英語学校 ランキング。 学校って英語でなんて言うの?

TOEIC対策に強い英会話スクールの比較・ランキング

英語学校 ランキング

<本記事を読むとわかること> ・ハワイ留学に合っているのはどんな人か? ・ハワイにある10校の語学学校一覧とその費用 ・筆者が選んだ「あなたの目的に合うオススメ語学学校」4校 「ハワイ留学はしたいけど、どの語学学校にいけば良いかわからない」 とお悩みではありませんか!? 後悔しない学校選びでは、次の2つが大切です。 あなたがハワイ留学をする目的を考える• その目的に合った語学学校を選ぶ 「この学校は違ったなぁ」という後悔は、 〝あなたがハワイ留学する目的〟に合った学校を選べていないから起きるのです。 本記事では ハワイにある語学学校10校を、よくある留学目的に当てはめて 3タイプに分類しました。 さらにその中から 〝 特にオススメの学校 〟をピックアップし、各特徴・オススメする理由をご紹介しています。 この記事を読めば、「別の学校に転校したい…」という想いをすることなく、〝充実したハワイ留学〟を過ごせる情報をゲットできるはず! 1.ハワイ留学をする目的|あなたはどのタイプ? ハワイ留学の目的を考える時に、まずはあなたはどのタイプか分析してみましょう。 英語を学びに行くついでにちょこっと遊びたい• 遊びに行くついでにちょこっと英語を学びたい• 遊びなんかいらない!とにかく英語をマスターしたい それぞれのタイプについて、ひとつずつ解説していきます。 大間違いです。 私もこれを周りの人に言われて何度悔しい思いをしたか。 「英語の上達の遅さ」を周りの環境のせいにする人がいますが、自分の意思さえあればどこであっても英語を上達させることができます。 ハイキング• サーフィン• ビーチ など 日本では味わえないハワイの大自然の中で「遊ぶ」ことは、筆者の場合何よりの楽しみでした。 日本だと電車や車で時間をかけてするようなアクティビティも、ハワイだと自然が近い環境なので、気軽に自然と触れ合えるのです。 お金もかかりません。 このようなアクティビティを通して現地の友達もできました! 彼らとは学校で習った英語を使うこともできて、英語力アップにもなって一石二鳥の経験ができました。 長期滞在ができる〝学生ビザ〟を出してくれる学校は、アメリカ政府や移民局の管理下にあるので、出席率などのルールをしっかり守る必要があります。 ルールを守れない生徒は退学、強制送還となるので、 遊び主体の人はルールがゆるい「学生ビザ無しの学校」を選びましょう。 学生ビザが無い場合、滞在できるのは 90日がマックスです。 単身でMAXギリギリまで滞在する人は入国がすんなりできないことがあるので覚えておきましょう。 不法労働をしないか• 女性(特に単身)の場合「現地男性の彼氏がいないか」 など、ビザ無しの長期滞在では 「違法に住みつかれはしないか」をとにかくチェックされます。 空港で別室に連れて行かれ、スーツケースを開けられ、スマホのラインでのやり取りなども全てチェックされる事もあります。 最悪の場合、そのまま入国できず日本に返されるということもあるので注意しましょう。 フィリピン・セブ留学では「英語合宿」的なものに参加することができます。 英語合宿では、1週間から3か月のスパンで丸1日英語を勉強します。 教室のあるビルの中に宿泊施設が併設しているので外に出る必要もない環境。 「短期集中型で身につけたい!」人には断然おススメです。 筆者は「ハワイ」へのこだわりと、「日本の生活でたまったストレスを発散させる」目的もあったので、フィリピン・セブ留学の選択は最初からありませんでした。 しかし「仕事のためにどうしても英語力をつけないといけない」というような必要に迫られた人にはピッタリです。 本土留学 … 泳げないけれども深いプールの中に飛び込んで、がむしゃらに頑張ってそのうち泳ぎ方を学ぶ• ハワイ留学 … ある程度自分で泳ぎ方を知っている、何とか足が届くプール 「いやいや、私はがっつり英語を勉強したいんです。 」という方はアメリカ本土をおススメします。 場所によっては日本人も少ないので「泳げないけど深いプールに飛び込んでがむしゃらに覚える」ように、自分を厳しい状況に置いて英語の勉強ができます。 とにかく日本人、日本語を遮断して留学したい人は最初から本土に行きましょう。 対して、 寂しがり屋さんや 日本語が一切通じない場所での生活の不安が大きい人なら、まずはハワイ留学で〝プールで泳ぐ事〟に慣れてから本土に移動するのがおススメです。 2.ハワイの語学学校を紹介! ハワイには現在、10校の語学学校があります。 まずはそのすべての語学学校を一挙ご紹介! さらに、上でご紹介した「ハワイ留学の目的」に沿って 各校を3タイプに分けてみています。 各校の特徴はもちろん、あなたの目的に合う学校はどこなのかをサラッと確認してみてください。 