のび太の魔界大冒険。 大長編ドラえもん5 のび太の魔界大冒険

ドラえもん のび太の魔界大冒険

のび太の魔界大冒険

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 4億円 前作 次作 『 ドラえもん のび太の新魔界大冒険 〜7人の魔法使い〜』(ドラえもん のびたのしんまかいだいぼうけん しちにんのまほうつかい)は、公開されたの。 通算第27作(第2作)。 この作品は、に公開された『』の作品である。 概要 [ ] 映画を漫画化した作品『ドラえもん映画ストーリー のび太の新魔界大冒険』をが執筆し、『』2007年1月号から3月号に連載した。 アニメ『ドラえもん』を制作するの元社員で、ドラえもんファンでもある作家のが脚本を担当し 、は、としては初(『』シリーズのなどでは前例あり)の監督、。 また、も同じく女性であるが起用されている。 のび太の部屋には前作『』で登場した「卵から恐竜が飛び出すおもちゃ」や「ピンク色のボール」が置かれており、これについての土橋誠は寺本監督からの指示によるものと語っている。 本作以降の作品でも、このような世界観の引継ぎが度々行われている。 第2作2期シリーズとしては初めて人間の死が描かれた作品でもあり、後に同じく寺本監督によるリメイク作『』でも描写された。 映画の最後には前作と同じくおまけ映像があり、その中で翌年にも映画が公開されることがドラえもんによって発表されている。 その後、テレビシリーズの2007年放送のエンディングにて特報映像が初公開され、タイトルは『』であると発表した。 以降、映画の最後のおまけ映像で翌年の映画の予告をすることが慣例となっている。 リメイクされた映画ドラえもんの中で唯一コミック化されている作品でもある。 との2回テレビ放送され、いずれもオープニングとエンディングはカットされている。 の放送はカットされているシーンが多数存在する。 興行収入は、『』や『』を追い抜き、2007年当時全シリーズ最高額である35. 4億円を記録した。 以下、『』については文字数の簡略化により、漫画を原作・映画を旧作、総合表記を前作とする。 創刊30周年記念作品。 あらすじ [ ] 天文学者の満月博士とその娘で助手の美夜子は地球に大質量の天体が接近していることを察知した。 同時に地球上では不吉な前兆のように暴風雨や地震などの異常気象が多発し始めていた。 一方、いつも通り何をやってもダメなのび太はテレビアニメの影響で魔法が使えないかと夢想し始める。 突如ドラえもんとのび太の形をした石像が空から降ってきたり、その石像が庭から玄関へ移動したり、石像を四次元ポケットに収納したドラえもんが原因不明の腹痛を起こすなどの出来事が起こる中、のび太はひみつ道具・もしもボックスを使って「魔法が使える世界」を作り出すことを思いつく。 しかし、実現した「魔法の世界」は幼少期から練習をしなければ魔法を使えないなど、のび太の夢想とは程遠い世界だった。 ドラえもんは元の世界に戻そうと提案するが、のび太は「元に戻すのは一つくらい魔法を使えるようになってからにしたい」と決意して魔法の練習を始め、なんとかしずかのスカートをめくる程度の魔法は使えるようになる。 そんなある日、黒い流れ星が地球へ落下してきた。 落下地点を訪れたジャイアンとスネ夫、ドラえもん、のび太、しずかの5人は猿のような悪魔ギムに襲われ、高名な魔法学の研究者・満月牧師と娘の美夜子に助けられる。 満月牧師によると、悪魔とはかつて人間に魔法を与えた存在であり、同時に魔界星と呼ばれる天体からやってきた宇宙人なのだという。 そして、彼の妻(美夜子の母)はかつて幼い美夜子の命を救うため悪魔に魂を売り渡しており、その影響で魔界星が地球へ接近、悪魔たちの地球侵攻が始まったのだった。 そして悪魔を食い止めるためにはナルニアデスという男が何処かに隠した「魔界歴程」という書物を手に入れるほかない。 その話を聞いたのび太達は世界を元に戻そうとするが、のび太のママがもしもボックスを粗大ごみに出してしまった為、世界を元に戻す事は出来なくなる。 その夜、満月牧師は悪魔に誘拐され、美夜子は悪魔たちと戦うため一人で魔界歴程を探す事を告げて去っていった。 悪魔と戦うことを決心したドラえもん達5人はどこでもドアを利用して美夜子と合流、洞窟の中に隠された魔界歴程を発見したものの、彼らが協力していた美夜子は悪魔メジューサが化けた偽物だった。 一同は氷漬けにされ魔界歴程を奪われてしまうが、上下二巻のうち下巻はジャイアンの手に残されていた。 ネズミの姿に変えられた本物の美夜子と合流し、(変身魔法を解除できなかったのでやむなく)彼女を猫の姿に変えた一同は大魔王デマオンを倒す為に魔界星へ向かう。 