パスタ 美味しい レシピ。 【美味しいパスタの作り方】おすすめの人気レシピ20まとめ:絶品で簡単&定番どちらもまとめ!

簡単で失敗しない カルボナーラ・パスタの美味しい作り方!!レシピと 5つのコツ !!

パスタ 美味しい レシピ

【材料】• オリーブオイル 30g• にんにく 少々• バジル 1枚• A砂糖 3g• Aピンクソルト 少々• Aブラックペッパー 少々• Aだし醤油 少々• パスタ 120g• バジル 1枚 【レシピ】• にんにくはみじん切り、トマトはざく切りにします。 フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて、香りが出るまで熱します。 トマト缶とトマトを入れて加熱し、トマトをつぶします。 材料Aで味付けし、バジルをちぎって入れます。 茹でたパスタとゆで汁を加えて絡め、一口大に切ったモッツアレラチーズを入れます。 塩で味をととのえたらチーズパスタの完成です。 【材料】• パスタ 100g• モッツアレラチーズ 100g• ベーコン 200g• にんにく 1片• オリーブオイル 大さじ1• こしょう 適量• 乾燥バジル 適量• Aトマト缶 1缶• A水 100cc• Aコンソメキューブ 1個• Bバター 1片• B牛乳 100cc• B塩こしょう 適量 【レシピ】• パスタは表記の分数より1分短く茹でます。 玉ねぎ、にんにくはみじん切りに、ベーコンは厚めに切ります。• フライパンにオリーブオイルを熱し、玉ねぎとベーコンを炒めます。 軽く火が通ったらにんにくを加えて炒めます。 材料Aを加えて煮込み、水分が飛んだら 材料Bとパスタを加えてよく和えます。 モッツァレラチーズを加えて1分ほど煮込みます。 こしょうと乾燥バジルをかけたらモッツアレラチーズパスタの完成です。 【材料】• ブロックベーコン 40g• なす 1本• 玉ねぎ 50g• オリーブオイル 大さじ1• モッツアレラチーズ 50g• くせになるうま塩ドレッシング 大さじ3• カットトマト缶 200g• パスタ 100g• 刻みパセリ 適量 【レシピ】• なすは乱切り、玉ねぎは薄切り、ベーコンは3c幅に切ります。 フライパンにオリーブオイルを熱し、なすがとろっとするまで焼きます。 玉ねぎとベーコンを加えて炒め、うま塩ドレッシングを加えます。 トマト缶を入れて混ぜ、パスタとちぎったモッツアレラチーズを加えます。 器に盛り、刻みパセリをかけたらモッツアレラチーズパスタの完成です。 【材料】• カッペリーニ 100g• バジル 適量• ニンニク 1片• Aアンチョビ 1枚• Aオリーブオイル 30ml• 塩 適量• ブラックペッパー 適量 【レシピ】• ボウルに 材料Aを入れ、アンチョビを潰します。 手で潰したニンニクを加えて混ぜ、くし切りにしたトマトを入れて和えます。 ラップをして冷蔵庫で30分冷やします。 熱湯に塩を入れ、カッペリーニを茹で、流水でよく洗います。 モッツアレラチーズは食べやすい大きさに切り、 2 に入れます。 カッペリーニを加えて全体を和え、バジルを入れます。 塩と黒こしょうで味をととのえたら完成です。 【材料】• スパゲッティ 160g• ベーコン 3枚• いんげん 6本• 粗挽きこしょう 適量• A水 240cc• Aサラダ油 大さじ2• Bカマンベールチーズ 100g• 卵 2個 【レシピ】• ベーコンは2cm幅に、いんげんは3等分、にんにくは薄切りにします。 ボウルに 材料Aを入れ、半分に折ったスパゲッティを入れます。 ベーコンといんげんをのせ、パスタの茹で時間に合わせて加熱します。 底から全体を混ぜ合わせてほぐし、 材料Bを加えて混ぜ合わせます。 温泉卵をのせ、粗挽きこしょうをかけたらチーズパスタの完成です。 【材料】• パスタ 100g• 塩 小さじ2• オリーブオイル 大さじ2• にんにく 1片• 唐辛子 適宜• トマトソース 150g• 砂糖 小さじ1• 塩 少々• ブラックペッパー 少々• コンソメ 少々• モッツァレラチーズ 適量• カマンベールチーズ 適量• ブルーチーズ 適量• パルミジャーノレッジャーノ 適量• とろけるチーズ 適量• ブラックペッパー 少々 【レシピ】• 塩を入れたお湯でパスタを茹でます。 フライパンにオリーブオイル、にんにく、唐辛子を弱火で温めます。 香りがしてきたらトマトソースを入れます。 砂糖、塩、ブラックペッパー、コンソメを入れ味をととのえます。 パスタを絡め、上にチーズ類を全てのせます。 220度のオーブンで10分焼きます。 ブラックペッパーを振ったらチーズパスタの完成です。 【材料】• パスタ 160g• パルミジャーノ・レッジャーノ 20g• ペコリーノ・ロマーノ 70g• ビーフストック 120cc• エクストラ・ヴァージン・オリーブオイル 20cc• 黒こしょう 適量• 塩 適量 【レシピ】• パスタを袋の表示時間に合わせて茹で始めます。 フライパンにビーフストックとオリーブオイルを入れ、一度強火で沸かします。 弱火にして削ったパルミジャーノチーズとペコリーノ・ロマーノチーズを入れます。 ゆっくりかき混ぜて、フォンデュの状態にします。 パスタが茹であがったらフライパンに加え、手早く混ぜ合わせます。 塩で味をととのえたら、器に盛り付けて黒こしょうをかけます。 仕上げにペコリーノ・ロマーノチーズを削りかけたらチーズパスタの完成です。 【材料】• A粉チーズ 大さじ2• A卵 1個• Aこしょう 適量• オリーブオイル 大さじ1• ベーコン 3枚• 水 500ml• 塩 小さじ1• パスタ 100g• 茹で汁 大さじ1 【レシピ】• ボウルに 材料Aを入れて混ぜ、チーズパスタのソースを作ります。 ベーコンは食べやすい大きさに切ります。 フライパンにオリーブオイルを熱し、ベーコンを炒めます。 チーズパスタのソースにベーコンを入れます。 熱湯に塩を入れ、パスタを茹でます。 チーズパスタのソースにパスタを入れて絡めます。 パスタのゆで汁を入れて混ぜたら、カルボナーラチーズパスタの完成です。

