自衛隊 マスク 死亡。 陸上自衛隊、マスクを付けて歩行訓練をしていた自衛官が死亡 心筋梗塞

途中からマスクずらしたが…自衛官、徒歩行進訓練後に倒れて死亡|ISO45001, ISO14001, 環境安全衛生のスペシャリスト「環境ワークス」

自衛隊 マスク 死亡

マスク問題の続報。 facebook. …おそらく地域版の記事だったのでしょう。 初めて知りました。 静岡県御殿場市の東富士演習場で、 45歳の男性隊員が急死しました。 9日午前 1時 45分ごろ、御殿場市にある東富士演習場で、 45歳の男性陸曹長が歩いて行進する訓練を終え、次の訓練へ向かう際に突然倒れ、搬送先の病院で死亡しました。 によりますと、 死因は心筋梗塞でした。 行進の訓練は約 20キロの演習場を歩いて 1周するもので、 参加した全ての隊員が新型 としてマスクをつけていたということです。 マスク着用は各自の判断に任されていて、死亡した男性陸曹長は途中からマスクを外していました。 訓練の内容やマスク着用と死亡したことの因果関係はわかっていません。 この男性陸曹長は埼玉県の大宮駐屯地に所属していて、訓練のために東富士演習場に来ていました。 陸上自衛隊は「原因究明とともに所属する隊員の健康管理に万全を期していく」とコメントしています。 *** まるで「死の行進」です。 「マスク着用は独自の判断に任せていた」とありますが、軍隊ほど厳しい規律を強いる組織はなく(自衛隊も軍隊です)、事実上義務付けだったはず。 死亡事故が起きたので、「独自判断」ということにしたのでしょう。 因果関係も何も、マスクによる酸素供給量の低下が心筋梗塞を起こしたことははっきりしています。 fureai-g. それに、軍隊では日常的に隊員の健康を管理し、病気などに万全の注意をはらっているものなので、死亡した隊員が何らかの深刻な持病を抱えていたとも考えにくい。 同じような事故は、世界最大の軍事大国であるアメリカでも起きているはずと思い、ちょっと検索をかけましたが・・・フォート・ジャクソン基地(米最大の訓練施設)で、「非強度トレーニング」中の29歳が死亡していました。 thestate. html 記事には書いてありませんが、米軍の兵士にはマスクはユニフォームの一部であり、常時着用が義務付けられていました(幹部は除外。 militarytimes. (5月8日、トランプ大統領と軍高官とのミーティング。 ソーシャルディスタンスもマスク姿もないことに注意・・・彼らはちゃんとわかっているんだ!) 従って、この兵士も酸素不足で心臓に異変をきたし、亡くなったと考えられます。 おそるべし、マスク。 事実を隠す工具、。 この事件は、壮健な大人でもマスク着用で簡単に死に至ることを示しています。 ましてや、肺や気道、汗腺や体温調節機能が十分に発達していいない子どもや若者では、心臓より先に脳が酸素不足に陥って死亡することになってもおかしくない。 親や教育関係者はこのような事例があることを知り、マスク着用の危険性にきちんと目を向けてほしいものです。 2020.

