人事 転職。 人事のよくある本音の転職理由5選|転職ジェネレーション

総務/人事の求人・転職・中途採用|求人・転職エージェントはマイナビエージェント

人事 転職

人事職と言うと、新しい人材の採用や配属先の管理をしているイメージが強いかもしれません。 しかし、人事職の業務はそれだけではなく、大きく4つに分けられます。 新卒や中途採用の正社員、契約社員、派遣社員、アルバイトなど、会社の各部署が必要とする人材を把握して採用する仕事です。 応募者と接する機会が多く、付随するさまざまな業務に携わります。 たとえば、各種媒体への求人情報の出稿や求人票の作成、就職イベントへの参加、会社説明会の企画・実施などです。 また、求人へ応募があれば書類選考、面接を行います。 採用が決まれば、入社に関する手続きを進め、入社後に会社に慣れてスキルを発揮してくれるように社員をサポートします。 具体的には、入社した人材の配属先を決めたり、評価制度にもとづき社員の能力や適性を判断して、人事異動の計画を立てたりします。 また、社員の昇進や昇給の判断に関わることもあります。 細かい業務内容は企業によって異なりますが、一般的には就業規則の作成や入社・退職に関わる一連の手続き、勤怠管理、給与計算などがあります。 そのほか、社会保険や年末調整の手続き、健康診断の実施など福利厚生に関する業務もこのなかに含まれます。 評価制度を整備し、社員全員が公平な評価を得られるようにすることや、社員のメンタル面をサポートすることなども、重要な業務です。 たとえば、新入社員や中途採用社員には、少しでも早く会社になじめるように研修を実施します。 また、在職中の社員に対して、業務に必要な資格取得のサポートをしたり、スキルアップに必要な講習を行ったりします。 また、外部で行われるセミナーの情報を集めて参加者を募ったり、新たな教育システムを視察・導入したりすることも教育業務の一環です。 社員が働きやすい環境を整えるのが人事職の仕事です。 どんな魅力があるのか、ここでは人事職ならではの魅力をお伝えします。 組織運営という立場から経営に携わることができるのは、人事職ならではの魅力です。 「縁の下の力持ち」とも言える人事職は、企業の主要事業に直接的に携わることはあまりありません。 成果を実感できるまでには長い時間を要するため、じっくり腰を据えて取り組める人が向いています。 また、新卒採用でも中途採用でも、新しい会社に入るということは、その人にとって人生の大きな節目です。 そうした人生の大事なターニングポイントに立ち会い、入社後の成長をサポートすることは、人事職でなければ経験できません。 その分、ルーチンワークにはない魅力が人事職にはあります。 人事職を志望する場合には、どのような点をアピールしたら良いのでしょうか。 スキルや自身が希望する業務の領域などのポイントを押さえて、相手に思いが伝わりやすい志望動機を作成しましょう。 <コミュニケーション能力> 採用業務・労務業務・教育業務など、人事職が行う業務はどれも社員とのコミュニケーションが必要です。 コミュニケーションが得意であることを伝えるのはもちろん、これまでの職歴でコミュニケーション能力を活かした具体的なエピソードがあれば、しっかりと伝えましょう。 <企画力> 人事は採用に関するイベントや社員の評価制度立案などにも携わるため、新たな企画を立てて実行する能力があるかどうかも、採用側が知りたいポイントです。 たとえば、「発想の転換や企画力を養うために役立てている」としてビジネス書や自己啓発本を読んでいることを伝えるなど、普段の自身の行動を踏まえてアピールすると良いでしょう。 <情報収集能力> 人事職として的確な採用活動をするためには、業界の動向や市況などを把握する必要があります。 労働に関する法律改正など社会的な動きにもアンテナを張りましょう。 労働環境改善に関する意識と問題意識を常に持ち、面接時に問われた際は答えられるようにしておくのが理想的です。 労務や教育などの分野にも関心があることを示し、人事職としてどのように企業に貢献したいかを伝えましょう。 たとえば、「社員のキャリアプランと組織の最適化を見据え、双方にとって最大の利益が生じる方法を構築していきたいと考えています」などとすることで、組織運営に貢献できる人材として評価されるでしょう。 人事職未経験者と人事職経験者の2パターンの志望動機例文をご紹介します。 履歴書を作成する際に、参考にしてください。 <例文1>人事職未経験者の志望動機 前職では、IT・ASPサービスの企業で営業職に就いていました。 そのなかで、企業訪問やサービスの提供をするうちに、人とつながるコミュニケーション能力と企画力を問われる仕事に従事したいと考え、人事職に興味を持つようになりました。 コミュニケーション能力はもちろんですが、これまで営業としてサービスを販売するための仕組みづくりや情報分析を行ってきた力を、採用や育成で多くの社員と関わる人事の仕事にも活かせると考えております。 未経験ではありますが、自分の役割に徹し、真摯に仕事に取り組んで参ります。 <例文2>人事職経験者(業界は未経験)の志望動機 私はこれまで、金融業界の総務・人事職として5年間勤務してきましたが、より深く社会へ貢献したいと考え、介護業界への転職を決意いたしました。 超高齢化の流れが加速するなか、ニーズが高まる介護業界で、誰もが働きやすい制度や体制作りを目指しています。 働く環境を改善することで、介護業界全体で高いとされる離職率を抑えることが可能と考えております。 10年先を見据えた貴社の経営理念に共感し、ぜひ人事職として貴社で力を発揮したい所存です。

