星 の つぶやき。 星のつぶやき

[B! 天文] 【悲報】アトラス彗星(ほぼ)終了のお知らせ

星 の つぶやき

星雲を強調するための「星雲マスク」や、星だけを抜き出した「星マスク」を作成するために、星だけを消去した画像が必要になる場合がしばしばあります。 ダウンロードはこちらから。 細かい技術的なことは、その方面に詳しくないのでよく分かりませんが、どうやらを用いて星像を認識、消去するようです。 入力は16bit のみ、64bit環境でのみ動作、AVX命令のサポートが必要、メモリを1~3GBほど使用するなど、注意が必要な点もありますが、かなりの精度で星を消去できるようです。 カラー画像用とモノクロ画像用の2つのプログラムが用意されています。 で操作するプログラムですが、使い方は簡単。 カラー画像の場合、以下のように入力するだけです。 exe INPUT OUTPUT STRIDE INPUTは入力ファイル名、OUTPUTは出力ファイル名、STRIDEはへの入力サイズ単位になります。 OUTPUTは省略可能で、その場合は「starless. tif」というファイル名で保存されます。 また、STRIDEには数字が入りますが、未指定の場合、64が使われます。 このプログラムでは、STRIDEで指定された数値を一辺のサイズ(単位:)としたタイル状の領域を単位として処理を行います。 STRIDEを小さくすれば、を生じたりディテールを損なったりすることなく処理ができますが、処理にかかる時間は2次関数的に増加します。 かなり重い作業のため、STRIDEは画質と処理時間との兼ね合いで決めることになります。 まずはの「明るさの最小値」フィルター。 「半径」を1pixel、「保持」を「真円率」にして1回かけたものですが、微はある程度消えたものの明るい星はガッツリ残っています。 また、フィルターの副作用で星雲にまでダメージが及び、モヤモヤした変な模様が浮かび上がってきています。 次にFlatAideでの処理。 こちらは普段自分がよく使っている方法です。 手動で修正すると幾分ましになりますが、不自然さは拭えません。 圧倒的に優秀です。 輝星を消した跡にブロックノイズのようなパターンが浮かんでいる部分がありますが、こうしたマスクを使う場合、ある程度ぼかして使うのが普通ですし、ここまできれいに消えてくれれば文句はありません。 これなら、元画像との差を取ることで「星マスク」も簡単に生成できそうです。 処理時間はRyzen7 2700Xを常時4. 0GHzにしたマシンで30秒ほどかかりましたが、このくらいなら許容範囲内です。 STRIDEの効果 ついでなので、STRIDEのパラメータを変えた場合の効果も見てみます。 上記と同じ画像を、STRIDEの値を64~8まで変えて処理してみました。 ブロックノイズの目立つ付近を切り出してみましたが、STRIDEの値が小さくなるほどブロックノイズは目立たなくなり、星雲の細部も潰れずに残っています。 こうしてみると、STRIDEの値をとにかく小さくした方が良さそう……と言いたくなるのですが、問題は処理時間。 最新のほぼハイエンドのマシンを使ってこれなので、普段使いなら小さくても32程度までに留めておいた方が無難でしょう。

