ある日お姫様になってしまった件について お母さん。 『ある日、お姫様になってしまった件について』1巻のネタバレ!

まんが日本昔ばなし〜データベース〜

ある日お姫様になってしまった件について お母さん

漫画アプリ・ピッコマ、LINEマンガで連載中の「ある日、お姫様になってしまった件について」作家Spoon、Plutus、原題・어느 날 공주가 되어버렸다 ある日突然、姫に生まれ変わってしまった主人公。 しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 (今回の話はコミック版からです) 前回のあらすじは、いつも通り愛想を振りまくアタナシアに、無反応なクロード。 ふと、彼が飲んでいるお茶が気になり、飲んでみるといい香りがひろがり、口の中でお花が咲くみたいと表現する。 その言葉は亡き母ダイアナが言った言葉と同じだったため、クロードの雰囲気が変わった。 その後、お絵かきに夢中になるアタナシアが、母に会ってみたいなと思わず口にしてしまい、その場にいたリリーとフィリックスが動揺するのだった。 詳しくはにてまとめてあります 目次• 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」14話のネタバレ アタナシアが、母に会いたいと口にして以降、リリーとフィリックスは心配そうにアタナシアの顔色を窺うようになった。 知らないフリをし続けるのも限界があり、毎日が気まずい。 彼女からすれば、本当の母親ではないから気にしてほしくないのだ。 二人は、ダイアナが映っている映像石を探したようだが見つからず、なんだか落ち込んでいるようだ。 映像石とは30秒程の映像が保存できるものだ。 そんなやり取りを物陰で見ていたアタナシアは、フィリックスが何故かダイアナに好意的なこと、クロードの反応についても何があったのか気になる。 そんなことを考えていると、フィリックスがクロードに、記憶を直接伝えられないか聞いてみるといいだした。 鮮明ではなくても、イメージを伝えられる魔法のようだ。 リリーは、陛下が許可するだろうかと心配すると、姫様のためだから私が一度お願いしてみると、フィリックスが言う。 クロードが喜んでするわけない、まずい、と思ったアタナシアは思わず、やめてと叫んだ。 パパにママの話しないで、パパが嫌がるのに、ママに会いたいなんて言ってアーティのことまで嫌いになったらどうするの、と。 自己保身のための言動だが、リリーとフィリックスは違う受け取り方をした。 フィリックスは陛下はダイアナ様もアタナシア様もお嫌いではない、名前をかけて誓うと、彼女の訴えに真摯に向き合った。 アタナシアの良心が痛む。 姫様はまだ子供なのだから我慢しなくて言いと言われたが、もうママに会いたくないとアタナシアは断る。 姫様が言いにくいなら私が言うと粘るフィリックスを、やだと言って突飛ばし、反対に自分が尻餅をつく。 パパに言ったら恨むよと言い残して、アタナシアはその場から逃げたのだった。 翌日、3人は異様な気まずさの中、顔を合わせる。 もじもじするフィリックスに、昨日は言いすぎたと思ったアタナシアは、おんぶをお願いして、関係修復を図る。 リリーはホッとし、和やかな雰囲気に。 しかもなんだか、リリーとフィリックスが新婚夫婦のような雰囲気だ。 今日は謁見室に行くというフィリックス。 先客がおり、中から銀髪金眼の中年男性がでてきた。 フィリックスはその男性を、アルフィアス公爵と呼び、アタナシアをおんぶしたまま挨拶する。 その公爵は、原作ではジェニットを14歳まで育てた人物で、男主人公イゼキエル・アルフィアスの父親である。 アタナシアに気づいた公爵は、ロジャー・アルフィアスだと挨拶した。 ロジャー・アルフィアス、相当な野望を秘め、ジェニットを利用し順風満帆な人生を送る設定の人物。 そんな男がアタナシアをまるで品定めするように見る。 自分の持っている駒・ジェニットと、私を比較しているのかとイラっとしたアタナシア。 五歳児らしく、こんにちはシロおじさん、ワンコのシロと同じだねと言い、ペロペロキャンディを食べるかと差し出した。 しぶしぶ受け取ろうとする公爵だが、シロはこういうの食べちゃだめだよと、拒否するアタナシア。 笑いをこらえるフィリックス。 今回はこれくらいにしておこうかなと、公爵いじりを止めるアタナシアは、パパに会いたいと言い、謁見室の中へ。 公爵は、本当にかわいらしい姫様ですね、お会いできて光栄でしたと、意味深に呟くのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」14話の感想 クロードに愛されていないと思って、なんていじらしく可愛そうなアタナシア、と二人に勘違いさせてしまい、なんとか取り繕えた彼女。 でもどっちのアタナシアも、父に愛されないと不運なわけなので、間違いではないですね。 フィリックスはダイアナとクロードの件もあり、なんとかクロードに一歩踏み込んでもらおうと一生懸命ですね。 ダイアナ、クロード、そしてフィリックスの間にどんな出来事があったのか、気になりますね。 新キャラクターのロジャー・アルフィアス公爵が登場しました。 ジェニットを匿った善人ではなく、利用しようと匿っていた強かな人物のようです。 そして、クロードの好みが、天真爛漫な自由な女性だということは知っているのか、子供らしいアタナシアの言動を気にしているようでした。 ジェニットはもともと天真爛漫ではなく、公爵によって敢えてそのように育てられたのではないかと思ってしまいました。 利用するために。 今後、ジェニットとアタナシア、二人の娘が現れたらクロードはどうするのか、楽しみですね。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の

