ストーリー が 利用 でき なくなり まし た。 薄型テレビ自動分解技術

YouTube ストーリーを見る

ストーリー が 利用 でき なくなり まし た

床下の断熱方式には「床断熱」と「基礎断熱」があります。 近年は省エネルギーの観点や、輻射冷暖房や全館空調採用時の床下空間利用の観点から、基礎断熱工法が増えています。 基礎断熱工法には高い断熱性能を確保しやすいというメリットがありますが、一方でデメリットもあります。 基礎の外に断熱材をつける基礎外張断熱の場合、蟻道が発見しづらいためにシロアリ被害の発見が遅れ、深刻化しやすいのです。 また、基礎断熱工法では床下が「室内」の扱いとなるため、シロアリ対策に薬剤を使用することは避けたいというお客さまの声もありました。 そこでJoto キソパッキング工法で培ってきた経験を生かし、基礎断熱工法においても薬剤に頼らない手法で、しろあり保証ができないかと模索を始めました。 シロアリを薬剤によって駆除するのではなく、シロアリの侵入を防ぐという発想のもと開発を進め、と合わせて使用できる「基礎断熱工法用シロアリ返し」と「基礎断熱工法用断熱ブロック」が生まれました。 躯体へのシロアリの侵入を防ぐためには、基礎天端までで防がなければなりません。 まず初めに、「基礎断熱工法用シロアリ返し」の開発に着手しました。 シロアリ返しを設置する基礎および断熱材の天端は不陸が生じやすい部位です。 不陸によってシロアリ返しと基礎の間に隙間が生じてしまうと、そこからシロアリが侵入するおそれがあります。 そこで、シロアリ返しに不陸に追従するような特性を持たせるため、硬質系の材質ではなく、軟質系の材質を選択しました。 しかし軟質系の材質にすると、今度はシロアリが食い破って貫通するおそれが生じます。 設計条件や要求事項などをふまえた最適な材質の選定ができるまで検証は試行錯誤の連続でした。 最終的にシロアリ返しの材質として、不陸に追従する最適な軟質PVCを選定しました。 裏面にはアルミ蒸着テープを組み合わせることでシロアリによる貫通を防ぐ製品となりました。 しかし、「基礎断熱工法用シロアリ返し」は、設置するだけでは不陸に追従できません。 基礎天端や断熱材天端へしっかり圧着させることが必要です。 また、基礎と土台の間には断熱欠損を防ぐための断熱材も必要でした。 そこで、断熱欠損の防止として「基礎断熱工法用断熱ブロック」を用意し、留め付け具を付属させることにしました。 この留め付け具で「基礎断熱工法用シロアリ返し」を基礎天端や断熱材天端に圧着させることにしました。 「基礎断熱工法用シロアリ返し」の上に「基礎断熱工法用断熱ブロック」を置き、留め付け具にビスを締め込むことで留め付け具が下がります。 断熱ブロックの固定と同時に、シロアリ返しを圧着させることで、不陸に追従する仕組みです。 留め付け具は一見シンプルな形状ですが、この形状になるまで、紆余曲折がありました。 開発過程では、シロアリ返しと断熱ブロック、水切りを一体型にしたものや、大引きで押さえつける立体的な留め付け具など様々な形状で試作しました。 しかし、なかなか形状が決まりませんでした。 理由は基礎断熱工法の納まりです。 基礎断熱の納まりには「基礎内張断熱」と「基礎外張断熱」があります。 留め付け具はどちらでも問題なく施工できなければなりません。 留め付け具のサイズが大きいと、基礎外張断熱の場合に外張断熱材の受け材や水切りに干渉し、障害物となります。 開発担当者は何度も現場に足を運び、最適な形状を考えては試作を繰り返しました。 ある時、現場調達の外張断熱材の受け材となる木材に目が留まりました。 この木材にビスを打ち、留め付け具にできないかと思いつきました。 その形状は両方の納まりで問題なく施工ができ、最終的な製品形状が決定しました。 留め付け具の素材は樹脂を、色はブラウンを選定しました。 これは木材を意識したわけではありません。 現場で施工するときに、墨出し線が見える色の方が施工しやすいと施工者目線で考えたためです。 外張断熱材の受け材よりヒントを得たこの留め付け具は、基礎外張断熱時には外壁の外張断熱材の受け材になる機能も兼ねています。 施工時に、断熱材の受け材を現場で調達する必要がなくなり、施工の簡略化にも貢献しています。 当社は2017年4月に「Joto基礎断熱工法」を確立しました。 同工法では外基礎に「基礎断熱工法用気密パッキン」と「基礎断熱工法用シロアリ返し」「基礎断熱工法用断熱ブロック」の3部材を使用し、内基礎に「キソパッキン」または「キソパッキンロング」を使用します。 シロアリは、基本的に暗くジメジメした床下を好む習性があります。 基礎断熱工法のように密閉された床下空間はまさにシロアリが好む環境です。 反対に乾いた場所や空気の流れを苦手とします。 Joto基礎断熱工法は外基礎部をしっかり気密し、内基礎部は空気を循環させて計画換気を行うことで、シロアリが嫌う風通しの良い床下環境を作ります。 また、万が一、シロアリが侵入してもシロアリ返しにより躯体への侵入を防ぎます。

