除菌ジェル 100均。 アルコール液のメーカーに聞いてみた!100円容器に入れていい?ないときの代わりは?

エタノールの容器にPPや100均は?確実なスプレーボトルは?

除菌ジェル 100均

100均のプラスチックの「スプレーボトル」はアルコール消毒液を入れても大丈夫?• 100均に「消毒液対応」の容器はある?• ボトルで買った「 消毒用エタノール」や「 無水エタノール」で手作りした消毒液。 「100均のスプレーボトルに詰め替えて使えるかなぁ?」と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。 「 代わりの容器」についても書いています。 ぜひ参考になさってください。 「100均のスプレー容器」にアルコール消毒液を入れてもいいのか? 家で使っている100均のスプレー(プラスチック製)。 材質表示がなく、使えるか分からない物もありますよね。 ということで、「100均スプレーはアルコール消毒液を入れてもいいのか?」100円ショップに行って調べてみました。 100均のほとんどはPETのスプレーだった 調べた結果、100均商品のほとんどが、写真のような材質「 PET」でした。 PETとは?アルコールNGな材質(プラスチック) PETとは、ポリエチレンテレフタラートといい、アルコールに弱い材質。 残念ながら、アルコール消毒液には不向きでした。 アルコールに耐久できる材質(プラスチック)は何? ちなみに、アルコールに耐久できる材質は、主にPE(ポリエチレン)、PP(ポリプロピレン)、PVC(ポリ塩化ビニル)などがあります。 しかしながら、 「PE・PP」とあっても、注意事項には「 水以外は使えない。 アルコール不可」と書いてあったり。。。 表面に「アルコール可」とあっても、裏面には「高濃度はダメ」と書いてある商品もありました。 【容器の異変】• ひび割れる• 変色する• 溶ける アルコールに弱い材質だと、「ひび割れてしまったり、色が変わったり、溶けだしたり」などの問題が生じるようです。 どれくらいの期間で劣化するのかは分かりません。 短期間なら大丈夫かもしれません。 でも、もしプラスチックが溶けた液で、手の消毒をしたとしたら、、、と想像すると、「 健康被害」が心配ですよね。 結論:アルコール対応か分からないときは控えた方がいいかも 「破損や変形」は目に見えるからすぐやめれる。 でも、もし「溶けた」場合は目に見えないから気づかず使ってしまいそう。 どんなリスクがあるか分からない。 高濃度のアルコール対応か確認できないときは、「手の消毒用に使うのは、なるべく控えた方がいいのかな」と個人的には思いました。 100均には「アルコール消毒液」に使えるスプレー容器もある! 中には、「アルコール消毒液」に対応しているスプレー容器もあります! こちらはダイソーの商品です。 注意書きに「構造上100%ではない」と記載があるけれど、飛行機など気圧の低い場所以外なら大丈夫。 問題なく使えると思います。 今は需要が高まっているので、入荷してもすぐ売り切れてしまうみたい。 欲しい方は、こまめにチェックしてみるといいですよ。 化粧水やシャンプーなど「詰め替え容器」のコーナーにありました。 アルコール消毒液「何に入れたらいい?代わりの入れ物はある?」 もしアルコール対応のプラ容器が手に入らない場合、「 何に入れたらいいのか」困ってしまいますよね。 「代わりにできる入れ物はありますか?」 消毒液を製造販売している会社に、直接聞いてみました。 <関連記事> メーカーの方によると、専用のプラ容器がないときは「 ガラス容器」に入れるとよいそうです。 蓋は ステンレスがいいとのこと。 アルミの蓋の場合は、「長時間浸水させなければ、大丈夫でしょう」とのことでした。 ガラスの瓶なら、100均に沢山あるので助かりますね。 100均・ガラス容器に入れての使い方 ガラス容器は、できれば口が狭い方が使いやすいかなと思います。 消毒するときは「 ガーゼやコットン」に含ませて。 消毒綿にしてしまえば、手に付けやすくいい感じです。 100均の「ガラスアトマイザー(香水スプレー)」・消毒容器に使える 私は携帯用として、100均のガラスアトマイザー(香水スプレー)を活用しています。 小さいもので5ml、大きいもので30mlくらいの容量。 (写真左・大きいのは、セリアの商品) 量が少ないと気休めにはなりますが、買い出しなど、ちょっとの外出には重宝します。 スプレー容器に落下対策をしておこう ガラスアトマイザーは薄くて割れやすいです。 なので、落下対策に「 マスティングテープ」で巻くといいですよ。 私は昔、2回ほど落として割りました。 職場でしたので、ささっと片付けできたけど、もし別の出先だったらと思うとヒヤッとします。 保護しておけば、「ガラスの飛び散り」を防止できるので、気持ち的に安心。 もしもの時のために、ひと手間加えておきましょう。 100均に売ってます。 最後に 100均のスプレー容器についてご紹介しました。 専用のプラ容器がなくて大丈夫。 ガラス容器に保存できると知れば、気持ち的にほっとしますね。 買えないときには、ガラス容器で代用してみてください。 いい容器が見つかりますように。 【関連記事】 この記事がお役に立ちましたら、ポチっとお願いします。

