ハイビット ハイホー。 Toppa!(トッパ!)

【最新】評判がヤバイ!?光ギガ(ハイビット)の口コミ、解約金等注意点

ハイビット ハイホー

吸収分割によるサービス提供元の変更に関するお知らせ• 平素は株式会社Hi-Bit(以下「HB社」といいます。 )が提供する下記サービス(以下「本サービス」といいます。 )をご利用いただきまして、厚く御礼申し上げます。 この度、HB社は、 2019年6月1日を効力発生日として、HBの営む飲料水に係る事業及び情報通信事業の一部を除く全事業(以下「本件事業」といいます。 )を、会社分割の方法により株式会社ハイホー(以下「ハイホー社」といいます。 )に承継する(以下「本分割」といいます。 )運びとなりましたので、お知らせいたします。 本分割により、2019年6月1日付にて、お客様とHB社との間で締結している本サービスの利用に関する契約に基づく契約上の地位が、ハイホー社に承継され、ハイホー社より本サービスを提供させていただきますので、ご認識の程宜しくお願い申し上げます。 ご利用中のお客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。 尚、本書の内容につきまして、ご不明な点等がございましたら、下記のお問合せ先までご連絡いただけますようお願い申し上げます。 末筆ながら、お客様のご多幸を御祈念申し上げます。 プロバイダーサービス ・Toppa! モバイルデータサービス ・Toppa! サポートセンター 電話番号:0570-783-108 受付時間:10:00~18:00(年末年始を除く) Toppa!

