きらら 炎上。 今日好き きららちゃんが炎上!?理由は嫌いでアンチ増加?継続理由はのあのあルート!?

なぜkirara(みよくきらら、宮脇星)は炎上したのか?徹底分析

きらら 炎上

で放送の大人気恋愛リアリティーショー 「今日、好きになりました。 」に第20、21、22弾出演の 明空星(きらら)ちゃんと21、23弾出演の 植村颯太(そうた)くんの付き合ってると思われる写真が流失し炎上してしまっている騒動について そうたくんがSNSにて「僕たちは付き合ってません」と宣言し謝罪しました。 炎上騒動 詳しくはこの記事で説明しています。 お互い「今日、好きになりました。 」に出演している きららちゃんと そうたくんの2人は Twitter、インスタグラム、TikTokなどのSNSで「付き合ってるのでは?」 と思わせる投稿が多くありました。 ファンからの質問に対し2人は否定もせず認めもしない状態が続いていました。 1月3日に そうたくんがインスタグラムのライブ放送にてファンからの「付き合っているの?」という質問に対し 「付き合っていない。 片想いしているだけ。 」と説明しました。 その後すぐに きららちゃんが そうたくんの腕を噛んでいる2ショットが流出し、 説明もなかったため、さらに炎上してしまっていました。 きららちゃんも23日、自身のSNSにてこの炎上騒動の真相を説明し謝罪しています。 そうたくんが謝罪 ご迷惑をお掛けして大変申し訳ございませんでした。 — 植村 颯太 そうた souta11260911 きららとの件について 説明遅れて申し訳ございません。 この件で不快に思われたり、たくさんの人にご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんでした。 きららがインスタのストーリーで説明した通り、僕たちは付き合っていません。 僕の価値観などでファンの皆様にご心配や、ご迷惑をおかけし、不快に思われるような行動をとってしまい、本当に申し訳ございませんでした。 以後は1つ1つの行動に自覚をもち、行動していこうと思います。 今後とも応援の方よろしくお願い致します。 Twitterより そうたくん きららちゃん共に付き合っている事を完全に否定し 誤解させる行動をとったことに対し謝罪しています。

次の

【緊急速報】ヘイト発言で炎上したきらら漫画「本日わたしは炎上しました」、打ち切りになってしまう(画像あり)

きらら 炎上

で放送の大人気恋愛リアリティーショー 「今日、好きになりました。 」に第20、21、22弾出演の 明空星(きらら)ちゃんと21、23弾出演の 植村颯太(そうた)くんの付き合ってると思われる写真が流失し炎上してしまっています。 SNSでの匂わせ Twitter、インスタグラム、TikTokなどでファンが2人は付き合っているのではないか? と思わせる匂わせが多くありました。 例えば毎日一緒にいたり、ファンに「きららちゃん気になっているの?」という質問に対しの否定しない返信だったりと・・・ 「今日、好きになりました。 」での旅以外で恋愛にファンからは「今までの旅はなんだったの?」 という声が多く寄せられています。 そうたが片想い? みよくきららと植村そうた、やっぱり付き合ってたんですね。 今日好きでプライベートで会うの禁止説とかそれもあってルール違反になっちゃうからそうたが片思いしてる設定にしてるんじゃない??? これ、みよくきららの裏垢にあった画像らしくて腕噛んでる動画もあったらしいです — 今日好き【ネタバレ】 KYOUSUKI123 そうたくんが きららちゃんに片想いしていると言って数日後、 きららちゃんが そうたくんの腕に噛み付いている写真が流出してしまいました。 2人から流出しているこの写真について未だ説明が何もないことにファンは「裏切られた」と感じる人が多いようです。 「今日、好きになりました。 」に出演し知名度も人気もあるだけに、炎上騒動へとなってしまっています。 匿名で簡単に誹謗中傷できてしまう現代。 問題があったらネット上で叩かれてしまう世界を選んだとはいえ、2人はまだ高校生ということも考え、2人を尊重する行動をとることも必要だと感じました。 23日、2人はこの炎上騒動について説明と謝罪をしました。

次の

きららとよりひとが炎上|のあちゃんが浮気?りったろやそうたまで巻き添えに!

