春雷歌詞。 兰序亭的歌詞、是什麼?請問蘭序亭的歌詞是什

春雷(米津玄師) / コード譜 / ギター

春雷歌詞

(5)• (1)• (1)• (2)• (1) (9)• (2)• (3)• (2)• (2) (44)• (7)• (22)• (9)• (6) (87)• (3)• (4)• (6)• (9)• (14)• (5)• (12)• (13)• (7)• (4)• (6)• (4) (84)• (6)• (12)• (8)• (5)• (8)• (7)• (5)• (6)• (7)• (5)• (7)• (8) (119)• (9)• (6)• (8)• (7)• (6)• (12)• (11)• (11)• (11)• (14)• (11)• (13) (142)• (10)• (10)• (7)• (11)• (13)• (10)• (6)• (12)• (15)• (15)• (15)• (18) (205)• (16)• (21)• (17)• (18)• (16)• (17)• (17)• (17)• (15)• (16)• (14)• (21) (273)• (26)• (18)• (20)• (18)• (21)• (23)• (23)• (24)• (23)• (24)• (26)• (27) (307)• (25)• (22)• (27)• (23)• (23)• (25)• (23)• (25)• (26)• (29)• (26)• (33) (382)• (28)• (31)• (29)• (31)• (36)• (38)• (28)• (30)• (41)• (30)• (34)• (26) (429)• (34)• (30)• (37)• (36)• (37)• (33)• (33)• (42)• (38)• (44)• (23)• (42) (451)• (42)• (33)• (31)• (33)• (44)• (47)• (38)• (34)• (31)• (33)• (46)• (39) (779)• (38)• (67)• (52)• (59)• (63)• (66)• (92)• (62)• (90)• (49)• (73)• (68) (1277)• (89)• (116)• (130)• (120)• (130)• (204)• (156)• (110)• (88)• (112)• 筆者自己所準備側重講的方向是香港流行曲詞與中國古典文學的關係。 從講座後的問答環節,察覺有觀眾聽罷倒是以為原來香港過去有這麼多優雅如古詩詞的歌詞作品,於是疑惑為何現在的香港流行歌詞卻不見這種優雅,甚至似乎很俗氣。 