次の

アルコール消毒液の詰め替え容器100均のボトルで大丈夫?素材や材質の選び方は?

除菌ジェル 100均

100円で購入できる消毒液と聞くと気になるのはその効果ですよね。 消毒液は、手指を消毒したり、例えば赤ちゃんが使うおもちゃなどを消毒するのに使ったります。 それなのに、消毒ができなくては意味がありませんよね。 実際に消毒できているかどうかは目で見てわかるものではんないので、余計に不安に思う方もいますよね。 そこで気になるのが100円の消毒液の効果です。 実際に100円の消毒液を使う方も実は多いんです。 飲食店やスーパーなどの入り口によく置いてある消毒液ですが、実はここに100円の消毒液を使っている方が多いんです。 もしかすると、皆さんは知らない間に100円の消毒液を使っているかもしれませんね。 ネットでも調べてみると、100円の消毒液が使える!などの声も多くありました。 なので、100円の消毒液でもしっかり効果があるといえるでしょう。 消毒用エタノールとは? そもそも消毒用エタノールと除菌用アルコールとは何か違いがあるのでしょうか?一見どちらも消毒をするアイテムのように思いますが、ふと考えると2つの違いが気になりますよね。 消毒用エタノールと除菌用アルコールの違いは何かについて詳しく見ていきましょう。 消毒用エタノールとは、実はアルコールの一種なんです。 一方、「アルコール」は「エタノール」を含めたアルコール類の総称のことをいうそうです。 エタノールは身近なものではお酒にも入っているんですよ。 エタノールの性質としては、消毒作用です。 これは皆さんも知っている通りですね。 エタノールには、細菌を殺す性質があるため、消毒用エタノールとしてよく使われています。 また、エタノールには、水にも油にも混ざりやすい性質もあるため、掃除用品などにも含まれていることも多いです。 そのため、消毒目的で使われる以外にも、掃除目的として使われることもあります。 このダイソー商品は、携帯用のアルコール消毒スプレーです。 3プッシュ程度を手のひらにスプレーするだけで、手指全体の消毒をすることができますよ。 細菌やウィルス対策にもおすすめです。 何より携帯用なので非常にコンパクトで、持ち歩きにも大変重宝します。 外出先でもしっかり消毒したい方にはおすすめの消毒用エタノールですね。 しかもこの商品は、速乾性に優れているのででベタつかず、保湿成分としてヒアルロン酸が配合されているのでお肌にも優しいです。 100円なのにこのクオリティには驚きますね。 CLハンドジェルは水が不要で、指先にすりこむことでしっかり消毒することができるジェルタイプの消毒液です。 外出先でも使いやすいコンパクトサイズなので収納スペースの場所もとりません。 100均のCLハンドジェルは、レモンの香りがついているので、気分をリフレッシュしたい時などにもおすすめですよ。 アルコール臭が苦手な方は要注意かもです。 コンパクトなので自宅でも使いやすいのが魅力です。 テーブルの横やキッチンの横にも置いておくと便利かもしれませんね。 キッチンわまりは特に菌が多く潜んでいるので、こまめに除菌してあげることが大切です。 キッチン周りの消毒となると、専用の洗剤などを使う必要があるので何かとお金もかかるし面倒に感じる方も多いですよね。 そんな時に消毒用エタノールが大活躍します!消毒用エタノールを使って最後にシンクを拭き上げたり、まな板につけてある程度時間を置くだけでしっかり除菌することができます。 これなら家にあるもので簡単にキッチン周りの除菌ができますよ。 キッチン周りの除菌だけでなく、シンクの掃除にも使えるのが消毒用エタノールです。 シンク周りはもちろんですが、水道の蛇口に水が跳ねて水垢の汚れになることもありますよね。 早めのうちに掃除することで綺麗に汚れを落とすことができるのもこの消毒用エタノールのすごいところです。 オフィスでの身の回りの掃除にも.