魔界星の過酷な環境に翻弄されながらもデマオンの居城に辿り着いた一同は、銀のダーツをデマオンの弱点である左胸(心臓)目掛けて投げつける。 しかし、ダーツは効果を発揮せず、デマオンの反撃によりしずか、ジャイアン、スネ夫、美夜子は捕まってしまう。 絶望的な状況下、ドラえもんはタイムマシンで過去に戻ってもしもボックスの使用を阻止しようと思いつくが、メジューサは超空間を越えてタイムマシンを追跡し、ドラえもんとのび太を石化してしまう。 かつて空から降ってきた二人の石像は、未来から来た二人が石化された姿だったのだ。 悪魔の魔力を打ち消す月の光や月光とうによって一時的に石化が解除された二人は四次元ポケットの中で暴れるなどして抵抗を試み、遂にドラえもんの腹痛の正体に気付いたドラミが事態を察知して二人を石像から元の姿に戻した。 ドラミが新品のもしもボックスを持って来たことで世界を戻す事も可能になり、物語は大団円を迎えた。 かに思われたが、世界を元に戻しても「魔法の世界」は並行世界として続いていく事が発覚。 捕まったままの皆を見捨てるわけにはいかず、ドラミを加えた三人はタイムマシンで再び魔界星へと向かう。 捕虜にされた5人を救い出し、地球を護る月の魔力を破壊しようと目論むメジューサを追撃する一同。 そこでメジューサの正体が、かつて悪魔に魂を売り渡した美夜子の母だと発覚する。 彼女は「デマオンの心臓は魔界星の赤い月」という重大な情報を言い遺し、愛する娘に抱かれながら消滅していった。 心を一つにした7人と満月牧師はひみつ道具と魔法を駆使して悪魔たちに立ち向かい、のび太の手に残った最後の銀のダーツを赤い月へと投擲する。 デマオンの死と共に赤い月が落下したことにより、魔界星は大爆発を起こして消滅した。 その頃、元の世界でも大質量天体の地球衝突回避が確認されていた。 ドラえもんとのび太は一連の大冒険が夢のようだと思いながらも、しずか、スネ夫、ジャイアンの下へ駆け出していった。 舞台 [ ] 魔界(魔界星) 悪魔らの住む星。 魔王デマオンの独裁政治によって成り立っている。 赤い月があるのが特徴。 なお『』にてさまざまな裏設定が明かされている。 それによると、魔王の城では悪魔らの賄賂による出世や仕事の上意下達などがまかり通っている。 また悪魔の位の最高は星5つまで確認できる。 悪魔らの使うは野生のものを捕獲して訓練したもの。 声の出演 [ ]• (しずか) -• () -• (のび太のママ) -• (のび太のパパ) -• - ()• はる夫 -• バッター -• 審判 -• 使い魔 - 、• 一つ星悪魔 - 、• 二つ星悪魔 -• コックの悪魔・バット君 -• マミ -• 編集 -• 医者 -• リポーター・トンポコ -• 二つ星悪魔 -• アナウンサー - ()• 女の子 - ()• のび太らが見とれるほどの端整な顔立ちをした美少女。 年齢は15歳。 魔法の腕もかなり高く、絨毯の操縦ではA級ライセンスの持ち主である。 悪魔たちに魔法での姿にされてしまうが、その後にしずかたちによっての姿に変えられる。 幼い頃は髪が長かったが現在は短くしている。 最終的にはエンディングが終わった後に「また髪を伸ばしてみようかな」と発言している。 旧作では身につけているペンダントから水晶球などの道具が出てくる設定があったが、本作では特に機能は持たない。 また旧作ではパラレルワールドの住民であったが本作では現実の世界でも父の助手として実在している。 満月牧師(まんげつぼくし) 声 - 魔法世界ではで魔法学の研究者であり、の森にあるに美夜子と共に住んでいる。 美夜子の幼い頃に妻を失っている。 魔界星の接近の危険性を説いている。 現実の世界ではの研究者(映画公式パンフレットでは)で、冒頭と後半、エンディングに少し登場。 美夜子の母 声 - ( TV放送版では別のであり、ノンクレジット [ ]) 本作のオリジナルキャラクター。 美夜子が幼い頃に当時の魔法では治らない病に倒れたとき、美夜子の病を魔法で治そうと悪魔と契約し、代償として命を落とした。 こちらは現実世界では登場していないが、普通に生きていると考えられる。 声 - 久本雅美 デマオンの配下の悪魔でデマオンに次ぐ恐ろしい悪魔とまでいわれる。 美夜子のペンダントと似たものを身につけている。 美夜子のペンダントの中心は青、メジューサは赤となっている。 旧作では脇役だったが本作ではデザインもよりに近い姿で描かれている。 その正体は、契約の代償として美夜子の母の魂がデマオンに捕られて洗脳されていた者である。 元々は人間の魂から造られた悪魔なので悪魔の天敵である月に行くことができた。 