引起這種誤會也真無奈,只能自我慰解:講講座總得有個焦點為宜。 在講座中,筆者提到一批歌曲,如張繼聰的《離人淚》(詞句有借取自蘇軾的《水龍吟(似花還似非花)》)、張學友的國語歌《定風波》(詞句有借取自蘇軾的《定風波(莫聽穿林打葉聲)》)、薛凱琪的《糖不甩》(詞中提到辛棄疾)、王菀之唱的譜李清照詞《一剪梅》(國語)等。 這幾首都是近幾年間面世的作品,除了《糖不甩》,都與宋詞有頗密切關係。 然後又介紹些七八十年代的粵語歌,其歌詞看在今天的後生一輩眼中,儼如宋詞無異,如關正傑唱的《萬水千山縱橫》、薰妮唱的《相逢有如夢中》及許冠傑唱的《莫等待》等。 接着還提到陳奕迅唱的《K歌之王》(可以聯想到古詩詞中的集藥名集詞牌名以至集經史句等等的遊戲作法)、許志安唱的《爛泥》(據說此詞靈感來自龔自珍詩句「落紅不是無情物……」)、林子祥唱的《在水中央》(歌名借自《詩經》中的詩句)以至徐小鳳唱的《夢飛行》、區瑞強唱的《佳人》、張國榮唱的《燕子的故事》及關正傑唱的《漁父》等,這後四首都是由林敏驄填詞的,詞意分別與《詩經》、杜甫的《佳人》、白居易的《燕詩》及古典詩詞的漁父意象等有關聯。 最後,特別提到兩本書,一是宋秋敏著的《唐宋詞與流行文化》,一是王毅著的《中國古代俳諧詞史論》。 《唐宋詞與流行文化》有某些內容提到黃霑,並謂他「善於以文言筆法寫詞,其作品豪邁處似平地春雷,婉約處如倩女回眸,令人過耳難忘。 」對此筆者補充說:「古典風韻歌詞與音符較稀疏的旋律易於配襯」。 在《中國古代俳諧詞史論》一書內,特別摘錄了這兩段:「從古至今,俳諧詞就是俗詞的觀念深入人心,其實這種觀念很有問題。 俳諧詞有俗有雅,豐富多樣,俳諧的本質是滑稽、詼諧、幽默、戲謔,與雅俗無涉。 」,「有些俳諧詩文恰恰表達了詩人內心苦澀酸楚的複雜情感,在自嘲的感懷中試圖消解心中的塊壘,滲透着一種「含淚的微笑」。 這些詩題為俳諧體,但並不俚俗,反而顯示了詩人的雅意真情。 」該書作者更鄭重肯定南宋大詞人辛棄疾所寫的一大批俳諧詞(約佔六百多首辛詞的十分一)的文學價值。 藉由此書,是希望聽眾能琢磨一下一種慣性思維:從「正經歌」改寫出來的,就是惡搞的或鬼馬的詞作?但實際上有些會是「寫實」之作,有些是「諷刺」之作,而且論文學價值,也可以是很高的。 香港的歌詞創作,不管是專業詞人還是業餘詞人寫的,「鬼馬」作品數量委實甚多,實在應該注視其中的文學價值。 香港流行曲詞與中國古典文學的關係,筆者只是因講講座的需要而作稍深入的觀察而已,要是真的想去研究整理其中的內容,卻會是一個無底深潭。 按:本文於昨天發表在《信報》「影音地帶」版「詞說詞話」專欄,見報標題是「流行.文學」。

