スー アンコウ。 四暗刻(スーアンコウ)役満で勝機をつかめ!

三暗刻(サンアンコウ)とは? 暗刻を3つ作ると成立する役

スー アンコウ

今回は「刻子」を中心にした役を覚えていきましょう。 少し用語の復習になりますが「刻子(コーツ)」の意味を覚えていますか? や なんかの、同じ牌3枚のグループだよな。 この刻子は正確には2種類に分類することができます。 (明刻) では、この前提の上で話をすすめていきます。 前回、ちょっとでてきましたが「トイトイホー」という役です。 対々和 トイトイホー ・すべて「刻子」で構成される ・ポン・明カンをしても食い下がりはない ・手の構成上チーをしては成立しない これが「トイトイホー」です。 「トイトイ」と省略されるほうが一般的ですね。 「トイトイホウ」なのか「トイトイホー」なのかは永遠の謎です。 とりあえず 「順子」が混じってなければ、それでいいのです。 当たり前の話ですが「チー」はできません。 先ほど紹介した「混老頭/ホンロウトウ」ですが、役の性質上、すべてを1・9・字牌で構成するので絶対に「トイトイホウ」が複合されてしまうのですよ。 ホンロウトウは刻子でしか作れませんからね。 全部を刻子で完成させれば、とりあえず「トイトイホウ」なんだな。 刻子の役はポンしても食い下がりはないんだな。 そうですね。 刻子系の役は使える牌の枚数が少ないのでポンしても食い下がりが適用されないものが大半です。 問題はここからです。 混同しやすいので順番にいきましょう。 三暗刻(サンアンコウ) ・暗刻を3つ作れば完成 ・ポン・チー・明カンをしてもハン数に変化なし ・暗カンは暗刻と同じ扱いになる 文字通り「暗刻」を3つ作るので「三暗刻」ですね。 ただ1つ注意してもらいたい部分があります。 例えばこのようなテンパイをしていたとします。 のシャンポン待ちだな。 そうですが…。 ここで、誰かが を捨てた場合、ロンあがりの場合は「三暗刻」は成立しません。 しかし、ツモあがりした場合は「三暗刻」が成立します。 この違いがわかりますか? いや、わからーねな。 でロンなら で「暗刻」が3つで「三暗刻(サンアンコウ)」じゃねえのかよ? それが違うのですよ。 暗刻は「自分の力だけで集めた3枚」です。 最後の は相手からのロンですから、自分の力で集めたことになっていません。 そのことをご理解ください。 それを踏まえて次の役です。 四暗刻(スーアンコウ) ・暗刻を4つ集める ・役満の中では比較的よく見かける ・暗カンは暗刻と同じ扱いになる 単騎待ちの場合はW役満(役満の倍の点数)とするルールもある 下の状態で聴牌(テンパイ)しています。 のシャンポン待ちだな。 この時点で暗刻は3つか。 ツモした場合は「四暗刻(スーアンコウ)」が成立します。 ロンの場合は「三暗刻(サンアンコウ)+対々和(トイトイホー)」になってしまいます。 これも「サンアントイトイ」とか「トイトイサンアン」と一緒に呼ばれるケースもありますね。 ああ、なるほどな。 自力で4つの暗刻を作らないといけないんだな。 三暗刻もそうだが暗カンも同じ扱いだからこの場合も四暗刻を狙えるわけだな。 こういうのを「ツモりスーアン(ツモスー)」とか言いますね。 確定していない四暗刻ですね。 確定している「四暗刻」もあります。 いわゆる「 四暗刻 単騎待ち」ですね。 俗にいう「スッタン」です。 (四暗刻 単騎待ちの形) この場合はすでに暗刻が4つあるので、四暗刻は確定です。 四暗刻を単騎待ちであがると、「ダブル役満(親96000点 子64000点)」としている場合もありますので、ルールの確認をしてください。 うひょー! しかし、「四暗刻 単騎待ち」には、思わぬ落し穴があるので注意してください。 こいうケースの場合です。 の単騎待ちにも見えるんですが・・・ 並べ替えたらよくわかるが も当たり牌なんだよな? なかなか頭が良いですね。 そっちの場合は「三暗刻」になってしまいます。 しかも、順子が混じっているので「対々和(トイトイホー)」までつかないという、かなり残念なことになってしまいます… すべての当たり牌を把握していないとフリテンなども知らない間に発生します。 フリテンに関しては、こちらを。 メルさんと博士が話をしています。 後でもかまいませんので初心者の方はぜひ「フリテン」の考え方に目を通してください。 あと、順子系の手に比べて、刻子系の手は、もってる牌が少ないのでドラがのりにくいです。 ただし三暗刻やトイトイホウなどはドラがのった時、必然的に3枚いっきにドラがのったりしますし、刻子で手を作っているので「カン」などにもつながりやすいです。 ドラ・裏ドラ・カンドラ・カン裏ドラと、3つ単位でバンバンのったりするケースもあるので、非常に爆発力のある手だともいえますね。 ただし、自分が使える牌がピンフ系の手に比べて少ないので、なかなか手が進みません。 この意味で「手が重い」と表現しますね。 人間どもは…。

