文部 科学 省 学校 再開 マニュアル。 学校再開でマニュアル作成 文科省、身体距離確保を

文科省、学校再開でマニュアル 3段階で感染対策:イザ!

文部 科学 省 学校 再開 マニュアル

文部科学省は2020年6月4日、学校における消毒方法などについて、全国の教育委員会などに通知した。 日常的な消毒の方法や注意点、使用する消毒剤、感染者が発生した場合の消毒などについて、新たな情報をまとめている。 学校再開に向けた新型コロナウイルス感染症対策などについては、5月22日発出の「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル」で、学校の衛生管理上の留意事項を示し、学校における消毒方法についても言及している。 今回、消毒に関してさらに詳しい情報を新たに追加。 教育委員会など全国の学校設置者に通知し、学校薬剤師などと連携して適切な消毒を行うよう求めている。 今回の通知内容は後日、「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル」にも追加するという。 日常的な物の表面の消毒には、消毒用エタノールや0. 05%の次亜塩素酸ナトリウム消毒液を使用するが、児童生徒には次亜塩素酸ナトリウムを扱わせないようにする。 一部の界面活性剤で新型コロナウイルスに対する有効性が示されており、それらの成分を含む家庭用洗剤を用いることも有効としている。 一方、次亜塩素酸水については、「次亜塩素酸ナトリウムとは異なるものであり、新型コロナウイルスに対する有効性についてはまだ十分確認されていません」と記載。 次亜塩素酸水の噴霧器の使用は、有効性や安全性が明確になっているとは言えず、学校には健康面でさまざまな配慮を要する児童生徒がいるため、「児童生徒等がいる空間で使用しないでください」としている。 具体的な消毒方法では、ドアノブ・手すり・スイッチなど、児童生徒がよく手を触れる個所や共用物は1日1回以上、消毒液を浸した布巾やペーパータオルで拭く。 トイレや洗面所は、家庭用洗剤を用いて洗浄する。 消毒作業中は、目・鼻・口・傷口などを触らないよう注意し、換気を十分に行う。 消毒の際の注意点としては、エタノールは揮発性が高く、引火しやすい性質があり、電気スイッチなどへの直接の噴霧は故障や引火の原因になることから、エタノールを使用する際は布などに含ませ、消毒対象を拭き、そのまま乾燥させる。 次亜塩素酸ナトリウムで消毒する際は、必ず手袋を着用。 手指消毒での使用は不可。 次亜塩素酸ナトリウムは、非常にアルカリ性が高く、薄めた液でも材質によっては変色や腐食を起こす場合があることから、拭いた後は必ず清潔な布などを用いてしっかり水拭きし、乾燥させる。 色落ちしやすい物や腐食の恐れのある金属などには使用しない。 また、次亜塩素酸ナトリウムの噴霧は、吸ったり目に入ったりすると健康に害を及ぼす可能性があるため、「絶対に行わないでください」と明記。 希釈した次亜塩素酸ナトリウムは使い切りとし、長時間にわたる作り置きはしないよう求めている。 児童生徒や教職員の感染が判明した場合の消毒は、保健所や学校薬剤師などと連携して行うが、必ずしも専門業者を入れて施設全体を行う必要はなく、当該感染者が活動した範囲を特定して汚染が想定される物品を消毒する。 物の表面についたウイルスの生存期間が24~72時間くらいとされていることから、消毒できていない個所は生存期間を考慮して立ち入り禁止とするなどの処置も考えられるとしている。 《奥山直美》.

次の

給食トピックス

文部 科学 省 学校 再開 マニュアル

文部科学省は2020年6月4日、学校における消毒方法などについて、全国の教育委員会などに通知した。 日常的な消毒の方法や注意点、使用する消毒剤、感染者が発生した場合の消毒などについて、新たな情報をまとめている。 学校再開に向けた新型コロナウイルス感染症対策などについては、5月22日発出の「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル」で、学校の衛生管理上の留意事項を示し、学校における消毒方法についても言及している。 今回、消毒に関してさらに詳しい情報を新たに追加。 教育委員会など全国の学校設置者に通知し、学校薬剤師などと連携して適切な消毒を行うよう求めている。 今回の通知内容は後日、「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル」にも追加するという。 日常的な物の表面の消毒には、消毒用エタノールや0. 05%の次亜塩素酸ナトリウム消毒液を使用するが、児童生徒には次亜塩素酸ナトリウムを扱わせないようにする。 一部の界面活性剤で新型コロナウイルスに対する有効性が示されており、それらの成分を含む家庭用洗剤を用いることも有効としている。 一方、次亜塩素酸水については、「次亜塩素酸ナトリウムとは異なるものであり、新型コロナウイルスに対する有効性についてはまだ十分確認されていません」と記載。 次亜塩素酸水の噴霧器の使用は、有効性や安全性が明確になっているとは言えず、学校には健康面でさまざまな配慮を要する児童生徒がいるため、「児童生徒等がいる空間で使用しないでください」としている。 具体的な消毒方法では、ドアノブ・手すり・スイッチなど、児童生徒がよく手を触れる個所や共用物は1日1回以上、消毒液を浸した布巾やペーパータオルで拭く。 トイレや洗面所は、家庭用洗剤を用いて洗浄する。 消毒作業中は、目・鼻・口・傷口などを触らないよう注意し、換気を十分に行う。 消毒の際の注意点としては、エタノールは揮発性が高く、引火しやすい性質があり、電気スイッチなどへの直接の噴霧は故障や引火の原因になることから、エタノールを使用する際は布などに含ませ、消毒対象を拭き、そのまま乾燥させる。 次亜塩素酸ナトリウムで消毒する際は、必ず手袋を着用。 手指消毒での使用は不可。 次亜塩素酸ナトリウムは、非常にアルカリ性が高く、薄めた液でも材質によっては変色や腐食を起こす場合があることから、拭いた後は必ず清潔な布などを用いてしっかり水拭きし、乾燥させる。 色落ちしやすい物や腐食の恐れのある金属などには使用しない。 また、次亜塩素酸ナトリウムの噴霧は、吸ったり目に入ったりすると健康に害を及ぼす可能性があるため、「絶対に行わないでください」と明記。 希釈した次亜塩素酸ナトリウムは使い切りとし、長時間にわたる作り置きはしないよう求めている。 児童生徒や教職員の感染が判明した場合の消毒は、保健所や学校薬剤師などと連携して行うが、必ずしも専門業者を入れて施設全体を行う必要はなく、当該感染者が活動した範囲を特定して汚染が想定される物品を消毒する。 物の表面についたウイルスの生存期間が24~72時間くらいとされていることから、消毒できていない個所は生存期間を考慮して立ち入り禁止とするなどの処置も考えられるとしている。 《奥山直美》.