次の

Zhuan Qian Yang Jia 赚钱养家 Lyrics 歌詞 With Pinyin By Du Chun Lei 杜春雷

春雷歌詞

そもそもユニット名「Foorin」は、パプリカを歌い踊っている5人の姿を「風鈴」に例えて、米津玄師が命名したもの。 これが、MVの風鈴の音に涼む様子と絡んでくるのが面白い。 そんな「和」を彷彿させるようなMVで構成されている「パプリカ」ですが、誕生の裏にはどんな背景や想いが込められているのでしょうか。 ここを知らずして楽曲考察はできませんよね。 米津玄師本人が語る誕生秘話を調査しましたので、以下にまとめていきます。 米津玄師が語る「パプリカ」の秘話 パプリカが生まれたきっかけ そもそも「パプリカ」は「<NHK>2020応援ソング」のプロジェクトを米津玄師が受けたことが誕生のきっかけです。 この依頼を受けたとき米津が感じたのは 果たして自分に作れるのか という悩みだったそうです。 なぜなら、米津玄師の他楽曲を聴いて分かるように「分かりやすい応援ソング」は未だかつて制作したことがなかったからです。 企画として求められる方向性と、これまで米津玄師が表現してきたものは、必ずしも重なり合っていたわけではないのです。 誰が歌うかで音楽の書き方が変わる 皆さん周知の通り、「パプリカ」という楽曲は小学生ユニット「Foorin」が歌っています。 しかし、プロジェクトの話を受けたときは、 誰が歌うかなんて決まっていなかったそうです。 「人に歌ってもらう曲というのは、その人ありきで書いていた」 とインタビューで述べており、今まで菅田将暉やDAOKOに提供した楽曲は そのパーソナリティを知った上だからこそ作ることが出来ていたとのこと。 だから結果として、 150人くらいの中からオーディションを行う。 という方法で歌うメンバーを選抜し、• もえの• ひゅうが• たけるくん• りりこ• ちせ の5人が選抜されたのです。 この5人 Foorin について米津玄師は 「パプリカ」はこの5人がいたからできた曲で、もし仮にこの5人でなかったら、全然違う曲になってただろうと思います。 とコメントを残しています。 Foorinを通して メンバーの決定後、楽曲制作に取り掛かった米津玄師ですが、制作秘話をインタビューで明かしています。 自分が5人と同じくらいの年頃のころを思い浮かべて自己投影をしていった とのことです。 投影された内容は、5人くらいの年の頃に、徳島にある爺ちゃん婆ちゃんの家、その山の中で遊び回ったり、川で泳いだりしていた記憶だそう。 ストーリーがありますね~ 歌詞に描かれているものは? これはズバリ 小さな物語、小さな世界 と米津玄師は語っています。 え?応援歌だよね? と感じてしまうかも知れませんが、ここにも米津玄師の人生経験からなる考えがあるのです。 私自身もかなり共感できたのですが 大きな応援ソングへの嫌悪感。 というのを米津は主張していました。 日本の音楽の中で「応援歌」というのはありふれていますよね。 物凄く背中を押してくれる音楽だったり「頑張ればいつかは報われる」といったような、いわゆる「分かりやすい応援ソング」です、 これに米津は不信感を抱いていたとのこと。 綺麗すぎる言葉は信じられない。 といったところでしょうかね。 だからこそ米津は自分が子供の頃に感じた 「小さな物語・世界」に5人を入れて、最終的に、童謡とか、日本の風土感とか、ある種のノスタルジーを含め、「応援ソング」として制作していったとのこと。 NHKという大きなものの中で、結果としてそれが大きくなっていけばいい。 自分が作れる応援ソングというのは、そういうところにしかないんだろうなって感じですね。 とコメントを残しています。 スポンサーリンク 楽曲名「パプリカ」とは 本来 「パプリカ」とは ナス科の多年草であるトウガラシの栽培品種。 を指す言葉です。 まさに上の画像。 本楽曲のタイトル「パプリカ」もこれを指しています。 敢えて「パプリカ」にした理由を米津さん本人が語っていました。 内容は以下。 音の響き• パプリカという物自体のポップな感じ• かわいい感じ まずはこれが当てはまるようです。 私が1年前に行った解釈は 花言葉に注目して パプリカの花言葉=君を忘れない なんて唱えていましたが、花言葉は意図としてなかったようです 笑 米津さんは 「なんでパプリカなのか? 」 と訊かれたときには 「わかりやすい意味はないです」 という一言で説明できると言っていました。 大切なのは、 第一印象。 イメージ。 なのです。 実は、ここでまた米津さんは深い言葉を語っています。 「わかりやすい意味はないです」と「何も考えていない」の違い、その危惧がかなり共感できましたので、ピックアップさせて頂きますね。 