次の

【パスタ レシピ】するめイカの「イカ墨」ならぬ「イカわたスパゲッティ」のつくり方!美味しいおー^^

パスタ 美味しい レシピ

スポンサーリンク パスタの作り置きで伸びない方法! パスタは手軽に食べれる食材ですが、お湯を沸かして、それから麺を茹でて…と意外と時間がかかって面倒。 パスタだけいっぺんに茹でて、取って置けないのかな?って思うことありますよね。 でも、茹で上がったパスタをそのまま置いておくと、伸びたり、食感もパサパサになってしまいます。 パスタはちょっとした工夫をすれば、茹で置きしておいて、後で食べることが出来ます。 伸びたり、パサつきを防いで、茹でたて食感をキープするコツをご紹介します。 パスタの作り置きで伸びない方法! 1 オリーブオイルを絡ませる 茹でたら、水気を切ってすぐに オリーブオイルを絡ませましょう。 オリーブオイルを絡ませることで、パサつきとくっつきの両方を防ぐことができます。 茹で上がったパスタがくっつく原因は、麺の周りのたんぱく質です。 オリーブオイルを絡ませることで、パスタの周りのたんぱく質を包み込んで、パスタ同士がくっつかないようにします。 さらに、オイルのコーティングにより、水分の蒸発も防いでくれます。 オイルを絡めた後は、お皿に盛りつけて、ラップをかけて冷蔵庫へ入れておきましょう。 また、茹でるお湯に、前もってオイルをいれておくという方法もあります。 この場合は、オイルを多めに入れることになります。 カロリーが気になる方は次の方法をおすすめします。 2 水で洗う パスタを茹でた後、ジャブジャブと 水で洗ってしまいましょう。 「冷やしうどんやそうめんじゃあるまいし、パスタを洗うなんて!」と思うかもしれません。 ですが、洗うことで、 パスタの周りの余分なたんぱく質を落とすという効果があります。 タンパク質を落とすことで麺がくっつきにくくなります。 また、熱いままのパスタは余熱で、さらに火が通って柔らかくなってしまいます。 水で洗うことで、茹でたてのアルデンテの食感をキープすることも出来ますよ。 洗った後は、十分に水切りをして、オリーブオイルまたはソースで絡めておきましょう。 水で洗ってからオイルを絡めた方が、直接オイルをかけるより、使うオイルは少なくて済むはずです。 1人分ずつお皿に盛り、ラップをして冷蔵庫で保存します。 3 茹でたお湯の湯気を利用する ちょっとの間だけ、茹で置きしておきたい。 というような場合には、こちらの方法をおすすめ。 水切りしてザルなどに入れたパスタを茹でた鍋の上に、ザルごと乗せます。 そのまま蓋をして、ゆで汁の蒸気を当てて、パサつき予防をします。 オイルもいりませんし、捨ててしまうお湯を活用できます。 ただし、長時間そのままにしておくと、余熱で茹で上がってしまうので、のびてしまいます。 短時間か、または茹で時間を短くしておくとよいでしょう。 パスタを茹で置きしておく場合は、湯で時間に注意! パスタを作り置きや茹で置きしておく場合、茹で時間がポイントになってきます。 すぐに食べる場合は、パッケージに書かれている湯で時間でOKなのですが、 時間を置いてから食べる場合、温める際の熱で火が通り過ぎてしまいます。 (水洗いしない場合は、冷めていく時の予熱の分も) なので、パスタを作り置きや茹で置きする際は、 指定された茹で時間よりも1分ほど短めに茹でましょう。 