次の

【バイオハザードRE3】ストーリー|バイオ3との違い【バイオRE3】|ゲームエイト

ストーリー が 利用 でき なくなり まし た

「地デジ化」が話題となった2011年頃、ブラウン管テレビを薄型テレビに買い替えた思い出のある人も多いのではないでしょうか。 テレビなどの家電については、家電リサイクル法により、家電メーカーの責任でリサイクルを進めることが義務付けられています。 一般家庭や事務所から排出された廃家電の、有用な部分や材料をリサイクルし、廃棄物を減量して資源の有効利用を推進しているのが、東日本リサイクルシステムズ㈱などのリサイクルプラントです。 全国的に薄型テレビの需要が一気に伸びたこの時期、環境リサイクル事業部では中央研究所と共同で、薄型テレビのリサイクル需要の高まりを見据えて「薄型テレビ分解システム」の開発が進められていました。 ベルトコンベヤーに載せられた薄型テレビのねじの位置を把握し、必要に応じて自動的に速度を調整するシステムと、その情報をもとにロボットが迅速・確実にねじを外していく技術を来る時代に先駆けて実用化しています。 多田 薄型テレビの売り上げが大幅に伸びた2011年頃、数年後にリサイクル需要の大きな波が来ることは容易に予測できました。 効率的にリサイクルを進めるため、画像解析技術を活用して、手動で行っていたねじ外しを自動化できないかと考えたのが、薄型テレビ分解システム開発のきっかけです。 瀬賀 リサイクル需要の高まりは、薄型テレビのバックライトの寿命が切れる7〜8年後だと予想されていました。 廃棄された大量の薄型テレビが当社に持ち込まれた時、一台当たり100〜250個にもなるねじを、手作業で外していてはとても対応しきれません。 今こそ開発に着手しなくては、と試作機の開発に取りかかりました。 多田 まず行ったのは、ねじの形状や取り付け位置の調査・分析です。 薄型テレビを手作業で分解し、使用されているねじを色味や形状、取り付け位置などのタイプ別に1本1本分類しました。 ねじの量は多いもので1台300本ほど。 上から取り付けられていることが多いのですが、横や下、パネルの裏に取り付けられているものもありました。 また、それぞれのねじに、どんなタイプのドライバーが合うのか、外す際に回す力がどれくらい必要か、地道に調べ上げました。 このデータをもとに実験と検証を繰り返した結果、6カ月後に試作機が完成。 工場でまずデモンストレーションを行いました。 多田 冷蔵庫のリサイクル工程を見たことでアイデアが浮かびました。 冷蔵庫を解体する時には、コンベヤーに載せてゆっくりと移動させながら作業を進めます。 1号機は、カメラの画像を解析した後にねじを取り外していましたが、その工程を同時に行えば時間を短縮できるのではないかと考えました。 つまり、ベルトコンベヤーの上でテレビを移動させながら、画像処理でねじの位置を特定し、ねじ外しを行えば、時間短縮が可能になる訳です。 瀬賀 試行錯誤のうえ最終的に次のような装置システムを実現できました。 ねじの検出はベルトコンベヤーに載せられた直後に撮像エリアで行われます。 薄型テレビは止まることなく動き続け、撮像エリアにある複数のカメラでねじの位置を検出します。 ベルトコンベヤーの速度は取り外すねじの数によって最適な速度を自動的に決定します。 撮像エリアで検出したねじの位置情報は分解エリアのロボットに伝達され、ロボットは素早く最適な位置に移動し、専用設計の電動ドライバーユニットで素早くねじを取り外します。