次の

100均のおすすめ無水エタノールと消毒液《ダイソー・セリア》使い方も!

除菌ジェル 100均

アルコールジェルなのに香りがついている? 今回試しに購入してみたのは、 『洗浄ハンドジェル』というもの。 家庭や病院などの医療機関で使われているアルコールジェルは無香料のものがほとんどだが、こちらはシークワーサーの香りがついているという珍しい特徴を持っている。 チューブに入っていて、見た目はハンドクリームそのものだ。 裏の説明書きを読んでみると、 ジェルを手に馴染ませてから、 清潔な布等で拭いてくださいと書いてある。 ササっと手に塗って、はい終了~。 じゃダメなのかな? なんていう疑問を持ちつつも、チューブから中身を出してみた。 確かにジェル状ではあるけど、思ってたよりかなり柔らかめのテクスチャーだ。 油断すると、手からこぼれ落ちちゃいそうなくらいに。 で、一番気になっていた香りを確認。 …このにおい、どっかで嗅いだことがあるような… おぼろげな記憶を手繰り寄せて導き出した答えは、 柑橘系の入浴剤!! もうほんと自分でも何て陳腐な例えなんだろうって思うけど、入浴剤の香りにそっくりすぎて、それしか思い浮かばなかった。 私の語彙力ではこれぐらいの表現が精一杯なので、どうかご勘弁を。 シークワーサーの爽やかな香りのなかに、ほんのりアルコールが漂ってくるけれど、残り香はそこまで強くなく。 ゆるめのジェルだからか比較的スーッとお肌になじませることができるし、ベタつきも思ったほど気にはならないが、先ほどの説明書きにあった通り、最後の仕上げに布やティッシュなどでひと拭きしたほうが、よりサラっとした感触になる。 個人的には、なかなか使い心地が良いなと思った。 お肌を守る成分も入っていて女性にはうれしいかも! ついでに成分表をチェック! 成分一覧: エタノール、水、シイクワシャー果実エキス、ヒアルロン酸Na、グリセリン、BG、カルボマー、TEA、ベンザルコニウムクロリド、ポリエチレン、ヒドロキシプロピルセルロース、エチルセルロース、香料 化粧品に使われている保湿成分としておなじみの ヒアルロン酸Naや、お肌を守る成分 セルロースが配合されている。 ちなみにシークワーサーのエキスも保湿成分のひとつらしい。 なので、敏感肌の方でも使いやすいのではと思う。 私も時々、アルコールを使うと手荒れしてしまうことがあるけれど、今のところ、こちらを使っていて目立った肌トラブルは無いので。 香りがついているので、特にお子様とか女子たちが好みそうな感じだし、ハンディタイプで手軽に持ち運びができるから、外出先で手洗いができないときにも重宝しそう。 ちなみに香りのラインナップは、シークワーサーのほかにも• フローラルの香り• サクランボの香り• リンゴの香り といった感じで、全4種類あった。 サクランボは山形、リンゴは青森、シークワーサーは沖縄と、国産の成分が使われているというのも安心できるポイントだと思う。 これできっと、いつでもどこでも清潔な手をキープできるはず! もちろん100円なので、ぜひ気軽に試してみてほしい。

次の