フェア トレード と は。 フェアトレードを理解するためのおすすめの書籍・DVD

フェアトレードの推進/札幌市

フェア トレード と は

フェアトレードの歴史 ・ フェアトレードの動きの原型と言えるものは、1940年代のアメリカで始まった。 あるアメリカ人女性が貧困地域の手工芸品をアメリカで販売し、その利益を生産者へ還元したというもの(のちに、テンサウザンド・ビレッジズという組織へ発展)。 フェアトレードの考え方が出来上がったのは、第二次世界大戦後の1960年代ヨーロッパ。 東欧の経済復興を目的に、農産物や手工芸品を市場価格よりも高値で取引して生産者の自立を促すという考え方が生まれた。 その後、フェアトレード制度は欧米を中心に広く普及していった。 ・ 1986年に日本で最初にフェアトレード事業を始めたのは、途上国から輸入した工芸品や食品を取り扱う「第3世界ショップ」。 その後、1990年代になるとフェアトレード商品を取り扱う団体が次々登場し、日本全国で店舗が展開されるようになった。 ・ フェアトレードで主に扱われるのは、コーヒーやカカオ、コットン、茶など、発展途上国で生産されるもの。 農産物以外にも、サッカーボールのように、発展途上国で製造される工業製品も対象である。 製品あるいは団体について認証・認定を受けているものと、認証・認定は受けていないが企業が独自にフェアトレードを宣言し、展開しているものがある。 フェアトレードには基準となる法律がないため、企業や団体による独自の展開が可能となっている。 フェアトレードが必要とされる背景 ・ フェアトレードが必要とされる背景には、主に以下のような発展途上国の状況がある。 25ドル(極度の貧困ライン)未満で生活する人は世界の20%、2ドル未満で生活する人は40%以上。 そのうちの大部分はアフリカ、南アジア、東アジアの発展途上国が占める。 これらの国々では、先進国向けに農産物や衣類・アクセサリーが生産されたり、宝石などの原料が産出されたりしている。 先進国の不況に伴う人件費、生産費用の削減は、こうした発展途上国に影響を与え、貧困を加速させている。 そうした子供は、教育を受ける機会を与えられないまま、過酷な労働を強いられている。 ・ こうした発展途上国の窮状をもたらす原因の一つは、途上国・先進国間の取引が先進国側の経済に左右され、公正でないという問題にある。 そこでフェアトレードでは、先進国と発展途上国の間で、ビジネスパートナーとして公正な取引を行う。 生産者側(発展途上国)は、手仕事によって先進国側に製品を提供する。 対して先進国側は、製品に見合った適正な対価と生産者の生活に合った賃金を支払い、発展途上国側の生活の向上に役立てることを目指す。 また、技術指導を行ったり、生産者組合を組織させて生産力や取引における交渉力向上の支援を行ったりすることもある。 このように、与えるだけの支援ではなく、発展途上国側の生産者らの自立を、フェアな取引から支えていこうとするのがフェアトレードの考え方である。 ・ フェアトレードは、環境保護も目的としている。 代表例がコットン。 発展途上国のコットン農場では、国際的に使用が禁止されている危険農薬が使われている場合があり、環境に深刻な影響を与えているほか、生産者の健康被害や中毒死も引き起こしている。 そうした状況を踏まえ、フェアトレードでは、環境と生産者の健康保護のためオーガニックコットンの栽培を推進している。 フェアトレードが受ける批判 ・ フェアトレードは、サプライチェーンマネジメントの中では本来当然のことであるはずだ、という意見。 フェアトレードの対象はどうやら「途上国限定」なパターンが多いようです。 ただ、フェアトレードは本来「商売で当然すべきこと」であり、フェアトレードをしたからといって、ソーシャルビジネスになる、とは思えません。 「フェアトレード始めました!」みたいのも本来はおかしいですよね。 じゃあ、今まで犯罪スレスレの商取引してきたいんか、みたいな。 (引用元:BLOGOS|) ・ バングラデシュ産の素材を使って高品質なバッグを現地生産し、日本で販売しているマザーハウスの創業者山口絵理子氏は、フェアトレードだからといって質の良くないものを「援助」の気持ちで購入するというのはあるべき姿ではなく、顧客満足こそが究極の援助につながると主張する。 (大学時代に初めてフェアトレードという言葉を聞いたとき)初めはとてもよいアイデアだと思いましたが、そこで販売されている商品を見ると、質は良くないけれど、かわいそうだから買ってあげるんだろう、というものばかり。 (中略) お客さまの満足があって初めて生産者の生活がある。 最上位の目的は「顧客満足」で、だから品質を上げようと思う。 それができるのはNGOではなくて、民間企業なんです。 書籍は、フェアトレードは多くの企業がプロモーションのように取り組んでいるが以下のような問題があると指摘している。 フェアトレードビジネスをうたっている先進国の大企業の商品の原料が、実際はフェアトレードになっていない現状があると指摘しています。 現地の生産者の賃金に行くまでにお金が吸い取られ、実際は生産者に十分な賃金がわたっていない場合もあるそうです。 また、フェアトレード商品として定められた基準があっても、お金にならないために、実際の生産者側は危険を冒して材料を調達している場合もあるようです。 (引用元:Timeless Edition|) (参考) Wikipedia| Timeless Edition| ACE| FAIRTRADE JAPAN| 第3世界ショップ| BLOGOS| PHP Online 衆知| イオン| KALDI COFFEE FARM| studyhacker.