さらに期間が伸びると費用が安くなる学校もあります 例:CPC。 良さそうな学校が見つかったならご希望の期間で、費用を調べなおすのがオススメです。 上の学校一覧表から「ハワイには色々な語学学校があるんだなー」とわかってもらえたはず。 1つ目は、 です。 GVは次のような特徴を持っています。 日本人に優しいハワイ留学とはいえ、適度に異国籍の中で学びたいという人にオススメ。 日本人以外の生徒との異文化交流を体験できるので、国際的な交流を深めたい場合はお勧めの環境です。 積極的にコミュニケーションをとれば、若い世代の友達も多くできるでしょう。 アクティブな雰囲気の中ではつらつと勉強ができそうです。 また、幅広い世代との交流を深めて 視野を広げる事ができます。 サーフィン、ヨガ、ウクレレなど色々な種類のアクティビティが多数準備されているので、毎日退屈せず、勉強と遊びの両方がエンジョイできそうです。 まだハワイに来て間もないので「知り合いも友達もいない」という人が 新しい友達を作るには最適な環境かもしれません。 生徒や講師数が多く、たくさんの人との出会いが期待できます。 また、• コンピュータールーム• 高層ビルの海が見える教室 など、 規模が大きい学校ならではの設備も整っています。 彼らと交流を深めながらハワイ留学生活をエンジョイできるかもしれませんね。 ただ、「留学なんだから勉強中心!」という方は、周りに流されない目的意識が必要かもしれません。 ・いざという時は日本語対応してくれる ・日本人の割合が多い ・少人数クラス制 ・学生ビザ取得率No. もちろん基本授業や休み時間は英語を話すことが求められますが、何か困ったことがあれば日本語スタッフが対応してくれます。 「絶対日本語は許しません!」という学校もあるので(日本語を話すと罰金を取られる学校もあり)、CPCではいざという時に 英語初心者に優しい学校です。 ハワイの雰囲気は好きだけど、勉強の場で周りが外国人ばっかりというのはちょっと…という シャイな方でも安心して授業に集中できます。 日本人がいると、留学初級者の場合、同じ日本人同士で励ましあったり、ハワイ生活の情報交換を行ったりすることが大きなメリットになることを覚えておきましょう。 先生と生徒の距離が近く、会話力の向上に熱心なので「初心者だから授業についていけない…」という状況になりにくくて安心。 クラスが小さく、先生も1人ひとりの学力を把握しやすいので、 英語が上達しやすい環境と言えます。 1 学生ビザはそもそも取得できないと「3ヶ月以上のハワイ留学」はできません。 トランプ政権になってからますます学生ビザ取得が厳しくなったと言われてますが、そのご心配はCPCでは無用です。 CPCではなんと 学生ビザ取得率は 98%(あるエージェントさん談)。 どうやらCPCは信頼度の高い機関に認められているので、ビザが取りやすいらしいです。 学生ビザが無事下りるということがわかっていれば、 「せっかく会社を休職・辞めてまでスケジュールを確保したのに留学できなかった」とならずに済みますね。 落ち着いた大人の環境で勉強できるのは大きなメリットですね。 その分、校舎の内装や授業カリキュラムもかなりシンプル。 念のため英語を勉強したいけど、 遊び・その他がメイン!という人にオススメ。 物価の高いハワイではお財布にやさしい学校と言えます。 「自分には語学留学以外の目的がある!」という人は、 ご自身の予定を優先した上で、授業スケジュールを決められるのが嬉しいですね。 また、自分の興味ある内容を選んで受講できるのは大きなメリットです。 よって 自由度は高いでしょう。 勉強以外の目的でハワイで留学生生活を送りたい人にはピッタリ。 知り合いや友達もいなくて何の趣味もなく「遊び = 留学校でのアクティビティ」と考えている場合には拍子抜けしてしまうかも。 HELPは次のような特徴を持っています。 授業はハワイに限らずアメリカのカレッジに通うアカデミックな内容。 クラスはレベル別に4段階に分かれます。 リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングに加え、大学進学のために必要な TOEFL対策などを学ぶことができます。 しかし、アクティビティなども多いので、 まじめに・楽しみながら勉強できるでしょう。 これから進学する目的の人中心の学校なので、生徒の年齢層も若めです。 ハワイという場所にこだわりが無く、英語の勉強に集中したい場合は、アメリカ本土への留学も検討するとよいでしょう。 4.まとめ| ハワイ留学の目的をしっかりと考えよう ハワイ留学は、基本的に 「学びながら遊びもしたい人」に向いています。 ビーチや自然を感じながら、勉強するには最適です。 しかし本記事でもご紹介したように、ハワイと言っても色んなタイプの語学学校があります。

