急性 リンパ 性 白血病。 急性リンパ性白血病(ALL)とは|白血病の治療や症状ガイド

TOBYO : 小児急性リンパ性白血病の闘病記・ブログ 83件

急性 リンパ 性 白血病

急性リンパ性白血病(ALL) このページでは急性リンパ性白血病(ALL)とは何か、発症するまでの過程や症状などをまとめました。 白血病の症状改善に良いとされるも紹介しています。 急性リンパ性白血病(ALL)とは? 急性リンパ性白血病とは、白血球の1種であるリンパ球が若い段階で悪性化し、がん化してしまうことで起こる病気です。 がん化した白血病細胞が際限なく増えていき、時間の経過によって様々な症状が出るように。 骨髄中の白血病細胞の割合が25%以上であれば、急性リンパ性白血病と診断されます。 英語表記のAcute Lymphocytic Leukemiaの頭文字からALLとも呼ばれるようです。 急性リンパ性白血病の発症過程 骨髄で造血幹細胞から作られたリンパ系幹細胞は白血球の1種であるB細胞(Bリンパ球)、T細胞(Tリンパ球)、NK細胞に分化します。 このうち、分化したばかりの若いリンパ球が白血球細胞に変化。 そのまま増殖すると、急性リンパ性白血病を引き起こします。 FAB分類とWHO分類における急性リンパ性白血病(ALL) 急性リンパ性白血病はFAB分類では3種類、WHO分類では2種類に分けられます。 FAB分類 ・L1 ・L2 ・L3 WHO分類 ・B細胞リンパ芽球性白血病/リンパ腫 ・T細胞リンパ芽球性白血病/リンパ腫 FAB分類ではリンパ球中のペルオキシダーゼ陽性芽球の割合や、細胞の大きさで判別。 少リンパ球との比較や形が整っているかといった点で病型を分けています。 WHO分類ではFAB分類とは違い、急性リンパ性白血病とリンパ芽球性リンパ腫を同じ病気とみなしています。 正常な血液では見られない芽球を基準として、Bリンパ芽球とTリンパ芽球で病型を分類。 中でもBリンパ芽球性白血病は染色体の転座によって細かく分類されています。 急性リンパ性白血病(ALL)治療の流れ 白血病の初期症状は風邪に似ていることもあり、自覚するのは難しいもの。 いつもの風邪と違うなと感じたら、自分で勝手に判断せず医療機関へ行くようにしてください。 受診 健康な時と比べて変化した点や不安を医師に伝えます。 初回の受診後、詳しい検査の日程や次回の診察日を決定。 話しにくい場合は事前に、聞きたいことや話したいことをメモにまとめておくといいでしょう。 検査や診断 起こっている症状の原因を突き止めるために血液検査や骨髄検査などが行われます。 検査結果をもとにして診断を実施。 治療 白血病だと診断された場合、抗がん剤や分子標的薬を使った治療をします。 人によって白血病の種類が異なるため、症状の進行具合や体調などを考慮して一番合った治療法を選択。 痛みや副作用などがあればすぐに医師や看護師に伝えて対策しましょう。 経過観察 治療後は効果があるか確認するため、定期的に診察し経過を観察。 通院や検査などで症状の変化を見て、がん細胞が減っているかをチェックします。 急性リンパ性白血病(ALL)の原因 白血病は、今のところ明確な原因といわれるものが分かっていません。 ただし、白血病になりやすい遺伝子や異常な染色体により、急性白血病が引き起こされるといわれています。 ここでは急性リンパ性白血病の原因や遺伝との関連性、白血病かどうかの検査方法をまとめました。 骨髄液や染色体、血液など様々な検査方法を紹介しています。 白血病検査を考えている方は必見です。 急性リンパ性白血病(ALL)の症状 めまいや吐き気、頭痛など、進行具合によって様々な症状を引き起こす急性リンパ性白血病。 造血機能や臓器の異常など、重くなるとかなり危険な状態になるといわれています。 ここでは症状を種類別にまとめているので、該当していないか確認してみてください。 症状に当てはまる場合、白血病の恐れがあります。 放置すると合併症や再発のリスクが高まるため、医療機関で早めの受診をおすすめします。 急性リンパ性白血病(ALL)の治療法 急性リンパ性白血病を治療するには、化学療法や造血幹細胞移植などを行う必要があります。 病型や症状によって効果がある治療法は違うため、適切な方法を見極めて治療してもらうのが重要です。 このページではどんな病型をどう治療するのか、治療方法ごとに紹介しています。 詳しい病型分類もまとめているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。 急性リンパ性白血病(ALL)の合併症 抗がん剤治療や放射線治療で免疫を抑えるため、様々な合併症にかかりやすくなる急性リンパ性白血病。 そこで、治療中にかかるかもしれない合併症について、症状や治療法をまとめました。 白血病の治療中は弱いウイルスや細菌でも出血や感染症を引き起こすほか、重症化すると死につながる危険性も。 寛解状態になってがん細胞が無くなっても免疫機能はすぐに回復するわけではないため、合併症にならないよう気を付けましょう。 急性リンパ性白血病(ALL)の再発 急性リンパ性白血病は、がん細胞が完全に無くなった後も再発する可能性があります。 他の臓器に転移することはあまりありませんが、万が一転移してしまった場合は早めの対策が必要。 ここでは急性リンパ性白血病の再発や転移について紹介しています。 完全にがん細胞が消えた寛解後や転移後の治療もまとめているので、悩んでいる方は参考にしてみてください。 急性リンパ性白血病(ALL)だと診断された時にできること 急性リンパ性白血病と診断された場合、やっておくべきなのは免疫力を上げること。 白血病治療では、抗がん剤治療や放射線治療を行うことで免疫が低下します。 免疫機能が働かないと、普段は影響が無いような弱いウイルスや細菌でも感染症を引き起こすようになってしまうのです。 感染症のリスクを下げるためにも、日常生活の中でも免疫力を上げる工夫をしましょう。 体温を上げる、笑顔を作るなどの方法が簡単でおすすめです。 また、免疫力アップ効果が期待されている成分にも注目。 「米ぬか多糖体」は免疫細胞に働きかけ、がん細胞やウイルスを退治するNK細胞を活性化してくれます。 米ぬか多糖体免疫研究会の実験では、他の免疫細胞にも働きかけてくれるというデータも。

