グッド モーゲージ。 グッドモーゲージ 「社員クチコミ」 就職・転職の採用企業リサーチ OpenWork(旧:Vorkers)

グッドモーゲージ株式会社|住信SBIネット銀行銀行代理業者

グッド モーゲージ

来歴 [ ] 生まれ。 10月、12歳での門をたたき、松鶴は「今度親御さん連れておいで」とあっさり入門を許可した。 同年少年落語家としてデビュー。 当時のテレビ番組「」で初舞台を踏んだ。 当初は 天才落語家少年として持て囃された。 によると、本来はの弟子が希望だったが、まだ弟子を取れないという事情で松鶴のところに来たという。 1972年2月に松鶴に入門した鶴瓶は弟弟子という立場になり、小学生の「兄弟子」に大人の鶴瓶が「兄さん」と呼ぶ様が面白がられて二人で何度もラジオ番組に出演した。 鶴瓶はこのおかげでラジオ出演の機会が増え、「鶴瓶というやつ、おもろいねんな」と放送関係者に知ってもらえるようになったという。 その後中学卒業に伴い、大学受験を目指して進学校へと入学。 そして、あっさりと落語家の道を諦め、廃業した。 廃業時期については落語関係の書籍に「ごろ」という記述がある 一方、自社ウェブサイトにおいてはに「6年在籍した」と記している。 、日本信販(後にUFJニコスを経て、現・)に入社した。 、ソフトバンクファイナンスに転職。 日本初のモーゲージバンクとされるSBIモーゲージ(現・)の設立に携わる。 2014年4月に、オフィス・フォー・ユーを設立して社長となる。 2016年8月よりグッドモーゲージの社長を務める。 著書 [ ]• 2010年10月「仕事に幸せを感じる働き方」(あさ出版)• 2012年11月「入社1年目から使える「評価される」技術」(かんき出版)• 2013年4月「一生食べていくのに困らない「人を味方にする」仕事術」(ぱる出版)• 2013年6月「上位20%に入れる人だけが一生成功する」(大和書房)• 2013年9月「リーダーの基本」(かんき出版)• 2014年2月「今は苦しくても、きっとうまくいく」(PHP研究所)• 2014年2月「やる気の伝え方」(徳間書店)• 2014年6月「めちゃめちゃ運がよくなる人づきあいの技術」(ぱる出版)• 2014年11月「戦わない生き方」(日本文芸社)• 2015年2月「40歳からは、小さなことにくよくよするな」(PHP研究所)• 2015年5月「ビジネスエリートは、」なぜ落語を聴くのか?」(日本能率協会マネージメントセンター)• 2015年7月「抜群に評価される人の教科書」(ぱる出版) 脚注 [ ]• マイナビニュース. 2018年1月31日. 2019年6月閲覧。 47 - 48• 『青春の上方落語』p. 65 参考文献 [ ]• 笑福亭鶴瓶・・・・・(著)(編)『青春の上方落語』、2013年 関連項目 [ ]• - 5代目松鶴の孫(6代目松鶴の甥)。 の高座名で5歳から中学生まで落語家として活動。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。

次の

グッドモーゲージ株式会社 採用サイト

グッド モーゲージ

回答者 3. 1 年収 基本給(月) 残業代(月) 賞与(年) その他(年) 400万円 25万円 -- 100万円 -- 給与制度: 賞与は夏季・冬季・年度末の3回ありました。 年度末は業績によるそうですが在職中は毎年あったので、今後も額が下がることはあってもなくなることはないのではないでしょうか。 合計して5カ月分以上はいただけていたと思います。 その点は非常に助かります。 人事考課の評価により標準からそれ以上の評価であれば満額からそれ以上いただけますし、逆に標準より下の評価となってしまうと満額はいただけません。 昇給はそれほど多くはありませんが、毎年数千円あがっていたように思います。 車通勤の方がほとんどですので、交通費は家から職場までの距離で算出されていました。 職務により別途手当もあります。 評価制度: 人事考課の評価基準は部署によりまちまちであったと思います。 内勤であれば日々の業務をそつなくこなし、クリアできる程度の共済や生活部門の目標数字を着実に達成していけば標準の評価がいただけます。 営業などは目標数字の達成率が命となるので、数字ができていなければ評価は下がります。 逆に目標以上の数字を獲得できていれば最高の評価をいただけます。 役職に就くには試験があるそうです。 何年目か以上で農協職員認証試験の中級を取得していたら昇格試験が受けられるようです。 回答者 4. おそらく八十二銀行でそれなりの営業成果を出している人が他の企業に転職したら苦労するのではないか。 「高い法令順守意識」評価チャートを見ても明らか。 ある意味一番の強みかもしれない。 法令順守やお客さまの利益がノルマ達成よりも求められるため、大きな不祥事は起こりにくい体制。 「人材」金融業界では珍しく、良い人が多い。 弱み: 「地銀を取り巻く環境」マイナス金利やフィンテックの台頭は一番大きな脅威。 県内の人口減少も長期的にダメージが大きい。 「各種制度」古くからの慣習がまだまだ多く残っている。 改革をしていこうという機運は全社的にあるので、今後の改善に期待。 事業展望: 地銀の収益環境は依然として厳しいが、高い自己資本比率、県内の圧倒的なシェアから過度に悲観することはない。 ただし、旧来の「銀行に就職すれば一生安泰」との認識は捨てるべき。 今後は地銀同士の競合からフィンテック企業との競合に焦点が当たっていく。 その中で生き残るには「(非対面にはない)対面でのきめ細かなサービス」と「非対面取引の拡充」が求められる。 前者は「人の育成」で、後者は「外部企業との連携」で補完していくものと思われる。 事務職は減少傾向にはあるが、無人化は当分先と思う。 「やりがい」は大きいが「人を選ぶ」。 目標達成意欲が高く、好奇心旺盛、コミュニケーション能力を伸ばしたいと考える人には向いている業界、企業だと思う。

次の

沿革|ARUHI

グッド モーゲージ

本社電話番号 03-5323-5380 設立 2016年8月 資本金 3,000万 従業員 35名 住宅ローン 貸出媒介額 244億円 (2017年10月~2018年9月) 91. 8億円(初年度2017年1月~9月末) 主な取引先• 住信SBIネット銀行• 三井住友海上火災保険• SBI損保• 三井不動産リアルティ• 住友不動産販売• 野村不動産アーバンネット• 東急リバブル等 平均年齢 38. 4才 沿革 2016年8月9日 グッドモーゲージ 株 設立 2017年1月20日 銀行代理業許可 許可番号 関東財務局長(銀代)第310号 2017年1月27日 住信SBIネット銀行新宿ローンプラザ開設営業開始 2017年11月2日 住信SBIネット銀行大手町ローンプラザ開店 2018年10月4日 住信SBIネット銀行梅田ローンプラザ開店 2019年6月18日 住信SBIネット銀行渋谷東口ローンプラザ開店.

次の