何故か毒怪竜になった件について

ある日お姫様になってしまった件について お母さん

漫画アプリ・ピッコマ、LINEマンガで連載中の「ある日、お姫様になってしまった件について」作家Spoon、Plutus、原題・어느 날 공주가 되어버렸다 ある日突然、姫に生まれ変わってしまった主人公。 しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 (今回の話はコミック版からです) 前回のあらすじは、夢の中で、亡き母ダイアナの姿を見るアタナシア。 誰だかわからないので妖精のようなキレイなお姉さんだと思う。 2年後、アタナシアとクロードの距離感は縮まり、彼女は気兼ねなく彼の部屋を出入りするようになっていた。 クロードもそれを咎めることはない。 そんなクロードと仲のいいアタナシアに、アルフィアス公爵は自分の息子と仲良くさせて、ジェニットが失敗したときの保険をかけようとしていた。 断るアタナシア。 それならばと、今度はジェニットを友だちにどうかと薦めてくるのだが、自分の生死が関わることなので、これもアタナシアは拒否する。 頭の悪い子は嫌だと言って、どれだけ彼女が学問に秀でているのかを披露し、牽制するのだった。 詳しくはにてまとめてあります 目次• 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」17話のネタバレ アタナシアは草影で、黒い小さな猫か犬のようなふわふわな生き物を見つけた。 その可愛さに一目で気に入ったアタナシアは、なんとか触ろうとするが、逃げられてしまう。 追いかけた彼女は、黒い尻尾のようなものを見つけ、クロ捕まえた、と手で押さえる。 しかし、その尻尾の持ち主はイテッ離せと言う。 なんとそこで昼寝をしていた、赤い眼の少年の黒い長髪を掴んでしまっていたのだ。 人形のように整った顔立ちの少年だが、何故ここの庭園の草影にいたのだろうか。 アタナシアはお兄ちゃん誰、ここは勝手に入ってきちゃだめだよと声をかけると、彼は先程の小動物を持ち、こいつ捕まえたけど、と言う。 お兄ちゃんが飼っているのと聞くが、初めて見るのかとよくわからない返事をされる。 そこへフィリックスがアタナシアを探しにきた。 少年が指をパチンと鳴らすと、アタナシアが近くにいても、フィリックスからその姿は見えないようだった。 フィリックスは再び彼女を探しに行く。 アタナシアは、今のは魔法なの、他にもできるの、と少年に聞くと、彼は指先からたくさんのシャボン玉を出した。 驚き喜ぶアタナシア。 だが、シャボン玉が割れる度にだんだん息苦しくなる。 アタナシアが苦しみ始めると、クロが唸った。 すると全部のシャボン玉が割れ、息苦しさから解放されるアタナシア。 少年はため息をつき、それしきの小細工で俺様の邪魔をしたのかと、クロを睨みつけた。 怯えるクロ。 獣の癖に生意気だ、殺すかと言う彼から、クロを奪うアタナシア。 クロをいじめるな、飼い主じゃないでしょと訴える彼女に、飼い主はお前だろうと言い返す。 魔法使いも神獣も初めて見るだなんて、田舎からでてきたのか、眼は直系なはずなのに本当にカイルムの娘かと言われるアタナシア。 彼女が否定すると、長く寝すぎたようだ、ではその息子のアエテルニタスの娘かと歴代の皇帝の名前をあげる少年。 現皇帝のパパの名前はクロードだと教えると、易姓革命でも起こったのかと大笑いされる。 