次の

自衛隊、マスク100万枚提供へ 新型コロナ、感染防止で:時事ドットコム

自衛隊 マスク 死亡

画像は「 」より 世の中は対策でマスクをつけないとにされてしまう状況だ。 しかし、 マスクはときに人の命を奪う凶器に替わる。 夏を前にしてマスクを外さないと死ぬ危険が出てきたことをレポートしよう。 5月12日、中国から悲しいニュースが入ってきた。 テレ朝news(14日付)などによると、マスクを着けたまま体育の授業でグランドを走っていた生徒が亡くなったというのだ。 原因は酸欠だった。 ひとりではなく 3人も相次いで亡くなった。 生徒はいずれもという医療用の フィルタ能力が高いマスクを装着していた。 フィルタ能力が高いということは、通気性が悪いということだ。 また、6月9日には、ので、第32連隊()に所属する男性(45)がマスク着用の上で 「徒歩行進訓練」を終えた後に倒れて死亡。 死因はによるだが、マスク着用が一因だったのでは…と懸念する声が上がっている。 この5%の差で生きている。 人間が酸欠に至るのは酸素濃度が18%以下の空気を吸い続けたときだ。 つまり 自分の吐いた空気をそのまま吸い続けると数分で酸欠状態で死んでしまう のだ。 筆者もマスクをつけ続けていると、 ぼーっとしたり頭痛が襲ってくる。 同じ経験はネット上にも多く見られ、でマスク、頭痛を検索すると山のように出てくる。 画像は「 」より のようにフィルタ能力の高いマスクでは、吐いた空気が排出されずに口の周りに滞留する。 この滞留がウイルスを周囲にまき散らさない効果を出すのだが、別の見方をすれば自分の吐いた空気をまた吸うことになる。 さらに 呼吸をするときにマスクの抵抗があるため、十分な空気を吸うことができないという面もある。 先のニュースで亡くなった生徒はマスクをつけて体育の授業で走っていたという。 というように 大量に酸素を消費する状態で酸素濃度の低い空気を吸い続けると15%以下にならなくても死に至る酸素欠乏は起こってしまうのだ。 ところで で死亡した人の多くは 人工呼吸器を装着した後に亡くなっているという。 が引き起こす肺炎では、ほかの肺炎とは違う特徴がみられる。 それは肺細胞の表面に炎症で出た粘液が付着してしまい、 酸素を血液に取り入れることが出来なくなるという症状だ。 は 酸欠で 亡くなる。 人工呼吸器をつけても胚細胞の酸素を取り入れる能力が低下してしまうため酸欠に陥ってしまう。 効果的なのは人工呼吸器ではなく酸素吸入だという。 酸素吸入をした氏とイギリス・ジョンソン首相は生還している。 奇しくもの死亡原因である酸欠がマスクでも起きてしまう。 これから猛暑の夏を迎える季節だ。 ショップには夏用マスクと銘打った、涼しい透過性の高いマスクが並ぶようになった。 はたして、空気の通りがよいマスクがマスク本来のフィルタ能力を維持しているかはまったく不明だ。 「 それならつけないほうがいいんじゃない?」という疑問が洪水のように湧いてくる。 日本人にとってマスクは、感染予防ではなく「 みんながつけるからつけなくてはいけない」という強迫観念にすぎないのではないだろうか? マスクをつけない奴は人じゃない、という世紀末思想に反抗したい人も多いだろう。 そんな人にピッタリのマスクがある。 映画「マッドマックス」をリスペクトした「荒野シリーズ」というマスクだ。 マッドマックスに登場する 悪人のイメージを マスクで表現 している。 これをつけてマスク強要の社会にささやかな抵抗をしてもらいたい。 GoHardMoto Original face mask。 画像は「 」より とはいえ、これから暑くなる季節に密閉性の高いマスクをつけて出歩くのは、危険である。 駅の階段、長い通路、のなどは、普段より酸素を多く必要とする場面だ。 脳は人体で最大の酸素を要求する器官だ。 脳に酸素が十分に行かないとぼーっとしたり、ちゃんと考えることが出来なくなる。 思考力の低下がマスク着用の副作用だ。 また、マスクには歴史的に暗黒面もある。 口を覆うマスクは、装着した人の発言や行動を制限する拘束具でもあるのだ。 19世紀の黒人奴隷には口を封じるマスクが強要された。 同じ目的にがある。 を支配したは、支配した部族に歩いている時でも編み物などの手作業を課したという。 反抗を考える時間を奪うためだった。 現代人が常にを見つめ続けているのは、考える時間を奪われている証拠だ。 に加え、 思考力を奪われるマスク着用に 「余計なことを言うな」と政治的な弾圧を感じるのは筆者だけだろうか? dream-kb.