きらら 炎上

概要 作者はどげざ氏。 『』2018年4〜8月号で連載(最初の3話はゲスト掲載扱いで、7月号から2話分は正式連載の扱い)。 まさかの 美少女系というな題材を扱ったストーリー漫画であった。 全5話で 詳しくは後述。 どげざ氏は過去のツイートで「 今流行りの動画サイトで美少女が活躍するとっても健全!かわいい!まさにきらら!といった作品になっています!みんな読んでね!!」と発言しているが、主人公が「 動画投稿のネタとして花壇を踏み荒らす」「 動画投稿者の家に爆竹を投げ込む」といった不穏な言動を行うなど、おおよそ「 きらららしくない」作風であった。 あらすじ ハンドルネーム「カナエル」こと由愛カナエは動画配信サイト「MeTube」で大物ミーチューバーになるのが夢の女子高生。 クラスメイトの原クロイに協力してもらい、チャンネル開設までは漕ぎ着けたが登録者数は伸び悩んでいる。 そこで、一気にバズろうと画策するのだが…… 登場人物 由愛カナエ(ゆめ カナエ) 主人公。 大物ミーチューバーの「」に感化されて「カナエル」というハンドルネームでミーチューバーデビューした。 容姿端麗なのだが クロイ曰く黙っていれば美人 悪知恵が働き、キタピンの自宅に爆竹を投げ込もうと考えるなど炎上という形で動画再生数を稼ごうとする。 原クロイ(はら クロイ) カナエの友人。 雇われでチャンネルのアシスタントをしている。 カナエの犯罪スレスレの奇行に突っ込むなど常識人ではあるが、アイを口車に乗せて脱衣動画を投稿させようとするなど腹黒い一面がある。 思井アイ(おもい アイ) キタピンを様付けで呼ぶ程の熱狂的ファン。 父親が薬品会社の社長で、そこのバイトとして置き薬の点検をしている中でキタピンの自宅を知ったのをきっかけに彼をしている。 アイドル系ミーチューバー「あいあい」として活動しており、フォロワー数10万人 クロイ曰くカナエの10倍 の人気者でもある。 カナエの炎上商法を阻止しようとするが、爆竹の件を「 キタピンにネタを提供する」と捉えるなど。 まさかの作者が炎上、そして打ち切り 2018年5月の余命ブログ騒動に起端する通報祭りの一環で、同年6月には漫画家やラノベ作家のヘイトツイート発掘運動も発生した。 その流れを受けて本作の作者であるどげざ氏も問題発言を発掘され、炎上。 漫画のタイトルを作品より先に作者自身が回収してしまうというまさかの珍事が発生した。 少なくともや製品、受給者、への攻撃的発言や不特定多数の議員を帰化人と決め付けての中傷を行っていたことが確認されており、アカウント取得から 炎上前までは約8,600あった総ツイート数がお詫び文を出した後に約1,200へ激減した。 近年では上記の通り著名人の過去のやが掘り返されて炎上するという事件も珍しくなくなってきているのだが、氏の場合は 炎上商法で人気獲得を目論むという作品の主題とタイトルが本人の惨状にあまりに皮肉にマッチしていたため、特に知られるところとなった。 (J-CASTニュース) 炎上による芳文社の対応 掲載誌のきららMAX編集部は翌日の6月26日午後、ニュースサイトの取材に対して 「現時点では、これ以上の対応は考えていない」と答えていた。 しかし騒動の翌月に出た9月号では、第6話が「 都合により休載」となった。 この時点では読者からも飽くまで一時的な休載の可能性もあると見られていたが、Twitterを再開した作者がダイレクトメッセージで 「連載外されたんだから連載中の表記を外すべき」とユーザーから揶揄されたことを 「お前めっちゃ煽るやん…」と晒し上げた。 さらに 「お前の大嫌いな漫画は残念ながら次号載るんで連載終了したらもう一回DM送ってな?」「今後もおもしろ悪口DMお待ちしております」とTwitter上で煽る発言を繰り返していた。 また 「次号で最終回だったとしてもまだ連載中や!