次の

いつの間にかハイホー光に!評判や料金詳細と解約、事業者変更方法を解説

ハイビット ハイホー

日進月歩の技術革新で常に苛烈に競争をしていると、経営や事業の統廃合が行われるものですよね。 特に中小事業者が運営している光コラボやプロバイダを同業他社と合併などを行い、規模を拡大して経営状態を改善しようとする事業者も多いかと思います。 しかし、ユーザーサイドから見ると、いきなりサービス提供会社が変わり、料金体系や通信速度などの通信品質が今後どうなるのか不安ですよね。 インターネットは、電気・ガス・水道と同様にライフラインですので、しっかりした事業者と契約したいものです。 そこで今回は、 hi-hoひかりを例に事業者変更という制度を利用して、簡単に他社光コラボなどに乗り換える方法と、 おすすめのインターネット回線を紹介していこうと思います。 今の光コラボに不満があり、乗り換えを検討している人にとっては必読ですよ! 2015年から始まった光コラボレーションの普及により多くの事業者が顧客の集客に力を入れています。 「NTTかと思って契約したら違う会社だった」• 「絶対に変えないといけないような勧誘だった」• 「フレッツ光からコラボに移行して速度が遅くなった」 などなど・・実際に光コラボへの乗り換えによりこのような思いをされている方も多いはずです。 もし、あなたがフレッツ光に戻す方法を知りたい、電話番号を変えずに元へ戻したいなどのお悩みがあれば下記の相談窓口がおすすめです。 こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。 【電話番号】 (通話料無料) 【受付時間】10:00~21:00 hi-hoひかり(ハイホーひかり)とは、(株)ハイホーが運営している光コラボです。 回線は光コラボですので、 NTT東西のフレッツ光利用しており、通信速度は 最大1Gbpsです。 高速接続サービスは、NTTコミュニケーションが提供している「OCN バーチャルコネクトサービス IPoE 接続 (料金無料)」が利用出来ます。 (参考URL ) 運営会社の(株)ハイホーは、このhi-hoひかり(ハイホー光)だけではなく、プロバイダとしても、 NTT東西の「フレッツ光」に対応した「hi-ho 光 with フレッツプラスコース」や NTTドコモの「ドコモ光」のタイプAに対応した「hi-ho forドコモ光」も展開しています。 (株)ハイホーは大手~中堅どころのIT企業となるわけですが、ユーザーにとってはあまり 評判が良くない旨の口コミ情報がネット上に多数取り上げられているようですね。 項目 一戸建て マンション 月額料金 24ヶ月間 4,450円 3,250円 それ以降 4,950円 3,750円 また、 同社が運営している格安SIMを利用することで更に月額200円が割 引になります。 hi-hoひかりの料金を大手他社と比較すると次のとおりです。 <料金比較> 回線名 一戸建て マンション hi-hoひかり 12ヶ月間 4,450円 12ヶ月間 3,250円 それ以降 4,950円 それ以降 3,750円 OCN光 5,100円 3,600円 ぷらら光 4,800円 3,600円 ドコモ光 5,200円 4,000円 ソフトバンク光 5,200円 3,800円 auひかり 1年目 5,100円 3,800円 2年目 5,000円 3年目以降 4,900円 NURO光 1年間 980円 1,900円~2,500円 それ以降 4,743円 ビッグローブ光 4,980円 3,980円 nifty光 5,200円 3,980円 このように比較をしてみると、• 一戸建てプランでは、「ぷらら光」「auひかり(3年目以降の料金)」「NURO光」• マンションプランでは、「OCN光」「ぷらら光」「NURO光」 の方が 「hi-hoひかり(ハイホー光)」より割安でした。 高速接続サービス「OCN バーチャルコネクトサービス IPoE 接続 (料金無料)」が利用可能• 同社の格安SIMとのセット割がある(月額200円割引)• 料金は他社より少し割高• 2年を経過すれば違約金0円で解約可能(工事費残債あり)• 通信速度が速くない <hi-hoひかり(ハイホー光)の通信速度> (出典「みんなのネット回線速度」の通信速度レポートを利用させていただきました。 URL ) hi-hoひかり(ハイホー光)の 平均速度ですが、上りも下りも47Mbpsと100Mbpsに届きません。 しかし、この速度なら、 You Tubeなど動画は問題なさそうです。 しかし、hi-hoひかり(ハイホー光)は、 時間帯により速度低下が起きているようです。 特に 夕方では、下りが1. 44Mbpsと大変厳しい速度になっているようですね。 しかし、2年では工事費の残債がありますので、解約費用0円で解約するためには、• 東日本エリアで31ヶ月目以降• 西日本エリアで32ヶ月目以降 に解約する必要があります。 このため、 ハイビットやホワイトサポートのサービスを利用していた場合、ハイホーが運営会社となり、契約している光回線も料金の請求もハイホーになりました。 (参考URL ) また、具体的な光コラボはハイホー公式サイトのQ&Aによると次のとおりです。 光ギガ・Toppaサービス• Cloud Lineサービス• BAサービス• ダントツ光・ダントツネットサービス (参考URL ) また、これ以外にも勧誘電話などによる不適切な勧誘方法により 光回線の事業者を勝手に変えられてしまう場合もありますので、注意が必要ですね。 2.hi-hoひかり(ハイホー光)の評判と口コミ SNSなどネット上にアップされている ハイホーひかりの評判と口コミを調べてみました。 特に 回線についての不満もなさそうです。 ひかりTVの導入を楽しみにしていますね。 (URL ) この方も ドコモ光でhi-hoを使っているようですね。 そして、 速度も200Mbpsを下回ったことはないとのことです。 