次の

【プロが厳選】4項目から選ぶ「シドニー語学学校」の人気ランキング

英語学校 ランキング

ビジネスのグローバル化やオリンピック招致の影響もあり、英語学習に興味を持つ人が増加傾向にある今。 英会話スクールで本格的に英語を勉強しようと考える人も多いですよね。 ただ、実際に通うとなると相応のお金と時間がかかるし、どんなレッスンを受けてどの程度の期間で英語力が身につくのかなど、不安に思うことも多いよう。 色んなスクールの特徴やコスパ面を比較する必要がありますが、手間がかかるしチェックすべきポイントってなかなかつかみづらいです。 実際のスクール選びに役立つ各校の特徴や気になる受講料。 また、講師や教室の雰囲気などについてたっぷりご紹介します! 「仕事ですぐに使える英語力」「本番に強いビジネス英語」などのコンセプトを打ち出す。 多忙な社会人が効率的に英語を身につけるスクール。 日常英会話コースもあり。 また、過剰な営業行為がないのかも気になるところです。 また、先生の語学レベルのクオリティも気になります。 また、授業料を前納する必要があるのかないのかなど、お財布にやさしい融通のきく支払いシステムだと嬉しいです。 また、静かで集中できるなど、自分が心地良く感じる環境かどうかも重要です。 時間帯で安くなるコースなどがあれば嬉しい。 フレンドリーで優しい先生に習いたい。

