マサ エイベックス。 【ドラマM】マックスマサのモデルは松浦勝人!浜崎あゆみとの交際は本当だった!?|まるっとログ

M 愛すべき人がいて

マサ エイベックス

姫野礼香は〝自称〟マサの婚約者!メンヘラでやばい! 田中みな実さんが演じる、眼帯姿の謎に満ちた美女・姫野礼香は、カリスマプロデューサー・マサが務めるレコード会社「A VICTORY」の社員でマサの秘書。 マサに好意を寄せており〝自称〟婚約者で、マサの離婚を心待ちにし、その座を望んでいます。 ストーカー並みの執着心で、マサの周囲を執拗につきまとっています。 あゆに対し妬心を燃やし、メンヘラ全開で、立場や権力を振りかざし、姑息な手段でマサと引き剥がそうとする姿には、狂気に満ちたものがあります。 独りよがり感が、半端ないですね。 そんな濃いキャラの姫野礼香演じるのは、今をときめくフリーアナウンサーの田中みな実さん。 こんな嫌な役柄?を演じるのは、初めてなのだそうですよ、演技の幅がグーンと広がりそうですね。 田中みな実さんによると、演技を助けてくれるのが、この眼帯なんですって。 「みかん」だ「博多通りもん」だと物議を醸していますよね。 笑 姫野礼香のモデルは誰?実在の人物? ドラマの原作「M 愛すべき人がいて」は、ライターの小松成美さんによって2019年8月に出版されたフィクションです。 主人公の「あゆ」こと浜崎あゆみが、スターダムに駆け上がるまでのデビュー秘話と、デビューのきっかけをもたらしたavexのヒットメーカー、松浦専務(マサ)との大恋愛と、喪失を描いた物語です。 あくまでも、事実を基にしたフィクションですので、脚色されており、全てが本当ではありません。 そして、ドラマで田中みな実さん演じる眼帯の秘書 「姫野礼香」は、実在の人物ではなく、モデルとなる人物もいません。 原作にも登場しない、ドラマだけのオリジナルキャラクターです。 作品を面白くするためのスパイス的な役割のようですが、少々スパイスが効きすぎている感が否めませんね。 マサとのやり取りの時に、毎回「お色気音楽」がかかるのがおかしくてたまりません。 脚本は2017年のドラマ「奪い合い」で好評を博した、鈴木おさむ氏と言うことで、狂気じみたドロドロの愛憎劇が繰り広げられそうな気配。 そうそう、この「M 愛すべき人がいて」では、この姫野礼香に負けじとクレイジーな、水野美紀さん演じる「」にも、大きく注目が集まりました! 姫野礼香の眼帯の理由は? 姫野礼香は、何故、眼帯をするようになったのでしょうか?どんな過去があったのでしょうか? 失明しているのでしょうか?その理由が気になるところです。 第四話で、その秘密が明らかになりました。 以下でみて行きましょう。 第一話ネタバレ 第一話では、礼香の失明の原因にはどうやらマサが絡んでいることが分かりました。 マサに対し 「私の目になってくれるのよね」と脅迫じみたセリフで迫り、マサも「ああ」と返答しています。 このシーンで思い出されたのは、1983年代にブレイクしたドラマ「スチュワーデス物語」に登場する、女優・片平渚さんが演じる新藤真理子。 かつてピアニストでしたが、恋人と出かけたスキー事故で両手の指を骨折し、夢を捨てることになって心を病み、事あるごとに手袋を口で引っ張って外し、義手を見せつけることで罪悪感を煽る名物シーンが、話題でした。 礼香の「私の目になってくれるのよね」と言うセリフは、この新藤真理子を彷彿させます。 鈴木おさむ氏は、有名なこのドラマの名シーンを再現することで、作品にスパイスを与えているように思います。 第二話ネタバレ 第二話では、礼香の眼帯の理由ついての進展は見られませんでした。 あゆの育成に情熱を傾けるマサに不安になる礼香は、マサに問いただします。 礼香「マサ、あゆに惚れてるってことはないんだよね。 」 マサ「あゆは俺にとって大事な商品だ」 礼香「そうですよね?商品に手を出すなんて最低だもんね」 「だってさ、マサは私の目になってくれるって約束したもんね。 」 そう言いながら、目の玉のようにぶどうを弄び、口にするお約束シーンが怖すぎます。 第三話ネタバレ マサにあゆを事務所に呼ぶように言われ、案内する礼香、ふと足元につまづき転んでしまいます。 慌てて駆け寄るあゆに「私、眼帯をしている方の片目が見えないんです。 」と明かします。 そして、眼帯をしている方の目をあゆに見せつけます。 残念ながら、礼香の目は見れませんでしたが、それを見て驚愕するあゆの顔から、ひどい状態なのは見て取れました。 「私のこの目はね、あの人に奪われたのよ!だから約束してくれたんです。 一生私の目になるって。 」 そしてとどめに 「あなたの手は人を不幸にする手をしている。 私の大事なものを奪わないでね。 」と釘をさすことを忘れません。 その後、マサと二人きりになった礼香は、手作りの「マサ写真集」を嬉しそうにマサみせます。 赤いファイルに挟んだ「婚姻届」を手に、狂気の笑みでマサににじり寄る姿に、お茶の間が凍りつきました。 第四話ネタバレ|眼帯の理由が明らかに! マサが離婚した事に、お礼をいう礼香。 マサは「礼香、俺はお前のために離婚した訳ではない」と突っぱねます。 礼香はそれをスルーし「今晩会ってほしい人がいる」とねだるも「今はそんな暇はない」と断られます。 「あゆの事ばかりで私のことはどうでも良いんですね」と絡みつく礼香。 「今が一番大事なのはお前もわかっているだろう!」とマサに怒鳴られると「じゃあ私は大事じゃないんだ」と言いながら、あゆの映ったプリントの目元をハサミで切り裂きます。 「私のこと怒らせないでよね」と凄み、マサにハサミを突きつけ、強引に両親との食事会にこぎつけます。 ーーーーーーーー その夜の食事会では、礼香の両親が揃って「礼香と結婚するために決断してくれてありがとう」と祝いの酒が。 「礼香の目がこんな事になってしまった時には、ひどい事言ってごめんね」と礼香の母。 「礼香の目の代わりになると言ってくれて嬉しかったなぁ」と礼香の父。 ここでシーンが過去に戻ります。 マサの最初の結婚式に出席した礼香は、式の合間に「マサのことが好きだった」「どうしても言っておきたかった、結婚おめでとう」と告白します。 その後、二次会のパーティで新郎に振舞われる酒に酔ったマサは、足元がふらつき、グラスを持った礼香にぶつかってしまいます。 押された礼香は、階段から転倒、目に割れたグラスが刺さり血だらけに! 失明した礼香の両親に土下座で謝罪をするマサ。 「謝ったって礼香の目は戻ってこないんだよ!」と父親。 「僕が礼香さんの目の代わりになります!」 「…言ったな?マサ、言ったな?」 と言う訳で、 礼香の眼帯の理由は、マサが起こした事故だったことが分かりました。 ある意味、手に入らないものを、何としても射止めようと身体を張った、礼香の執念とも取れます。 怖い女ですね! 第七話ネタバレ|礼香が眼帯にサヨナラ! そんな礼香ですが、最終回に眼帯を外した姿を見せて、視聴者を盛り上げてくれました。 なんと彼女の目は、事故後しばらくして、治っていたのです。 しかし、マサをつなぎとめるために、眼帯をし続けていたようですね。 悲しい執着を最後に捨てた礼香の姿は、寂しく、でも美しく輝いていました。