大人になればなるほど、今まで見てきたもの、理論的な思考回路に縛られてしまう感じが、すごくあると思うんですよね。 「普通そんなこと起こらない」って言ってしまう。 本当は何でもやってもいいものに「それだとリアリティがない」とか「意味が通らない」って言ってしまう。 そういうのって、危ういと思うんです。 子供向けの絵本を見ても、どこか荒唐無稽な感じがあって。 イマジネーションの世界なんですよね。 幼稚園にクマが転校してきたっていいし、子供たちみんなでクジラと綱引きしてもいい。 だから、わかりやすい意味を説明するのも大事なことだと思うんですけど、そのなかで全部完結させてしまっては、あまりにあっけないというか。 本来そういうところでは説明できないブラックボックス的なところがあるから音楽のエモーションが生まれてきているわけで。 大人になるほど、理論的になる。 の共感性が高すぎませんか? しかも、言葉だけではなく子供向けの絵本のくだりなど、具体例があるぶん説得力が増していますよね。 スポンサーリンク 歌詞 曲りくねり はしゃいだ道 青葉の森で駆け回る 遊び回り 日差しの町 誰かが呼んでいる 夏が来る 影が立つ あなたに会いたい 見つけたのは一番星 明日も晴れるかな パプリカ 花が咲いたら 晴れた空に種をまこう ハレルヤ 夢を描いたなら 心遊ばせ あなたにとどけ 雨に燻り 月は陰り 木陰で泣いていたのは誰 一人一人 慰めるように 誰かが呼んでいる 喜びを数えたら あなたでいっぱい 帰り道を照らしたのは 思い出のかげぼうし パプリカ 花が咲いたら 晴れた空に種をまこう ハレルヤ 夢を描いたなら 心遊ばせあなたにとどけ 会いに行くよ 並木を抜けて 歌を歌って 手にはいっぱいの 花を抱えて らるらりら 会いに行くよ 並木を抜けて 歌を歌って 手にはいっぱいの 花を抱えて らるらりら パプリカ 花が咲いたら 晴れた空に種を蒔こう ハレルヤ 夢を描いたなら 心遊ばせあなたに届け かかと弾ませこの指止まれ 作詞作曲:米津玄師 歌詞の意味・解釈 1番 曲りくねり はしゃいだ道 青葉の森で駆け回る 遊び回り 日差しの町 誰かが呼んでいる 作詞作曲:米津玄師 インタビューでも述べていたように 「森の中で遊び回るシーン」、つまりは米津さんがいう 「小さな世界」が分かりやすく描かれています。 子供の頃の自分と重ね合わせることで、誰しもがノスタルジーを感じるのではないでしょうか? 夏が来る 影が立つ あなたに会いたい 見つけたのは一番星 明日も晴れるかな 作詞作曲:米津玄師 ここで登場してくる「あなた」に注目。 あなたをどう捉えるかで、楽曲の見方がどのようにも変化してきます。 会いたい など、ラブソングのような語法で描かれていますが、ここで騙されてはいけません。 「パプリカ」は単なる恋愛歌ではないのです。 あくまでも「応援歌」です。 これを踏まえてサビを見ていきましょう。 サビ1 パプリカ 花が咲いたら 晴れた空に種をまこう ハレルヤ 夢を描いたなら 心遊ばせ あなたにとどけ 作詞作曲:米津玄師 またも登場する「あなた」 ここで「あなた」について徹底的に解釈していきましょう。 結論から申し上げますと 大人になった自分 という解釈に落ち着きました。 こうして、子供が泣いている情景を絵が描いているのにも秘話があります。 米津さんは、歌詞を書いているときに あれ?子供は応援される立場じゃないのか? 子供に応援ソングを歌わせるって、 どういうことだろう? という疑問にぶつかったそうです。 だから、ここの歌詞では 泣いている子供を慰める。 という、子供から発信される応援歌としては歪な内容になっているのです。 <サビ1と同じである為、サビ2の解釈は割愛します> 3番~ラストサビ 会いに行くよ 並木を抜けて 歌を歌って 手にはいっぱいの 花を抱えて らるらりら パプリカ 花が咲いたら 晴れた空に種を蒔こう ハレルヤ 夢を描いたなら 心遊ばせあなたに届け かかと弾ませこの指止まれ 作詞作曲:米津玄師 ここまでの解釈の末、 大人になった自分が、 子供のときの自分に応援されるという 「応援ソング」 と歌詞全体を捉えて、ラスト部分に向き合うと、かなり力を貰える内容であることが分かる。 「手にいっぱいの花」「パプリカの花」などキラキラしつつもノスタルジックな情景から 「希望」が生まれ、「会いに行くよ」「あなたに届け」などの文が存在することで、 「その希望を届けてくれる」というストーリーが出来るわけです。 感想 大きな応援ソングへの嫌悪感 と言っていた米津さんでしたが、結果的に 「大きな応援ソング」になっていますね。 いやこれはある意味、目論見通りなのでしょう。 改めて関心させられます。 私も何十年後とかに「パプリカ」を聴いて、今の自分と照らし合わせて応援されたいものです。