次の

TOBYO : 小児急性リンパ性白血病の闘病記・ブログ 83件

急性 リンパ 性 白血病

1、白血病とは 白血病とは、白血球が腫瘍性に増殖し、その結果正常では出現しない幼若白血球が抹消血液中に増加する造血臓器の疾患です。 造血幹細胞が血球になる過程で大量の白血病細胞に分化し、血液を介して全身に増殖していきます。 また、白血球のみではなく、赤血球、血小板が腫瘍性に増殖した状態も白血病に分類され、それぞれ赤白血病、巨核球生白血病と呼ばれます。 白血病は急性型と慢性型があり、「急性リンパ性白血病(ALL)」、「慢性リンパ性白血病(CLL)」、「急性骨髄性白血病(AML)」、「慢性骨髄性白血病(CML)」の4つに大別されます。 診断は末梢血・骨髄穿刺により行います。 白血病と診断されると治療の結果や病状の把握のため、頻回に採血を行わなければならないので、患者さんに検査の必要性をきちんと説明し理解してもらうことが大切です。 特に小児においては理解が難しいことがあるため、家族の協力が重要となります。 副腎皮質ホルモン剤、アルキル化剤、代謝拮抗薬などの薬剤を併用して使用する多剤併用療法が行われます。 急性型と慢性型では使用する薬剤が異なり、それぞれに出現する副作用も異なります。 このため、個々の治療プロトコルをきちんと確認・把握し、的確な観察と対応が必要となります。 白血病の治療は白血病細胞をできるだけ減少させることを目的として、寛解導入療法が行われます。 骨髄移植では大量の抗がん剤投与、放射線治療を行い、骨髄を他人のものと置き換えることで造血機能を回復させることを目的とします。 私たち医療者は、骨髄移植に対する不安や精神面の把握を行い、抗がん剤による副作用の観察から移植後の感染や出血の予防・観察と継続的に援助を行っていく必要があります。 白血病には様々な分類がありますが、症状としてはほとんど類似しています。 貧血、易感染状態、易出血など正常な血球が不足していることが原因によるものも多く現れます。 ヘモグロビンの値とともに全身の観察を行うことが大切です。 血液幹細胞で白血病化が起こりますが、急性白血病と異なり、白血病裂孔はなく、造血幹細胞の残存がほとんど見られません。 慢性白血病は経過が緩慢であり、外来治療が継続されていきます。 治療による副作用の観察と、インターフェロン製剤の自己注射がきちんとできているかの確認、急性転化の徴候を早期に発見することが重要です。 急性転化になると、白血病細胞が増え続け、急性白血病のような状態となります。 抗がん剤等の効果が期待できず、余命は数ヶ月となります。 原因不明の発熱 2.貧血症状の急速な発現・憎悪 3.赤血球数、ヘモグロビン、ヘマトクリット値の急激な減少 4.白血球の著名な増加 5.出血傾向の出現 6.血小板減少または著名な増加 7.脾腫の急速な増大 4、看護過程 患者背景 現病歴・既往歴・病態・疾患についての理解度・セルフケア能力・行動・職業・生活環境 全身状態 血液検査・全身症状・局所症状・バイタルサイン・食事の状態・排泄状態・検査データ・化学療法の副作用と合併症 活動・休息 ADLの影響・活動範囲・睡眠状況 知覚・認知 病態・治療についての知識と理解、治療の副作用・症状による苦痛 周囲の状況 家族構成・家族や友人などの支援者の有無、職業・経済状況、社旗的役割への影響、 5、看護計画 白血病における3大症状を理解し看護計画として立案しましょう。 骨髄移植における看護援助については、下記の看護計画と合わせて計画の統合などを行い、観察・ケアを行います。 その他の計画については個々に合わせた問題や必要な看護ケアを立案、援助していきましょう。 このため、患者さんのみならず家族にとっても大変な生活を余儀なくされます。 特に小児においては、母親が病院へ泊まり込みすることによる兄弟への弊害が問題となります。 患者さんへの援助はもちろんのこと、家族への援助も個々に合わせて行っていく必要があります。 また、骨髄移植を受ける患者さんは、ドナーが見つからなければ移植することができません。 化学療法による苦痛のみならず、これからの治療やその計画の進行についての不安を少しでも軽減できるようコミュニケーションを密に取りながらケアにあたりましょう。 また、白血病が治癒した後の外来通院における継続した援助も大切です。 参考文献 (日本がん看護学会誌|外崎明子|2003) jdepo.