そのあと、水洗いして、オリーブオイルを絡め、タッパーかお皿にラップをして冷蔵保存します。 作り置きしたパスタの賞味期限や温め直す時は? 茹で置きしたパスタの期限は? 冷蔵庫保存の場合は1~2日 スポンサーリンク 冷蔵庫の場合、1日~2日が美味しく食べられる期間です。 それ以上になると、食感が変わってきてしまいます。 多少は我慢できるという方は、3日でも大丈夫ですが、腐敗していないかを確かめてから調理しましょう。 ・酸っぱいような臭いや味になっていないか? ・赤や緑の色がついて、カビが生えてはいないか? を目安に確認してください。 少しでも様子がおかしい時は食べないでくださいね。 作り置きしたパスタを食べる時は? 作り置きしたパスタを温める時、パサパサになるのは避けたいですよね。 温める際もちょっとしたコツを押さえて美味しく温めましょう。 電子レンジの場合 作り置きしたバスタを食べる時は、水をかけてから、電子レンジで温め直すとぱさつきを抑えることができます。 量にもよりますが、 水を大さじ2~3杯かけて、600wで1分程度が目安です。 フライパンの場合 または、温め直すときに、フライパンでソースと絡めながら炒めるのも美味しく食べることができます。 ぱさつきを感じる時は、フライパンで温める時に、 パスタを茹でた時の茹で汁を少し加えると、パサパサが緩和しますよ。 パスタの作り置きに向いているレシピやソースは? パスタの作り置きを美味しく食べるにはソースはかけても大丈夫? パスタの作り置きや、茹で置きをする際に美味しく食べるには 基本的には ソースと麺は別に用意しておき、 食べる直前にかけたり、混ぜたり、和えたりする ことがコツです。 トマトソース ミートソース バジルソース たらこソース などは別に用意しておき、食べる直前にかけたり和えたりしてくださいね。 麺が伸びて美味さが半減してしまうので、食べる直前に和えましょう。 フライパンで温めるレシピだとベスト 食べる直前にフライパンでソースなどと一緒に炒めるタイプのレシピだと、 麺を温めることも一緒に出来て、しかも美味しく温められるので、一石二鳥ですね。 カルボナーラ クリーム系パスタ ペペロンチーノ ナポリタン などのレシピは、フライパンで温めながら絡められるレシピです。 ぱさつきを感じる時は、茹で汁を取っておいて、フライパンで温める時に、 茹で汁を少し加えると、パサパサが緩和しますよ。 ソースと絡めて作り置きしておいても大丈夫なレシピはある? ナポリタン もし、食べる直前に混ぜたり和えるのも面倒! 子供が食べるから、仕事で疲れているなど、 もう温めるだけで食べられるようにしておきたい!という時、ありますよね。 そういう時、ソースと絡めてもおいても大丈夫で、 しかも茹で置きした麺に一番向いているレシピは 「ナポリタン」です。 ナポリタンは、芯が残ったアルデンテよりも、芯がなく柔らかいもちもちした麺の方が向いています。 なので、茹で置きした麺にピッタリ! 喫茶店なども茹で置きした麺を使うことが多いですし、店よっては、あえて前日に茹でて、 一日置いてから次の日に提供するお店もあるぐらいなんです。 ナポリタンなら作り置きしておいても、レンジチンなどの温め直しで美味しく頂けます。 ペンネは伸びにくいパスタ。 まとめ 以上、パスタの作り置きや茹で置きについてご紹介しました。 賢く使って時間と費用を節約しちゃいましょう! こちらの記事もどうぞ.