これだけの速度が出ていればネットを快適に楽しむことが出来ますね。 この方は多分、 高速接続サービス「OCN バーチャルコネクトサービス IPoE 接続 (料金無料)」を使っている可能性がありそうですね。 平日昼間以外(休日と夕方~夜)は速度低下が起きているようですね。 確かに夕方~夜にかけての時間帯は「ゴールデンタイム」と呼ばれており、ネットの利用者が急増するようですね。 (URL ) この方は ドコモ光でhi-hoを使っているようですね。 22:31で下り1. 04Mbpsとは厳しい速度ですね。 hi-hoには高速接続サービスが無料で提供されているので、これを利用すると通信速度が改善する可能性がありますね。 常時200Mbpsも速度が出ている人もいれば、 夜になると下り回線が1. 04Mbpsと速度低下が起こっている人もいました。 この差は、 hi-hoひかりの高速接続サービスを利用しているかどうかに原因があるように感じます。 このようなインターネットで高速接続を利用するにも設定などが複雑で面倒ですよね。 こんな時は、契約する前に機器の設定など詳しく教えてくれるサポート体制が充実している光回線と契約した方が良さそうですね。 そこで、インターネットのプロが対応してくれる相談窓口等に頼ってみてもいいでしょう。 最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。 そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。 ちなみにここなんかおすすめです。 ここでは、ハイホーひかりから他社に事業者変更する方法について解説していこうと思います。 事業者変更承諾番号の取得方法は、ハイホーひかりの場合、 hi-hoインフォメーションデスクというサポート窓口がありますので、ここに電話して「事業者変更をしたいので、事業者変更承諾番号を取得したい」旨を申し出ます。 受付時間 9:00~18:00 (平日・土日祝日ともに) なお、 事業者変更承諾番号には有効期限がありますので、有効期限内に別の光コラボ事業者へ申し込みましょう。 事業者変更承諾番号の有効期限の確認方法は次のとおりです。 NTT東日本エリアなら「F」 NTT西日本エリアなら「T」 となります。 この例の場合は「0430」ですので、4月30日が有効期限となります。 4.hi-hoひかり(ハイホー光)からおすすめ乗り換え先 ハイホーひかりからの乗り換え先としておすすめの光コラボを紹介しようと思います。 この セット割は割引額が大きいので大変お得です。 <スマホがドコモの場合> ドコモ光の料金は次のとおりです。 タイプ 一戸建て マンション タイプA 5,200円 4,000円 タイプB 5,400円 4,200円 単独タイプ 5,000円 3,800円 選択出来るプロバイダにより3タイプがあります。 <スマホがauの場合> ビッグローブ光やnifty光では、ひかり電話の加入を条件に「auスマートバリュー」が適用出来ます。 割引額は、 月額最大1,000円までスマホの料金が割引となり、 10回線まで割引が適用出来ますので、 家族が多いほどドンドンお得になっていきます。 ビッグローブ光でauスマートバリューが適用出来る料金は次のとおりです。 項目 一戸建て マンション 月額料金 4,980円 3,980円 ひかり電話 500円 500円 合計 5,480円 4,480円 nifty光でauスマートバリューが適用出来る料金は次のとおりです。 項目 一戸建て マンション 月額料金 4,600円 3,480円 ひかり電話 500円 500円 合計 5,100円 3,980円 <スマホがソフトバンクの場合> ソフトバンク光では、 【 光BBユニットレンタル+Wi-Fiマルチパック+ひかり電話サービス(セットで月額500円)】 のオプション加入を条件に「おうち割光セット」が適用出来ます。 割引額は、 月額最大1,000円までスマホの料金が割引となり、 10回線まで割引が適用出来ますので、 家族が多いほどドンドンお得になっていきます。 ソフトバンク光でおうち割光セットが適用出来る料金は次のとおりです。 また、 ぷらら光の料金も割安ですので、この点でもおすすめできますね。 フレッツ光の特徴は、 対応プロバイダが600社以上あり、その中から自由にプロバイダを選択・変更出来るところが大きな魅力です。 プロバイダは、通信速度やネットの安定性に大きく影響しますので、 プロバイダ選びは快適なインターネットライフを実現するために大変重要です。 月額料金は光コラボより少し割高になりますが、 通信品質を重視するならイチオシです。 フレッツ光の料金は次のとおりです。 このように、フレッツ光の料金は少々割高ですが、 インターネットの通信品質を重視する人にとって、プロバイダを自由に選択・変更出来るというメリットは大きいですね。 5.まとめ ハイホーひかりについて調査・検証してみました。 現在の光コラボの状況は過当競争に突入しているような印象を受けました。 実際に(株)ハイホーが(株)ハイビットと(株)ホワイトサポートのインターネット事業を吸収分割し、これにより上記2社のインターネットサービスが(株)ハイホーに継承されました。 このため、 今までハイビットの光ギガを使っていた人が、ある日突然「ハイホー」から請求があって驚いてしまうという状況も起きているようですね。 これからも光コラボを含めたインターネット事業は苛烈な競争を行っていくかと思いますので、吸収合併などの経営統合が行われていくと思います。 こんな状況で、 自分の利用目的を満たして、さらにお得な光回線を選ぶことってとても複雑で大変ですよね。 最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。 そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。 ちなみにここなんかおすすめです。