次の

【2020年最新】ハワイ留学の語学学校一覧とタイプ別オススメ学校4選

英語学校 ランキング

<本記事を読むとわかること> ・ハワイ留学に合っているのはどんな人か? ・ハワイにある10校の語学学校一覧とその費用 ・筆者が選んだ「あなたの目的に合うオススメ語学学校」4校 「ハワイ留学はしたいけど、どの語学学校にいけば良いかわからない」 とお悩みではありませんか!? 後悔しない学校選びでは、次の2つが大切です。 あなたがハワイ留学をする目的を考える• その目的に合った語学学校を選ぶ 「この学校は違ったなぁ」という後悔は、 〝あなたがハワイ留学する目的〟に合った学校を選べていないから起きるのです。 本記事では ハワイにある語学学校10校を、よくある留学目的に当てはめて 3タイプに分類しました。 さらにその中から 〝 特にオススメの学校 〟をピックアップし、各特徴・オススメする理由をご紹介しています。 この記事を読めば、「別の学校に転校したい…」という想いをすることなく、〝充実したハワイ留学〟を過ごせる情報をゲットできるはず! 1.ハワイ留学をする目的|あなたはどのタイプ? ハワイ留学の目的を考える時に、まずはあなたはどのタイプか分析してみましょう。 英語を学びに行くついでにちょこっと遊びたい• 遊びに行くついでにちょこっと英語を学びたい• 遊びなんかいらない!とにかく英語をマスターしたい それぞれのタイプについて、ひとつずつ解説していきます。 大間違いです。 私もこれを周りの人に言われて何度悔しい思いをしたか。 「英語の上達の遅さ」を周りの環境のせいにする人がいますが、自分の意思さえあればどこであっても英語を上達させることができます。 ハイキング• サーフィン• ビーチ など 日本では味わえないハワイの大自然の中で「遊ぶ」ことは、筆者の場合何よりの楽しみでした。 日本だと電車や車で時間をかけてするようなアクティビティも、ハワイだと自然が近い環境なので、気軽に自然と触れ合えるのです。 お金もかかりません。 このようなアクティビティを通して現地の友達もできました! 彼らとは学校で習った英語を使うこともできて、英語力アップにもなって一石二鳥の経験ができました。 長期滞在ができる〝学生ビザ〟を出してくれる学校は、アメリカ政府や移民局の管理下にあるので、出席率などのルールをしっかり守る必要があります。 ルールを守れない生徒は退学、強制送還となるので、 遊び主体の人はルールがゆるい「学生ビザ無しの学校」を選びましょう。 学生ビザが無い場合、滞在できるのは 90日がマックスです。 単身でMAXギリギリまで滞在する人は入国がすんなりできないことがあるので覚えておきましょう。 不法労働をしないか• 女性(特に単身)の場合「現地男性の彼氏がいないか」 など、ビザ無しの長期滞在では 「違法に住みつかれはしないか」をとにかくチェックされます。 空港で別室に連れて行かれ、スーツケースを開けられ、スマホのラインでのやり取りなども全てチェックされる事もあります。 最悪の場合、そのまま入国できず日本に返されるということもあるので注意しましょう。 フィリピン・セブ留学では「英語合宿」的なものに参加することができます。 英語合宿では、1週間から3か月のスパンで丸1日英語を勉強します。 教室のあるビルの中に宿泊施設が併設しているので外に出る必要もない環境。 「短期集中型で身につけたい!」人には断然おススメです。 筆者は「ハワイ」へのこだわりと、「日本の生活でたまったストレスを発散させる」目的もあったので、フィリピン・セブ留学の選択は最初からありませんでした。 しかし「仕事のためにどうしても英語力をつけないといけない」というような必要に迫られた人にはピッタリです。 本土留学 … 泳げないけれども深いプールの中に飛び込んで、がむしゃらに頑張ってそのうち泳ぎ方を学ぶ• ハワイ留学 … ある程度自分で泳ぎ方を知っている、何とか足が届くプール 「いやいや、私はがっつり英語を勉強したいんです。 」という方はアメリカ本土をおススメします。 場所によっては日本人も少ないので「泳げないけど深いプールに飛び込んでがむしゃらに覚える」ように、自分を厳しい状況に置いて英語の勉強ができます。 とにかく日本人、日本語を遮断して留学したい人は最初から本土に行きましょう。 対して、 寂しがり屋さんや 日本語が一切通じない場所での生活の不安が大きい人なら、まずはハワイ留学で〝プールで泳ぐ事〟に慣れてから本土に移動するのがおススメです。 2.ハワイの語学学校を紹介! ハワイには現在、10校の語学学校があります。 まずはそのすべての語学学校を一挙ご紹介! さらに、上でご紹介した「ハワイ留学の目的」に沿って 各校を3タイプに分けてみています。 各校の特徴はもちろん、あなたの目的に合う学校はどこなのかをサラッと確認してみてください。 