プラスに考えていこうな!!」とあくまで連載中であることをアピールしていた。 本人曰く 「たぶん誰も興味ないだろうけどDMの人が晒してもいいとのことなので晒しておきますね」とのこと。 そして、打ち切りへ そうした数々の問題行動できららMAX編集部も始末に負えなくなったと判断したのか、7月27日の夕方になりきらら系列誌の公式Twitterが 「連載再開を予定しておりましたが、先生との協議の結果、8月号の掲載分を以て最終回とさせていただきます」と発表、正式に作品の 打ち切り終了が決定した(10月号にも「8月号分で最終回とさせていただきます」とする告知を掲載)。 数時間後には、どげざ氏のTwitterアカウントとPixivに載せていた公式イラストが削除された。 こちらの原稿がボツになったことについては、特に経緯説明などのアナウンスは出ていない。 ちなみに、どげざ氏自身は2017年3月の時点で 「ネットで間違ったことをしたときは炎上させるのが一番大人な対応」と発言している。 見事な伏線回収であり、作者に凸したユーザー達は皆こぞってそれを実践したものと言える。 ひょっとしたらどげざ氏には伏線回収の分野に類い稀な才能があったのかもしれないが、それも今となっては闇の中である。 教訓 「 作者の人格と作品は別物」という言葉がある。 作者の過去の思慮の浅い発言を晒し上げて、作品自体を葬り去ろうとするのは褒められた行為ではないかもしれない。 しかし、作者が(本作の作者のように)中傷・差別発言、、嫌がせといった悪質な行為を繰り返していれば、結局は作品へも火の粉が及ぶのは当然の帰結である。 更にはどげざ氏の作者生命が絶たれたのは、不祥事の判明後もユーザーに対する軽率な挑発行為を繰り返し、編集部から「 連載再開」という与えられたチャンスをドブに捨てたためである。 出版社や編集部だって、わざわざそんな奴と心中してやる義理はない。 その対応に同情の余地は無いだろう。 芳文社側としてはどげざ氏の発言は確かに問題であったが、氏に反省を促した上で時間が解決するものと見込んでいたと思われる。 そうすれば「 過去にヘイトスピーチを行ってはいたが今ではしっかり反省をし、それを作品作りに生かして大ヒット」という展開も現実になり得たのかもしれないのだ。 最後に 世間に自らの創作物を広めようとしている人は、自分の著作が出版社を通して売り出され、広く衆目に晒されるという事にどういう意味があり、自身の発言・行動にどのような責任を負っていく事になるのかを今一度理解しなくてはならないだろう。 これはきららに限った話ではなく、一般ユーザーにも同人作家にも企業の重役にも関わりのあることである。 関連タグ - どげざ氏と同じようにヘイトスピーチが大量に発掘された。 しかも、直近の連載作品『てみたー! 』は、本作と同じく動画配信がテーマである。 - 本作と同じく作者のヘイトスピーチが問題となり、こちらはアニメ制作の中止及び書籍の出荷停止に追い込まれた。 2020-07-18 18:00:00• 2020-07-18 17:00:00• 2020-07-18 12:00:00• 2020-07-17 17:00:00• 2020-07-17 14:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-18 23:52:50• 2020-07-18 23:52:26• 2020-07-18 23:51:08• 2020-07-18 23:51:00• 2020-07-18 23:48:50 新しく作成された記事• 2020-07-18 23:39:08• 2020-07-18 23:51:00• 2020-07-18 23:18:17• 2020-07-18 23:05:51• 2020-07-18 23:05:06•

次の