次の

お弁当パスタレシピ11選|冷めても美味しいくっつかないスパゲッティは?

パスタ 美味しい レシピ

タグ 100均 DIY あいうえお作文 アイス アイデア アイテム アイロン アクセサリー アク抜き アレンジ アンティーク インコ・文鳥 インテリア ウォシュレット うさぎ エアコン エビ エプロン おかず おしゃれ おすすめ おにぎり おもちゃ おもてなし おもてなし料理 おやつ お弁当 お手入れ お玉 お神酒 お酢 お風呂 お風呂掃除 カーディガン カスタネット カニ カバー カバン カビ カビ臭い カリカリ カルキ カレー カレー鍋 キーキー音 キーホルダー キッチン キャベツ キンパ クーラー クエン酸 クッキー グッズ グッズ・アイテム グッピー・金魚・メダカ グラタン グリル グルーガン クロス ゲージ ケア ゴーグル コーデ コツ ゴミ箱 ゴミ袋 ゴロゴロ サーキュレーター サイズ サングラス シール シェービングフォーム しおり ジッパー シミ シミ取り じゃがいも シャンプー シュウマイ ジュニア シンプル シンプルライフ スエード スキー・スノーボード スキンシップ スタンド ズッキーニ ストレッチ スポーツ スポーツサングラス スポンジ スライダー スライム セスキ ソース タイミング ダニ タレ チーズ チーズソーズ チャック つくね つまみ テカリ テニス ドア・窓 トイレ トカゲ どのくらい トマト トマトソース トマト缶 トラブル トレーニング ナス ナット ニオイ ニット ネイル パウンド バスケ パスタ バスタオル バッテリー パテ パプリカ ハムスター バレエ パン ハンガー ハンドメイド パンプス ピーマン ひき肉 ピザ ブーケ ファスナー フィルター フライパン ブラインド プラスチック プラバン フラメンコ ブレーキ フレーム ベーキングパウダー ベーコン ペーパードライバー ヘアアクセサリー ヘアカラー ペイント ベランダ ヘルシー ペンキ ホーロー ポイント ホットケーキミックス ホットプレート ポリエステル ボルト マグカップ マスク マッサージ まっすぐ マナー マラソン・ランニング むね肉 メガネ メス メニュー メリット やかん やり方 やり方・手順 ヨーグルト ライト ラッピング リース リゾット リボン リメイク リュック ルール レース レザークラフト レシピ レモン レンジ ワッフル ワッペン ワンピース 一人 一人暮らし 上靴 下水 中学 丼 乾かす 乾燥 予防 予防方法 予防法 事前準備 交換 人気 人間関係 仕事 代用 会いたくない 体が硬い 体を柔らかくする方法 作り方 作り置き 使い方 便利 保存 保存方法 修理 傷 充電 先生 入学式 共働き 具 具材 内容 再婚 冷凍 冷凍ご飯 冷蔵 出産・産卵 出窓 初心者 刺繍 効果 勉強 勘違い 卓球 原因 友達 収納 取り付け 取り方 同居 名付け 名前 和風 和食 喜ぶ 固定 圧力鍋 塗り方 塩唐揚げ 塩素 墨汁 変色 夏 夏休み 夕食 夕飯 外干し 夢 大切 大学 大根おろし 天日干し 夫婦・家族 女の子 女性 好き 姑 婚活 嫌い 子供 子供が喜ぶ 子連れ 季節 定番 家事 家族 家電 容器 密閉 寝室 対処 対処法 対策 寿命 小・中・高校 工夫 布 布団 干し忘れ 干し方 年下 幸せ 幼稚園・保育園 床 弁当 彼氏 後悔 意味 意識 戸建て・アパート 手作り 押し花 挨拶 掃除 掃除・洗濯 排水口 揚げ物 換気扇 支度が遅い 料理 新聞 