マス ミューチュアル 生命 保険。 マスミューチュアル生命、「ニッセイ・ウェルス生命保険株式会社」に商号(社名)を変更

マスミューチュアル生命にはどんな商品がある?FPによる商品評価

マス ミューチュアル 生命 保険

東京本社が入居する 本社所在地 〒141-6023 東京本社 2丁目1番1号 ThinkPark Tower 福岡本社 2丁目1番82号 電気ビル共創館 設立 (横浜生命) 9823 事業内容 生命保険業、その他付随業務 代表者 井本 満(代表取締役社長) 資本金 480億円(資本準備金174億81百万円含む) 2018年3月期 売上高 2,335億4,100万円(保険料等収入、2018年3月期) 営業利益 296億4,000万円(基礎利益、2018年3月期) 純利益 304億8,200万円(2018年3月期) 純資産 1,235億9,900万円(2018年3月期) 総資産 2兆7,529億3,300万円 2018年3月期 従業員数 423名 2018年3月末 決算期 3月31日 会計監査人 主要株主 85. 旧・平和生命保険が前身で、エトナヘイワ生命保険、マスミューチュアル生命保険を経て現在に至る。 2018年3月2日にとの経営統合で合意し 、5月31日付で日本生命の子会社となり 、2019年1月1日に現商号に変更した。 概要 [ ]• 商号:ニッセイ・ウェルス生命保険株式会社• 本社:• 東京本社 2丁目1番1号• 福岡本社 2丁目1番82号• 資本金:480億円(資本準備金174億81百万円含む)(2017年3月末現在)• 総資産:2兆7,769億35百万円(2017年3月期)• 保険料収入:3,214億55百万円(2017年3月期)• 従業員数:426名(2017年3月末現在)• 代表者:代表取締役社長 井本 満 沿革 [ ]• 1907年 - 横浜生命保険株式会社の営業を開始• 1935年 - 板谷生命保険株式会社に社名変更• 1947年 - 平和生命保険株式会社を発足• 1999年 - 米国エトナ・グループの一員に• 2000年 - エトナヘイワ生命保険株式会社に社名変更• 2001年 - 米国マスミューチュアル・フィナンシャル・グループの一員になり、マスミューチュアル生命保険株式会社に社名変更• 2007年 - 創業百周年• 2015年 - 福岡本社設立• 2018年 - 日本生命の子会社となる• 2019年 - 現商号に変更 脚注 [ ].

次の

日生、マスミューチュアル生命買収を正式発表 :日本経済新聞

マス ミューチュアル 生命 保険

マスミューチュアル生命保険は、アメリカで160年もの歴史のあるマスミューチュアルフィナンシャルグループのひとつです。 個人向けの保険商品が主体となっていますが法人向けの保険商品と取り扱いもあり、安定した保障内容であるとして口コミでも話題になっているようです。 とくに個人年金保険の人気が高く、円建・米ドル建・豪ドル建・外資建とあります。 口コミ評価はどう? 49歳 女性 Sさんの口コミ 確定年金に加入しています。 円建ての場合には保険料を払った1年後から10年経過後には1回目の年金を受け取ることができます。 据置期間を1年から10年で選択したからです。 もし被保険者が死亡してしまっても残りの確定年金回数を継続年金受取人の引き継ぐことができるというところが良いなと思っています。 46歳 男性 Fさんの口コミ はじめにまとまった金額を一回払い(一時払い)するのですが、円建ての場合は500万円以上で、その保険料を運用しながら増やしていくという仕組みです。 年金方式で受け取ることによって受け取りの総額が一回払い(一時払い)した金額よりも増えるんです。 はじめてにまとまった金額を一回払いできる人にはおすすめだと思います。 総合 4 イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。 取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。 ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。 ご利用者の声 イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。 ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。 見直しするいい機会となりました。 All Rights Reserved.

