ソウル シルバー ブラッキー。 ブラッキー育成論

四天王1人目「イツキ」

ソウル シルバー ブラッキー

はじめまして! 育成論の投稿は初です!チルノの算数です! 名前は気になさらないでください(え ブイズの中でももっとも耐久があるブラッキーを投稿させていただきます。 どうぞよろしくお願いします。 ブラッキーは金銀から登場したポケモンですね。 十分になついたいーブイが夜に進化することでブラッキーになります。 種族値は…HP 95 攻撃65 防御110 特攻60 特防130 素早さ65 といった感じなので耐久型に分類されますね。 HP・防御・特防がどれも高いので、弱点を突かれない限りはそう簡単には倒せません。 攻撃面はそれほど高いとは言えませんが、ブイズは遺伝で「鈍い」を覚えることができます。 鈍いは自分の素早さを下げる代わりに、攻撃と防御を上げてくれる技です。 おそらくブイズの中ではブラッキーが一番使いやすいと思います。 素早さを犠牲に耐久と火力の両方を上げてくれます。 これを活かしたのろしっぺ型は有名ですね。 今回はちょっと変わったのろしっぺ型ブラッキーを投稿させていただきます。 戦法についてですが、とりあえずいろいろとすることが可能です。 1、普通にのろしっぺ。 鈍いを1、2回積み、しっぺ返しで攻撃という単純されど強力な戦法です。 鈍いにより耐久アップ&火力アップ。 素早さは下がりますが、しっぺ返しは 自分が相手より後に行動した場合に威力が倍になる技です 素早さが下がる鈍いとはむしろ相性がいいです。 ちなみに相手が交代をした場合でも、威力は倍になります。 2、不意打ちでエスパー狩り。 ただし鈍いにももちろん弱点はあります。 なんといっても素早さを犠牲にするということ。 本来ならブラッキーよりも遅いポケモンに抜かれる羽目になります。 また、特防は上がらないということでしょうか。 ブラッキーは特防高いのでこれはあまり気になりませんが… そこで不意打ちを使おうということです。 不意打ちは相手が攻撃技を選択していれば、先制攻撃が可能になる技です。 素早さを犠牲に攻撃を上げる鈍いとはこれまた相性がいいです。 タイプ一致技ですし、何より先制ができるのはとても美味しいです。 主に気合い玉を持っているエスパータイプやゲンガーを狩れるのはうれしいですね。 3、強制流し&積み あくびによって、相手を流しそのすきに鈍いを積んでしまいます。 あくびで相手が交代すると見たら、しっぺ返しもありです。 相手の積み型を流せたらうれしいです。 相手は退くか自分のポケモン一匹を眠らされてしまうかの2択になります。 決まれば相当面白いです。 流し際に食べ残しで回復もできます。 ウパーやヒポポタス、ノコッチやドーブルから両方遺伝できます。 えぴたふさん。 本当にありがとうございます• 努力値&性格 慎重 HP&特防252振り 残り防御 やはり特防特化がお勧めですね。 特殊耐久はかなりつきます。 特攻振りうっかりやボーマンダの珠 流星群でも半分ぐらいしか削られません。 持ち物 食べ残し 毎ターン16分の1ずつ体力が回復できます。 あくびで流すとき等などいろいろと重宝します。 オボンの実もありですね。 oooさん提供です• 性格 シンクロ おかげで麻痺や毒状態にされにくいです。 役に立つ特性です。 技 ・しっぺ返し 前述の通り、相手より遅ければ威力は倍です。 タイプ一致で75。 相手より遅ければ150とかなりの威力です。 呪いを積んでいればさらに強力になります。 基本はこれで攻撃です。 ・不意打ち 先制攻撃が可能になり技です。 鈍いとの相性はしっぺ返し同様とても良いです。 速いエスパー狩りに最適です。 ただし、身代わりには注意が要ります。 