エクセル 0は表示しない。 ExcelのVLOOKUP関数でエラーや0を返さず空白で返す方法|Office Hack

#DIV/0!エラーを表示しない方法|Excel(エクセル)の使い方

エクセル 0は表示しない

1.「条件付き書式」を設定する、セルの範囲「C3:C9」を選択します。 3.「新しい書式ルール」ダイアログボックスが開きます。 「指定の値を含むセルだけを書式設定」を選択し、次のように設定して「OK」ボタンをクリックしましょう。 次のセルのみを書式設定 : セルの値 次の値に等しい 0 4.「書式 F 」をクリックしましょう。 「フォント」タブをクリックして、色から「白」を選択します。 5.次に「塗りつぶし」タブをクリックして、同じように色から「白」を選択します。 6.0が非表示になりました! セルの書式設定で0を表示しない 1.セルC2、または0を表示しないセルの範囲「C3:C9」を選択します。 ここでは、セルC2を選択して右クリックしましょう。 2.「セルの書式設定」をクリックすると、「セルの書式設定」ダイアログボックスが開きます。 「ユーザー定義」の「種類」のボックスに「 」と入力しましょう。 3.C2をコピーして、セルの範囲「C3:C9」に、「貼り付けのオプション」で「書式設定」のみ貼り付けましょう。 「詳細設定」で「次にシートで作業するときの表示設定」で「ゼロの値のセルにゼロを表示する」のチェックマークを外します。 2.「Sheet1」のシートで、セルに入力されていた0が非表示になります! 条件付き書式で特定のセルに書式を設定 ここでは、エクセル条件付き書式で、0を表示しない設定をしましたが、条件付き書式を使うと、特定のセルのフォントに色を付けたり、太字にしたりすることができます。 塗りつぶしで、セルに色を付けることもできます。 空白のセルに色を付けると、一目で空白が分かります。 こちらの記事もご覧ください。

次の

Excel(エクセル)で「0」ゼロを表示しないように(非表示に)する方法いろいろ

エクセル 0は表示しない

=IFERROR 任意の数式, "任意の文字列" とします。 エラー対処の際の注意点 本物のエラーが見えなくなる エラーを非表示にするのも良いのですが、エラー表示の「本来の目的」はユーザーに数式や参照の不整合を知らせるためのものです。 エラーを非表示にすると、資料の見た目は良くなるのですが 「本当のエラー」が発見しにくくなる リスクもあります。 エラーを表示しない仕様にするときはエラーが想定の範囲でしか発生しないようなケースだけにしましょう。 主なエラー値の一覧 最後に、主なエラー値とその意味をまとめておきます。 除算(割り算)で「割る数」が 0 または空白の場合に表示されます。 などで検索結果の値が見つからない場合など。 NAME? 定義されていない関数やが入力されたときや、文字列を "(ダブルクウォーテーション) で挟み忘れたときに表示されます。 関数のミスタイプがありがち。 NULL! 数式に参照演算子として半角スペースが使用されている場合に、それぞれの範囲に共通部分がないときに表示されます。 まずは数式に使用されている半角スペースをチェックしてみましょう。 NUM! 数値に問題がある場合に表示されます。 Excelで扱えない範囲の数値であったり、反復計算をさせて解が見つからない場合など。 REF! 数式中のセル参照が無効な場合に表示されます。 参照セルやシートを削除した場合によくみられるエラーです。 VALUE! 数式で数値の入ったセルを指定するところを、文字列のセルを指定した場合などデータの種類を間違えたときに表示されます。 以上で、エクセルのエラー表示対策のトピックは終了です。 関連記事と合わせて活用してください。 関連記事 併せて読んでおくとさらに便利 LEN関数・LENB関数 Excelでデータの全角・半角をチェックする方法を解説。 カタカナやアルファベットの中には、フォントによって見た目の全角・半角の区別が難しい文字もあります。 条件付き書式・COUNTIF関数 エクセルで重複するデータに色を付ける方法を解説します。 Excelでダブりチェックをする方法はいくつかありますが簡単に設定できるのでぜひ挑戦してみましょう。 名前の管理・INT関数 名前の管理とその削除、また非表示になった名前の削除方法もピックアップします。 エクセルのセル(範囲)に任意の名前をつけて管理すると数式が理解しやすくメンテナンスも楽になります。 フィルター・SUBTOTAL関数 エクセルのフィルタで抽出された値の合計を求める方法。 列にフィルタがかかっているときは「フィルタで抽出された値の合計」を表示させる方法です。

次の

【エクセル時短】「#N/A」や「0」が邪魔! エラー値や不要な数値を消すには「IFERROR」関数と「IF」関数が定番

エクセル 0は表示しない

」といったエラー値が表示されてしまうことがあります。 これでは、集計する際など データの管理に支障が出たり、 視認性が落ちるなど大小さまざまな問題が生じます。 なので、無視するわけにもいきません。 そこで役に立つ機能が、「 IFERROR関数」です。 今回は、 エラー値の悩みを解決してくれるIFERROR関数の意味や使い方をご紹介します。 IFERROR関数とは IFERRORとは、「 もし、〜だったら」という意味を持つ「 IF」と「 誤り」という意味を持つ「 ERROR」が組み合わさった言葉です。 「 もしエラー値が出たら……」というニュアンスを持っていることがわかります。 ExcelにおいてIFERROR関数とは、「 エラー値を非表示または指定した値に変更して表示することができる」関数です。 値には「 エラーかどうかを確認するセルや数式」で、「 エラーの場合の値」には「 指定した値がエラーだったときに表示する値」を設定します。 IFERROR関数の使い方 エラー値を表示しない方法 エラー値を表示しない方法には、「 空白で表示する」と「 特定の名称に変換して表示する」という2つの方法があります。 それぞれ、以下の図1を用いてご紹介します。 図2 0を表示しない方法 IFERROR関数では、 エラーの場合の値を省略していると「 0」を表示します。 0を表示させたくなければ、空白や特定の値で表示するようにIFERROR関数を設定し直しましょう。 、 REF! 、 NUM! 、 NAME? 、 NULL! が挙げられます。 それぞれのエラーの意味や解決策については、こちらの記事をご覧ください。 |UX MILK エラー値以外にも非表示や表示の変換を適用したい場合は、 IF関数を使うことで対応できます。 |UX MILK.

次の