彼は何かに気づき、いきなりアタナシアの顔を押さえると、彼女の眼を覗きこみ、こんなの初めて見た変わってるなと、赤い眼を光らせ興味深そうに言う。 面白いから生かしておくかと考える少年。 そして、クロはアタナシアの魔力で生まれた神獣だと話す。 神獣は、持ち主の魔力がその身体で押さえきれないほど溢れたときに生まれ、大人になると自然に吸収され元に戻るのだと言う。 だから本来であれば、主人から離れたがらないはずなのだが、恥ずかしがっているようだ。 じゃあ私は大魔法使いになれるのと、テンションが上がるアタナシア。 教えてくれてありがとうと少年に礼を言うが、何故かクロを取り上げられる。 私のものなのに何するのと彼女が聞くと、俺が見つけたから俺のものだ、どうしようが俺の勝手だと言う。 アタナシアは、返して、どうする気なの、と手を伸ばすが、身長差のせいで届かない。 彼は、目覚めたばかりで魔力が減っているから、クロを食べて回復するつもりだと言い放つ。 神獣はいなくても大したことない、今まで通り魔力無しで生きていけと言う彼に、それはそっちの都合、何故私の神獣を奪うの返してよと、必死にすがりつくアタナシア。 では彼女が大人になるまで一旦保留しようと提案する。 保留なんて納得できない、どういう意味かと彼女が聞くと、俺が今お前を見逃してやるのだと言う。 自分の立場をわきまえろ、今お前を消してこいつだけ連れて行くこともできるが、お前が気に入ったからそうはしないのだと。 黙る彼女に、俺は優しい魔法使いだ、保留している間に気が変わるかもしれないだろうと笑う。 アタナシアは、その代わりに私に何を望んでいるのかと聞くと、彼は何の心配もしなくていい、本当に小さなものだし、奪うのではなく勝手に貰っていけるものなのだと説明する。 そう言っておいて、あとで覆すのではと不安な彼女に、そんなことはしない、アタナシアには何一つ害のない条件だ、誓うよと言って、彼はクロを彼女に返した。 アタナシアは名前を聞かれるが、警戒して答えない。 じゃあ俺の名前から教えてやる、次に会う時は名前で呼べよと言って、ルーカスと名乗った彼は、指を鳴らしその場で風とともに消えた。 先程のなごりでそよぐ風の中、アタナシアは呆然と立ち尽くすのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」17話の感想 新しい登場人物ルーカスが現れました。 黒い長髪に、真っ赤な目が印象的な少年です。 少年と言っても、アタナシアより年上の14,5歳という感じでしょうか。 彼は魔法使いのようです。 魔法使いといえば、塔の魔法使いはその力があまりにも強いため、心臓を凍らせていると、2話目でリリーが説明していましたね。 ルーカスも相当力がある、しかも見た目と違いかなり長生きしているようなので、塔の魔法使いとなんかしらの関係があるかもしれないですね。 そんな彼は、アタナシアに興味を持ったようです。 宝石眼が歴代のものと少し違うのか、転生がやはり関係しているのでしょうね。 また会おうと言ってましたので、近々登場してくれるでしょう。 アタナシアの魔力の塊、神獣のクロも登場しましたね。 鳴き声は犬のようです。 とても可愛らしいですね。 怯えているとき、そのふわふわなしっぽを抱えていますし。 アタナシアの反応から、ルーカスもクロも、原作に登場しなそうな感じですよね。 今後どのように関わっていくのか楽しみです。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の