呪いを積まなくとも、 HP6振りゲンガー&フーディンは確定2と乱数1という火力。 向こうの気合い玉は控えめ特功極振り 珠でも半分しか削られません。 さすがブラッキーですね。 HP6振りラティオスはぎりぎり確定2でした。 終盤はこれ連発だけでも相手には恐怖となり、不意打ちを嫌って逃げるとみたら、しっぺ返しや鈍いをお見舞いしましょう。 あくび 強制流し技として有名です。 あくびで流して、鈍いを積めたら理想です。 相手にものすごい圧力をかけれます。 ステロが撒いてあるのなら、あくび連発と言う手もありです。 不眠ポケモンに注意です。 鈍い 素早さを犠牲に耐久&火力アップができます。 あくびとセットで使うといやらしいです^^; 素早さダウンは不意打ちで補えます。 しっぺ返しとも不意打ちとも相性がいいです^^• 候補技 ・追い打ち あくびなんかで逃げる相手に。 これまた決まれば面白いです。 不意打ち読みで逃げる相手にも効きます。 ・穴を掘る ど〜〜〜しても鋼タイプ対策をしたい人に。 とりあえず食べ残しとの相性は〇 …ですが、やっぱり地震が怖いですね。 ・月の光 サンダース軍曹さん提供です。 ありがとうございます。 回復技です。 あくびで流すときなどに使いたいですね。 ありがとうございます 鉢巻きカイリキーやヘラクロスといった決定力を呼びまくるので^^; これで逃げてしまいましょう。 ハッサムや、ドサイドンにつなげれば理想…かな? 他に鈍いバトンの候補っていますかね?• 格闘タイプや鋼タイプは素直に味方に任せましょう>< 蜻蛉帰りハッサムはとくに宿敵です。 A研究室さん。 ありがとうございます コメントお持ちしております。 それに対して黒生バトンみたいな大きなメリットがあるわけでもないですし。 バトンはやっぱりほしいですが、どの技を抜いても型のコンセプト変わってきそうですし。。 相手の交代先を確認してからの交換になるんで、ハッサムの蜻蛉みたいな扱い方になります。 逆に鈍いは終盤の相手の決定力や吠える持ちを潰してからの使用になると思います。 Gucci 33eaffd3 新ブイズは地面でお願いします! とくこう高め、避雷針だと嬉しいですね。 >初投稿でブイズですか?! 度胸ありますね(笑) しかも決して低くない評価を得ていらっしゃる様なので、感服してしまいます。 そして、おめでとうございます。 >20 バトンを繋ぐ相手について 文章中のドサイやハッサムだと返り討ちに遭いそうなので、ゴースト系いかがでしょうか? ミカルゲorヨノワールなど良さそうな気がします。 バトンと鈍いは選択になりそうです。 やはり吠える持ちのハガネールなんかもきついですね。 ちょっと考えてみます。 新ブイズ毒タイプ…面白そうですね! >Norisさん コメントありがとうございます。 確かにゴーストタイプなら、格闘にも強いですからね。 まあ、格闘タイプのサブウェポンがちょっと怖いですが… こちらも少し考えさせてください^^; 地面ブイズですか…避雷針ならギャラドスあたりの補佐ですかね? 地震が使えたらうれしいです。 >ザクロさん コメント&高評価ありがとうございます。 火力なさすぎて不意しっぺ使えないし、技全入れ替えになりかねないですよ。 あまり自信ないですが。。 序盤はバトンとあくびを軸に動いて、後半動きやすくなってきたら鈍不意ですね。 相手がふいうち読みで攻撃してこなそうなら、鈍バトンで重火力を召喚。 やはり読みが大切になってきますね。 重火力ポケ…ドサイドンあたりですかね? あ〜…でも格闘弱点がかぶりますね。 やっぱりNorisさんのおっしゃる通りゴーストですかね。 とても参考になりました。 みなさんのコメントを参考にさせていただいてもう一回投稿したいです。 とりあえずこれはとっておきたいです ><.