次の

エイベックス社長松浦と浜崎あゆみの馴れ初めがすごい!現在の家族情報や薬事件も深掘り

マサ エイベックス

「商品に手を出した」と解雇されるマサ ネット上では、「あゆがリアルなマサとこんなことをしていたなんてショック!長瀬智也とじゃなかったの?」「そう。 『M』じゃなくて『N』という曲を作ったほしかった」という声があふれた。 また、「田中みな実のわざとらしい狂気の芝居に飽きた。 その分、あゆのサクセスストーリーをしっかり描いてほしい」という声も多かった。 物語は、嫉妬に狂ったマサの秘書・姫野礼香(田中みな実)が、A VICTORY社長・大浜(高嶋政伸)に、ホテルから出てきた2人の写真を見せて叩き潰す作戦を持ち掛ける。 そんな策略が進んでいるとは知らないマサは、自宅をリフォーム、アユを呼び寄せる。 アユのドレスルーム、レコーディングができる音楽スペースを備えた家賃月額500万円の豪邸に一緒に暮らし始める。 一方、プロデューサー流川翔(白濱亜嵐)は、大浜からAXELS(アクセルズ)の解散を宣告される。 悲しみに打ちひしがれたメンバーの1人、玉木理沙(久保田紗友)が自殺を図り一命をとりとめる。 責任を感じて落ち込んだ流川に、マサは「逃げてンじゃねーよ!人の人生背負ってンじゃねーか!」と一喝する。 ある夜、アユとマサが帰宅すると、礼香が家に勝手に入り込んでいた。 狂った礼香が歌い始める。 「ハッピー・バースデー・ツー・ミー」。 そして役員会で、2人の密会写真を前にマサは大浜社長から「うちの商品に手を出しましたね、解雇しま~す!」と宣告される。 窮地に追い込まれたマサとアユ、どうする? 「安斉かれん、パッツン、パッツンじゃないですか」 「ガールズちゃんねる」「M 愛すべき人がいて-みんなの感想-Yahoo! テレビ. 「安斉かれん、パッツン、パッツンじゃないですか?ゆったりした服を着てても乳でっか!って思ってしまいました。 ドスコイ感ハンパない」 「パンツの後ろ姿、お尻大きすぎてヘン」 「コロナ自粛中に太っちゃ、プロの女優として失格でしょ」 「いえ、このころの浜崎あゆみはポッチャリだったから、役作りで太っているのかも」 「そうですよ。 ヘンテコなドラマだけど変な愛着が湧いてきたせいか、安斉かれんちゃんも可愛いなーって思ってきた。 最初はなんか作られた感あって可愛いとか思わなかったのに」 「この頃の浜崎あゆみって、驚愕するくらい可愛かったと思うわ。 こんな感じですよ」 「芸能界なんて遊郭と同じ。 枕までやらせてポイ捨てとは」 デビューシングル2、3枚で解散を宣告されたアクセルズと玉木理沙に同情の声が。 「レコード会社から契約打ち切られた人たちって、みんなどうやって生活しているんだろう。 こうやって夢砕けた人がたくさんいたんだろね」 「モデルはフジテレビのアイドル番組から誕生したMISSIONという5人組のグループ。 1998年春にデビューして99年秋に解散している。 この番組に松浦勝人氏もゲスト出演していたのを見た。 売り出すため彼もそれなりに力を入れたけど売れなかった。 でも楽曲は結構よかったんだけどね」 「でもメンバーの1人が海外にダンス留学しますと言っていたけど、それ、スピードのひとえだよね」 「芸能界なんて遊郭と同じだね。 枕までやらせて対抗心を煽り、追い詰めて問題になると使い捨て。 そんな風に扱われた歌手志望の女の子たちってたくさんいたんだろうね。 可哀想だよ」 「流川がりさに病室でプロポーズするところが、このドラマで唯一真面目に演技しているシーンだね。 