次の

フェアトレードのメリットと問題点とは何か?どんな歴史があったのか?

フェア トレード と は

5月の第2土曜は、世界フェアトレード・デー。 つくる人も、買う人も、文化や立場の違いを超えて、世界中でいっせいにこの日を迎えます。 5月9日に「世界フェアトレードデー エシカルな暮らしが未来をつなぐ」を 世田谷キャロットタワーで開催予定でしたが、 新型コロナウイルス感染拡大防止のため開催は中止となりました。 この緊急事態でさまざまな影響を受け、 苦難や悲しみの中にいる方々に、心からお見舞い申し上げますとともに、 医療や福祉、教育や行政の現場に従事する方々に思いを馳せ、感謝と応援の気持ちを捧げます。 そして今、私たちは、Stay Home の状況の中でも、 未来に希望がもてること、笑顔になれること、明日の元気に繋がること、 とにかく前進していこう!と知恵を寄せ合い、この3つのWEB企画を考えました。 こちらのイベントは終了いたしました! 大変な中、参加していただいたレストラン・カフェの皆さま、スタンプラリーに参加いただいた皆さまありがとうございました。 \\\当選者決定/// こちらの5名の方が当選されました。 おめでとうございます!! K. Tさん(世田谷区) A. Yさん(文京区) K. Kさん(世田谷区) K. Yさん(世田谷区) Y. Nさん(世田谷区) 当選者の皆様には、いただきましたメールアドレスへ当選者通知をお送りし、6月19日に発送しております。 また、追加で6名の方にサンクス賞 フィリピンのジュースパックをアップサイクルしたブックカバー、 FTTSオリジナルコーヒー をご用意いたしました。 サンクス賞の当選の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。 チョコとクランベリーのベーグルパン:国産小麦の美味しさが引き立つむっちりした生地に、甘酸っぱいクランベリーとほんのり甘めのチョコチャンクが相性抜群。 アーモンドとコーヒーのクッキー:アーモンドたっぷりの生地に、ほろ苦いフェアトレードインスタントコーヒーを散りばめた、さくさくのクッキーは、やめられない美味しさ。 ここ千歳船橋で気づけば10年が経とうとしています。 よそ行きではない、身近なおやつ屋さんとして、みなさんに愛されてきました。 おやつの甘さは全体的に控えめです。 粉、砂糖、油脂などは、出したい味、食感に合わせて使い分けています。 添加物は極限まで減らす、もしくは不使用です。 素材のもつ味わい、季節ごとの味わい、楽しんで欲しいです。

