東京グール 映画 トーカ 代役。 東京喰種 トーキョーグール【S】のレビュー・感想・評価

東京喰種 トーキョーグール【S】 : 作品情報

東京グール 映画 トーカ 代役

ネタバレ! クリックして本文を読む 今作は、前作の勢いからトーンダウンしています。 月山習(グルメ)とカネキのBLを織り交ぜながら、 カネキとトーカがタッグを組んで月山習(グルメ)を倒すストーリー。 トーカ役に変更がありました。 出たっ! 変態が! 正真正銘の変態が出ましたよ。 松田翔太は月山になってたなぁ。 あの匂いを嗅ぐしぐさ、変態ですよアレは。 大した変態ぶりです。 変態ぶりとあいあまって、殺陣も綺麗になってきてます。 綺麗な回転胴回し蹴りとか魅せる形が様になってきています。 トーカ役の山本が空手やってるだけあって上手い。 カグネも違和感が無くなってきてるし、作ってりゃ技術も上がるんだね。 この内容とバトルテイストはありきたりではあるが、喰種の愛情や思惑が入り交じるとケレン味たっぷりの作風になっている。 美男美女揃いのキャラクターに揃えてキャストも見目麗しい俳優揃いだからその俳優のファンは楽しめると思う。 原作ファンもそこまで怒る出来ではないと思う。 ただ、記憶に残るかと聞かれたら…。 前作がキャストも濃かったし、喰種としての生き方の選択をテーマにしていたが、今回は変態の変態による変態的ロマン作品。 感じ入る作品ではなく観る作品なので、見る部分 俳優 に興味のない私は星を沢山つける気にならんかった。 同名コミックを基にした2017年のヒット作の続編。 続編は期待出来る作品ではあったが、まさか本当に作られるとは思わなかった。 だって、前作のトーカ役の女優が、ねぇ…。 前作である喰種に襲われ、喰種と人間のハーフとなってしまった大学生のカネキ。 美食家という彼と交流を深め、彼の誘いで美食レストランへ誘いを受けるが…。 勿論、月山も喰種。 確かにそれも頷けた。 と言うのも、この月山というキャラ、超ド変態! 開幕早々、美人モデルの輝くような目玉だけを食べ マギー、瞬殺! 、芸術的な人体肉料理をエレガントに舌鼓。 半喰種半人間のカネキの香りに心底魅了され、カネキに異常なまでに執着。 カネキの血の付いたハンカチを悶えるように狂おしく嗅ぎ、カネキの血を舐めトレビア~ン! カネキくん、嗚呼カネキくん、君を食べたい…。 演じるは、松田翔太。 上品かつナルちゃんで変態的な今回の新キャラをインパクト充分に怪演。 何処にでも居そうな平凡な青年像、半喰種半人間としての葛藤、身体を張ったアクションや怒りを滲ませた際の凄み…。 引き続き窪田正孝が等身大で巧演。 前作でイメチェンした某女優の降板は残念だが、代わってトーカを演じる山本舞香も悪くなかった。 気の強いドS言動やアクションは、姉御肌で魅せた『SUNNY』で実証済み。 森七菜や木竜麻生ら注目の若手も新参加。 それらは悪くないが、キャストは前作の方が印象強かった。 珍しくシリアス敵役の大泉洋もさることながら、カネキを喰種にした蒼井優の怪演が特に。 本作でもカネキは悩み続ける。 食べられる人間と、食べる喰種。 のさばる人間と、陰に隠れてひっそりと生きる喰種。 