次の

四槓子

スー アンコウ

ツモれば四暗刻(スーアンコ)! でもロンならトイトイ・三暗刻。。。 そんな時に、リーチするか 悩んだことありませんか? ツモれたら、四暗刻(スーアンコ)の役満ですが、 ロンなら安いあがり。 そんな時に、リーチをするか悩みますよね。 実は、 ツモで四暗刻の時はリーチした方が良いです! リーチをかけるメリットは2つ。 1つ目は、 リーチをすれば相手が警戒するからです。 警戒をして相手がオリてくれれば、 ツモの可能性が高まります。 もしもリーチをしなければ、 相手はあなたを警戒することは無いので あなたよりも先にあがるかもしれません。 リーチをして相手の足止めをするのです。 2つ目の理由は、 万が一ロンであがっても裏ドラが見られるからです。 他の役が何もない場合、ツモで四暗刻の場合は マンガンの点数しかありません。 リーチをしておけば、裏ドラ次第で ハネ満か倍満になることがあります。 なので、 ツモで四暗刻なら、基本はリーチです! でも、リーチをしない方が良い場合もあります。 それは、あなた自身が追いかけリーチする時です。 追いかけリーチの場合は 自分も相手もロンあがりの可能性が高まります。 どうしても四暗刻を狙うなら、追いかけリーチの場合だけ ダマテンにしておくのも1つの手です。 ただ、ロンも承知の上、 裏ドラ狙いで追っかけリーチならOKです。 ここら辺は性格の問題になるので、 自分で心地よいと思う方を選択してください。 上記のような内容など、 麻雀の勝ちとは何か? 勝つという目的のもとに どのようにゲームを進めるのか? 相手のリーチに対しての対処法 守りの重要性、攻守の判断など、 強い人が実際に行ってる麻雀の勝ち方の勉強と練習をします。 麻雀で勝つには勝ち方があるのです。 点数計算ができたらもっと楽しくなると思いませんか? 2月の金曜日午前10時からの 点数計算勉強会では、『基本役と符の計算』の勉強をします。 点数計算って難しいですよね。 特に符の計算が難しいと思いませんか? しかし、符計算は2つのコトに注目すればとてもカンタンです! 符の計算をカンタンにする魔法の法則や、 基本役を数えるやコツなど勉強をします。 点数計算ができるようになると、 自分の点数がハッキリわかるので 相手との駆け引きが上手くなりますよ! 麻雀をこれから始めたい方・最初からやり直したい方は 毎週 火曜日・金曜日・日曜日 午後1時から 初心者勉強会 兼 麻雀の基本の勉強会を開催してます。 麻雀をするにあたっての基礎の勉強をします。 麻雀のテンパイが速い人は、 確率に基づいた基礎がしっかり分かってる方です。 なぜなら、大の仲良しだった幼馴染の家族が ギャンブルが原因で夜逃げをしちゃったからです。 でも、高校時代に友達と ゲームとして楽しんだ麻雀が忘れられず、 賭けない楽しい麻雀の普及のために 今の銀座ファミリー麻雀教室を設立しました。 麻雀教室を設立して24年、想いを優先して、 プロの雀士にはならず講師を天命として、 1,000人以上の生徒さんへの指導、 賭けない麻雀の普及に尽力し ゲーム性や楽しさを伝え続けています。 また、初心者でも簡単に麻雀を覚えれれる 簡単教材を開発し、特許庁に実用新案登録をしました。 この教材で高齢者でも簡単に楽しく麻雀を覚えられ、 今では多くの方がゲームとしての麻雀を楽しんでいます。

次の

四暗刻単騎(スーアンコウタンキ)とは?四暗刻との違いは?ダブル役満?

