ニンニク卵黄 クチコミ。 黒酢サプリ 口コミ 効果 比較ランキング

黒酢サプリ 口コミ 効果 比較ランキング

ニンニク卵黄 クチコミ

目次(クリックでとびます)• 成分(1日3粒あたり) 黒ニンニク末 360mg 黒にんにくサプリということでこれがメインになりますね。 黒にんにくの効果については、以下のページなどで詳しく解説しています。 卵黄油 30mg 卵黄油とは、卵の黄身を長く炒ることで少量だけ抽出できる油のことです。 卵黄油には卵黄の有効成分が濃縮されています。 民間医療の薬として、奈良時代の文献に残されているほど歴史あるもので、リノール酸やレシチン、オレイン酸を特に多く含んでおり、 血中のコレステロール値を低下、脂 質の体外排出促進、 動脈硬化や生活習慣病の予防など、様々な効果に期待されています。 にんにく卵黄についてはこちらの記事で詳しく解説しています。 トコトリエノール 18mg トコトリエノールはビタミンEの一種で、強力な抗酸化作用を持ちます。 臨床試験下でコレステロール値の低下が認められており、 動脈硬化予防効果・血栓症の予防作用・抗ガン作用・抗酸化作用に期待ができます。 アレルギー物質 卵・ゼラチン等(原材料をご確認ください) におい・のみやすさ 袋を開けて匂いを嗅いでみると、結構にんにく臭があります。 ただ、服用しても口臭などは気にならないです。 カプセルは飲みやすいソフトカプセルで、1日3錠です。 DHC「熟成黒ニンニク」を使ったみんなのクチコミ いろいろ試したが、これに落ち着いた。 毎日飲むと効果が感じられなくなるので、3日ずつ位で飲んでいる。 飲むとダルさが軽減されてると感じる。 貧血なので貧血のサプリと同時に飲んでいます。 寝不足の日でもどうにか乗り切れました。 また買いたいですね。 多分、効いてる。 おろしにんにくも毎日食べてるからサプリメントだけの効果はわからないけど、にんにく食べ出してからは冬場も余裕。 体の動きもキレがいい。 まわりに勧めまくってます。 55円 薬局で手軽に買える黒にんにくサプリですが、値段はちょっと高め。 というのも、 黒にんにく末の量が意外に多いんですよね。 同様に薬局で手軽に買える井藤漢方製薬のものは100mgですから、360mgと言うのはかなり多い。 にんにくが多いので、スタミナ目的で服用するのに向いているのかなと思います。 健康目的であれば、別のサプリをセットで飲むか、色々な有効成分が一緒になっているサプリのほうがおすすめかも。

次の

【楽天市場】【やずや公式】 にんにく卵黄WILD 310mg球×62球入り すっぽん マカ 牡蠣 亜鉛(やずや楽天市場店)

ニンニク卵黄 クチコミ

訪問ありがとうございます、アドリンク株式会社の児玉です。 50代という年齢のせいか、最近どうも元気が出ないというか、疲れが残るようになってきたので、元気の出るスタミナ食材について調べてみました。 スタミナ食材と聞いて、誰もが一番に思い浮かべるものと言えば、やはり「 にんにく」ではないでしょうか。 生物学的にはネギ属の多年草で、日本では青森県が最大の生産地です。 にんにくのパワーの源は、あの強烈なにおいの元になっている「アリシン」という成分だそうですね。 成分名のような面倒な話はともかく、にんにくの効果は皆さん既にご存知だろうし、問題はそんな所じゃないですよね。 「にんにく」は食べにくい、そして臭い! これですよね? にんにく卵黄なら、簡単に摂取出来て手間いらず、テレビCMでもよくやってます。 このページでは、「にんにく卵黄ランキング」、商品のネットの「口コミ」、気になる「におい」について紹介しています。 ぜひ参考にしてみて下さい。 