次の

ブラッキー

ソウル シルバー ブラッキー

イーブイ系の強さ比較 イーブイ系の強さ比較 5種類(厳密には7種類)のポケモンに進化するイーブイ。 誰に進化させたら、一番強くなるのか? 進化系+イーブイ、この6匹の強さを比較してみましょう。 シャワーズ、サンダース、ブースター、エーフィ、ブラッキーです。 好みで進化させている人、技で決めている人、 もったいなくてイーブイのままの人、育ててない人 笑 などなど、 たくさんいると思います。 イーブイとその進化系の、合計6匹の強さを比較してみましょう。 なお、パール・ダイヤモンドでは、イーブイの進化系は、 従来の5匹に加えて、 「リーフィア」という草タイプ、「グレイシア」という氷タイプ、 この2匹が追加されております。 しかし、ここではこの2匹を除いた6匹で検討していきます。 ポケモン タイプ 攻撃する時 防御する時 有利 不利 有利 不利 イーブイ 無 なし 岩霊鋼 霊 闘 シャワーズ 水 炎地岩 水草竜 鋼炎水氷 電草 サンダース 電 飛水 電草竜 飛鋼電 地 ブースター 炎 虫鋼草氷 地炎水竜 虫鋼炎草氷 地岩水 エーフィ 超 闘毒 鋼超悪 闘超 虫霊悪 ブラッキー 悪 霊超 格闘鋼悪 霊超悪 闘虫 弱点が一番少ないのはイーブイですが、攻撃するとき有利な相手がいませんね…。 逆にブースターなんかは、攻撃時も防御時も有利なタイプが多いです。 代わりに苦手なタイプも多いですが…。 エーフィは苦手なタイプが多い上に、得意なタイプが少なく、つらそうですね。 倒したら得点、倒されたら減点、ってやつです。 戦闘中はまったく役に立たない。 0 シャワーズ ちょすい 水タイプの攻撃を受けてもダメージを受けず、 自分のHPが回復する。 2 サンダース ちくでん 電気タイプの攻撃を受けてもダメージを受けず、 自分のHPが回復する。 2 ブースター もらいび 炎タイプの攻撃を受けてもダメージを受けず、 自分の炎タイプの技の威力が上がる。 1 エーフィ シンクロ 自分がマヒ、毒、やけど状態になったとき、 相手のポケモンもその状態にする。 2 ブラッキー シンクロ 自分がマヒ、毒、やけど状態になったとき、 相手のポケモンもその状態にする。 2 こんな感じです。 やはりエーフィとブラッキーの2匹のシンクロが有効です。 しかしダブルバトルなら、貯水(蓄電)は非常に便利です。 イーブイはどんまい。 使う環境によっても、とくせいの利用法は変わるんですね。 こういうふうになってます。 どの能力が高いとか、やはり得意不得意があるんですね。 イーブイとブースター以外は、問題なしッスね! ん〜なんかブースターがかわいそうだなぁ…。 打たれ強さではシャワーズとブラッキーが優れていますな。 サンダースとエーフィは、素早く攻めるタイプのようです。 能力を考慮しつつ、技について検討していきましょう。 この時点で覚えられる技が大きく異なっているのが一目瞭然。 まず、レベルアップで覚えていく技を見比べて見ましょう。 