雇用 保険 追加 給付 計算。 失業保険が減らされていた!!(被害者延べ2015万人、合計800億円)厚生労働省発表

雇用保険追加給付の回答票記入で参考になるサイトを紹介

雇用 保険 追加 給付 計算

追加給付って何? そもそも追加給付とは何なのか? 厚労省が所管する統計について、2019年に不正が発覚。 そのため、雇用保険や労災保険などで、多くの受給者に給付金が支払い不足となってしまった。 そこで、厚生労働省が追加給付が必要な人を対象に、雇用保険の追加給付が必要になる時期にさかのぼり、追加で給付しているのだ。 によると、対象者となるのは「基本手当」、「再就職手当」、「高年齢雇用継続給付」、「育児休業給付」などの雇用保険給付を、平成16年8月以降に受給された人のうち、一定の条件を満たす人。 対象となりうる給付と、対象とならない給付は以下の通り。 対象となり得る給付• 基本手当、高年齢求職者給付金、特例一時金• 個別延長給付、訓練延長給付、広域延長給付、地域延長給付• 傷病手当 雇用保険法によるものに限る)• 就業手当、再就職手当、常用就職支度手当、就業促進定着手当• 早期就業支援金、早期再就職支援金• 教育訓練支援給付金• 高年齢雇用継続給付、育児休業給付、介護休業給付• 失業者の退職手当(国家公務員退職手当法)• 就職促進手当(労働施策総合推進法) 等 対象とならない給付• 技能習得手当(通所手当、受講手当)、寄宿手当• 移転費、求職活動支援費(広域求職活動費、短期訓練受講費、求職活動関係役務利用費)• 教育訓練給付金、専門実践教育訓練給付金• 日雇労働求職者給付金 支払を受けるには?.

次の

雇用保険、労災保険等で「追加給付」のある方へ 厚生労働省から「お知らせ」が順次発送されています | マネーの達人

雇用 保険 追加 給付 計算

雇用保険追加給付の回答票記入する時の参考サイト 雇用保険の追加給付とは、2019年に発覚した「統計不正問題」によって未支給の保険料を追加で給付するもの。 私のところにも先日「厚生労働省職業安定局雇用保険課」から追加給付のお知らせとお願いの書類が送られてきました。 同封の「回答票」に記入し返送するだけの簡単なものです。 ただ「回答票」の記入欄には、すでに忘れてしまったことや紛失してしまった事柄あって困っている人がいるのではないでしょうか。 回答票には3つの選択肢から1つを選ぶことと連絡先電話番号を必ず記入することになっています。 ハローワークで再発行の手続きをする 2. 雇用保険被保険者番号はマイナンバーカードがあれば「マイナポータル」で確認することができます。 そこで「ねんきんネット」にログインして年金記録の一覧を見てみると、直近3つの「勤め先の名前」と「加入月数」の記載がありました。 なお、雇用形態がパートなどで年金の加入をしていない人には「ねんきんネット」に記載がありません。 基本手当の追加給付の平均は約1,375円! 今回の追加給付でもっとも多い対象が離職後に給付される「基本手当」を受給した人ではないでしょうか。 添付された「これまで、雇用保険の各種給付を受給した皆様へ」によると 「基本手当」の平均給付額は約1,375円だそう! ただし、〈60歳以降も雇用が継続された方、育児・介護で休業された方〉の平均は10,661円。 対象になる人は「回答票」を忘れずに送付ましょう。 厚生労働省では追加給付の額を計算できるサイト「失業等給付(基本手当)の追加給付簡易計算」があるので確認してみるとよいでしょう。

次の

厚労省を名乗る「雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い」は怪しい?

雇用 保険 追加 給付 計算

2019年1月に発表されました「毎月勤労統計の不適切な取扱い」に関する事項があります。 これは、毎月勤労統計調査をはじめとする厚生労働省が所管する統計で、長年にわたり、不適切な取り扱いをしていたことについて、 雇用保険、労災保険等で、多数の方の給付金について、支払い不足の状態となっていたことを示しています。 そこで、厚生労働省では、追加給付が必要な方について、 雇用保険の失業時の給付等で追加給付が必要となる時期にさかのぼって、追加給付を実施しています。 現在、対象となる方に対し、「お知らせ」が順次発送されています。 これに対して、 この情報を知らない方がこのお知らせを受け取り「振り込め詐欺ではないか?」と疑問に思われ、筆者のところにも多数の問い合わせがきている状況です。 雇用保険関係の対象となる給付 雇用保険関係の追加給付について、どの時期が対象になるのかを見ていきましょう。 いつ支給された雇用保険関係の給付なのか 2004年8月以降に受給された方のうち、一定の条件を満たす方です。 対象となる方(対象となる可能性のある方を含む)に対しては、厚生労働省が把握している住所に、2019年10月末以降に「お知らせ」が順次送付されています。 なお、 最近5年間に「育児休業給付」を受給された対象者の方に対しては、2019年8月から「お知らせ」が送付されています。 どの給付が対象か 具体的には、どの給付が対象になるのかを見てみましょう。 対象となり得る給付 ・ 基本手当、高年齢求職者給付金、特例一時金 ・ 個別延長給付、訓練延長給付、広域延長給付、地域延長給付 ・ 傷病手当 雇用保険法によるものに限る) ・ 就業手当、再就職手当、常用就職支度手当、就業促進定着手当 ・ 早期就業支援金、早期再就職支援金 ・ 教育訓練支援給付金 ・ 高年齢雇用継続給付、育児休業給付、介護休業給付 ・ 失業者の退職手当(国家公務員退職手当法) ・ 就職促進手当(労働施策総合推進法) 等 対象とならない給付 ・ 技能習得手当(通所手当、受講手当)、寄宿手当 ・ 移転費、求職活動支援費(広域求職活動費、短期訓練受講費、求職活動関係役務利用費) ・ 教育訓練給付金、専門実践教育訓練給付金 ・ 日雇労働求職者給付金 「お知らせ」の内容はどのようなものなのか 「お知らせ」には2種類あります。 雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い(口座確認) 追加のお支払いの「対象となる方」に送付されているものです。 追加のお支払いの振込先を確認させていただくための 「払渡希望金融機関指定・変更届」です。 雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い(ご本人確認) 「対象となる可能性のある方」に送付されているものです。 追加のお支払いの対象かどうかを確認させていただくための 「回答票(本人確認)」と、「払渡希望金融機関指定・変更届」です。 「雇用保険の追加給付」を語る詐欺に注意 雇用保険などの追加給付に関して、厚生労働本省、都道府県労働局、ハローワーク(公共職業安定所)、労働基準監督署以外から 直接お電話や訪問をすることはありません。 厚生労働省、都道府県労働局、ハローワーク(公共職業安定所)、労働基準監督署から電話があった場合でも、 金融機関の暗証番号を聞くことなどはありませんし、手数料などの金銭を求めることもありません。 不審な電話・訪問があった場合にはご注意ください。

次の