どっちが善で、どっちが悪なのか…? いやそもそも、そこに善悪の境界などあるのか…? カネキにも人間の友達が居る。 トーカにもクラスに唯一、友達が居る。 が、喰種である事を知らない。 もし、知られたら…。 前作でカネキを襲った喰種である大学の先輩。 彼には正体を知る人間の恋人が居る。 喰種も人間も絶対に共存出来ない事はない。 それを嘲笑うかのように、自分の満足の為に補食せんとする月山。 喰種や人間とかではなく、醜く悪しき独り善がりな欲望に立ち向かう。 クライマックスはお馴染みの赫子 かぐね を出し、CGと肉弾入り乱れのバトル。 上記のドラマも含め、見応えと面白味ある作品に…なれなかった。 確かに喰種と人間の関係にも踏み込んではいるものの、ドラマ的には前作の方が良かった。 前作の喰種母子のドラマは悲劇的であったし。 カネキが喰種になったのは偶然ではなく…とか、トーカと友人のエピソードとか、何か中途半端。 たっぷりのエピソードを一見詰め込んでいて、纏まりに欠けた典型例。 人気キャラで強敵を登場させる、これも典型的な続編あるある。 別にそれは全く悪くないが、クライマックスで敵が勝利を高笑い、主人公らが苦闘するベタな展開で、ハラハラドキドキが盛り上がらない。 これも演出や脚本が不味かったか…。 結局印象に残ったのは、変態新キャラだけ。 変態チックな作風が好きな人は本作の方がお口に合うだろうが、単純にエンタメやメッセージをスパイスした作風が好きなら前作の方が美味しいかもしれない。 自分も食べるのは好きだが、 流血や人食などグロい要素がある本作を、お昼ご飯を食べながら見る自分も変態かも…? 原作は序盤を読了、TVアニメは全話、そして前作も見ています。 映画館に観に行きたかったんですが、近くの劇場で上映していなかったので、レンタルで観ました。 感想 正直、前作の方が面白かったです。 あからさまの引き伸ばし作戦で終始眠気に襲われました。 前作がコミック3巻?分だったのに対し今作はコミック1巻分。 アニメだと約3話分です。 とにかく前座が長く、速く最後の教会の戦いに進まないかって思いながら見ていました。 その割にカットすべきではないと思えるエピソードを削るので何をしたかったのか考えていました。 また、予算を削ったのかアクションシーンのCGが減りなんだか拍子抜けな絵面に見えました。 音楽も描く場面に合っていない感じがして、正直微妙でした。 ここから、良い点を述べます。 まず、月山さん。 完ぺきです!TVアニメの騒ぐ変態から上品で裏に狂気性を秘めたミステリアスな変態へのチェンジは見事です。 でも、『僕のだぞ!』はアニメよりでなんだか笑えました 良い意味で。 トウカは前作の人の方がセリフに感情がこもっているように感じたので、前作の演者さんの方が好みでした。 でも、ビジュアルは今作の方が漫画よりで好きです。 旧田を出したのはなかなか楽しめました。 ストーリー展開も比較的原作通りで良かったと思います。 総評 何かしらの東京グール関係のものを知っている人向けって、こんじでかなり不親切な作り。 気になっているだけが観ればいいとおもった。 最後に、続編の製作を期待しています。 今度こそ白カネキを実写で見せてください!.