次の

総務/人事の求人・転職・中途採用|求人・転職エージェントはマイナビエージェント

人事 転職

人は、四大経営資源「ヒト、モノ、カネ、情報」の中で最も重要な資源ですから、強い組織を構築するためのカギを握る存在と言えます。 そんな人事の仕事といえば、「新しい人材の採用」などをイメージする人が多いかもしれません。 でも、それはほんの一部。 大きく4つに分けられます。 採用の仕事 各種媒体への求人情報の出稿、求人票の作成、求人へ応募があった際の書類選考、面接、採用が決まったあとの入社に関する手続き…などなど。 就職イベントへの参加や、会社説明会の企画・実施も役割です。 人事配置の仕事 企業が事業目標を達成するために、適材適所に人員を配置すること。 その人が持つポテンシャル、業務適性、仕事観、経験などを踏まえた上で、配属先を決めたり、評価制度にもとづいて人事異動の計画を立てたりします。 就業規則の作成や、入社・退職に関わる手続き、勤怠管理、給与計算などです。 専任ポジションを置く企業もありますが、人事がカバーすることも多いです。 教育の仕事 社員の教育や研修に関する業務です。 たとえば、新入社員や中途社員向けに研修を実施したり、スキルアップに必要な講習を企画したり。 新人研修、入社3年目研修、マネジメント研修など、内容はさまざまです。 上述のように、仕事の領域は多岐にわたります。 そんな人事の魅力といえばやはり、一つは企業の経営に貢献できることでしょう。 従業員一人ひとりが力を発揮できるように組織運営を行なう、いわば縁の下の力持ちです。 また、従業員一人ひとりと深く関わっていけるのも醍醐味。 採用した人が少しずつ成長し、企業に欠かせない人材になっていく。 業績アップに貢献し、社内で評価されていく。 その過程を見守り、時に一緒に喜べるのです。 人事の志望動機のポイントは? 人事の志望動機を書く際のポイントは、求められるスキルや、企業貢献の仕方と結び付けることが大切です。 人事に役立つスキルをアピールしよう 幅広い業務に携わる人事職には、コミュニケーション能力、企画力、そして情報収集能力の3つが求められます。 (1)コミュニケーション能力 どの職種にも共通して求められるスキルではありますが、人事の場合は特に大事。 というのも、採用・労務・教育などは、どれも社員とのコミュニケーションが重要だから。 コミュニケーションが得意であることが分かるエピソードがあれば、しっかり伝えていきましょう。 (2)企画力 「採用に関する、こんなイベントをやったらどうか」「社員のモチベーションを高めるために、こんな評価制度を整えたい」などなど。 採用イベントや評価制度の立案に携わるため、新たな企画を立てて実行できそうか?も採用側が知りたいポイントです。 自分で新しいことを考えて実行に移したり、または、企画力を養うために行なっていること(読書など)があればそれをアピールしたりするといいでしょう。 (3)情報収集能力 業界の動向や市況などを把握することで、的確な採用活動を進められます。 例えば最近では、「働き方改革」や「派遣法改正」などがホットな話題ですよね。 「今の労働に関する法律改正はどうなっているのか?」など、社会的な動きにもアンテナを張りましょう。 面接時に問われた際は、答えられるようにしておくのが理想的です。 経営への貢献の想いを伝えよう 人事とは、人材育成や組織改革を通じて経営戦略の実現に貢献していく存在。 つまり、会社や従業員に貢献したい気持ちを持っているかどうかが問われます。 この時、他社と比較し、独自の制度や戦略に魅力があると感じた場合は、その理由とともに記載するとよいでしょう。 ポイント 「人を評価する側になりたい」「採用って面白そう」など、自身を主体とした一方向的な理由は、人事職の一端しか見ていないと判断される恐れがあります。 人事の志望動機サンプル(例文) 志望動機の文例 「経験者の場合」 これまで流通会社にて5年間、人事総務として勤務してきました。 携わってきた業務は新卒・中途採用を中心に、人材育成、研修、その他総務業務など多岐にわたります。 採用業務においては、入社後のミスマッチをなくすことを重視し、会社の良い面ばかりでなく「繁忙期は終電帰りが続く」「売上ノルマがある」といった点もきちんと説明することを心がけました。 結果、毎年採用目標人数を達成し、さらにこの5年で採用した社員32名の定着率は95%以上を達成しています。 今後はさらに規模の大きい組織で採用業務に携わっていきたいと考えていた際に、貴社の求人を知りました。 年間で300名近くの採用を行なっている貴社で採用業務だけに専念できる今回の求人に大きな関心を抱いております。 これまで築いてきた実績をもとに貴社においても即戦力として貢献していきたいと考えております。 ポイント・解説 人事と言っても、会社によって担当する業務内容が異なります。 これまでどのような人事業務を経験してきたのか、まずは端的に説明しましょう。 その上で「仕事を進める上で気をつけてきたこと」についても言及することで、さらにあなたの魅力を伝えることができます。 また、人事の場合、分かりやすく評価の指標とされているのが、「採用目標人数を達成できたのかどうか」という点。 この点も具体的な数値を添えてアピールできると良いでしょう。 さらにライバルと差をつけるため、たとえば「自分が採用した社員は長く定着している」といったエピソードも付け加えられるとGOODです。 その中で、アルバイトスタッフや店長の採用業務も担当、これまで採用した従業員の数は100名以上を超えます。 また、定着率を向上させるため、全スタッフが参加できる社内イベントやインセンティブキャンペーンを企画し、仕事へのモチベーションUPも図りました。 採用業務がどれだけ店舗の成長に影響を与えるのか身をもって知ることで、人事業務に関心を抱き、今回貴社への人事職に応募させていただきました。 同じ飲食業界ということもあり、スピーディーに貴社の業務を理解していくことができると自負しています。 人事としては未経験ではありますが、自分の役割に徹し、真摯に仕事に取り組んで参ります。