次の

日本のスーパーマーケットで「フェアトレードコーヒー」が売れるわけがない!って話

フェア トレード と は

では、 日本でも、もっとスーパーマーケットにフェアトレードコーヒーを置けばよいの!?というと、それはまた違うような気がします。 実際、FLOラベル付きのコーヒー豆とかも売ってますけど、スーパーでコーヒーを買う行為は、コーヒー屋からしたら、なかなか勇気のいることだと思うのです。 というのも、 ・「有機ブラジル」とかって情報がざっくりしている ・賞味期限が1年もあるから少し不安(いつ焙煎したんだろう?ってなる) ・フェアトレードラベルが貼ってあっても、生産地の背景がよくわからない などなど なので、ぶっちゃけスーパーでコーヒー買っている人は、コーヒーが好きだと思いますけど、それほど頓着はないんだと思います(スーパーでコーヒーを買うなんてけしからん、っていう話ではありません。 ) でも、スーパーマーケットでコーヒー買う人は、コーヒーだったらなんでもいいのか?というと、もちろん、そういうわけではありません。 実際、今ではうちのコーヒーしか飲まないという私の友人(私がまだコーヒー屋になる前からの付き合い)は、いつもドラッグストアでマキ〇ムの「イタリアンロースト」っていうコーヒーを買っていました。 コーヒーの仕事に携わる前から、ドラッグストア(及びスーパーマーケット)でコーヒーを買う発想がなかった私は、その友人に 「なんでそのコーヒーを買っているの?」 と聞いたら、 「(ドラッグストア及びスーパーマーケットの商品の中で)いろいろ試したけど、このイタリアンローストが一番おいしいよ」 と言っていました。 なので、単に安いとか、手軽に買える、とかではなく、スーパーマーケットのコーヒーコーナーの中で、マキ〇ムの「イタリアンロースト」は選ばれしコーヒーだったのです。 何が言いたいかといえば、 「コーヒーは毎日飲むくらい好き!」 「周りが引くくらいコーヒーが好き!」 という人も多いわけです。 その友人もそうでした。 さらに、 「近くに入りやすい自家焙煎店があれば、そこでたまには買うかもしれないけど、近くにそういうお店もないし、スーパーマーケットに行けば、ほぼ確実に手に入る購入のしやすさから、スーパーマーケットでコーヒーを買っているだけ。 」 という感じもうなずけます。 そして、よく行くスーパーマーケットやドラッグストアで、自分の好みコーヒーを見つけているのです。 それは、 「他にめっちゃ美味しいコーヒーがあるかもしれないけど、同じ量で倍以上価格が違っても、自分は倍以上の価値(差)を感じることはできないと思う。 だってそこまで「通」じゃないし・・・」 と、言う人もいるかもしれません。 これはあくまでも想像ですが・・・。 スーパーマーケットだと、フェアトレードのコーヒーは一般的なコーヒーに比べて200円~300円くらい値が張ります。 スーパーマーケットで、マイルドブレンドとイタリアンローストの差額が、例えば50円くらいだとしたら、50円余分に払ってでも、イタリアンローストにする、という人はいるけれど、200円~300円余分に払って、「敢えてフェアトレードコーヒーにする」、という人は、日本にはあまりいないでしょう。 だからこその「日本:年間購入金額79円」なわけで・・・。 でもきっとイギリスではいるんですね。 「200円~300円しか」違わないのであれば、フェアトレードの物を選ぶよ!という人が。 はっきり言ってスーパーマーケットで売っている200g、740円のフェアトレードコーヒーよりも、豆乃木のオンラインショップのメキシコ・マヤビニックコーヒーの方がその1. 5倍高いです。 でも、受注焙煎だし、好みのロースト度合いをある程度選べるし、誰がどこで作って、どんな人が販売しているかもわかるし、無農薬だから安心だし、ってことで皆さん、その1. 5倍を支払ってお求めいただいているのでしょうか?それに、フェアトレードみたいだし・・・・ってことを評価していただいているかもしれませんが。 なぜ手にしていただけるのか、とても有り難く、そして不思議でもあります。 ありがとうございます! ここからはあくまで私の想像の中ですが、スーパーマーケットでフェアトレードコーヒーを買うイギリス人は、フェアトレードありき、で購入しているのだと思うんです。 もちろん、数多くのフェアトレードコーヒーの中から、お気に入りのテイストを見つけているとは思うのですが、でも初めに「フェアトレードありき」で選んでいる・・・。 でも多くの日本人は違う。 自分の求めている風味、 価格、 コンセプトetc・・・をシビアに選択します。 その中で選ばれるものがたまたま「フェアトレード」のものだった、という具合が、日本で、フェアトレードを普及させようと思ったら、一番しっくりくる。 だとすると、たまたま手に取れる場所に、フェアトレード商品を置く努力をするしかないのでしょうね。 私だったら、買わないもの。 ) では、 「200g 500円のコーヒーをフェアトレードで作れるのか?」 現状の品質のものを提供する、というのでは、絶対に無理。 無理 無理 無理!!! でも、 お客様が必要とする「価値」に沿った、買い求めやすい状況を作る努力は、もっともっと必要だと思う。 今はそれしか言えないけれど。 「なぜ日本でフェアトレードの購入が広がらないのか。 そのためにはどうすれば良いのか?」 重要な問いを思い起こさせていただいたことに、改めて感謝です。

次の