次の

東京グール2のヒロイン交替の理由と山本舞香の演技力の評価や口コミは?

東京グール 映画 トーカ 代役

2017年7月29日に公開された実写映画は、興行収入11億円を突破し、世界29か国で公開され、いまもなお拡大中だ。 『東京喰種 トーキョーグール【S】』 人を喰らわないと生きられない【喰種】が跋扈する街・東京。 不慮の事故により、【半喰種】になってしまったカネキは、葛藤を抱えながらも、喰種たちが集う喫茶店「あんていく」でトーカや、芳村や四方、ヒナミと共にささやかながら幸せな毎日を送っていた。 そんなある日、突然現れた男・月山習。 厄介者だから近づくなとトーカに忠告されるも、次第に距離を縮めたカネキは、とある場所に招待される。 そこは、ウタとイトリから聞かされていた秘密の【喰種レストラン】。 月山は美食家<グルメ>と呼ばれる、史上最悪な喰種だったのだ。 【半喰種】であるカネキの香りにただならぬ執着を見せ、喰らうためにはどんなことも厭わない月山。 その魔の手は、次第に周りにも及び始め、ニシキの恋人・貴未が誘拐されてしまう。 そしてカネキは廃教会へと呼び出され…。 前作『東京喰種 トーキョーグール』 人の姿をしながらも人を喰らう怪人「喰種(グール)」。 水とコーヒー以外で摂取できるのは「人体」のみという正体不明の怪物たちが人間と同じように暮らしている街、東京。 ごく普通のさえない大学生の金木研(カネキ)は、ある日、事故に遭い、一緒にいた喰種の少女・リゼの臓器を移植されたことで、半喰種となってしまう。 自分が喰種化したことで苦悩するカネキは、以前から通い詰めていた喫茶店「あんていく」で働き始め、そこでアルバイトをしている女子高生・霧嶋董香(トーカ)と出会う。 「あんていく」は喰種が集まる店で、トーカもまた喰種。 トーカはぶっきらぼうな態度を取りつつも、カネキを助ける存在となっていく。 喰種たちのことを深く知ることで、カネキは大切な仲間や友人とどう向き合うか葛藤する中、喰種を駆逐しようとする人間側の捜査官・CCGとの熾烈な戦いに巻き込まれていく…。 2つの世界の狭間で葛藤しながらも、いまは喰種たちの駆け込み寺でもある喫茶店「あんていく」に身を寄せ、トーカらとともに生活している。 演じるのは、前作に引き続き、窪田正孝。 月山習/松田翔太 【新キャスト】 「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種で、カネキと対峙する役どころ。 霧嶋董香(トーカ)/山本舞香 【新キャスト】 本作のヒロイン。 西尾錦(ニシキ)/白石隼也 カネキが通う大学の先輩にして喰種。 前作ではカネキと対立し熾烈な闘いを繰り広げたニシキだが、本作では最愛の恋人・貴未を守るために月山に立ち向かい、カネキとも共闘する。 演じるのは、前作に引き続き白石隼也。 永近英良(ヒデ)/小笠原海 カネキの親友でカネキが唯一心を許せる貴重な存在。 カネキとは正反対の明るい性格で、原作でも人気の高いキャラクター。 演じるのは、前作に引き続き「超特急」小笠原海。 演じるのは、前作に引き続き桜田ひより。 亜門鋼太朗/鈴木伸之 高い格闘能力を持つCCG(喰種対策局)のエリート捜査官。 演じるのは、前作に引き続き「劇団EXILE」鈴木伸之。 ウタ/坂東巳之助 原作でも人気のキャラクターであり、4区でマスク屋を営んでいるウタ。 前作では半喰種となってしまったカネキのためにもマスクを作り、カネキを気にかけていた。 演じるのは、前作に引き続き坂東巳之助。 芳村/村井國夫 喰種たちの駆け込み寺でもある喫茶店「あんていく」の店長。 カネキが無茶をしてしまわないように見守るキャラクター。 演じるのは、前作に引き続き村井國夫。 四方蓮示/柳俊太郎 「あんていく」の手伝いをする喰種。 カネキのお目付け役でもある。 演じるのは、前作に引き続き柳俊太郎。 小坂依子/森七菜 【新キャスト】 トーカと同じ学校に通う親友。 トーカの正体には気づいておらず、学校を休みがちな彼女を心配し、得意な手料理で元気づけようとするキャラクター。 西野貴未/木竜麻生 【新キャスト】 ニシキの恋人。 人間であるにも関わらず、喰種のニシキを受け入れ、一途に想い、献身的に支える。 イトリ/知英 【新キャスト】 四方やウタの幼なじみ。 バー「Helter Skelter」を経営している情報通の喰種。 カネキが必要とする情報の交換条件として、月山が主宰する「喰種レストラン」の調査を依頼する。 マーガレット/マギー 【新キャスト】 人気モデルのマーガレット。 美しいオッドアイを持つ彼女は、美食家(グルメ)と呼ばれる史上最悪の喰種・月山習に目をつけられてしまう。 まさに「喰種日和」となったこの日、本作に登場する豪華キャスト陣が登壇。 映画本編では対立する窪田さん&松田さんが、イベントでは仲睦まじげに寄り添うように登場すると、会場のボルテージが一気にアップ。 カネキ役は「役者冥利に尽きる」(OSAKAプレミア) 6月24日には、OSAKAプレミア試写会が開催。 窪田さん、松田さん、山本さんとメインキャストが登壇した今回。 「受け身さを大切に」(窪田さん)、「『喰べたい』を『好き』という気持ちに置き換えて」(松田さん)とそれぞれ役作りについて明かしたり、お気に入りのシーンを語ったり。 クイズコーナーも設けられるなど大賑わいのイベントとなった。 (PARISプレミア) 海外のファンからも熱い注目を浴びている本作は、フランス・パリで開催された第20回「Japan Expo」にて7月7日、プレミア試写会を実施。 「前作に比べてボコボコにされるリアクションの演技が多かったんです。 求められ、続けてきたあらわれの1例が、2017年に公開した『東京喰種 トーキョーグール』の続編にして最新作『東京喰種 トーキョーグール【S】』への出演だろう。 「やるからには、やっぱり前作を超えたい」 「今回は次のレベルに行っているというか、新しい監督やスタッフ、キャストの方たちがそこで待っていてくれている感じがありました」 出演に際しての決意や新たな敵・月山についてなど、インタビューでは本作への思いをたっぷり語っている。 《cinemacafe. net》.

