プロテイン 比較。 ホエイ、カゼイン、ソイってなに?プロテインの種類について

プロテインメーカー4社を「味」「品質」「コスパ」を基に徹底比較

プロテイン 比較

種類の違いは原料の違いから 店頭に並ぶさまざまな種類のプロテイン。 これらの大きな違いは原材料です。 大きく分類すると、プロテインには牛乳を材料とするホエイプロテイン・カゼインプロテイン、大豆を原料とするソイプロテインがあります。 今回はホエイ・カゼイン・ソイプロテイン、それぞれの特徴についてご紹介します。 ホエイプロテイン ホエイプロテインは、牛乳に含まれるタンパク質の一種です。 ヨーグルトの上澄みにできる液体のことをホエイ(乳清)といいますが、このホエイに含まれるタンパク質がホエイプロテインです。 ホエイには他に、ミネラルや水溶性ビタミンが含まれます。 メリットとデメリット ホエイプロテインには筋肉成分の多くを占めるアミノ酸が含まれており、筋肉修復効果も期待されています。 味は淡白で飲みやすく、体内への吸収速度はスムーズで胃腸にもたれにくいというメリットがあります。 デメリットは、他のプロテインと比べると価格が比較的高いことでしょう。 商品によってはソイプロテインと併用したものや、プロテイン含有量を控えめにしたものなど、機能や価格面で工夫しているものもあります。 こんな方におすすめ ホエイプロテインがおすすめなのは、トレーニングで強い肉体を手に入れたい方です。 トレーニング後、効率的に筋肉の回復を促すためにはできるだけ素早くタンパク質を補給することが必要といわれています。 ホエイプロテインは吸収がスムーズであることからトレーニング直後の補給には最適とされています。 筋トレだけではなく、マラソンなどの持久系スポーツ、格闘技・コンタクトスポーツ(ラグビー・アメフトなど)と広い分野で強靭な体を作りたい方に適しています。 WPC製法 Whey Protein Concentrate(濃縮乳清タンパク質)、濃縮膜処理法とも呼ばれます。 原料になる乳清をフィルターで膜処理し、ろ過して得られた液体を濃縮する製法のため乳糖が残りやすくなってしまいます。 乳糖不耐症を持つ人にとっては、腹部膨満感やお腹が張ってごろごろする原因となる場合もありますが、乳清に含まれるビタミンやミネラルをできるだけ多く残すことができるメリットがあります。 タンパク質含有率が約80%の製品はこの製法で作られていることが多いようです。 WPI製法 Whey Protein Isolate(分離乳清タンパク質)、イオン交換法とも呼ばれます。 WPC製法で分離されたタンパク質をさらにイオン交換して作られるため、タンパク質以外の成分はほぼ除去されて高濃度のホエイタンパクが作られます。 精製度の高いホエイプロテインを実現するために比較的多くの工数が必要となり、価格は若干高めです。 WPH製法 Whey Protein Hydrolysate(加水分解乳清タンパク質)の略称です。 加水分解ペプチドとも呼ばれ、微生物に含まれる酵素などを使いWPCをペプチド状態(アミノ酸が十数個から数十個つながった状態)に分離したものです。 ホエイプロテインは製法ごとにさまざまな特徴を持っています。 自分にあった製法のプロテインを選んでみてください。 カゼインプロテイン ホエイプロテインと同じく牛乳を主成分とするのがカゼインプロテインです。 ホエイプロテインが水溶性で吸収が早いことに対し、カゼインプロテインは不溶性で固まりやすく、体への吸収速度がゆっくりであることが特徴です。 こんな方におすすめ ダイエット時の間食や運動をしない日のタンパク質補給、また就寝時におすすめです。 カゼインプロテインは体への吸収速度がゆっくりであることから満腹感の持続が期待できます。 ソイプロテイン ソイプロテインの原料は、その名の通り大豆のタンパク質部分だけを粉末にしたものです。 タンパク質の比率を高め水分や糖質、脂肪を減らし植物性タンパク質を効果的に摂取できるようになっています。 価格が比較的安いことも特徴の一つです。 メリットデメリット ソイプロテインはカゼインプロテインと同じく消化吸収速度がゆっくりのため、満腹感が持続しやすいです。 加えて、大豆に含まれるイソフラボンの効果で皮膚や骨の強化、血流改善が期待できます。 一方で、溶かしたときに粉っぽくなってしまい、他のプロテインと比べて飲みづらくなることもあるようです。 少量のぬるま湯で溶いてダマにならないようにしてから水を加えるなど、飲みやすくする工夫が必要です。 最近では、溶けやすく改良された商品も多く発売されています。 こんな方におすすめ 満腹感が持続しやすいためダイエットをしている方にはもちろん、健康維持をしたい方にもおすすめです。 女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが入っているので、肌の張りを保つ効果や、女性らしい体のラインをキープしたい方にもおすすめです。 まとめ プロテインは強靭な肉体作りにも、引き締まったカラダ作りにも役立ちます。 吸収速度や体に与える影響などが種類によって異なるので、自分の目的に合わせたプロテインを摂取してみてくださいね。 おすすめ商品.

次の

人気ジュニアプロテインを比較!小・中学生の子供におすすめなのは?