体に良いことは分かっていても、やっぱり「におい」が・・・ 大丈夫だと思います。 ここで紹介している「にんにく卵黄」は、いずれもカプセル化や長時間加熱等の工夫により、 においを気にせず飲む事ができます。 もちろん、においに対する敏感さは人それぞれですが、にんにく料理とは比較になりません。 にんにく卵黄は、元々は粉末の食品だったのですが、メーカーが少しでも飲みやすく改良を重ねて現在の形になっています。 にんにく卵黄は副作用なし! もともと、古くから九州南部(鹿児島県など)の各家庭で作られ、親しまれてきた伝統料理のひとつですので、副作用の心配もありません。 元々が家庭料理という事もあって、クックパッドなどでも、自家製にんにく卵黄のレシピが数千種も公開されています。 手作りも楽しくて良いのですが、やはり手軽さに欠ける点が気になりますよね。 にんにく卵黄はカプセルがおすすめ! 「にんにく卵黄」の本来の姿は粉末なのですが、現在は飲みやすく、においを抑える目的もあって、カプセル化されている商品が殆どです。 各メーカーから多くの商品が発売されており、サプリメントとしては、比較的安価な部類に入ります。 にんにくの薬効成分と卵黄の豊富な栄養素を、同時に、しかも簡単に摂れるため、リピーターが多いのが特徴ですね。 手軽に始めるなら、当サイトで紹介している商品を参考にしてみて下さい。 やずや 雪待にんにく卵黄の口コミ 最近体力の衰えを肌で感じるようになっていました。 まだ子供はいないものの、日々の家事や雑用をこなすだけでもグッタリしてしまって、これで子供なんて出来たら果たして体力が付いていくのだろうか、と悩んでもいたんです。 子育て中の友人の中でも特に男の子のお母さんは「とにかく体力勝負だよ!」と言う人が多くて不安になってしまっていました。 日々の食事でも何とか補おうと思うものの、元々胃腸が弱く食が細いのであまりたくさん食べられないし、肉を食べるとお腹を壊してしまう体質のため、なかなかスタミナが付けられなかったんです。 そんなときに、テレビCMで見かけた、「やずや 雪待にんにく卵黄」を注文してみる事にしました。 名前からして健康に良さそうな商品で、期待が高まります。 芸能人の方が、激務を乗り切れる秘密として以前にんにく注射を紹介しているのをテレビで見た事があり、にんにく=スタミナというイメージが私の中で強く残っていました。 安直かもしれませんが、そういう人は多いと思います。 ちょっとにんにく臭かったりするのかなと、においの面で心配していましたが、全くそんなことはなく飲みやすいカプセルタイプです。 少しぐらい日中に無理をしても、夜に家事をする元気がちゃんと残っていることに感動しました。 これからも、にんにく卵黄を続けていきたいです。 健康家族 伝統にんにく卵黄の口コミ 半年前位から飲んでいます。 姑から薦められたのがきっかけです。 その頃私は仕事が忙しく、子供の世話もあり疲れていました。 元気がでないときは昔からにんにくって言われてるよ!と主人に言われたのですが、食事で取るのは抵抗があります。 元々私は苦手なんです。 レストランに行っても、にんにくの香りは美味しそうです。 ステーキやハンバーグをいざ食べてみると、その時は大丈夫なんですが、次の日胃が重たくなるんです。 「何だか口の中がすっきりしないし、食欲も無い」と思った朝は、大抵前日の夕食ににんにくの入った料理を食べていました。 体質的にあわないのかもしれません。 また、「におい」も気になりますから、次の日に仕事がある夜は食べられません。 「あっ。 この人にんにく料理を昨日食べたのね。 臭いが消えない位食べなくても良いのに」と同僚の悪臭に嫌な思いをした事も多々あります。 