次の

「学校の危機管理マニュアル作成の手引」の作成について:文部科学省

文部 科学 省 学校 再開 マニュアル

文科省初等中等教育局健康教育・食育課の課長補佐は、「マスクは咳エチケットの考え方による飛沫防止のために必要なものだと考えていますが、フェイスシールドは一律に必要なものだとは考えていない」と基本的な考え方を述べる。 その上で、フェイスシールドを導入している自治体、学校についてはこう見解を示した。 「地域の感染状況によって対策が異なることもあるかもしれないので、それは市町村など学校設置者が判断いただくことになる」 マスクとフェイスシールドを併用している学校もあり、これから暑い季節になっていく中、熱中症への懸念も指摘されている 文科省のマニュアルでは「気候等の状況により、熱中症などの健康被害が発生すると可能性が高いと判断した場合は、マスクを外してください」とも書かれているが、フェイスシールドについては現場の判断に委ねるとした。 「熱がこもることによる熱中症の懸念はあると思いますので、その都度、色々な対応が必要になると思う。 それも、それぞれの学校設置者や学校の判断となります」 感染管理の専門家は? こうした対応について、感染管理の専門家はどう考えるのだろうか? 感染対策のプロである聖路加国際病院、QIセンター感染管理室マネジャーの坂本史衣さんは、「学校でのフェイスシールドが必要となる場面はほぼ無いと言ってよいと思います」と見解を述べる。 そして、学校では近い距離で話しをするときに、互いにマスクをつけることで十分感染予防はできるという。 この場合のマスクとは、布マスクやサージカルマスクなど、一般的なマスクだ。 坂本さんは、新型コロナウイルスの感染予防策の一つとして、「」と呼ばれる対策があることを示す。 「現在、新型コロナウイルスを感染させるピーク(咽頭のウイルス量が最大となるタイミング)は発症2日前頃にあると考えられています。 このとき、まだ無症状の感染者が発声することで、口から出てくる飛沫が真正面にいる人の顔にかかり、ウイルスの伝播がおこるリスクが指摘されています」 これを防ぐために、「他人と近距離で会話するときにはマスクを着けましょう」というのがユニバーサルマスキングの考え方だ。 「押さえておきたいのは、ユニバーサルマスキングの目的が飛沫を出さないことにあるのであって、吸い込まないことにあるのではない、という点です。 もちろん、ユニバーサルマスキングは万能ではないので、手洗いなどのその他の対策と組みあわせて実施することが勧められています」 「よくマスクから飛沫が漏れ出てくることを心配する方がいますが、普通の大きさの声で話をする場合に、飛沫がマスクの隙間やマスク自体を通過して出てくることは考えにくいです」 坂本さんは、権威ある医学雑誌「The New England Journal of Medicine」で公開された、マスクをした時と、マスクをしていない時で、どのぐらい飛沫が飛ぶのかを目に見える形にして実験したを見せ、こう述べる。 「この動画ではマスクのある状態と無い状態で男性がStay Healthyと3回声量を変えて発声していますが、マスクを着けている場合、ほぼ飛沫が出ていないことが分かります」 「以上からマスクを着けた近距離での会話で飛沫感染が起こるとは考えにくいです。 そのため、医療現場でもマスク対マスクの場面ではフェイスシールドの着用を求めていません」 「当然食事の際にはマスクを取り外しますが、対面で会話をしながら食事するのでなければ問題ないと考えます。 学校でのフェイスシールドが必要となる場面はほぼ無いと言ってよいと思います」 一方で、フェイスシールドを着用することによるデメリットも指摘する。 「学校で使用すると医療現場ではありえないほど装着時間が長期化し、呼気で視界を妨げ、暑さがこもるなどのデメリットの方が大きいでしょう」 まとめると、学校では、マスク着用と手洗い、距離の確保などを組み合わせて徹底することで互いへの感染は防ぐことができそうだ。 これから暑くなる季節、「念のため」と無意味に対策を重ねることによって、熱中症など他のリスクが上がることが考えられる。 子どもたちに健康に学校生活を送ってもらうために、学校は科学的に感染対策を考えてほしい。

次の