ぶっ飛んでいる人ばかりの中で、りさだけがまともに見える。 枕までしたなんて悲しいけど、このあと幸せになれるのかな」 小室哲哉と依田社長に比べマサだけがエエカッコシーに描かれる 今回のドラマでいちばん多かった声が、初期の浜崎あゆみのヒット曲がマサとの不倫の結果に生まれたのか、という衝撃だ。 「ドラマでは三浦翔平が超イケメンでカッコいいから不倫やひどいパワハラでも多少許せるが、リアルな松浦勝人氏の風貌を想像するとガッカリする」というのだった。 「今さらだけど、これって奥さんと同時進行の話だよね。 ドラマでは離婚しているという設定になっているけど」 「豪邸で同棲して、歌手としてもバックアップしてくれたら10代ならコロッといっちゃうわ」 「てか、こんな大恋愛があって、曲にしちゃって、ドラマにしちゃって、2人は結婚したわけでもないのに恥ずかしいね」 「マサはこのドラマ見てニヤニヤ止まんないだろうな。 実際、あゆよりマサが主人公になっている。 カッコ良く仕事ができてモテモテの人生の勝者感すごい」 「このドラマで、いちばん得に描かれているのはマサだよ。 マサ役はカッコいい三浦翔平なのに、小室哲哉さんはあんな風だもんね。 小室さん、このドラマ見ていないみたいだけど、見ていたら怒るよね。 マサとのお家騒動で追い出される依田巽社長(編集部注:高嶋政伸演じる大浜社長のモデル)も悪者扱いだし、怒ると思う」 「当時のあゆは、小室さんと華原朋美が堂々と手をつないでいるのを見て悔しかっただろうなあ」 「ひょっとして最終回に長瀬智也が出てくる?」 ここで長瀬智也の話で盛り上がるのだった。 「リアルな話、マサとのことと思ったら今まで好きだったあゆの曲も全部好きじゃなくなったよ。 長瀬だと思っていたかったのに。 あの頃のあゆを見ても可愛いとすら思えなくなってきたよ」 「ところで最終回に長瀬は出てくるのかな?」 「予告編でイケメンがチラっと出ていたけど、あれ長瀬?」 「最初から長瀬智也と浜崎あゆみの話だったら、めっちゃキュンキュンした気がするけど、ドラマにするネタ間違ったんじゃないかな」 「それはジャニーズがうるさいと思う」 また、ドラマにちょっと登場した番組、人物にも議論が。 「あゆに手のひらを返して媚びるプロデューサーの番組『シング・シング・シング』の元ネタは何の歌番組だろう? HEY! HEY! HEY! かな?」 「調べたらHEY! HEY! HEY! のプロデューサーの名前に似せている」 「マサの学生時代、横浜のレコード店長役はDJのクリス・ペプラーだよね。 俳優やっているのを初めて見たわ」 「本物のあゆはQueenの映画みたいなドラマを期待したかも」 暴走する田中みな実に対する猛批判が今回は特に激しかった。 「不法侵入、器物損壊、脅迫、騒音条例違反...。 もう警察か病院案件です。 なんか見ていて疲れます」 「みなみ、最初は面白かったけど演技オーバーにして笑わせようとするから飽きてきた」 「みなみ、本当にもう痛々しい。 こういうのは水野美紀のような実績がある女優さんがやるから光る怪演だよ。 アナウンサーあがりの美容オタクがやっても痛いよ、寒いよ」 「あゆ世代としては、デビューしてからブレイクするまでじっくりやって欲しかったよね。 おそらく田中みな実のせいでかなり重要なエピソードが省かれたと思う。 それに当時の曲をもっとたくさん流してほしい」 「そうだね。 本物のあゆ的にはQueenの映画みたいな感じで自伝ドラマが作られるべきと思ってそう」(テレビウォッチ編集部).