次の

星のつぶやき

星 の つぶやき

2020年6月26日16:20.金。 神社の要請で、年に何回かしている。 しかし、コロナ禍のために半年以上していなかった。 で、草ぼうぼうの状態。 参加者13人。 70代前半が二人。 80超え多数。 終了したのが9時。 お茶・タバコ休憩が2回。 道具類を事務所に収納したのが9時15分。 雅子も自転車で。 早速、カボチャとズッキーニの受粉作業。 そして、キューリ8本・ナス?本の収穫。 キューリのツルやナスの枝を整理。 昨日の雨がまだ残っていたので水やりはせず。 畑仲間のYさんらと「畑談義」。 「嫁はんは好きなこと言うてる。 でも従ってる」 笑 で一致。 帰り道、OさんとKさんにキューリを4本ずつ配った。 うん?町委員のO君らが来ている?何かあるのかな? O君が「もう、来はったん?早いですねぇ」。 それで、今から「私部青少年対策連絡会総会」があることを思い出した。 月1回の「夜間パトロールと小学生下校時の安全パトロール」態勢を確認する会議だ。 忘れていたことを知らんプリして参加。 前年に引き続いて班長に。 ヤレヤレ! [0回] 2020年6月25日16:35・木。 吉村知事は今、「コロナ感染防止」と「経済の復旧」の二方面路線をとっている。 多くの人は、「命は大事だが飯の種も大事だ」と考えて、「仕方ない」と思い、吉村知事に「共感」しているのだろう。 しかし、よく考えてほしい。 毎日毎日、感染者が発覚し、死者は欧米ほどではないにしても、増え続けている。 「人の命」がこれほど軽く扱われているのは間違っている! 一部の人から「飯はどうするんや!」という声が聞こえてくる。 それこそ、歴代自民党政府が大企業に対してやってきたことと同じことをすれば良いのだ。 「14日間感染者ゼロ」に向けて、それまで国民の「メシ」の保障をすれば済む話だ。 まず国の不要不急の事業を止めること。 例えばイージスアショアを計画断念したように、辺野古埋め立てを中止し、必要なだけの日銀券を発行すれば良いだけの話。 元々日本の「コロナ対策」が遅れたのも、訪日外国人を無制限に受け入れたからだし、すべて「経済優先」の政府の方針のせい。 「命よりも金」を優先したツケが来ているのだ。 ホントに情けない話だ。 今からでも遅くはない! 人の命を大切にする政治をやれ! [1回] 2020年6月25日2:15・木。 その5年前に朝鮮は、日本の植民地から脱した。 理不尽にも朝鮮は、アメリカなどの連合国の思惑で「南北」に分断された。 そして、「南北統一」に向けた戦いが始まり、「北」の優位で戦争は終始し、約5年間戦った。 新たに「北」の支配地域となったのが、開城地区や金剛山地区であり、どちらが優勢であったかがわかる。 今は「停戦中」。 この70年間「北」は、アメリカの「核・ミサイル攻撃の脅し」や「経済封鎖」に耐えながら、「自主防衛と自立経済建設」を進めてきている。 2年前に韓国にムンジェイン大統領が誕生してから、南北関係と朝米関係が好転するかに見えた。 が、「経済封鎖」「停戦状況」は変わらなかった。 そして今、「南北関係」は、非常な緊張関係にある。 日本にとっても、このことは大いに関係があるが、「発言権」は全くない。 「アメリカの出方」を伺うのみ、という体たらく。 当然「北」は、「アメリカ合衆国日本州」位の位置づけしかしていない。 「拉致問題」も、アベの政治利用で、1センチも進まずにいる。 イージスアショアも計画を撤回し、イージス艦では高くつくので、日本海に「浮島」を建設して、そこに「配備」しようかという「防衛談義」中。 そして、イージスアショアは、日本防衛のタメでなく、米軍基地のあるハワイとグアムを守るためのシステムだったこともバレてしまった! 情けない話。 [0回] 2020年6月23日19:30・火。 イヤ「沖縄戦終了の日」だ。 20数万人の沖縄人が、1945年4月から3か月足らずで、アメリカとの戦争で殺された。 その中には、日本軍の強制による自決死が含まれている。 私は、20代後半でそのことを知った。 大正区に多くの沖縄出身者がいることも知った。 そのことを教えてくれた高校同級生のY君は、昨年末亡くなった。 彼は沖縄出身ではないが、大正区で生まれ育っていた。 10数年前に、「摩文仁の丘」の「平和の礎」に、共産党のS市議と行った。 いろんなことを思い出す。 「一坪反戦地主」にもなった。 「沖縄返還闘争」では、「奪還」でも「独立」でもなく「解放」を主張した。 そして結局、当時の佐藤首相の欺瞞的な「核つき返還」が行われた。 1945・6・23から75年。 未だに日本の米軍基地の70%が沖縄にある。 悔しいが、辺野古に新基地までもが作られようとしている。 6・23は「屈辱の日」である。 どの地区の老人クラブもそうだが、区や自治会の支援が、重要なポイントだ。 幸いにも、現在の長寿会は、「補助金」と「会館会場費原則無償」があり、それ以外に、有償ボランティアで収入を得て活動している。 しかしヤッパリ、区からの「財政支援」=補助金支給は欠かせない。 で、毎年、「補助金申請」という作業がある。 ドンなことに、その「申請書類」を紛失! 記入を終え、捺印し、後は添付書類だけだったのに! ある意味、区とのせめぎあい?の最中だったのに、再度書類をもらうという「屈辱」を味わうことになった。 [0回] 2020年6月21日23:05・日。 ビックリした。 枚方選出のN府議が「挨拶に来ました」と言うではないか! N府議とは、彼が浪人中の時に懇談した浅からぬ関係だが。 次期衆院選に出るそうで、その挨拶に来たそうな。 平野議員は、腹が決まったかな? これでエエの? 家に掲示板を置いているが、いつまで置くか分からない。 落ち葉や草が15袋ほど集まった。 他の作業もして、2時間の労働。 必要予算は60億円で、うち国交付金は9億円という。 残りは市負担となり、市債の発行という借金。 星田北開発・小中一貫校の建設に続いての大事業だが、これでエエの? なんか市長、焦ってない? 自分の任期中に何かをしたいというのは分かるけど、チョット無理をしているように思う。 立ち止まって、もう一度考えへん? 田園風景を残したい、と思う人は多くいると思うよ。 [0回].