消滅する間際に、重要な情報をドラえもんたちに伝える。 肌は赤色で足は蛇のようになっている。 デマオン 声 - 地球を侵略しようとしている魔界の魔王。 その弱点は心臓に銀のダーツを打ち込むこととされているが、実は彼の心臓は左胸ではなく別の場所にあった赤い月だった。 ギム 声 - 最初に地球に偵察にやってきたのような使い魔。 メジューサと行動を共にしている。 旧作では名前は明らかにされていなかった(後述)。 実は一度現実の地球を訪れている。 ドラえもんらは気づいていないが、ドラえもんらの顔もそのときに知っている(『ドラえもん 映画なぞ解きスペシャル』「序章・新魔界大冒険」による)。 三つ星悪魔 声 - デマオンの側近の1人。 DVD版では三ツ星Aと字幕が出る。 名前こそ明示されなかったが、南極に落下した絨毯の調査や、魔王の城から逃走するドラえもんたちの追跡の指揮を執るなど、作中で果たした役割は大きい。 メジューサを呼び捨てにしている一方、二つ星の悪魔は様付けで呼ぶ。 彼の他にを生やした個体もおり、塩茹でが好物。 ナルニアデス 魔界歴程を記したとされる伝説的人物。 地球を悪魔から守るために、人類として唯一魔界星に足を踏み入れ、またに悪魔に対抗する力を与えた。 スタッフ [ ]• 原作 -• 脚本 -• 総監督 -• 演出 -• 作画監督 -• 美術監督 - 土橋誠• 3DCGスーパーバイザー -• 撮影監督 -• 編集 -• 録音監督 -• 効果 - 糸川幸良• 音楽 -• チーフプロデューサー - 、• 絵コンテ補佐 -• 作画監督補佐 - 加来哲郎、• 動画検査 - 大野順子• 色彩設計 - 吉田晴絵• 色指定 - 上田明子• 仕上担当 - 野中幸子• 3DCG監督 - 奥村優子• 特殊効果 - 干場豊• アニメーション協力 -• おまけ映像 - 、津田輝王、角野弘明• 制作事務 - 杉野友紀、服部高弘、宮澤英太郎• 制作進行 - 、廣川浩二、西川昭彦、布川徹• 制作デスク - 岡田麻衣子、武井健• プロデューサー - 小倉久美、、藤森匠、• このため、過去2回の地上波でのテレビ放送ではエンディングがカットされているものの、エンディングテーマの冒頭部分は本編の展開上、そのまま流れていた。 関連企画 [ ] ドラえもん 映画なぞ解きスペシャル [ ] 2007年3月23日に放送された特別番組。 魔法世界のドラえもんとのび太を主人公としたエピソード「魔法使いのび太」や、ドラえもんそっくりの小悪魔ドマえもんとのび太そっくりの悪魔ノビマが主人公のエピソード「悪魔の城のヒミツ」、そして映画のプロローグとなるエピソード(使い魔であるギムを主人公としたもの)「序章・新魔界大冒険」の3本から成る (テレビアニメ2期初オリジナル作品)。 田舎出身の悪魔で一人称は二人とも「おら」(ただしエピソード中盤でドマえもんが「今のはぼくに言ったんだと思うよ」とも発言している)。 ドラえもんとのび太に酷似する。 新入りのためノビマは0. 5星悪魔である。 実は捕らわれた美夜子らに会っている。 魔王デマオンへ秘密の箱を運ぶことになるが、魔王にとって知られたくない秘密であるを知ってそれを笑ったため、2人とも魔王から罰を受け、仕事の厳しさを知って田舎に帰ることになる。 四つ星悪魔 声 - 「悪魔の城のヒミツ」に登場する。 年老いた悪魔。 五つ星の悪魔の命令でコックの悪魔から秘密の箱を受け取るが、魔王デマオンを恐れ、三つ星悪魔に運ぶよう命令する。 女の悪魔 声 - 「悪魔の城のヒミツ」に登場する。 帽子をつけておらず位は不明。 誤ってメジューサの部屋に入ったドマえもんとノビマに対しメジューサの恐ろしさを話した。 また、他の悪魔と異なり羽が生えている。 魔法世界のドラえもん 「魔法使いのび太」に登場する。 魔法道具「補助ホウキ」や「もしも箱」などの魔法道具を使う。 なお、この世界でのドラえもんはロボットなのかどうかは不明。 魔法世界ののび太 「魔法使いのび太」に登場する。 魔法の勉強ができず、科学に強い憧れを抱き、現実世界ののび太とは違い、「算数」や「理科」で遊んでいる。 彼が「もしも箱」で科学の世界に行った時、ちょうど現実世界のドラえもんとのび太が「もしもボックス」で魔法の世界に行く時である。 家庭用ゲーム [ ] 用ゲームソフト『』。 2007年3月8日にセガ(後の)より発売。 映画を題材にした。 みなとみらい号 [ ] 2007年2月から3月まで運行の「」は、ドラえもんのヘッドマークを掲出して運行した。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の