自分で自分のにおいは分からないので、気を付けるしか有りません。 でも元気になりたいときに食べる人が多いと聞くので興味はありました。 そんな時、姑が試しにという事で、「健康家族 伝統にんにく卵黄」を買ってくれたのです。 一日、1~3粒、飲みやすいですね。 勿論、にんにくのにおいも無ければ、翌日の嫌な胃もたれも有りません。 続けているうちに、体調も戻ってきました。 今は自分で購入して飲んでいます。 にんにく玉本舗 にんにく玉ゴールドの口コミ 最近どうも疲れやすく疲労が抜けないので、何か健康に良いものはないか探していました。 そうした所知人に勧められたのが、いわゆる「にんにく玉ゴールド」という製品です。 同様の製品はテレビCMなどで目にしていましたが、なんとなく臭いが気になって購入は見送っていましたが、実際に買ってみたので紹介します。 着色料やPH調整剤等の添加物は使用されていないので、ニンニク&卵黄のみに混じりけの無い健康食品となっています。 健康のために飲むものですから、添加物なしは評価できる点ですね。 にんにく卵黄は、健康家族、やずやといった会社のものが有名ですが、こちらはちょっと変わった特徴を持っています。 一般的には臭い対策としてカプセル化された製品が多いのですが、にんにく玉ゴールドは丸粒玉のなっていて、カプセルではありません。 となると、やはり気になるのは、ニンニクの臭いですよね。 メーカーのHPでは、長時間の低温加熱することで緩和されるとの事ですが。。 にんにく玉ゴールドの臭いは? こちらが、丸粒玉の写真です。 まず、にんにく玉ゴールドのパッケージを開けた際に臭いですが、正直そこそこ臭います。 カプセルのように密閉されているわけではありませんので、ある程度は仕方ないのでしょう。 いわゆる伝統料理のにんにく卵黄ほどではありませんが、無臭ではありません。 ただ、飲んだ後の口臭は大丈夫ですね。 にんにく玉ゴールドはこんな人向け! 接客業などで完全に無臭でないと無理!という人には向かないと思います。 カプセル化のための余分な成分がないため、有効成分がたっぷりで、効果を重視する人向けですね。 実際、にんにく卵黄は今まで大手会社の製品が売れ筋だったのですが、最近にんにく玉ゴールドを購入する人がどんどん増えてきています。 つなぎやカプセルを使用していないので、有効成分「アリシン」の含有量も他の製品と比較してたっぷりなので、「効きが違う!」と評判です。 今なら初回購入者限定で「にんにく玉ゴールド」がお試しセット価格で買えるので、とてもお得です。 しばらく飲んで、朝の元気が違うな~と実感しています。 長寿の里 黒にんにく卵黄油の口コミ にんにくが体にいいということは、昔からよくいわれていますよね。 でも、やっぱりにおいが気になります。 そこで、試してみたのが長寿の里 黒にんにく卵黄油。 割と有名な商品です。 にんにく卵黄のサプリはいろいろなメーカーから発売されていますが、長寿の里のものは発酵させたにんにくを使っているのがポイント。 発酵させることで、あの気になるにおいがおさえられて、しかも胃にもやさしくなるそうです。 私は、もともと胃弱なので、にんにくみたいに刺激が強い食べ物がちょっと苦手だったのですが、「これなら!」と思いました。 飲んでみた感じは、ほんとうにニオイが気にならなくて、これなら苦手な人でも大丈夫そうです。 もちろん、にんにくは外国産ではなく鹿児島産だから安心しました。 卵黄も鹿児島産だそうです。 長寿の里 黒にんにく卵黄油は、昔から南九州の家庭に伝えられてきた滋養食なので、体にいいことは間違いないですよね。 飲み始めてから、寝起きがスッキリしてきたように思います。 