次の

【悲報】アトラス彗星(ほぼ)終了のお知らせ

星 の つぶやき

星雲を強調するための「星雲マスク」や、星だけを抜き出した「星マスク」を作成するために、星だけを消去した画像が必要になる場合がしばしばあります。 ダウンロードはこちらから。 細かい技術的なことは、その方面に詳しくないのでよく分かりませんが、どうやらを用いて星像を認識、消去するようです。 入力は16bit のみ、64bit環境でのみ動作、AVX命令のサポートが必要、メモリを1~3GBほど使用するなど、注意が必要な点もありますが、かなりの精度で星を消去できるようです。 カラー画像用とモノクロ画像用の2つのプログラムが用意されています。 で操作するプログラムですが、使い方は簡単。 カラー画像の場合、以下のように入力するだけです。 exe INPUT OUTPUT STRIDE INPUTは入力ファイル名、OUTPUTは出力ファイル名、STRIDEはへの入力サイズ単位になります。 OUTPUTは省略可能で、その場合は「starless. tif」というファイル名で保存されます。 また、STRIDEには数字が入りますが、未指定の場合、64が使われます。 このプログラムでは、STRIDEで指定された数値を一辺のサイズ(単位:)としたタイル状の領域を単位として処理を行います。 STRIDEを小さくすれば、を生じたりディテールを損なったりすることなく処理ができますが、処理にかかる時間は2次関数的に増加します。 かなり重い作業のため、STRIDEは画質と処理時間との兼ね合いで決めることになります。 まずはの「明るさの最小値」フィルター。 「半径」を1pixel、「保持」を「真円率」にして1回かけたものですが、微はある程度消えたものの明るい星はガッツリ残っています。 また、フィルターの副作用で星雲にまでダメージが及び、モヤモヤした変な模様が浮かび上がってきています。 次にFlatAideでの処理。 こちらは普段自分がよく使っている方法です。 手動で修正すると幾分ましになりますが、不自然さは拭えません。 圧倒的に優秀です。 輝星を消した跡にブロックノイズのようなパターンが浮かんでいる部分がありますが、こうしたマスクを使う場合、ある程度ぼかして使うのが普通ですし、ここまできれいに消えてくれれば文句はありません。 これなら、元画像との差を取ることで「星マスク」も簡単に生成できそうです。 処理時間はRyzen7 2700Xを常時4. 0GHzにしたマシンで30秒ほどかかりましたが、このくらいなら許容範囲内です。 STRIDEの効果 ついでなので、STRIDEのパラメータを変えた場合の効果も見てみます。 上記と同じ画像を、STRIDEの値を64~8まで変えて処理してみました。 ブロックノイズの目立つ付近を切り出してみましたが、STRIDEの値が小さくなるほどブロックノイズは目立たなくなり、星雲の細部も潰れずに残っています。 こうしてみると、STRIDEの値をとにかく小さくした方が良さそう……と言いたくなるのですが、問題は処理時間。 最新のほぼハイエンドのマシンを使ってこれなので、普段使いなら小さくても32程度までに留めておいた方が無難でしょう。

次の