プロテイン 比較

今回の目的は減量、つまりダイエットとします。 ビーレジェンドとザバス 前述した通り、今回はダイエット目的のプロテイン摂取。 という事は、タンパク質を多く摂取するのはもちろんですが、カロリーはなるべく抑えたいですね。 なので、比較箇所として 1. 1食あたりのタンパク質含有率 2. コスパ 3. カロリー 4. 飲みやすさ 5. その他の効果 の点で見ていこうと思います! 今回比較するプロテイン、株式会社Real Styleが作るビーレジェンドと株式会社明治が作るザバスは、どちらも知名度のあるプロテインのシリーズです。 シリーズ内でも用途別にたくさんの種類がありますが、今回はオーソドックスなものと、以前僕が愛飲していたザバスのアクアホエイプロテインを比較します。 比較プロテインは、以下の3つ。 プロテイン比較っ! では、比較していきます。 タンパク質含有率 タンパク質含有率とは、 プロテインの目的であるタンパク質が、どれくらい含まれているか?という数値です。 1食あたりの含有量にしようかと思ったのですが、1食あたりに推奨するグラム数自体が異なる為比較が難しい事から含有量ではなく含有率にしました。 ビーレジェンド 1食28gあたり、タンパク質21g。 含有率71. 含有率67. ビーレジェンド 2. ホエイプロテイン 3. アクアホエイプロテイン となりました。 コスパ 続いて、継続するのに大切なコストパフォーマンス。 セールやモールによっての差異があるので、メーカー希望小売価格で比較します。 7食分 余るんだ・・・。 2 1食あたり ¥157 以上より、1食あたりのコスパでは 1. ビーレジェンド 2. ホエイプロテイン 3. アクアホエイプロテイン となりました。 カロリー さて、ダイエットで気にしなければいけないもうひとつの要素、摂取カロリー。 代謝を上げる為に筋肉を付けるのですが、カロリーを多く摂ると本末転倒ですね。 プロテイン程度のカロリーならそんなに気にする事はないかもしれませんが、早く効率良く痩せたい場合は、なるべくカロリーは控えたい。 という事で、1日3食摂取するとして比較します。 ビーレジェンド 1食:108. 9kcal 1食あたりの牛乳 300ml :約200kcal 1日あたり 926. 7kcal ホエイプロテイン 1食:82kcal 1食あたりの牛乳 300ml :約200kcal 1日あたり 846kcal アクアホエイプロテイン 1食:78kcal 1食あたりの水 300ml :0kcal 1日あたり 234kcal 以上より、低カロリーのプロテイン比較では 1. アクアホエイプロテイン 断トツ! 2. ホエイプロテイン 3. ビーレジェンド となりました。 飲みやすさ これは、数値化できないし人それぞれの好みもあるかと思います。 が!!!1つだけ飛び抜けて飲みやすいものがあります。 それは、 アクアホエイプロテイン!!! このプロテインだけ牛乳ではなく水で割るタイプになっているのですが、スポーツドリンクのような味、喉越し って言うのかな? です! 普通の水分補給のように飲めます!これはオススメ!! 1点だけ弱点を挙げると、シェイカーで振る時、泡立ちまくりますw 飲むまでかなり時間を空けて泡が消えるのを待たないといけないので、その点は少しマイナス。 でも、それを考慮しても飲みやすさは断トツですっ! あとの2つは、どちらも同じような感じですが、若干ビーレジェンドの方がスッキリしています。 どちらも、甘いものが好きな人は美味しく飲めます。 以上より、飲みやすさでは 1. アクアホエイプロテイン 2. ビーレジェンド 3. ホエイプロテイン となりました。 ちなみにココは、独断と偏見ですので悪しからず・・・ その他の効果 最後の比較項目として、順位は付けませんが特記すべき点を挙げてみます。

次の

おすすめプロテイン【コスパ・成分の比較表あり】|よろずアンテナ

プロテイン 比較

ダイエットをして、 健康的で美しい体を手に入れるために大切なのは、脂肪を落として筋肉量を増やすことです。 極端な食事制限だけで体重を落とすと筋肉量が減り、体の基礎代謝が下がって、リバウンドの原因にもなってしまいます。 美しく痩せるためには、たんぱく質とその他の栄養素をバランス良く摂取する必要がありますが、そんなときに活躍してくれるのがプロテイン。 普段の食事で不足しているたんぱく質をプロテインで補うことにより、健康的で美しい体を手に入れることができます。 また、腹持ちの良いプロテインを選べば、軽めのファスティングや置き換えダイエットなどにも活用できますよ。 なかにはバータイプのプロテインなどもあるので、通常の食事とうまく組み合わせれば、食事制限のストレスなどもうまくコントロールしながらダイエットに励めるでしょう。 「生活や食べる量が変わらないのに太りやすくなった」それは20代後半から急に代謝が落ちてしまうから。 「食べないだけのダイエットはもう卒業したい!」そんな方におすすめなのが プロテイン+トレーニングで健康的な美ボディを目指せる「」です! 健康的なダイエットにはたんぱく質摂取とトレーニングが必要不可欠。 「」は プロテインドリンクとトレーニングプログラムを組み合わせて女性らしい身体を目指す新しいボディメイクです。 プロテインドリンクには100%大豆由来の植物性ソイプロテイン、身体のコンディションをサポートするHMBカルシウムを高配合。 さらに アサイー、チアシード、アセロラといったスーパーフード5種も配合し身体の内側からきれいを目指します。 プロテインの癖をカットしたカカオフレーバーのチョコ味で飲みやすいのもうれしい! 「ラクシブ美ボディ変身プログラム」は動画を見ながら気軽にできるエクササイズ。 たんぱく質量1本あたり20gという国内メーカー最高レベルのたんぱく質を含んでいながらも、糖質や脂質は控えめ。 まさにダイエットする方にはうれしいバランス型の商品です。 シックスパックという名前の通り、6つに割れた腹筋のような形状も特長的。 これは単なるしゃれではなく、割って食べることでこまめに効率よくたんぱく質を補給できるという工夫です。 フレーバーは3種類あり、中でもクランベリー味は、特に糖質・脂質が控えめでカロリーオフになっていますよ。 たんぱく質含有量 50% 脂質 4. 1~6. 9g カロリー 142~173kcal 注目の成分 -.

次の