次の

転職面接「なぜ、人事職なのか?」の回答例と質問意図

人事 転職

総務、人事とは まずは簡単に総務や人事がどういった仕事を行っていくのかということから紹介していきましょう。 総務 総務の仕事は、非常に多岐にわたります。 受付や電話対応など会社の窓口となったり、会社資産や備品の管理、会社ルールの作成など、他の部で行われていない仕事を一手に引き受けることになります。 よく何でも屋ということを言われます。 大企業の場合、総務部とは他に下記で紹介する人事関連の仕事は人事部が、法律関係の仕事は法務部が、経理関係の仕事は経理部が担当することになりますが、 中小企業の場合はそれらの仕事が部として独立しておらずに総務部が一括して行われている場合が多いです。 人事 会社の人材に関する仕事を行う人事部。 採用時に関わったことがある人も多いでしょう。 ただ仕事として行うのは採用に関することだけではなく、以下の仕事を行うことが多いです。 新卒・中途採用活動• 教育、研修• 会社イベント運営• 人員配置• 人事評価、労働条件決定• 労務管理 人事部で働く場合、人事評価や労働条件に携わる仕事を行うことがあるので会社によっては管理職でなくても労働組合に加入しない場合があります。 組織の規模によって、担当する業務の幅は大きく変わってきます。 会社の規模が小さいと上述した仕事全般に携わる場合もありますが、規模が大きくなると業務によって課が分かれ、いずれかの仕事に特化することになります。 営業からの転職を望む人が多い、未経験でも転職は可能? 冒頭でも述べたように、総務や人事の仕事をしたいと未経験から転職を考える人は非常に多いです。 特にそれまでは営業職であった人から希望する人が多くなっています。 転職ではなく異動という形をとることもできなくはないのですが、実際は異動希望をだしてもなかなか通らないことが多く転職せざるを得ないという人も少なくはないでしょう。 未経験で総務や人事を目指す場合にカギとなるのは、以下の3点です。 前職での仕事内容• 転職活動時のふるまい 直接総務や人事部に属していなかったとしても、求められているスキルを持っていれば転職できる可能性は十分にあります。 例えば営業職であれば対外交渉スキルが備わっているといった点は高く評価されるでしょう。 また総務にしろ人事にしろ関係部署と連携する場面は多いので調整業務を行ってきた経験は約にたつと考えられます。 実際企業の中でも営業など事務系部署から総務部や人事部に異動が積極的に行われている事例というのは多々あり、未経験だからと言って最初は仕事が何もできないとは企業も考えていません。 年齢面では20代のほうが転職はやりやすく、30代になると難易度は上昇します。 即戦力ではない人材を採用する場合、企業は今後の伸び代を考慮して採用可否を判断することになりますので、若手の人材を積極的に採用することになってしまいます。 後は転職活動で前職での経験や仕事に対する熱意をどれだけアピールできるかが重要になってきます。 いくら高いスキルや実務経験を持っていたとしても、それをアピールできなければ何の意味もありませんし、熱意がないと思われれば採用されることはまずありません。 未経験で転職する場合の成功のコツ 総務、人事に転職することは、たとえ未経験であっても決して不可能なことではありません。 ただ、それまでまさに総務や人事として仕事をしてきた人に比べれば、採用時に不利になってしまうというのは間違いなく事実であり、難易度としても高くなってしまいます。 そういった中で転職を成功させようと思えば、ただがむしゃらに行うのではなく、抑えるべき点はしっかり抑えながら戦略をもって転職活動を行っていかなくてはなりません。 仕事内容を確認する 総務や人事の仕事というのは、企業によって異なりますし、企業の中でも所属する課によっても大きく異なります。 単に人事だから採用活動を行うことになるのだろうと考えていては、企業に自分をアピールすることもできなければ万が一入社できたとしてもイメージとのギャップに苦しむことになってしまいます。 求人情報に書かれている仕事内容はもちろん、転職エージェント等にも質問をしてみてより具体的に仕事内容をイメージできるように心がけてください。 直接生かせるスキルをアピール材料にする 仕事内容が自分の中で具体化できれば、これまでの仕事の経験からどういったことをアピールしていけるかがわかると思います。 中途採用の場において、これから頑張りますやこれから勉強しますはNGです。 直接的には未経験であっても、これまでの会社生活で培ってきた経験で生かせる部分はあるはずであり、それを示せなければ企業は採用したいなんて考えません。 求人探しは非公開求人を利用 求人探しを行う場合は非公開求人を利用することをおすすめします。 総務や人事の仕事は転職サイトで検索した場合にもちらほら見受けられますが、決して量が多いとは言えません。 これらの求人は非公開求人となっており、転職サイトのスカウト機能や転職エージェントからの紹介から応募することが可能となるものがほとんどです。 転職サイトは自分のペースで転職できるというメリットがありますが、手っ取り早いのは転職エージェント。 総務、人事など職種を限定し、希望にマッチしたものを紹介してもらえるので相談してみるといいでしょう。 