あと、季節の変わり目に体調を崩して咳がとまらいことが多かったのですが、そういうことがなくなってきました。 長寿の里 黒にんにく卵黄油は、1日1粒飲めばいいので続けやすいです。 飲み忘れないように、いつもテーブルの上に置いています。 えがお にんにく卵黄油の口コミ にんにく卵黄を製造しているメーカーの中で人気が高いえがお。 えがお にんにく卵黄油に使用されているにんにくは無臭なのが特徴となっていて、使用されているにんにくについては青森県で生産されている有名な福地ホワイト六片です。 他にも長野県で生産されている有機にんにくや発酵黒にんにくなども一緒に配合しており、一種類だけのにんにくしか使ってないところが多いのに対して、えがおでは三種類の厳選されたにんにくを使用しており、それぞれのにんにくが持つ効果を発揮できるようにしています。 また、卵黄についても安心や安全にこだわっているだけあって確かな信頼性がありますが、えがおで使用されている卵黄は大原農園で育てられている鶏を使用しており、特徴としては納豆菌を餌にしているというところです。 納豆が体に良いということからもイメージできるように鶏も健康成分を蓄えた上で卵を産むので、その卵にも栄養成分がたくさん含まれていることが分かります。 また、滋養強壮効果の高い食材として知られているスッポンや疲労回復効果が高いと言われている梅エキス、そして精力剤で幅広く使用されているマカなどの素材も配合しているため、従来のにんにく卵黄以上の効果が期待できます。 費用に関してもかなり安く、一回だけのお届けだと1280円+消費税ですが、三か月に一回3袋頼むコースになると一袋が1100円+消費税で購入できます。 「最近疲れやすい」ということをあまり考えもなく、遠く離れて暮らす母親に電話で言いました。 そうすると、いきなり「えがおのにんにく卵黄油」が、それもケースで(20袋程度入っていたと思います)届きました。 驚いて再度電話をすると、「自分が毎日飲んでいて、非常に調子が良いからのんでみろ」ということでした。 確かに、にんにくと卵黄ですから、身体に悪いわけはありませんが、もともと健康食品にはそれほどの思い入れがなかったので、あまり信じていないまま、それでも20ケースあるので、毎日3錠くらいづつ飲み始めました。 ただ、自分で積極的に飲んでいるわけではないので、たまに飲み忘れる日があるような感じです。 しかしそんな感じで、「えがおのにんにく卵黄油」を飲み始めて1か月もすると、なんだか身体に変化が出てきたような気がしました。 朝起きたときに、前の日の疲れが残っていないよう感じなのです。 そういえば、仕事をしていても毎晩夜の7時くらいになるとエネルギーが切れて疲れてきたり集中力がなくなってきたような感じだったのが、それもなくなってきたような気がします。 そうなると現金なもので、毎日しっかりと「えがおのにんにく卵黄油」を飲むようになりました。 身体にはどこにも悪いところがないので、何がどう改善したというのはないのですが、まちがいなく疲れにくくなったことは言えると思います。 関連する記事• 2020. 13 アーユルチェアの口コミ・評判! ご訪問ありがとうございます、アドリンク株式会社の児玉です。 このページでは、座るだけで自然に姿勢矯正できる椅子、アーユ[…]• 2020. 27 アミノインデックス AICS 体験談 訪問ありがとうございます、アドリンク株式会社の児玉です。 私事ですが、45歳を超えてから毎年の健康診断の際、アミ[…]• 2020. 21 善玉菌のチカラ口コミ!フジッコの乳酸菌サプリが凄い! 訪問ありがとうございます、アドリンク株式会社の児玉です。 腸内環境を整えることで慢性的な便秘・下[…].