さらに期間が伸びると費用が安くなる学校もあります 例:CPC。 良さそうな学校が見つかったならご希望の期間で、費用を調べなおすのがオススメです。 上の学校一覧表から「ハワイには色々な語学学校があるんだなー」とわかってもらえたはず。 1つ目は、 です。 GVは次のような特徴を持っています。 日本人に優しいハワイ留学とはいえ、適度に異国籍の中で学びたいという人にオススメ。 日本人以外の生徒との異文化交流を体験できるので、国際的な交流を深めたい場合はお勧めの環境です。 積極的にコミュニケーションをとれば、若い世代の友達も多くできるでしょう。 アクティブな雰囲気の中ではつらつと勉強ができそうです。 また、幅広い世代との交流を深めて 視野を広げる事ができます。 サーフィン、ヨガ、ウクレレなど色々な種類のアクティビティが多数準備されているので、毎日退屈せず、勉強と遊びの両方がエンジョイできそうです。 まだハワイに来て間もないので「知り合いも友達もいない」という人が 新しい友達を作るには最適な環境かもしれません。 生徒や講師数が多く、たくさんの人との出会いが期待できます。 また、• コンピュータールーム• 高層ビルの海が見える教室 など、 規模が大きい学校ならではの設備も整っています。 彼らと交流を深めながらハワイ留学生活をエンジョイできるかもしれませんね。 ただ、「留学なんだから勉強中心!」という方は、周りに流されない目的意識が必要かもしれません。 ・いざという時は日本語対応してくれる ・日本人の割合が多い ・少人数クラス制 ・学生ビザ取得率No. もちろん基本授業や休み時間は英語を話すことが求められますが、何か困ったことがあれば日本語スタッフが対応してくれます。 「絶対日本語は許しません!」という学校もあるので(日本語を話すと罰金を取られる学校もあり)、CPCではいざという時に 英語初心者に優しい学校です。 ハワイの雰囲気は好きだけど、勉強の場で周りが外国人ばっかりというのはちょっと…という シャイな方でも安心して授業に集中できます。 日本人がいると、留学初級者の場合、同じ日本人同士で励ましあったり、ハワイ生活の情報交換を行ったりすることが大きなメリットになることを覚えておきましょう。 先生と生徒の距離が近く、会話力の向上に熱心なので「初心者だから授業についていけない…」という状況になりにくくて安心。 クラスが小さく、先生も1人ひとりの学力を把握しやすいので、 英語が上達しやすい環境と言えます。 1 学生ビザはそもそも取得できないと「3ヶ月以上のハワイ留学」はできません。 トランプ政権になってからますます学生ビザ取得が厳しくなったと言われてますが、そのご心配はCPCでは無用です。 CPCではなんと 学生ビザ取得率は 98%(あるエージェントさん談)。 どうやらCPCは信頼度の高い機関に認められているので、ビザが取りやすいらしいです。 学生ビザが無事下りるということがわかっていれば、 「せっかく会社を休職・辞めてまでスケジュールを確保したのに留学できなかった」とならずに済みますね。 落ち着いた大人の環境で勉強できるのは大きなメリットですね。 その分、校舎の内装や授業カリキュラムもかなりシンプル。 念のため英語を勉強したいけど、 遊び・その他がメイン!という人にオススメ。 物価の高いハワイではお財布にやさしい学校と言えます。 「自分には語学留学以外の目的がある!」という人は、 ご自身の予定を優先した上で、授業スケジュールを決められるのが嬉しいですね。 また、自分の興味ある内容を選んで受講できるのは大きなメリットです。 よって 自由度は高いでしょう。 勉強以外の目的でハワイで留学生生活を送りたい人にはピッタリ。 知り合いや友達もいなくて何の趣味もなく「遊び = 留学校でのアクティビティ」と考えている場合には拍子抜けしてしまうかも。 HELPは次のような特徴を持っています。 授業はハワイに限らずアメリカのカレッジに通うアカデミックな内容。 クラスはレベル別に4段階に分かれます。 リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングに加え、大学進学のために必要な TOEFL対策などを学ぶことができます。 しかし、アクティビティなども多いので、 まじめに・楽しみながら勉強できるでしょう。 これから進学する目的の人中心の学校なので、生徒の年齢層も若めです。 ハワイという場所にこだわりが無く、英語の勉強に集中したい場合は、アメリカ本土への留学も検討するとよいでしょう。 4.まとめ| ハワイ留学の目的をしっかりと考えよう ハワイ留学は、基本的に 「学びながら遊びもしたい人」に向いています。 ビーチや自然を感じながら、勉強するには最適です。 しかし本記事でもご紹介したように、ハワイと言っても色んなタイプの語学学校があります。

次の