次の

急性リンパ性白血病(ALL)とは|白血病の治療や症状ガイド

急性 リンパ 性 白血病

急性リンパ芽球性白血病 Acute lymphoblastic leukemia, ALL は、急性リンパ性白血病 Acute lymphocytic leukemia とも呼ばれる血液の悪性疾患です。 急性リンパ芽球性白血病は発生してから数週間の単位で症状が徐々に進行します。 進行のが比較的はやいため、 「急性」とされます。 本項では、急性リンパ芽球性白血病の症状について解説します。 病院を受診するとその 症状から血液検査などへ進みますが、どのようなときに急性リンパ芽球性白血病が疑われるのかについても解説します。 急性リンパ芽球性白血病の発生頻度などの疫学についても記載します。 急に「血液疾患かもしれません」と言われて大きな病院を受診するように指示されることもしばしばあります。 この唐突さが「急性」の特徴とも言えます。 本項では国際研究を中心とした医学文献を参照しつつ解説しています。 本記事の内容• 急性リンパ芽球性白血病の症状 急性リンパ芽球性白血病の症状として、比較的多く生じやすいものは、 労作時の疲れやすさや 出血・ あざができやすいといった、赤血球数や血小板数の低下による症状です。 また骨の中で急性リンパ芽球性白血病細胞が急増するため、 骨の痛みが生じることがあります。 急性リンパ芽球性白血病でも悪性リンパ腫のように、 リンパ節腫大・発熱・体重減少・夜間の大量発汗をおこすことがあります。 しかしながら、これらの症状は血液疾患の可能性を考えるものではありますが、急性リンパ芽球性白血病にだけ特別起こりやすいというわけではありません。 急性リンパ芽球性白血病にだけ起こる特徴的な症状とは言えないのです。 したがって、これらの症状がでたときは、採血などの検査を行う必要があります。 1995 Apr 15;85 8 :2025-37。 1995 Apr 15;85 8 :2025-37, J Clin Oncol. 2000 Feb;18 3 :547-61。 リンパ節腫大は 高齢者よりも若年者のほうが2倍くらい多く発生しやすいです Br J Haematol. 2012 May;157 4 :463-71. こういった症状はあまり重篤でない場合も多く、近医に受診して 採血などの検査を行って初めて急性リンパ芽球性白血病が疑われます。 検査をしなければ通常の風邪と区別がつかないこともあり得ます。 ところが、採血を行うと以下に記載するように、通常の風邪ではあり得ない明らかに血液疾患を疑わせる異常がみられます。 急性リンパ芽球性白血病の血液検査 急性リンパ芽球性白血病症例では、採血を行うとほとんどの場合で 血球の値に異常がみられます。 2012 May;157 4 :463-71, Blood. 2010 Jan 14;115 2 :206-14, Blood. 2003 Sep 15;102 6 :2014-20。 2010 Jan 14;115 2 :206-14. 2000 Feb;18 3 :547-61。 この白血球数には、 血液中の急性リンパ芽球性白血病細胞も含みます。 急性リンパ芽球性白血病細胞は正常の白血球と全くことなるため、 「白血球分画 血液像 」という血液中の白血球を顕微鏡で見て割合を出す検査を行うと、「 芽球」・「分類不能細胞」・「異常リンパ球」などとして分類されます。 「芽球」・「分類不能細胞」・「異常リンパ球」は 正常な血液検査ではまずみられません。 下の写真のような細胞です。 診断時に 赤血球数が少なくなっている 貧血になっている 症例では労作時に疲れやすくなりますが、採血では症状が出る前から貧血の有無がわかります。 貧血は赤血球のなかの ヘモグロビンという蛋白の濃度で確認します。 2000 Feb;18 3 :547-61。 血小板数も異常がみられます。 血小板は止血などに関わる細胞で、血小板数が著しく低下すると出血しやすくなります。 2000 Feb;18 3 :547-61, Blood. 1995 Apr 15;85 8 :2025-37. まれに血液では異常が乏しく、 「しこり」だけが主な異常という場合もあります。 その場合は悪性リンパ腫が疑われ、そのしこりを検査したら急性リンパ芽球性白血病細胞が集まっていることがわかることがあります。 白血球、ヘモグロビン、血小板の異常、もしくは「しこり」により急性白血病やその他の血液疾患が疑われ、血液内科の対応が可能な病院に紹介されることになります。 あまりにも異常な値であれば 直ちに入院となります。 可能であればこの時点で有名な血液内科のある病院を受診することを推奨します。 急性リンパ芽球性白血病の治療は、初回の治療の時点で生存率に大きく関与します。 急性リンパ芽球性白血病の疫学 急性リンパ芽球性白血病は血液内科では比較的まれな疾患です。 1年間で発症する頻度は10万人に1~1. 2010 Nov 11;116 19 :3724-34, Br J Cancer. 2011 Nov 22;105 11 :1684-92。 