次の

究極のスリッター開発ストーリー|株式会社 東伸

ストーリー が 利用 でき なくなり まし た

「地デジ化」が話題となった2011年頃、ブラウン管テレビを薄型テレビに買い替えた思い出のある人も多いのではないでしょうか。 テレビなどの家電については、家電リサイクル法により、家電メーカーの責任でリサイクルを進めることが義務付けられています。 一般家庭や事務所から排出された廃家電の、有用な部分や材料をリサイクルし、廃棄物を減量して資源の有効利用を推進しているのが、東日本リサイクルシステムズ㈱などのリサイクルプラントです。 全国的に薄型テレビの需要が一気に伸びたこの時期、環境リサイクル事業部では中央研究所と共同で、薄型テレビのリサイクル需要の高まりを見据えて「薄型テレビ分解システム」の開発が進められていました。 ベルトコンベヤーに載せられた薄型テレビのねじの位置を把握し、必要に応じて自動的に速度を調整するシステムと、その情報をもとにロボットが迅速・確実にねじを外していく技術を来る時代に先駆けて実用化しています。 多田 薄型テレビの売り上げが大幅に伸びた2011年頃、数年後にリサイクル需要の大きな波が来ることは容易に予測できました。 効率的にリサイクルを進めるため、画像解析技術を活用して、手動で行っていたねじ外しを自動化できないかと考えたのが、薄型テレビ分解システム開発のきっかけです。 瀬賀 リサイクル需要の高まりは、薄型テレビのバックライトの寿命が切れる7〜8年後だと予想されていました。 廃棄された大量の薄型テレビが当社に持ち込まれた時、一台当たり100〜250個にもなるねじを、手作業で外していてはとても対応しきれません。 今こそ開発に着手しなくては、と試作機の開発に取りかかりました。 多田 まず行ったのは、ねじの形状や取り付け位置の調査・分析です。 薄型テレビを手作業で分解し、使用されているねじを色味や形状、取り付け位置などのタイプ別に1本1本分類しました。 ねじの量は多いもので1台300本ほど。 上から取り付けられていることが多いのですが、横や下、パネルの裏に取り付けられているものもありました。 また、それぞれのねじに、どんなタイプのドライバーが合うのか、外す際に回す力がどれくらい必要か、地道に調べ上げました。 このデータをもとに実験と検証を繰り返した結果、6カ月後に試作機が完成。 工場でまずデモンストレーションを行いました。 多田 冷蔵庫のリサイクル工程を見たことでアイデアが浮かびました。 冷蔵庫を解体する時には、コンベヤーに載せてゆっくりと移動させながら作業を進めます。 1号機は、カメラの画像を解析した後にねじを取り外していましたが、その工程を同時に行えば時間を短縮できるのではないかと考えました。 つまり、ベルトコンベヤーの上でテレビを移動させながら、画像処理でねじの位置を特定し、ねじ外しを行えば、時間短縮が可能になる訳です。 瀬賀 試行錯誤のうえ最終的に次のような装置システムを実現できました。 ねじの検出はベルトコンベヤーに載せられた直後に撮像エリアで行われます。 薄型テレビは止まることなく動き続け、撮像エリアにある複数のカメラでねじの位置を検出します。 ベルトコンベヤーの速度は取り外すねじの数によって最適な速度を自動的に決定します。 撮像エリアで検出したねじの位置情報は分解エリアのロボットに伝達され、ロボットは素早く最適な位置に移動し、専用設計の電動ドライバーユニットで素早くねじを取り外します。

次の