次の

にんにく卵黄口コミランキングBEST3

ニンニク卵黄 クチコミ

にんにく卵黄とは 今や雑誌やテレビコマーシャルなどで全国的にも有名になった「にんにく卵黄」ですが、そもそもは中国から渡ってきたにんにくが、南九州の土地で体によい滋養のある食べ物として一般家庭に普及して食べられていたことがルーツだと言われています。 薩摩地方など九州の南地域の各家庭では、にんにくと栄養価の高いニワトリの卵を合わせて料理したり、乾燥させ保存する食べ物として「にんにく卵黄」が作られていました。 にんにく卵黄は以前から日本の地域伝統の貴重な食べ物として存在していたのです。 にんにくには健康増進作用がある にんにくは、その独特の臭気から好き嫌いが分かれる野菜でもありますが、栄養価の高さはすばらしく、なかでもアリシンという成分は、殺菌作用も高く、体の活力をアップさせ、元気の源を作り出してくれる働きをしてくれます。 昔から、にんにくを食べると元気になる、健康増進作用がある、美容にもよいと言われている理由のひとつです。 卵には美容と健康維持に欠かせない 卵も完全栄養食として知られる食べ物ですが、その栄養バランスの良さだけでなく、ヒトの細胞膜をつくっているレシチンという成分を含み、そのパワーが若々しい細胞を作る手助けをしてくれたり、不要なものを排出し代謝をよくしてくれる働きをし、また美容と健康を維持するのに欠かせない成分のビタミンEも豊富に含んでいます。 黒にんにくとは 今、普通のにんんにくとは違う「黒にんにく」が注目されています。 白いにんにくの中身がまるで焼け焦げているかのように真っ黒な実になっている「黒にんにく」とは、一体どのようなものなのでしょう。 にんにくが体によい、健康に影響的だということは、昔から伝えられてきました。 そのパワー成分には、滋養強壮、ダイエットや美容にいたるまでの幅広い影響があり、子どもから大人まで手軽に食べやすく、独特の香りが食欲をそそる人気の食品のひとつです。 そのにんにくを皮ごと一定の温度、湿度で数週間から数ケ月もの長時間をかけて、熟成させたものが「黒にんにく」です。 熟成させたにんにくの皮をむいてみると、そこには形はそのままの真っ黒な実が現れます。 黒い実は従来のにんにくと違い、やわらかく、しっとりとしていて熟成した果実やドライフルーツのようにねっとりとした食感です。 そしてにんにく特有のイヤな臭いはなくなり甘酸っぱい香りをもつようになります。 黒にんにくが健康面の効能で最も注目される点は、生にんにくにはないS-アリスシステインという成分が出現することです。 S-アリスシステインを使った実験では、強いがん予防作用が認められるという結果が発表され、黒にんにくは一気に注目を集めました。 他にも、にんにくを熟成させることでポリフェノールの含有量が増え、抗酸化作用が増すこと、コレルテロール値の低下、動脈硬化の改善、心疾患予防硬化が高まることが報告されています。 また生では、胃や腸への刺激が強いにんにくも、熟成するとマイルドになり、たくさん食べられることや、臭いがなくなるので食べた後の口臭を気にすることもなくなり、安心して仕事や外出できることもメリットのひとつです。 にんにくの影響・効能 パワーフードのひとつでもある「にんにく」の影響と効能を詳しくみていきましょう。 にんにくの特徴といえば、やはりその独特の臭いかもしれません。 食欲をそそる香りでもあり、人によっては苦手なその臭いの正体は、「アリシン」という成分です。 他にも同様の臭気をもつ野菜には「にんにく」「ニラ」「ネギ」「たまねぎ」などがありますが、やはりアリシンが含まれています。 ただし、そのアリシンは水分に溶けやすく、熱にも弱いという、加工の仕方によってとても変化しやすい性質をもっています。 また、パワーが強いがゆえに、摂り方によっては胃や粘膜に過度の刺激を与えてしまうこともあります。 せっかくのにんにくの効能も、調理の仕方や保存の仕方、また食べ方次第では、パワーが減ってしまったり逆に負担になったりして、体に影響を取り込むことができなくなってしまいます。 