レベル イーブイ シャワーズ サンダース ブースター エーフィ ブラッキー 1 体当たり 体当たり 体当たり 体当たり 体当たり 体当たり 1 尻尾を振る 尻尾を振る 尻尾を振る 尻尾を振る 尻尾を振る 尻尾を振る 1 てだすけ てだすけ てだすけ てだすけ てだすけ てだすけ 8 すなかけ すなかけ すなかけ すなかけ すなかけ すなかけ 16 なきごえ みずでっぽう 電気ショック ひのこ ねんりき おいうち 23 でんこうせっか でんこうせっか でんこうせっか でんこうせっか でんこうせっか でんこうせっか 30 かみつく かみつく にどげり かみつく スピードスター 怪しい光 36 バトンタッチ オーロラビーム ミサイルばり ほのおのうず サイケ光線 だましうち 42 とっしん くろいきり でんじは スモッグ じこあんじ 黒い眼差し 47 なし とける 高速移動 にらみつける サイコキネシス いやなおと 52 なし ハイドロポンプ かみなり 火炎放射 朝のひざし 月のひかり イーブイは案の定、強力な技を覚えてくれません。 もとから高いHPと特防、そして「とける」で防御を上げれば、 ひたすら「ハイドロポンプ」で攻めることができそうです。 技マシンで「冷凍ビーム」を習得すればさらに言うことはなし。 サンダースは、「でんじは」「高速移動」といったすばやさに関する技を覚えますが、 すばやさの上達が早いサンダースには不要でしょう。 また、シャワーズの「ハイドロポンプ」やサンダースの「かみなり」に対し、 ブースターは「だいもんじ」ではなく「かえんほうしゃ」となっています。 (技マシンを使えば解決ですが…) その他の技もいまいちです。 「スモッグ」「ほのおのうず」は威力が低いです。 エーフィについては、「サイコキネシス」をレベルアップで覚えられるのが魅力です。 また、イーブイからエーフィへの進化のタイミングを計れば、 「じこあんじ」「バトンタッチ」両方を覚えることができ、 さまざまな使い方が考えられそうですね。 また、ぜひ注目してほしいのがブラッキー。 ブラッキーはHP、防御、特防の成長力が優れている上に、 「怪しい光」「黒い眼差し」「いやなおと」といった技を覚えるため、 相手の状況をじわじわと陥れていくには最適のポケモンですね。 タイプやとくせいと違い、能力や技については、 結果は出すことができません。 もっと奥深い調査・考察が必要でしょう。 【5】検討を終えて 結局、使う環境によって、誰が強いかが変わります。 (あやふやな検討結果ですみませんorz) ここまでの検討で明らかになったのは、 攻めるタイプのポケモンを育成するなら、サンダースかエーフィ、 守るタイプのポケモンなら、シャワーズかブラッキーが適している、ということです。 特にエーフィとブラッキーは、さまざまな技のコンボが使用可能です。 もっと深く検討を重ねようかと思いましたが、 話に際限がなくなってくるので、この検討はここで終えたいと思います。 皆さんのポケモン育成にちょっとでも参考になれば幸いです。 [PR].