スー アンコウ

概要 [ ] 4面子をすべて槓子として晒すため、テンパイ形は必然的にの形になる。 と同様に使用する牌に一切の制約がないが、そもそも1人で4回も槓をすること自体が難しい上、残る単騎待ちを揃えなければならないとあって、この役の難易度は他の役の追随を許さない。 その難易度の高さ、出現頻度の低さから「幻の役満」とも言われる。 実際オンライン麻雀における集計では、広く採用されている11の役満のうち最も出現率の低い役であるとの結果が出ている。 1局内で4回のが発生した場合、その局はによるとなるルールが多いが、1人が4回の槓を行った場合は例外で途中流局にはならず局が続行される。 そのような状況、すなわち四槓子のテンパイ者がいる状況では、他家は5回目の槓を行うことができない。 4回の槓によって既に嶺上牌がなくなっているためである。 ただし、5回目の槓を認め、それをもって流局とするルールも一部に存在する。 先述の通り使用する牌の種類を限定するタイプの役満ではないため、理論上はとを除く様々な役満と複合可能である。 4面子全てを暗槓で構成した場合はと複合するが、・・とは複合しない。 これらには共通して、チー・ポン・カンがあると無効になるというルールがあるためである。 歴史および原義の四槓子 [ ] 古いルールや一部のルールでは、 1人が4回の槓を成立させた時点で四槓子の和了と見なすという取り決めになっていることがある。 その場合単騎待ちをあがり切る必要はなく、4つ目の槓におけるの打牌を終え、それに他家からのロンが掛からなければ、その時点で四槓子の和了が成立することとなる。 これはいわゆるローカルルールではなく、四槓子のもともとの定義である。 そもそも中国の古い麻雀では、4回の槓をもって無条件に流局となった。 すなわち1人で4つ槓を行おうが、複数人によるであろうが、点棒の授受などは行わず次局に移った。 しかし麻雀が日本に伝来し大正末期から昭和初期にかけて広く遊ばれるようになると、ルールが日本化される過程で細かい取り決めにも新案が取り込まれ、昭和22~23年頃には「1人で4回の槓を成した場合」を四開槓の特殊ケースとして特別に役満扱いするようになった。 特殊な流局の際に点棒の授受を行うという点で、原義の四槓子は手役というよりに近い。 その後まもなく、雀頭を揃えないのに和了と見なすのはおかしいという考え方から、4回の槓の後さらに雀頭を作る必要があるとするルールに移っていった。 戦後になって各種ルールブックもこれに従い、結果今日では通常の四面子一雀頭の役として定義付けられている。 なお、古くからのルールを踏襲する一部の雀荘では、現在でも「四槓子は4つ目の槓が成立した時点で和了と認める、雀頭は揃えなくてもよい」としているケースが見られる。 牌姿の例 [ ] (例)この牌姿に限らず、四槓子のテンパイは必ずになる 和了 四槓子の包 [ ] やと並んで、四槓子には(パオ、パオそく)が適用される。 例えば下図のように既に3つの槓子を晒している者に対し暗刻のを切った場合、おそらくこの三槓子テンパイ者は9割9分これを大明槓し、四槓子へ移行する。 この時、を大明槓させたプレイヤーには包(パオ)が適用される。 (この牌姿でテンパイしている者に対しを切り、それをされる) 四槓子がその後ツモ和了した場合は、包になった者の一人払い(責任払い)になる。 ロン和了の場合は放銃者と包者の折半の支払いになる。 役満祝儀の支払いもこれに準ずる。 なお、4つ目の槓の成立をもって四槓子の和了とするルールの場合は、發の大明槓が完了した時点で、發を切った者の放銃として扱われる(もし上の牌姿のプレイヤーの河に西があったため振聴だった場合も、發を切った者の一人払いとして扱われるのかは取り決めによる)。 他家の四槓子を警戒するのであればを捨てることを避けるという手はあり、打ち手の意思で防ぐことが全くできないわけではない。 しかしそれでも、やとは異なり、四槓子は役の確定牌が自明ではない。 そのため、四槓子においては包則を採用しない場合もある。 脚注 [ ]• p200。 原文では「役満の中でも最も難易度が高く(中略)九蓮宝燈や天和などの高難易度役満よりもさらに出現頻度が低い幻の手役」という表現が使用されている。 また、同じページに「における集計では、全73万9841回の和了中、四槓子は2回のみで、出現確率はワースト1だった」との記述がある(大意)。 『』、1991年。 第1巻 第7話(1990年6月号掲載分)。 一例として、が「中国四千年 幻の役満!」と言いながら四槓子をツモ上がるシーンがある(p166-p170のシークエンス)。 』でも、「世界で最も難しい役」「(まず、上がれないから)覚える必要はありません」と記述している。 オンライン麻雀では、サーバー上で行われた全ゲームを対象に全プレイヤー通算の役満を含めた和了役成立回数を容易に記録・集計したデータがいくつか公開されている。 そのうちのひとつ、のが2003年10月に集計したデータによると、全役満19万1724件中、四槓子は62件で、占める割合は0. 03%である。 、、のいわゆる役満御三家で合計14万2556件(全役満の74%)を占めていることを考えれば、四槓子がいかに珍しい役満であるかがわかる(データの詳細はを参照)。 なお、麻雀格闘倶楽部はやといったローカル役満を採用しており、その2つは四槓子の出現率を下回っている。 2012年6月26日閲覧。 「四槓子の場合は5回目の槓で流局」と明記されている。 参考: - 2009-11-21閲覧• ISBN表記なし、0076-590868-2368。 p186-p187。 参考:、 関連項目 [ ]• - 四槓子の下位役。 一般には四槓子ともども「幻の手役」と言われる。

次の