『ある日、お姫様になってしまった件について』2巻のネタバレ!

ある日お姫様になってしまった件について お母さん

漫画アプリ・ピッコマ、LINEマンガで連載中の「ある日、お姫様になってしまった件について」作家Spoon、Plutus、原題・어느 날 공주가 되어버렸다 ある日突然、姫に生まれ変わってしまった主人公。 しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 (今回の話はコミック版からです) 前回のあらすじは、クロードの玉座の裏は仮眠室があり、クロードに抱え上げられたアタナシアは、2人でそこに入ることに。 脅される形で子守り歌を彼に歌うアタナシア。 クロードが寝付くと、フィリックスから自分はクロードと乳兄弟で、母を早くに失くしているのだと打ち明けられる。 そして彼に、姫様の願いは何かと聞かれ、クロードに沢山愛されることと答える。 そして眠くなったアタナシアは、クロードのとなりで並んでお昼寝をするのだった。 詳しくはにてまとめてあります 目次• 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」16話のネタバレ アタナシアの夢の中。 風でたなびくシルバーブロンドの髪の美しい女性が、とても美しい声で歌っている。 まるで女神や妖精のように神秘的な美しさの女性は、差し出された誰かの手をとり、優しく微笑む。 そんな夢を見ていると、フィリックスやクロードの、ボソボソ話す声が聞こえる。 いい夢を見ているようですね、悪夢を払う子守り歌を歌っていたからなと。 その話し声がうるさく、アタナシアが少し声を出すと、二人は黙った。 クロードは彼女の頭に優しく触れ、面倒だ寝ろと言う。 美しい妖精の夢を見ながら、アリスティアはぐっすり眠ったのだった。 それから2年後。 こっそり食べようと思っていたチョコが減っていることを、許せないアタナシア。 隠れて食べようと思っていたのに、これでは減りすぎてばれてしまう。 虫歯になったせいで、チョコが制限されているのだ。 これなら最終手段だと、クロードの部屋に行く彼女。 最近は自分の部屋のように出入りしているなと小言を言われつつも、とっても会いたくなったのと彼に甘える。 彼の口ぶりは相変わらずだが、彼女がくっついてきても追い払おうとしない。 クロードはアタナシアのために、沢山のケーキを用意させる。 途端に目が輝く彼女。 これが目当てだ。 美味しそうに頬張る彼女に、それでも頬がはちきれないのは不思議だという彼。 道中で誰かに会わなかったか聞かれるアタナシア。 会っていないのならいい、これからも無視するようにと苦々しい表情のクロード。 その相手は、フィリックスに抱っこしてもらって移動中にわかる。 アルフィアス公爵のことだった。 公爵に対し、お手や頭を撫でたり、完全にワンコ扱いをするアタナシア。 公爵は、周りに話し相手になる友達がいなくて寂しくないのか聞いてくる。 何か企んでいるのだろうと思った彼女は、とりあえずフィリックスが友達だと答える。 同年代と遊ぶほうがいいのでは、実は姫様と年の近い息子がいるのだという話す公爵。 非情に聡明で、アタナシアより3つ上なので、兄のように接してくれれば、妹のように大切にするだろうという。 どうやら公爵は、ジェニットがクロードに愛されなかったら、クロードと仲のいいアタナシアに鞍替えができるよう、彼女にも保険をかけたいようだ。 息子も私に似て非情にハンサムだという公爵に、クロードの苦々しい顔を思い出したアタナシアは、おじさんに似ているなら別にと乗り気じゃない。 そもそもイゼキエルもまだ10歳なので、子供っぽい遊びしかできないだろう。 今度は、同年輩の女の子はどうかと提案する公爵。 地方で療養中の従妹の末っ子・公爵の姪だという少女を紹介しようというのだ。 クロードに近づくために、ジェニットを私にくっつける気なのか、そのせいで死ぬかもしれない私にと、彼女は気が気じゃない。 ジェニットに罪がないのはわかっているが、自分はアタナシアなのだ。 フィリックスは、姫様がお友達を望むのであれば、自分も一緒に陛下にお願いすると言うが、自分より間抜けな友達は嫌だよと断る彼女。 いきなりの発言にフィリックスはたじろぎ、公爵も賢い子だから心配ないとフォローする。 アタナシアは、じゃあその子は社会学理論はどこまで勉強したのか、賢いなら中巻まで終わっているよね、他の勉強・魔力学・哲学・歴史はどうなのかと、矢継ぎ早に質問する。 他言語も話せるのかと、「天は全てを知っている」「真実が隠れることはない」とそれぞれ違う言語で披露する彼女。 「神は嘘つきに天罰を下すであろう」とも。 アタナシアの才能に、言葉もない公爵とフィリックス。 公爵は、姪も優秀だが姫様には敵わないようだと乾いた笑いをする。 そして、姫様が非情に明敏だと噂されているが、逆に過小評価されているようだと言って、その場を引き下がるのだった。 そんなアタナシアの友達であるフィリックスは、彼女に釣り合うよう努力すると言い凹むのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」16話の感想 今回は美しい、アタナシアの母ダイアナが、夢の中で登場しましたね。 アタナシア本人は、見たことがないので誰だかわかってないですが、母娘の愛が為せる技なのか、クロードがダイアナを考えていたのか、なんらかの影響で彼女の夢を見れたようです。 そんなこんなで7歳になり、順調にクロードとの仲を詰めていくアタナシア。 今では自分の意志で、何の気なしに彼の部屋に出入りします。 彼も拒絶しないので、かなり心を許しているようですね。 クロードとかなり親密になったアタナシアを狙い、アルフィアス公爵がすり寄って来ました。 どんな人物であるのか知っている彼女は拒否しますが。 イゼキエルもジェニットも、これで彼女にそうそう近寄れなくなりましたね。 そう思うと、アタナシアは毎日スイーツばかり食べているのではなく、かなり勉強していたようです。 序盤で英才教育が始まったとは描いてありましたが、本人も相当やりこんだのでしょう。 生き抜くためには色んな知恵や知識が必要になりますものね。 そして折られるフィリックスの自尊心。 さて、次回は新キャラが登場します。 時間が取れ次第、またまとめますね。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の