次の

今更ポケモン ソウルシルバー プレイ日記⑪: 今更ゲーム日記

ソウル シルバー ブラッキー

【良いところ】• 悪ポケモンでは珍しく耐久が高いです。 特に特殊耐久は高く、特防特化にすればゲンガーの「きあいだま」なども余裕で耐えることができます。 弱点が少ないです。 特殊アタッカーのサブウェポンで弱点を突かれるのは「きあいだま」くらいです。 特殊アタッカーを受けての交代出しが安定します。 特性「シンクロ」を持ちます。 相手の「でんじは」「おにび」などを読み交代出しすれば相手に状態異常をうつすことができます。 相手を交代できなくさせる技「くろいまなざし」を覚えることができます。 「くろいまなざし」状態は「バトンタッチ」でバトン先に引き継ぐことができます。 通称くろまなバトンです。 単純にBを倒すのではなく、「くろいまなざし」のせいで逃げられないBの前で、コチラのバトンを受けたポケモンが「りゅうのまい」「つるぎのまい」を積みまくれるとベターです。 実は、相手ポケモンを逃がさずに倒すということだけなら、ソーナンス単体でもできてしまいます。 砂パの苦手なスターミーをソーナンスで確実に狩ってから砂を撒いてガブリアスで暴れる・・などの戦法です。 ブラッキーでくろまなバトンをやるならソーナンスとの差別化はしたいところ。 有利な味方にバトンし、積み技を使って無双・・を狙いたいところです。 具体的には、ラティアスにバトンして「めいそう」、ギャラドスにバトンして「りゅうのまい」を積む、などです。 くろまなバトンは相手の「ほえる」「ふきとばし」という強制交代技で無意味にされます。 しかし強制交代技は後攻となるため、先手で「ちょうはつ」すれば相手の「ほえる」を封じることができます。 便利な再生回復である「つきのひかり」、味方を回復させることもできる「ねがいごと」を習得することができます。 「シンクロ」で状態異常をうつしてから「ねむカゴ」か、「つきのひかり」で長生きするか、交代読み「ねがいごと」サポートをするか・・迷うところです。 【悪いところ】• 攻撃種族値が65と低いです。 火力がなく補助技を使ってパーティのサポートをするポケモンなので、挑発で乙です。 「のろい」を何度も積めば攻撃力を上げていくことができますが、逆に言えば何度も積まないと本当に火力がありません。 積んでいる間に相手の高火力アタッカーに押し切られがちです。 タイプ耐性による受けができないため、高火力の相手は受けきれません。 努力値を割いて安定させるしかないので、特防特化をベースとしましょう。 コチラがブラッキーを出すと、相手はブラッキーを倒せるポケモンorブラッキーに倒されないポケモンに交代してきます。 攻撃力がないので、相手の強力なエースを呼び寄せてしまいやすいことが欠点です。 相手アタッカーの牽制となる技を「くろいまなざし」の代わりに使うことにより、有利にバトルを進められることがあります。 交代読み「あくび」「あやしいひかり」「あまえる」など。 「あやしいひかり」は運ゲですが、コチラの後続ポケモンの負担を減らすことができますし、見せておくだけでアタッカーに対し牽制効果があります。 「くろいまなざし」は、「バトンタッチ」「とんぼがえり」には無効で、相手に逃げられてしまいます。 相手にこれらの技を持ったポケモンがいるとくろまなバトンが機能しにくくなります。 「バトンタッチ」はサンダースやシャワーズなど、「とんぼがえり」はハッサムなどがメジャーな使い手です。 サンダースなどブイズ兄弟は「バトンタッチ」だけでなく「あくび」などを使い、くろまなバトンを邪魔してくるので要注意。 特に砂パーティは使用率が高く、砂パを意識するなら回復は諦めるか「ねむる」を使いたいところ。 6on6向けの型です。 初めから「くろいまなざし」する必要はありません。 初めは相手の交代読みで「あくび」を撃ち、相手の再度の交代を読んで「くろいまなざし」で縛るといい感じです。 性格・努力値について。 特防特化とし、特殊相手に交代出しします。 攻撃技は使わないので、混乱したときの自滅ダメージが少なくなるおだやかにしています。 防御に振らなくても、カビゴンの「おんがえし」程度の火力になら交代出しができます。 持ち物について。 基本的に、相手の攻撃を2発耐える必要があります。 「オボンのみ」だと発動しないことがあるので、延命アイテム「たべのこし」がオススメです。 技について。 「くろいまなざし」「バトンタッチ」「あくび」「選択肢」という技構成とします。 「くろいまなざし」「バトンタッチ」はこの型で必須です。 相手を縛れる技は、パーティを早い段階で崩せるという点で強いです。 コチラの方が有利な状況でも、相手は逃げられないワケですから・・ 「あくび」はくろまなバトン型では第2のメインといえる技です。 ここでヘラクロスが眠るのを覚悟で「インファイト」してくる場合も考えられるため、一概には言えませんが・・ 残りの技は選択肢となります。 ここに入る技により個性が出せます。 「ちょうはつ」は相手の「ほえる」「ふきとばし」を防ぐために使います。 ラグラージ・エアームドなどが交代出しされた場合、強制交代技によるくろまなバトン封じを狙っているため「ちょうはつ」を撃っておきましょう。 「ねがいごと」は味方のサポートです。 相手の交代を読んで「ねがいごと」を使い、有利な味方に交代したときの交代際ダメージを回復させてあげることができます。 「あやしいひかり」は相手の交代先に当てる技です。 運ゲとはいえ、交代際にアタッカーが混乱状態になることはなるべく避けたいので、相手のエースを牽制できる効果があります。 催眠制限があり「あくび」を使えない状況でも使うことができます。 使われるとイヤな技です。 「あまえる」は相手の物理アタッカーに交代読みで撃つ技です。 ブラッキーは特防特化が多く、相手は物理アタッカーに代えてくることが多いため相性の良い技です。 しかし「あくび」で事足りることが多いためそこまで必要ないです。 「つきのひかり」は便利な再生回復技です。 しかしこの型では、くろまなバトン1回を終えた時にはブラッキーがボロボロになっていることが多いため、回復しにくいです。 素早さが遅いため回復する前に倒されてしまいます。 どうしても回復技が欲しい方限定で。 役割関係.

次の