次の

ハイビットとは

ハイビット ハイホー

Q 2015年10月3日本日、Toppa! というところからインターネットの「がっちりパック」とかいうサービスの申し込み書類が届きました そんなものに契約した覚えは無いのですが「申し込みありがとうございました」と書かれてました …実は身に覚えがゼロというわけではありません 少し長くなりますが… 自分は4月にマンションで一人暮らしを初めて、その時はso-netというところのフレッツ光(この書き方おかしいですか?よく分かってないので変かも知れません)で契約しました 8月入ってすぐ?玄関にOCN光の人という男が来て「OCNに転用しましょう!1500円安くなりますよ!」と言ってきたのですがどうでも良かったので適当に流してて帰ってもらったら8月5日にOCNから電話がかかってきて「転用の方法をサポートします。 お手数ですがパソコンを開いて下さい」と言われました。 (ここまでするか~普通~?)と思いながらも1500円安くなるならOCNでも良いかもなと思いながら一応言われたとおりに入力をしました。 名前、住所や電話番号ぐらいでクレカに関する事とかは入力しなかったとお思います(多分してないと思います…)胡散臭かったので一応注意して入力はしました。 その結果、8月19日まで使える「転用承諾番号」を手に入れました。 「後日、書類が届く」ともいわれたので、取り敢えず種類が届いてから考えるかとしていたら 8月13日ぐらいに「OCN会員登録証在中」の封筒が届きました。 内容は支払いの手続きと、会員番号、請求番号、認証ID、パスワードが載った紙。 あとは返信用の封筒 この頃にはOCN光より今のフレッツ光で十分だなって気もしてましたし、ここでスルーすればもう終わりだろうとなにもせずにスルーして今の10月3日まで来ました。 転用承諾番号も期限切れしてますしね そうしたら本題、今日ポストをみたらToppa! の申し込み書類が来ていました こんなのやった覚えはないんですが、アカウントIDや接続パスワードがついていたので入力してみたらたしかに自分のマイページが出来上がってました。 8月8日に申し込み、9月29日に利用開始となってます。 時期的には上のOCNの頃なんですが書類を読むと「同じ会社がやってるOCNとは別に請求します」みたいな内容ぐらいでした。 あとこれはプロバイダってやつですよね?よく分かってないですが so-netと同じような感じのものですよね?一応現在使用しているプロバイダをIPドメインSEARCHというところで調べた所「netname: So-net」これは今もso-netを使っているということですよね? 書類によると9月29日からtoppa! 利用開始と書いているから本当に開始していたらすでにso-netではなくてここにtoppa! と書かれてる…のですかね?すんません toppa! 、OCNのマイページから料金請求確認をした所 toppa! とOCNと全く関係なかったらそれでいいんですが、なんの金銭トラブルも発生していなければそれでいいんですが、次の平日・月曜日にtoppaさんに電話を入れて覚えがないんですよーという旨を伝えて内容をキャンセルしようと思うんですが なにか間違ってること、気をつけるべきこと、こうするべきことがありましたら教えていただけませんか? 2015年10月3日本日、Toppa! というところからインターネットの「がっちりパック」とかいうサービスの申し込み書類が届きました そんなものに契約した覚えは無いのですが「申し込みありがとうございました」と書かれてました …実は身に覚えがゼロというわけではありません 少し長くなりますが… 自分は4月にマンションで一人暮らしを初めて、その時はso-netというところのフレッツ光(この書き方おかしいですか?よく分かってないので変かも知れません)で契約しました 8月入ってすぐ?玄関にOCN光の人とい... A ベストアンサー SO-NET ソネット株式会社(親会社SONY)が行っているISPサービス OCN NTTコミュニケーションズ(親会社)が行っているISPサービス NTTグループで、ISP事業を行っているのは、 NTTドコモ、NTTぷらら、NTTCom、NTT-ME Toppa! soumu. 孫会社でもNTTが入っていますが、ドコモの子会社などは、NTTが入っていない会社もあります。 soumu. 孫会社でもNTTが入っていますが、ドコモの子会社などは、NTTが入っ...

次の