次の

浜崎あゆみのデビュー曲惨敗に“マサ”松浦勝人氏がとったTKも脱帽の手腕とは!?|日刊サイゾー

マサ エイベックス

マックスマサのモデルは「松浦勝人」! それでは、ご本人に登場していただきましょう。 この方が「マックスマサ」のモデルとなった人物です。 安斉かれんさんや、浜崎あゆみさんが所属する、 エイベックス株式会社の代表取締役会長CEOです。 大学時代に始めた貸レコード店でのアルバイトの頃から、商才を認められ、1986年、株式会社ミニマックスを設立、代表取締役に就任し、フランチャイズの貸レコード店をオープンさせます。 1988年には、現在のエイベックス株式会社の前身「エイベックス・ディーディー株式会社」を設立、取締役に就任し、レコードやCDの輸入卸売業を始められました。 1990年には、レコードレーベル・avex traxを設立し、1991年に専務取締役となりました。 そこから月日が立ち、2020年現在は、エイベックス株式会社の代表取締役会長CEOと言う地位に立たれています。 御年55歳と言うことですが、年齢よりもお若い印象です。 改めて、マックスマサの「名言」を振り返ろう! 松浦勝人と浜崎あゆみは、昔本当に交際していた! 2019年夏に出版された、浜崎あゆみさんの自伝(を元にしたフィクション小説)「M 愛すべき人がいて」。 この中で、あゆとマサが1996年〜1999年まで恋仲だった、と書かれていますが、これは本当だったようです。 二人の親しげな姿が、FLASHに抜かれています。 親しげに松浦勝人さんの肩に手をまわす浜崎あゆみさん。 記事によると、この写真は1999年夏頃で、場所は松浦勝人さんが所有していたマンションの一室だとか。 ブレーク目前の歌姫と、プロデューサーの禁断の恋と言うことで、その関係を決して世に知られる事のないよう、常に細心の注意が払われていたと言います。 浜崎あゆみさんは、携帯電話に松浦勝人さんを登録する際に、登録名を「M」としたそうです。 浜崎あゆみさんの代表曲「M愛すべき人がいて」の「M」は、実は松浦勝人さんの「M」だったと言うことなんですね。 しかし、禁断の恋も仕事に忙殺され、共に過ごせる時間もなく、やがて別れの時を迎えてしまいます。 1999年のある夜、中々松浦勝人さんと会えない浜崎あゆみさんは、彼が寝泊まりしているマンションを訪れ、そこでスタッフや美女たちと飲み会に興じる松浦勝人さんの姿にショックを受けてしまいます。 そして、誰にも行き先を告げずに、2日半姿を消したと言われています。 フィクション小説〜M 愛すべき人がいて〜で、浜崎あゆみさんが当時抱えていた絶望の理由が明かされたと言う事ですね、 ちなみに、浜崎あゆみさんの自伝小説「M 愛すべき人がいて」の表紙の東京の写真は、松浦 勝人さんがカメラで撮影されたもののようですね。 天下を取った二人が、高みから見渡した世界は、このようなものだったのでしょうか。 あっという間の1日でした。 — 松浦勝人 maxmatsuuratwit 色々ありながらも、お二人は現在「恋愛」という名では語り尽くせない、強い絆で繋がっているようです。 改めて、マックスマサの「名言」を振り返ろう!.

次の