発症頻度は日本でもアメリカでもヨーロッパでも同じ程度ですが、ヒスパニックではやや高めです Blood. 2012 Jan 5;119 1 :34-43, Lancet Haematol. 2018 Jan;5 1 :e14-e24。 2005 Mar;14 1 :53-62。 類似疾患の急性骨髄性白血病は年齢とともに発症頻度が上昇しますが、 急性リンパ芽球性白血病は年齢とともに上昇するわけではありません 下図, 左:男性, 右:女性, 上:急性骨髄性白血病 下:急性リンパ芽球性白血病, Blood. 2012 Jan 5;119 1 :34-43. 急性リンパ芽球性白血病はリンパ系の細胞が由来の悪性腫瘍ですが、とくに B細胞性のものが多く、T細胞性のものは比較的少数です。 4:1くらいの頻度です Br J Cancer. 2011 Nov 22;105 11 :1684-92, Blood. 2012 Jan 5;119 1 :34-43。 男女比はB細胞型とT細胞型で異なり、B細胞性急性リンパ芽球性白血病ではほぼ同程度ですが、T細胞性急性リンパ芽球性白血病では男女比は約2:1になります。 次項では、急性リンパ芽球性白血病の診断のために必要な「骨髄検査」について解説します。 「白血球分画 血液像 」で白血病細胞がみられる場合があります。 5人です。 参考文献 Larson RA, Dodge RK, Burns CP, et al. A five-drug remission induction regimen with intensive consolidation for adults with acute lymphoblastic leukemia: cancer and leukemia group B study 8811. Blood. 1995 Apr 15;85 8 :2025-37. Kantarjian HM, O'Brien S, Smith TL, et al. Results of treatment with hyper-CVAD, a dose-intensive regimen, in adult acute lymphocytic leukemia. J Clin Oncol. 2000 Feb;18 3 :547-61. Sive JI, Buck G, Fielding A, et al. Br J Haematol. 2012 May;157 4 :463-71. Moorman AV, Chilton L, Wilkinson J, et al. A population-based cytogenetic study of adults with acute lymphoblastic leukemia. Blood. 2010 Jan 14;115 2 :206-14. Cimino G, Elia L, Mancini M, et al. Blood. 2003 Sep 15;102 6 :2014-20. Sant M, Allemani C, Tereanu C, et al. Incidence of hematologic malignancies in Europe by morphologic subtype: results of the HAEMACARE project. Blood. 2010 Nov 11;116 19 :3724-34. Smith A, Howell D, Patmore R, et al. Incidence of haematological malignancy by sub-type: a report from the Haematological Malignancy Research Network. Br J Cancer. 2011 Nov 22;105 11 :1684-92. Dores GM, Devesa SS, Curtis RE, et al. Acute leukemia incidence and patient survival among children and adults in the United States, 2001-2007. Blood. 2012 Jan 5;119 1 :34-43. Epidemiological patterns of leukaemia in 184 countries: a population-based study. Lancet Haematol. 2018 Jan;5 1 :e14-e24. Redaelli A, Laskin BL, Stephens JM, et al. A systematic literature review of the clinical and epidemiological burden of acute lymphoblastic leukaemia ALL. Eur J Cancer Care Engl. 2005 Mar;14 1 :53-62.

次の