転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。 リクルートエージェント• JACリクルートメント• マイナビエージェント• ミイダス リクルートエージェント 対象の年代 20代~30代 どんな人に向いている? ・若年層の方 ・より多くの求人を紹介してもらいたい方 ・年収や入社日などの交渉を任せたい方 ・年収UPを実現したい方 転職エージェントといえば、まず リクルートエージェントが最大手として挙がります。 公開求人・非公開求人ともに 15万件以上取り扱っており、 業界No. 1の転職成功実績があります。 扱う求人数が多いので、 経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。 キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、 転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある 非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。 待遇の良い求人は応募が殺到する為、 検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。 優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。 もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。 求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが 対応が良かったという印象を持っています。 とにかく転職活動するならまず大手。 求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。 JACリクルートメント 対象の年代 20代~50代 どんな人に向いている? ・キャリアアップ・年収UPを実現したい方 ・自分のキャリアを生かして転職を行いたい方 ・求人紹介や書類添削、面接対策など転職のサポートをしっかりと受けたい方 ・利用者の満足度の高いエージェントを利用したい方 リクルートエージェントやマイナビエージェントは属性や年齢を問わずに利用しやすい転職エージェントですが、 JACリクルートメントはどちらかといえば 社会人経験があり、自分のキャリアを生かして転職したい方におすすめの転職エージェントです。 年収600万円以上の好待遇の求人を多く取り扱っており、JACリクルートメントを利用することで 年収UPを実現できる可能性が高まります。 また、 利用者の約92%の方がサポートや転職活動の結果に 満足したと回答しており、JACリクルートメントでの 転職活動の質の高さがうかがえますね。 エージェントからは求人の紹介から内定獲得後の入社日や年収の交渉まで、 最初から最後まで一貫してサポート・作業代行を行ってもらうことができます。 自力で転職活動を行うよりも、JACリクルートメントを利用することで 内定率の向上と手間の削減を実現することができるので、キャリアアップや年収UPを目指している方はぜひ登録してみましょう。 求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、 首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。 求人数は2万件以上、そのうち 8割以上が非公開求人となっています。 年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。 ミイダス 対象の年代 20代~40代 どんな人に向いている? ・自分の適正年収を知りたい方 ・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方 ・まずは受け身で転職活動を始めたい方 ・既にほかの転職サービスを利用している方 ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。 ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は 「自分から求人に応募できない」ことです。 どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った 企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。 自分から応募できない代わりに 受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。 もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの 転職サービスと併用することも容易です。 ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

次の