宮根誠司 眼瞼下垂。 宮根誠司、整形して左目がとんでもない事に!?眼瞼下垂という病気を疑う声も・・・

高畑淳子が眼瞼下垂の手術前後で顔が違う?病状や現在の回復状態は?

宮根誠司 眼瞼下垂

大学病院ではたらく美容外科医のコラム 大学病院ではたらく美容外科医のコラム 宮根誠司さんに「眼瞼整形疑惑!?」 帰宅途中、スマホでニュースを読んでいると、フリーアナウンサーの宮根誠司さんに整形疑惑!の文字が飛び込んできました。 同時に、まぶたの腫れた宮根さんの写真もアップされています。 プロの目で見ると、一目瞭然です。 眼瞼下垂の手術を受けられたんですね。 言い訳しておきますが、診察したわけではないので、間違ってたらごめんなさい。 確かに術前の写真は、まぶたは開いているものの、眉毛が上がっていて、おでこにはシワが刻まれています。 重症ではありませんが、加齢性の眼瞼下垂で間違い無いと思います。 今のうちに手術しておけば、目を開くのは楽になりますし、何よりも若々しく過ごせます。 アナウンサーという人前にお顔を晒すお仕事で、手術を受けるのは勇気がいったと思いますが・・・。 女性と違って、男性はお化粧で隠すことができないので、ダウンタイムを乗り越えるのは難しいかもしれません。 でも、眼瞼下垂の手術は、宮根さんのように、正々堂々と受けていただきたい手術なんです。 日本では美容外科の辿って来た歴史や、国民性の問題もあって、美容外科のハードルは高いようですが、宮根さんのような有名人の手術がきっかけで、より受診しやすい環境になれば嬉しいですね。

次の

目の手術は医師の腕次第、病院選びのポイントとは?|NEWSポストセブン

宮根誠司 眼瞼下垂

・宮根誠司の顔が崩壊してるwww ・目がおかしい ・整形でもしたの? ・病気? など整形や病気なのかと様々な声が上がっていました。 宮根誠司が左目を整形したのはなぜ?理由は眼瞼下垂の手術が原因? ではなぜ宮根さんはあのような顔になってしまったのでしょうか? 理由は眼瞼下垂の手術を受けた事によるものだそうです。 かなり話題になっていたので耐えかねたのか、本日15日にミヤネ屋で突然話を変え、 「左目が腫れてるってみんなに心配されて・・・」と語り始め、コメンテーターがなぜなのかと聞くと、 母親やその周辺の人に「右目に比べて左目が下がっている」と指摘され、病気かもしれないから病院にいけと言われたそうです。 そしていざ病院に行ってみると、「年(加齢)です」と一言。 病気ではなく加齢によって左目が下がってきていたみたいです。 その後、病気ではないことがわかったミヤネさんは「じゃあいいです」と答えたんですが、 お医者さんに「縫えますよ?」と手術を勧められ眼瞼下垂の手術を受けることになった。 ということでした。 眼瞼下垂とはまぶたの筋肉が衰えによって目が腫れたようになったり下がるもので、手術でまぶたの中の板(瞼板)に付着しているゴム(眼瞼挙筋腱膜)を探し出し、短く縫いつけることによって再び張力を回復すると言ったものだそう。 そして術後1週間で抜糸をして、定期的な検診によって経過を見るそうです。 芸能人でこの手術をしている方も多いみたいで、最近では和田アキ子さんもされています。 費用も2万円ほどでできるみたいなので、僕達一般市民でもできそうですね!笑 ミヤネさんは最後に「これがどうなっていくのか楽しみにしててください」と締めくくったそうです。

次の

大学病院ではたらく美容外科医のコラム 整形 眼瞼下垂|神戸大学医学部附属病院 美容外科~Kobe Univercity Hospital Aethetic Surgery~