次の

実写版『東京喰種【S】』、あらすじ・キャスト・公開日【7月19日更新】

東京グール 映画 トーカ 代役

映画「東京喰種」に続編はあるのか? 興行収入的に成功したのか? 松竹「過去最高額の製作費」らしいですね。 ところが、興行収入は最終12億に落ち着くだろうとの見方です。 この興行収入。 例えば「君の名は」で250億。 「シン・ゴジラ」で82億。 10億を越えると「ヒット」とされる映画の中、確実にヒットなのですが、モフソン、東京喰種好きすぎてちょっと悔しいです涙 「美食家たちの晩餐会」という、映画公開直前のファンイベントの中で、窪田正孝さんや、白石隼也さんから「月山習」の名前が出ました。 月山習とは「美食家」の通り名を持つ喰種で、原作「東京喰種」ではかなりのキーパーソンとして登場します。 その名を出すということ、そしてこのイベント名、これは、かなり 続編の存在を示唆しているように思えるのですが、興行収入の結果を受けて、果たして続編製作へのGOサインが下りるのでしょうか? ファンとしては、当然のことながら、続編が見たいものです。 何故、伸び悩んだのか? あくまで、映画評論家ではない私の素人分析なのことをご了承ください。 私的には「素晴らしい映画」のひとつなのですが、あえて、伸び悩んだ理由を挙げるとすると 年齢制限がありました。 PG12指定といって「12歳未満の方は、保護者の助言・指導が必要です。 」という意味です。 「進撃の巨人」などもPG12指定だったのですが、こちら、子供に大人気なのにたいして、「東京喰種」の読者層はやや年齢高め。 このあたりで「ファミリー層」を取り込めない、子供を置いてお父さんやお母さんは見に行けない、という状況があったかもしれません。 そして、グロい。 窪田正孝さんがゲロにまみれたり、血を美味しそうに舐めていたり、清水富美加さんが人間の腕をかじっていたり、以前も書きましたが、お茶の間で放送できないほど「グロい」笑 なお、清水富美加さんが人肉をかじるシーンを見て、「人肉食べる役に葛藤した」ことに 同情しました。 あれは、やりすぎです。 そもそも、あんなシーン、 原作にない。 たしかにトーカちゃんが人の腕をもぎ取り、カネキに「欲しいの?」と聞くシーンはあります。 しかし、その後「かじったり」はしていません。 人間の親友のいるトーカちゃんは、人間の食べ物を食べることへの憧れ、人肉を食べる自分への嫌悪感を少なからず持っています。 なので、カネキが逃げた後、かじらずに、その腕を捨てます。 これは、カネキがトーカちゃんに助けを求めた時にトーカちゃんが「ケーキってどんな味するか教えろよ!」と激怒する伏線でもあるのですが、映画ではそのあたりが描写されていません。 そして、私のような東京喰種ファンには当たり前のことでも、原作を知らない方には、多少わかりにくいところがあります。 たとえば、トーカちゃんが親友の依子の手料理を食べた後、洗面所で苦しんでいるシーンがあります。 あれは、 吐いているのではなく、飲み込もうとしているのです。 「通れ、通れ」「ごちそうさま、食べたよ」原作では、号泣するシーンです。 映画でも「通れ」とは言っているのですが、どちらかというと、「吐いてる」感じでしたね。 「残酷さ」「グロさ」など、「喰種」がリアル過ぎたこと、人物の心情描写を役者の演技のみに頼ったことにより原作ファン以外の方たちの評価を高められなかったことが、伸び悩んだ原因なのではないでしょうか。 しかし、原作のバッドエンドは描けないかと。 とすると、エッセンスを取り込んだ上でストーリーを再構築する可能性が大だと思われます。 そして、「拷問」や「共食い」も描けないかな。 今回もグロかったし。 売れないと消えちゃうのに 売れるために、長いものに巻かれるために、自己保身で、発言コロコロ変えたり消したりしない人は 売れるし売れてるし売れ続けるし 売れなくても売れてるし 売りたいと思わせるし その境目を今年で見た気がする 気にせず優しくしてくれた人と 気にして見ないふりした人 — 千眼美子 sengen777 色んな意見にぐるぐるする いっぱいした 悔しいことも山ほどある でもそれを理由にしたくない 何かを言われることなんかより 何かを言われてぐるぐるにハマってくたばる自分の弱さや脆さの方がよっぽどよっぽど悔しい だから月並みの表現だけど 泣く日もあれど 明るさは消さないよう生きるんだ — 千眼美子 sengen777 たくさん、辛いことがあったんでしょう。 だれだって、辛いまま生きていたくなどありません。 救われたい、笑顔で居たいと思っている。 