次の

自衛隊員、マスク死

自衛隊 マスク 死亡

画像は「 」より 世の中は対策でマスクをつけないとにされてしまう状況だ。 しかし、 マスクはときに人の命を奪う凶器に替わる。 夏を前にしてマスクを外さないと死ぬ危険が出てきたことをレポートしよう。 5月12日、中国から悲しいニュースが入ってきた。 テレ朝news(14日付)などによると、マスクを着けたまま体育の授業でグランドを走っていた生徒が亡くなったというのだ。 原因は酸欠だった。 ひとりではなく 3人も相次いで亡くなった。 生徒はいずれもという医療用の フィルタ能力が高いマスクを装着していた。 フィルタ能力が高いということは、通気性が悪いということだ。 また、6月9日には、ので、第32連隊()に所属する男性(45)がマスク着用の上で 「徒歩行進訓練」を終えた後に倒れて死亡。 死因はによるだが、マスク着用が一因だったのでは…と懸念する声が上がっている。 この5%の差で生きている。 人間が酸欠に至るのは酸素濃度が18%以下の空気を吸い続けたときだ。 つまり 自分の吐いた空気をそのまま吸い続けると数分で酸欠状態で死んでしまう のだ。 筆者もマスクをつけ続けていると、 ぼーっとしたり頭痛が襲ってくる。 同じ経験はネット上にも多く見られ、でマスク、頭痛を検索すると山のように出てくる。 画像は「 」より のようにフィルタ能力の高いマスクでは、吐いた空気が排出されずに口の周りに滞留する。 この滞留がウイルスを周囲にまき散らさない効果を出すのだが、別の見方をすれば自分の吐いた空気をまた吸うことになる。 さらに 呼吸をするときにマスクの抵抗があるため、十分な空気を吸うことができないという面もある。 先のニュースで亡くなった生徒はマスクをつけて体育の授業で走っていたという。 というように 大量に酸素を消費する状態で酸素濃度の低い空気を吸い続けると15%以下にならなくても死に至る酸素欠乏は起こってしまうのだ。 ところで で死亡した人の多くは 人工呼吸器を装着した後に亡くなっているという。 が引き起こす肺炎では、ほかの肺炎とは違う特徴がみられる。 それは肺細胞の表面に炎症で出た粘液が付着してしまい、 酸素を血液に取り入れることが出来なくなるという症状だ。 は 酸欠で 亡くなる。 人工呼吸器をつけても胚細胞の酸素を取り入れる能力が低下してしまうため酸欠に陥ってしまう。 効果的なのは人工呼吸器ではなく酸素吸入だという。 酸素吸入をした氏とイギリス・ジョンソン首相は生還している。 奇しくもの死亡原因である酸欠がマスクでも起きてしまう。 これから猛暑の夏を迎える季節だ。 ショップには夏用マスクと銘打った、涼しい透過性の高いマスクが並ぶようになった。 はたして、空気の通りがよいマスクがマスク本来のフィルタ能力を維持しているかはまったく不明だ。 「 それならつけないほうがいいんじゃない?」という疑問が洪水のように湧いてくる。 日本人にとってマスクは、感染予防ではなく「 みんながつけるからつけなくてはいけない」という強迫観念にすぎないのではないだろうか? マスクをつけない奴は人じゃない、という世紀末思想に反抗したい人も多いだろう。 そんな人にピッタリのマスクがある。 映画「マッドマックス」をリスペクトした「荒野シリーズ」というマスクだ。 マッドマックスに登場する 悪人のイメージを マスクで表現 している。 これをつけてマスク強要の社会にささやかな抵抗をしてもらいたい。 GoHardMoto Original face mask。 画像は「 」より とはいえ、これから暑くなる季節に密閉性の高いマスクをつけて出歩くのは、危険である。 駅の階段、長い通路、のなどは、普段より酸素を多く必要とする場面だ。 脳は人体で最大の酸素を要求する器官だ。 脳に酸素が十分に行かないとぼーっとしたり、ちゃんと考えることが出来なくなる。 思考力の低下がマスク着用の副作用だ。 また、マスクには歴史的に暗黒面もある。 口を覆うマスクは、装着した人の発言や行動を制限する拘束具でもあるのだ。 19世紀の黒人奴隷には口を封じるマスクが強要された。 同じ目的にがある。 を支配したは、支配した部族に歩いている時でも編み物などの手作業を課したという。 反抗を考える時間を奪うためだった。 現代人が常にを見つめ続けているのは、考える時間を奪われている証拠だ。 に加え、 思考力を奪われるマスク着用に 「余計なことを言うな」と政治的な弾圧を感じるのは筆者だけだろうか? dream-kb.

次の