次の

福岡 マスミューチュアル生命保険株式会社 福岡本社

マス ミューチュアル 生命 保険

マスミューチュアル生命 金利変動型年金は条件付きだが検討の余地アリ! マスミューチュアル生命の個人年金保険(積立利率金利変動型年金)は、金融窓口(地方銀行かメガバンクか証券会社)限定で販売されており、インターネットからは契約できないため注意したい。 また、販売会社によって名称が異なるが、名称は異なるが基本的な中身(利率)は同じだ。 以下、マスミューチュアル生命の個人年金保険の概要を記載し他社と比較する。 まず金融窓口限定のため、自分が口座を持つ銀行が扱っているかを確認した方がいい。 名称は大和証券ではアットウィル、三菱UFJモルガンはエムソリューション、三井住友銀はピースフルデイズ、みずほ銀はみらいの果実、SMBC日興はマスフィエスタプラス、その他の銀行では悠々時間アドバンスになっている。 また、外貨建てを選択できるが、為替リスクが発生する点に注意したい。 さて年金の受取期間は5~40年と広い一方、据置期間は0~10年と他社と同等だ。 左図の確定年金プランの例では、1,000万払い込みで21年間で1,011万円の年金を受け取っている。 これを利回り換算すれば0. 03%でしかない(他社比較は後述)。 据置期間を長くすることで利回りは上昇するため、据置期間は可能な限り長くしておいた方がいい。 また、この保険の控除率(金融窓口の手数料)は4%と他社より高い。 そのため据置期間と年金受取期間を合算して10年程度だと、一時払いで支払った保険料が受け取る年金の総額を下回る可能性まである点は覚えておきたい。 次に下図で各社の一時払いを、加入できる年齢・年金支払い期間(年金を受け取る期間)・取り扱っている金融窓口・5年ごと利差配当(保険会社が予定より利益が出た場合に、5年ごとに契約者に支払う上乗せの年金)などで比較した。 さらに、据置期間が5年・10年・15年の場合の2014年現在の利率と利回りでお得さを比較した。 利回りは公表していない保険会社も多いため、一般的な数字である控除率(金融窓口の手数料など)が2%、運用期間中の運用費用が1%を使い、これらが差し引かれることを考慮して推計で10年確定型で算出した。 名称 年齢 ~84歳 ~85歳 ~80歳 0~89歳 ~87歳 45~75歳 支払期間 10年 3年・5年・10年 5年・10年 5~40年 5年・10年・15年 5年・10年・15年 金融窓口 三菱UFJ 信金・地銀 地銀 第一生命 - 証券会社 メガ・地銀 メガ・地銀 - 5年ごと 利差配当 なし なし あり なし あり あり 特約 年金払い 代理請求 - - 代理請求 新遺族 年金払い 後継 - 苦情率 0. 56% 0. 22% 0. 62% 0. 69% 0. 46% 据置5年 利率・利回り - 0. 39% 0. 05~0. 09% - 0. 07%? 06% - 1. 01%? 0. 26% 0. 09%? - - 据置15年 利率・利回り 0. 43% 0. 33% - - - 上図で右から3番目のマスミューチュアル生命だが、契約できる上限年齢は89歳までと広く年金受取期間は5~40年と他社より広い。 5年ごとの利差配当は存在しないが、利率は都度変動するため利差配当が無くても運用が上手くいけば、その分だけ利率が上昇するため問題ない。 一方で気になるのが苦情率の高さで、これは明らかに高い部類に入る。 年金保険自体に苦情になる要素が少ない(生死だけが問題のため)なく、マスミューチュアルの主力は年金保険のため低くてしかるべしだが。。。 推察するに外貨建ての為替リスクの説明、解約返戻金が一時払い保険料を下回るケースなどで苦情が起きている可能性がありそうだ。 お得さを表す利率・利回りだが、利率は2014年現在で0. 75%と高く利回りでは0. 09%程度が予想される。 ただし、控除率が他社より高いため据置期間10年でも受取期間によってはマイナスもあり得る。 この高い利率を享受するには据置期間10年で受取期間が20年以上は欲しいところだ。 結論としては、前述した条件付きではあるが、利率が高いため検討の余地は十分にある。 ただ、利回りは決して定期預金や個人向け国債などよりも突出して高くはない。 高い利率を求めるなら他の金融商品も検討した方がいい。 もちろん、その分だけリスクは増すが、前述の例のように20年間で10万円だけ増えることに意味があるかは改めて考えた方がいい。

次の