にんにくの効能をしっかりと取り込むためには、一緒につかう油の種類や調理の仕方、またカプセルなら素材や加工の仕方にも十分注意して選ぶことが大切です。 卵黄の影響・効能 にんにく卵黄の影響のなかで、にんにくと同様に大切な成分である卵の黄身、卵黄の影響と効用についてみていきましょう。 食品としての「たまご」は、生命の源でありそこから生命が生まれてくるほどの力を持っている状態、つまりは完全な栄養バランスをもっていることになります。 そして卵のなかに含まれる成分のなかでも割合が大きく特徴的なのが、「レシチン」という成分です。 卵黄にはたんぱく質、水分、脂質が含まれるのですが、卵黄脂質の中の大部分を占める主要成分がレシチンとなります。 レシチンの役割は、水溶性の物質と脂溶性の物質を混ぜて融合することのできる、乳化剤のような役目がであるため、ヒトの細胞間の物質の通りをスムーズにしたり、要らないものを排出しやすくする働きがあります。 その結果、血液を流れやすくして血行循環をよくしてくれたり、老廃物を体の外へ排出しやすくするという影響が現れます。 以前は、たまごを食べすぎるとコレステロール値が上がる、健康によくない、といったイメージが強く、卵黄にも不健康なイメージをもつ人が多かったのですが、現在の研究結果では、逆にコレステロール値を低下させ、動脈硬化を防ぐ、脂肪の代謝を促進することで肥満の改善にもつながることがわかっています。 また最近注目されている影響、効能には、脳の活性化があり、記憶力を高めてくれることや老化の防止、アンチエイジングにも影響があることがわかってきており、卵黄を摂ることがプラスのイメージに変わりつつあるようです。 このレシチンが含まれる他の食品には、大豆やレバー、うなぎ、穀類などがあり、やはり昔から健康によい、美容影響があるとされる食品であることもうなずけます。 にんにく卵黄の飲み方 昔ながらのにんにく卵黄は手間ひまかけて作りますが、臭いが気になってという方が多い中、最近は各メーカーからカプセルタイプの商品が発売されています。 手作りで作るにんにく卵黄と比べると、ソフトカプセルに臭いの元ととなる栄養成分を全て閉じ込めるので、気になる臭いも全く気になりません。 そんなにんにく卵黄の飲み方ですが、薬ではないので特に決まった時間に飲むということはありませんが、その影響を十分に引き出すには食前・食後がオススメです。 ただ、にんにくに含まれるアリシンには強力な殺菌作用があるため、空腹時に飲むと胃が荒れる可能性があるため食前・食後が良いでしょう。 にんにく卵黄の摂取量は各メーカによって異なりますが、成分構成により自己判断を行わずに、適切な量がそれぞれ定められているので、メーカが推奨する摂取量を守ってください。 また、1日の摂取量が変わらなければ、一度に飲んでも分けて飲んでも問題ありませんので、自分の体調に合わせて飲み続けてください。 にんにく卵黄の気になる臭い にんにくは体によさそう、と思っていても、あの臭いがどうしてもダメ…そういう方も多いと思います。 また、にんにくは大好きだけど、デートのときや明日の仕事のことを考えると、やはり敬遠されることも多いでしょう。 にんにくだけでなく、ニラやタマネギなどもあの独特の臭いがするものですが、その臭いの正体は同じもので「アリシン」という成分です。 アリシンの役目は体によい健康影響が注目の成分ポリフェノールと同じで、抗酸化作用をもち、病気に対抗するパワーが期待されています。 体によいものはしっかり摂りたいとはいえ、やはり臭いは気になるところ。 にんにくの臭いを軽減する方法としては、ゆっくり長い時間をかけて中まで火を通して調理したり、大量の生姜などの香草を一緒につかうなど色々な方法もありますが、外食ではそうもいかないし、家庭で行うにもなかなか難しいところです。 そこで登場するのが、卵黄の影響です。 にんにくに卵黄を一緒につかうことで豊富な栄養成分もとれるのと同時に、卵黄がにんにくの臭気を包み込むマスキングの役割も果たしてくれるのです。 しかも卵黄とにんにくを一緒にとることにより、アリシンの影響効能も倍増し、体のなかに栄養素が長くとどまり吸収率をあげることができる嬉しい影響もあります。 