次の

春雷的同义词_static.datasciencetoolkit.org

春雷歌詞

(5)• (1)• (1)• (2)• (1) (9)• (2)• (3)• (2)• (2) (44)• (7)• (22)• (9)• (6) (87)• (3)• (4)• (6)• (9)• (14)• (5)• (12)• (13)• (7)• (4)• (6)• (4) (84)• (6)• (12)• (8)• (5)• (8)• (7)• (5)• (6)• (7)• (5)• (7)• (8) (119)• (9)• (6)• (8)• (7)• (6)• (12)• (11)• (11)• (11)• (14)• (11)• (13) (142)• (10)• (10)• (7)• (11)• (13)• (10)• (6)• (12)• (15)• (15)• (15)• (18) (205)• (16)• (21)• (17)• (18)• (16)• (17)• (17)• (17)• (15)• (16)• (14)• (21) (273)• (26)• (18)• (20)• (18)• (21)• (23)• (23)• (24)• (23)• (24)• (26)• (27) (307)• (25)• (22)• (27)• (23)• (23)• (25)• (23)• (25)• (26)• (29)• (26)• (33) (382)• (28)• (31)• (29)• (31)• (36)• (38)• (28)• (30)• (41)• (30)• (34)• (26) (429)• (34)• (30)• (37)• (36)• (37)• (33)• (33)• (42)• (38)• (44)• (23)• (42) (451)• (42)• (33)• (31)• (33)• (44)• (47)• (38)• (34)• (31)• (33)• (46)• (39) (779)• (38)• (67)• (52)• (59)• (63)• (66)• (92)• (62)• (90)• (49)• (73)• (68) (1277)• (89)• (116)• (130)• (120)• (130)• (204)• (156)• (110)• (88)• (112)• 筆者自己所準備側重講的方向是香港流行曲詞與中國古典文學的關係。 從講座後的問答環節,察覺有觀眾聽罷倒是以為原來香港過去有這麼多優雅如古詩詞的歌詞作品,於是疑惑為何現在的香港流行歌詞卻不見這種優雅,甚至似乎很俗氣。 引起這種誤會也真無奈,只能自我慰解:講講座總得有個焦點為宜。 在講座中,筆者提到一批歌曲,如張繼聰的《離人淚》(詞句有借取自蘇軾的《水龍吟(似花還似非花)》)、張學友的國語歌《定風波》(詞句有借取自蘇軾的《定風波(莫聽穿林打葉聲)》)、薛凱琪的《糖不甩》(詞中提到辛棄疾)、王菀之唱的譜李清照詞《一剪梅》(國語)等。 這幾首都是近幾年間面世的作品,除了《糖不甩》,都與宋詞有頗密切關係。 然後又介紹些七八十年代的粵語歌,其歌詞看在今天的後生一輩眼中,儼如宋詞無異,如關正傑唱的《萬水千山縱橫》、薰妮唱的《相逢有如夢中》及許冠傑唱的《莫等待》等。 接着還提到陳奕迅唱的《K歌之王》(可以聯想到古詩詞中的集藥名集詞牌名以至集經史句等等的遊戲作法)、許志安唱的《爛泥》(據說此詞靈感來自龔自珍詩句「落紅不是無情物……」)、林子祥唱的《在水中央》(歌名借自《詩經》中的詩句)以至徐小鳳唱的《夢飛行》、區瑞強唱的《佳人》、張國榮唱的《燕子的故事》及關正傑唱的《漁父》等,這後四首都是由林敏驄填詞的,詞意分別與《詩經》、杜甫的《佳人》、白居易的《燕詩》及古典詩詞的漁父意象等有關聯。 最後,特別提到兩本書,一是宋秋敏著的《唐宋詞與流行文化》,一是王毅著的《中國古代俳諧詞史論》。 《唐宋詞與流行文化》有某些內容提到黃霑,並謂他「善於以文言筆法寫詞,其作品豪邁處似平地春雷,婉約處如倩女回眸,令人過耳難忘。 」對此筆者補充說:「古典風韻歌詞與音符較稀疏的旋律易於配襯」。 在《中國古代俳諧詞史論》一書內,特別摘錄了這兩段:「從古至今,俳諧詞就是俗詞的觀念深入人心,其實這種觀念很有問題。 俳諧詞有俗有雅,豐富多樣,俳諧的本質是滑稽、詼諧、幽默、戲謔,與雅俗無涉。 」,「有些俳諧詩文恰恰表達了詩人內心苦澀酸楚的複雜情感,在自嘲的感懷中試圖消解心中的塊壘,滲透着一種「含淚的微笑」。 這些詩題為俳諧體,但並不俚俗,反而顯示了詩人的雅意真情。 」該書作者更鄭重肯定南宋大詞人辛棄疾所寫的一大批俳諧詞(約佔六百多首辛詞的十分一)的文學價值。 藉由此書,是希望聽眾能琢磨一下一種慣性思維:從「正經歌」改寫出來的,就是惡搞的或鬼馬的詞作?但實際上有些會是「寫實」之作,有些是「諷刺」之作,而且論文學價值,也可以是很高的。 香港的歌詞創作,不管是專業詞人還是業餘詞人寫的,「鬼馬」作品數量委實甚多,實在應該注視其中的文學價值。 香港流行曲詞與中國古典文學的關係,筆者只是因講講座的需要而作稍深入的觀察而已,要是真的想去研究整理其中的內容,卻會是一個無底深潭。 按:本文於昨天發表在《信報》「影音地帶」版「詞說詞話」專欄,見報標題是「流行.文學」。

次の