新聞紙 方法 旅行 早く乾かす 時短 時間 景色 曇り止め 最強 有効活用 服 服・ファッション 服装 朝 朝ごはん 期間 本 本場 材料 枚数 柑橘類 染み抜き 桜 梅雨 棚 植物 業者 正月 武士 歯磨き・歯ブラシ 歴史 残り 母 毎日 比較 毛玉 毛玉取り 気持ち・心理 水 水垢 水抜き栓 水槽 水泳 水漏れ 油汚れ 泡立て方 注意 注意点 洗い方 洗う 洗剤 洗剤投入口 洗浄 洗濯 洗濯槽 洗濯物 洗顔 浴室 海 海外 消す 消臭 消臭剤 湿気取り 準備 漂白剤 漢字 炒める 焼きおにぎり 焼き方 焼肉 煮浸し 片付け 片付け・収納 特徴 犬 猫 献立 理由 理由・原因 生乾き 生乾き臭 生地 男の子 男性 相場 石 秋刀魚 種類 窓拭き 窓掃除 管理 節約 簡単 米 紐 素材 紫外線 結婚 絵・イラスト 締め方 練習 練習メニュー 練習方法 繁殖 置き場 美味しい 習い事 肩こり 育て方 脱皮 自分 自分で 自宅 自己紹介 自転車 臭い 色 花 花束 茶渋 茶碗蒸し 菓子・デザート 菜箸 落とし方 落とす 虫 虫除け 衣類 裁断 裏技 裏返し 親 観光 言葉 試合時間 調味料 豆腐 豚ひき肉 豚挽き肉 豚肉 貴重品 費用 賞味期限 赤ちゃん 趣味 足の臭い 身長・体重 車 車・運転 車同士 近所 造花 道具 違い 違反 選び方 那須 部屋 部屋干し 酸性 酸素 酸素系漂白剤 重曹 野球 野菜 釣り 鍋 除湿剤 雑菌 離婚 雨 雨よけ 電圧低下 電子レンジ 韓国 頻度 風呂 風呂掃除 風呂釜 食事 食用 飲み物 飼い主 飼い方 飾る 餌 高所 髪型 鳴き声 鳴らし方 鶏肉 黒ずみ 黒豆 このパスタのポイントは、こってりしがちなパスタを大根おろしとポン酢でパスタをさっぱりと仕上げることです。 パスタ• にんにくのみじん切り• 塩コショウ• ごま油• ポン酢• 大葉 豚肉はロース肉を使うと柔らかく、バラ肉を使うと旨味がよりでるのでお好みで使い分けてください。 作り方• フライパンにごま油とにんにくを熱し、一口大に切った豚肉を炒め、そこにナスを入れ炒めたら塩コショウで味付けをします。 茹でておいたパスタに、炒めた具材と大根おろしと大葉を乗せてポン酢を掛けて完成です。 具材を炒めて塩コショウで味付けするときには味見をして好みの味の濃さにしておきます。 具材は、ナス、ひき肉、生姜です。 ひき肉に合わせて、ナスはみじん切り、生姜は千切りにします。 作り方は炒めるだけなので簡単です。 フライパンで具材を炒めて味付けしたら茹でたパスタを入れて炒めます。 仕上げは先ほどと同様に、大根おろしと刻んだ大葉を乗せて完成です。 美味しいパスタのコツ パスタは少し規定の時間よりも短めに茹でてあげておき、フライパンに入れて炒める前に茹で汁を入れることを忘れないようにしましょう。 また、大根おろしは水分をきることも大切ですが、あまりしっかりと絞ってしまうとパサパサしてしまいますし、パスタと上手く絡みづらくなるので適度に水分は残しておくようにしましょう。 暑い日に食べたいナスと大根おろしの冷製パスタ 夏の暑い日には冷たいものを食べてさっぱりしたい方も多いと思います。 料理をするときには火を使うので暑い日は大変ですが、ナスと大根おろしを使って冷製パスタを作って食べてみましょう。 冷製パスタは細いタイプがおすすめ カッペリーニやフェデリーニといったものがそのタイプです。 もちろん、普段家庭で使っているパスタでも問題ありませんが、こだわってみたい方は冷製パスタ用に揃えておいてもいいかもしれませんね。

次の