また、研究された技術で錠剤やカプセルなどに加工されたにんにく卵黄なら、気になる臭いもしっかりパッキングされ飲みやすくされているので安心です。 実際にカプセルなどの形で飲用している方の感想では、臭いが気にならない、飲んだ後もにんにく臭いとは感じない、にんにく臭いと言われたことはない、というものが殆どだといえます。 にんにく卵黄 口コミと評価 にんにく卵黄を実際に購入し、試された方から口コミと評価をしていただきましたので、参考までにご覧ください。 そう認識している方は多いかと思います。 多くの商品の注意書きには、食品なのでいつ飲んでもよい、他の薬と飲み合わせても問題はない、といった表示をよく見かけます。 確かに、にんにく卵黄も薬品とは違ってにんにくと卵黄からできている食べ物なので、基本的には小さい子どもから老若男女誰にでも飲用でき、食事と一緒に摂取しても大丈夫とされています。 しかし、やはり気をつけたい点はあります。 まずは安心だからといって既定の量以上に大量摂取はしないことです。 多く摂りすぎると、にんにくの有効成分のひとつである強い殺菌作用が、ヒトの体の中にいる有用な菌まで殺してしまい、胃の粘膜を荒らして炎症を起こしたり、腸内のバランスを崩すことにつながり、便秘や軟便といった不調を引き起こすこともありえるからです。 胃腸が弱いという自覚のあるかたなら、既定の摂取量より少なめに飲用するのもよいと思います。 また他には、食物アレルギーの方が摂取してしまうと、症状が起こる可能性があります。 にんにく、そしてたまごアレルギーの疑いがある場合、過去に症状がでたことがある方は注意が必要で、また直接食物アレルギーを発症していない場合でも、アトピー性皮膚炎などの症状がある場合は、医師の診断や検査を受けてから飲用することが望ましいでしょう。 また、他の種類の商品を常飲している方、漢方などの薬を飲んでいる方の場合は、飲み合わせによる反応や症状がでる可能性もあります。 にんにく卵黄だけでなく、複数の商品を併用している際には、そのメーカーや主治医へ相談してからの飲用をおすすめします。 にんにく卵黄の作り方 現在ではカプセルやタブレットなど、手軽にとれるタイプのにんにく卵黄が普及してきましたが、にんにく卵黄の歴史は意外にも古く、江戸時代には各家庭でにんにく卵黄をつくり、参覲交代の武士が携帯するなど、今の商品のように活用されていたといわれています。 にんにくは体によいもの、その認識はすでに広まっていましたが、携帯するためにはあのにんにく独特の臭いを封じ込めねばなりません。 そこで、利用されたのは卵黄です。 にんにくを卵黄で包みこむことで臭いも防ぎ、さらに卵黄の高い栄養価も一緒に摂ることができるという優れたアイディア。 昔の人の知恵には頭が下がりますね。 そこで、現在でも同じように家庭で作る方法を紹介しましょう。 いろいろな方法がありますが、基本的なレシピは以下の通りです。 まず生のにんにくの皮をむき、実をすり潰すかフードプロセッサーで細かくしてペースト状にします。 そのにんにくペーストを鍋で火を通しながら、卵黄を加えていき、焦げないように注意しながらゆっくりと練り上げて水分をとばしていきます。 その後、バットなどに移して適度に乾燥させ、柔らかいうちに棒状にまとめます。 そして天日干しでさらに乾燥させ、小さくカットして完全に乾くまで乾燥を繰り返します。 最初の下準備や手順に違いもありますが、基本的な作り方としてはこのような方法をとり、乾燥させて錠剤にしたり、もっと細かくして粉末状にしたり、またカプセルに入れるなど飲みやすく加工することもできます。 自家製のこだわりにんにく卵黄を作ることも魅力的ではありますが、質のよいにんにくと卵を手に入れることからはじまり、時間と手間のかかる方法であることは間違いないようですね。 にんにくの出荷量 にんにく卵黄に使用されているにんにくは青森県産が多いようですが、出荷量は全国の約8割が青森県産がしめているといわれています。 にんにくの出荷量ベスト5.

次の