終盤、決死の打ち合い。 比嘉のチャンスもあるがロサレスの気合が上回る。 比嘉も捨て身だが、ロサレスも全力で応戦。 決してペースを握らせない。 いよいよやばいかな。 8Rまでの採点は2-0でロサレス 76-76 77-75 ロサレス 79-73 ロサレス 【9R】 ロサレスの勢いは止まらない。 すごい気合。 ダウンはないが、ここで陣営がストップ。 異国の相手ながら根性と熱さが伝わり素直におめでとうと言える王座奪取。 比嘉は処分もあるだろうけどこの試練を乗り越えて帰ってきてほしい。 勝者:ロサレスのコメント 敗者:比嘉大吾のコメント (具志堅会長のコメント) すいません。。。 (減量のダメージを考えて)2・3Rで止めるつもりだった。 本人にも伝えていた。

次の

比嘉大吾の現在がヤバイ!井上尚弥との意外な関係とは?

比嘉 大吾 試合

TOKYO, JAPAN — OCTOBER 22: Daigo Higa R of Japan celebrates his win over Thomas Masson of France during their WBC flyweight title bout at Ryogoku Kokugikan on October 22, 2017 in Tokyo, Japan. 対戦相手は未定。 試合は契約体重119ポンド(スーパーバンタム級)の8回戦とのこと。 は、2018年4月の防衛戦の前日計量で900グラムの体重超過により、王座を剥奪、試合では9回TKO負け。 計量失格により、JBCからライセンスの無期限停止処分が下された。 本人も公の場からは姿を消していたが、最近はSNS等で練習を公開しており、復帰が待ち望まれていた。 2019年12月20日ボクシングニュース 12月21日アメリカ・フェニックスで試合が行われるジェイコブスvsチャベスjrの前日計量が行わた。 ジェイコブス=167. 8 lbs チャベスjr=172. チャベスjrのファイトマネーは300万ドル。 この試合はで22日に11時から独占ライブ配信される。 セミファイナルにはWBCフライ級王座決定戦マルチネスvs比嘉に勝利したロサレスがセットされている。 167. 8 lbs? 172. 7 lbs Who wins Friday night? 情報: アルツール・ベテルビエフ(ロシア)は、2019年10月19日に当時WBC同級王者の無敗グウォジクと対戦し、ベテルビエフが10ラウンドTKO勝利を収めIBF・WBC統一王者となった。 IBF1位ファンロン・メン 中国 は、16勝10KO無敗1無効、2019年6月にアダム ディーンズ 独 とIBFインターコンチネンタルマッチを行い3-0判定勝ちを収め、2019年10月にアメリカでTKO勝利、IBF1位となった。 世界4階級制覇王者のマイキーは、2019年3月に5階級制覇王者を目指しIBF世界ウェルター級王者のエロール・スペンス・ジュニアと対戦するが、3-0判定負けを喫し初黒星を喫した。 今回ウェルター級で2戦目となり、スペンス戦でみせたタフネスと、2戦目でパワーや技術がウェルター級に適応した状態であれば、期待できる。 2階級制覇王者ジェシー・バルガスは、2016年3月にサダム・アリとWBOウェルター級王座決定戦で王座獲得、2016年11月アジアの英雄パッキャオに判定負け王座陥落、その後2勝2分け、2018年4月には4階級制覇王者ブローナーと引き分けている実力者である。

次の