ドラえもん のび太の魔界大冒険

のび太の魔界大冒険

13日のコメント欄でdoraraさんも書いてくださっているが、映画『の新魔界大冒険〜7人の魔法使い〜』の声優が、ドラミ役の千秋さん、満月美夜子役のさんに続いて追加発表された。 芸能人だから絶対ダメということはないが、このキャスティングを見ると、作品の質を上げるより、芸能人のに頼った話題づくりを優先させているとしか思えない。 商業映画である以上、話題づくりは重要事項の一つだろうが、そのやり方が見当違いな方向へ走っている気がする。 たとえ商業主義的に正しい方向だとしても、私個人の好みからは確実に外れていっている。 私は、昨年からのバラエ化するアニメドラの状況を好ましく思っていないし、大の特番にいたっては芸能人バラエ色が極度に強いとの情報を知って、いまだにまともに観られないでいる。 怖くて正視できないのだ。 今後もアニメドラを応援していきたいし、新魔界大冒険に期待をかけたい気持ちは強いが、不安要素ばかりが頭をもたげてきて困る。 とりあえずさんの小説を愛読した身として、彼の脚本には期待している。 あと、寺本監督が「私はオーソドックスにものを作るタイプ」と言っていたので、そのオーソドックスさにも希望の光を見たいところだ。 koikesan.

次の

ドラえもん のび太の魔界大冒険

のび太の魔界大冒険

13日のコメント欄でdoraraさんも書いてくださっているが、映画『の新魔界大冒険〜7人の魔法使い〜』の声優が、ドラミ役の千秋さん、満月美夜子役のさんに続いて追加発表された。 芸能人だから絶対ダメということはないが、このキャスティングを見ると、作品の質を上げるより、芸能人のに頼った話題づくりを優先させているとしか思えない。 商業映画である以上、話題づくりは重要事項の一つだろうが、そのやり方が見当違いな方向へ走っている気がする。 たとえ商業主義的に正しい方向だとしても、私個人の好みからは確実に外れていっている。 私は、昨年からのバラエ化するアニメドラの状況を好ましく思っていないし、大の特番にいたっては芸能人バラエ色が極度に強いとの情報を知って、いまだにまともに観られないでいる。 怖くて正視できないのだ。 今後もアニメドラを応援していきたいし、新魔界大冒険に期待をかけたい気持ちは強いが、不安要素ばかりが頭をもたげてきて困る。 とりあえずさんの小説を愛読した身として、彼の脚本には期待している。 あと、寺本監督が「私はオーソドックスにものを作るタイプ」と言っていたので、そのオーソドックスさにも希望の光を見たいところだ。 koikesan.

次の