その結果選んだ道が宗教だったとして、誰が彼女のことを責められるでしょう。 「東京喰種」には、帰ってこないと思います。 涙 現在彼女が所属するARI Production(アリ・プロダクション)は幸福の科学が運営しているため、彼女の今後の芸能活動は、宗教活動の一環として行われるでしょう。 これ以上多くのことは語りませんが、最近の彼女は、楽しそうに仕事をしているようですね。 Twitterなど見ても、いつもニコニコしておられます。 では、代役として考えられる女優は? これは、実写版キャスト予想などの記事を参考にしたうえで、私なりの最終選考をしてみたいと思います。 まず最終候補は 満島ひかりさん 広瀬すずさん まず、もし続編があったとして、求められることは次の2点 ・トーカちゃんぽさ ・抜群の演技力 その2点を考慮した上で、私が推すのは 広瀬すずさんです! なぜか? 演技力でいうと、満島ひかりさんの方がずば抜けているとは思います。 「トーカちゃんぽさ」なんですけど、満島さんは、どちらかというと「東京喰種」というよりも「東京喰種:re」のトーカちゃんなんですね。 「東京喰種」のトーカちゃんは、まだ少し子供っぽい部分があります。 そのあたりを、広瀬すずさんなら演じられるかと思うのです。 清水富美加さんも、トーカちゃん役として発表された当時は「子供っぽすぎる」などと批判の声があったものの、それは恐らく「東京喰種:re」を読んでいる原作ファンからの意見であり、実際の映画では、間違いなく「トーカちゃん」でした。 まとめ 今回は、「東京喰種」に続編はあるのか?あるのなら清水富美加さんの出演はあるのか?ということに関して考察してみました。 興行収入が伸び悩んだ「東京喰種」に続編があるかは微妙なところですが、もしあったとしても、やはり清水富美加さんが出演することはないでしょう。 彼女の今後の芸能活動は、宗教活動の一環として行われるからです。 もし、続編があるとすれば、代役の候補は誰なのか? 満島ひかりさんと広瀬すずさんとで迷った末、私の推しは広瀬すずさん! ここまで読んでいただいてありがとうございました。 プロフィール モフソン 昭和50年生まれ。 大阪府立北野高等学校卒業。 同志社大学社会科学科心理学専攻科卒業。 惚れやすく冷めにくい、いわゆる「鬱陶しい」タイプであるため40を過ぎるも、結婚歴無し。 ラーメン屋に憧れていたが、40歳前後に「糖尿病」「高血圧」「不整脈」などを次々発症。 挙句の果てに「下肢静脈瘤」を発症。 「自分のラーメン店を持つ」夢をあきらめ、1日4~6時間程度のラーメン店アルバイトを行うかたわら、少しでも収入の足しにならないかと、在宅ワークの方向を模索中。 食べることや、アニメ、ゲームなどが好きなちょっと残念な中年です。 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『』からお願いします。 当サイトは、グーグルのgoogle adsenseを利用することにより 広告の配信を行っております。 個人情報の取り扱いについては下記のとおりになります。 下記のことから個人情報の漏えいや電話、手紙などのセールスなどはありません。 ・当サイトでは、ユーザーがページをご覧になったりする際に、 ユーザーに関する情報を自動的に取得することがあります。 ・当サイトで取得するユーザー情報は、広告が配信される過程において クッキーやウェブビーコンなどを用いて収集されることがあります。 ・当サイトで取得するユーザー情報は、情報収集目的のみで収集され、 それ以外の用途には使用いたしません。 ・ユーザーは、プライバシー保護のため、クッキーの取得を 拒否することができます。 クッキーの取得を拒否したい場合には、 お使いのブラウザの「ヘルプ」メニューをご覧になり、 クッキーの送受信に関する設定を行ってください。 訪問者のプライバシーは非常に重要なものです。 このプライバシーポリシーの文書では当サイトでどのような個人情報を どのように使用しているのかについて説明します。 当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、 ユーザー様が閲覧する他のサイト(Adsense広告のあるサイト、YouTube)の 状況に応じて、興味のある広告を配信しています。 そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません を 使用することがあります。 個人情報の漏えいや、電話、手紙などの セールスなどはありません。

次の