宮根誠司 眼瞼下垂

宮根誠司さんの左目が、おかしな事になっていると話題になっています。 整形や眼瞼下垂 がんけんかすい という病気を疑う声も上がっているようです。 高校は、地元では難関校として有名な島根県立太田高校の理数科に進学しました。 卒業後は1年間の浪人生活を経て、関西大学に進学。 その時点でアナウンサーを目指していそうなイメージがありますが、大学時代はアナウンサー志望ではなかったそうです。 彼がアナウンサーになったきっかけは、就職活動中に何となく軽い気持ちで朝日放送に応募し、面接でのトークがウケて採用されたことからだったのです。 しかし、入社直後はアナウンサーとしての知識が不足していたこともあって、毎日ニュース読みの練習をしていたそうです。 その後、朝日放送の「おはよう朝日です」に代打出演したことをきっかけに、同番組のリポーターに抜擢。 1994年からは「おは朝」の単独司会を務めることになりました。 このまま朝日放送のアナウンサーとして活動していくのかと思いきや、2004年3月末で退社。 翌月からフリーアナウンサーとして活動することに。 様々な番組に出演し、2006年にあのお昼の情報番組「情報ライブミヤネ屋」がスタート。 ここでの人気が評価されて、2010年4月からフジテレビで放送されている「Mr. サンデー」の司会にも起用されました。 一方でプライベートでは、1993年にモデル女性と結婚したものの、すぐに離婚。 2006年に現在の奥様と再婚したのですが、2012年に16歳年下の女性との間に子供がいることが発覚。 自分の番組で、この事実について謝罪することになりました。 左目を整形!? 宮根さんの左目が不自然に腫れていると、ネット上では心配の声や整形疑惑が浮上しました。 55歳の年齢を考えると整形の可能性は低そうですが、この真相をスルーしてしまうわけにはいかないので、もう少し掘り下げてご紹介します。 ネット上では2019年1月13日頃から、「別人?」「左目がおかしい」「大丈夫?」というような声が多く出回りました。 このことから、2019年1月15日に放送された「ミヤネ屋」で左目の理由を説明。 左まぶたが垂れ下がっていることを指摘されて病院にいったところ、医師から「加齢」が原因でまぶたが下がっていると診断され、手術を勧められたそうです。 稀勢の里の取り組みの左がどーのこーのより、宮根さんの左目がやっぱり気になってしまう… — 丑嶋馨子 ushijimacowcow 手術は10分ほどで、まぶたを縫い上げて終わったのですが、術後間もないことから目が不自然に腫れた状態になったようです。 本人は「 結果的にプチ整形みたいなもの!」と笑い話に変えて、「今後どうなっていくのかお楽しみに」と放送でお話していました。 ネット上で話題になった整形疑惑の真相は、こういうことだったようです。 すぐに以前のような目には戻らなさそうですが、1日でも早く回復してほしいところですね。 眼瞼下垂? 一方で、この左目の腫れが病気なのではないかとも疑われているようです。 本人は加齢による腫れと番組内で明かしたのですが、手術を勧められることを考えると病気の可能性も考えられます。 毎日時間に追われながら生活しているので、病気になる可能性は十分高いですよね。 噂では2018年の年末から体調を崩していたそうなので、もしかしたら関係しているかもしれませんね。 現状、彼の左目について、病気なのかどうかは不明です。 一口に目の病気と言っても様々あるので、宮根さんの左目だけを確認して勝手に判断することは難しいでしょう。 宮根さん左目どうした、 — わたなべ 自主トレ nbaseballaka913 ただ、本人が番組内で明かしていた「左まぶたが下がっている」、「加齢が原因」ということを考えると、眼瞼下垂の可能性が考えられます。 この病気の原因は「加齢」が一番の原因だそうで、本人が話したことと綺麗に当てはまります。 命に関わるような病気ではないので、病名の報告や手術することを世間には明かさなかったのかもしれませんね。 ちなみに眼瞼下垂が原因で手術している芸能人は多く、和田アキ子さんが2018年12月に手術をしたことでも話題になりました。 1日でも早く以前の綺麗な目元に戻ってほしいところですが、術後間もないこともあってもう少し時間が必要かもしれません。 毎日時間に追われてストレスを抱えやすいお仕事ですが、今後の活躍に期待したいですね。

次の