広告ブロック アプリ おすすめ android。 本格的にAndroidで広告をブロックするのは【 AdGuard 】

Androidでブラウザやアプリの広告をブロックする方法の覚え書き

広告ブロック アプリ おすすめ android

Androidのブラウザ広告を消したい!おすすめのブロック方法は? Androidのブラウザ広告をブロックするには• 広告ブロックブラウザのアプリを使う方法• root化して端末の設定自体を変更する方法 この二つがあります。 それではどちらがおすすめなのか さっそく見ていきましょう! 広告ブロックのブラウザアプリを導入する まず一つ目の方法は 広告ブロックしてくれる ブラウザアプリを 導入することです。 広告ブロックのブラウザアプリを導入すれば 難しい設定も必要なく 簡単にブラウザ広告を ブロックすることができます。 root化して端末の設定自体を変更する もう一つの方法は root化することで 端末の 設定自体を変更してしまう方法です。 Androidの管理者権限を取得すること。 管理者権限を取得することで 通常であればアクセスすることができない システムファイルを改編することが できるようになります。 root化して端末の設定自体を変更することで それまでは使うことができなかった 広告ブロックアプリを使えるように なります。 ただし、root化することで メーカーの 保証対象外になってしまうので 専門的な知識もないままにroot化を行うと 端末が故障してしまっても修理もできず どうにもならなくなってしまうということも あり得ます。 root化をする場合は、 あくまでも 自己責任の上で行わなければ いけません。 広告ブロックブラウザが便利!Androidでのおすすめはどれ? Androidのroot化は 専門的な知識が必要であることと メーカーの保証が保証が効かなくなる というリスクもあるので 広告のブロックをするなら 広告ブロックブラウザを使用する方が いいといえます。 デスクトップのブラウザとしても有名な アドブロッカーのAndroid版ですね。 悪質なマルウェアは 広告の裏に潜んでいることもあるので、 マルウェアに感染するリスクの軽減にも なります。 次に、Adblock Browser Android版の 使い方についてみていきましょう。 これで広告が非表示になりました! 出典: まとめ いかがでしたか? 広告をブロックするには roo化する方法と 広告ブロックブラウザアプリを使う方法が ありますが、root化は端末が壊れる可能性や メーカーの保証が効かなくなる というリスクがあるので、 今回は 広告ブロックブラウザを使う方法を ご紹介しました。

次の

AndroidのChromeで広告ブロックする方法!アプリとブラウザで非表示にする!

広告ブロック アプリ おすすめ android

Chromeなどブラウザの広告ブロック機能を使う いつも使っているブラウザで広告をブロックしたい!と思っている人も多いのではないでしょうか? そこで ブラウザに標準で搭載された広告ブロック機能をご紹介します。 ここでは「Chrome」「Firefox」の2つをご紹介します。 Chromeの広告ブロック機能 Googleの標準ブラウザ「Chrome」では、 ポップアップのブロックと広告をブロックする機能が搭載されています。 ポップアップというのはページを見ていると急に別ページに飛んで浮き上がったようなメッセージが表示される事をいいます。 文字ではうまく表現しづらいですが、そういったページをブロックしてくれる機能です。 広告ブロックに関しては一部の広告をブロックするものになります。 ポップアップのブロック設定は右上のメニューから設定>サイトの設定>ポップアップを選択します。 ポップアップの出るウェブページに行くと下側にポップアップのブロックと表示されました! ポップアップ「許可」の状態(左)とポップアップ「ブロック」の状態(右) 広告ブロックの設定も同様に、右上のメニュー>サイトの設定>広告を選択。 こちらも許可になっていたらブロックに設定しておきましょう。 サイトの設定から広告ブロックを選択 広告「許可」の状態(左)と広告「ブロック」の状態(右) 「許可」の状態ではなく、「ブロックします」といった画面になればOKです。 Chromeでの広告ブロックの方法は簡単に設定できますので、広告が煩わしい人はしておきましょう。 完全にブロックしたい人は、後ほど解説するアプリを使ってブロックする方法を推奨します。 Firefoxのアドオン「Adblock Plus」 FirefoxはPC版同様にアドオンをインストールでき、 広告ブロック用のアドオンを追加する事が可能です。 アドオンというのは自分で必要な機能を追加出来る機能でかなり便利です! 関連記事: FirefoxでAdblock Plusを検索します。 MozilaのAdblock Plusのページが表示されますのでタップします。 「Adblcok Plus」を検索し、「Firefoxへ追加」する 「インストール」をタップすれば完了 ページ内のインストールボタンを押すとダウンロードとインストールが自動で行われます。 インストールが完了したら、自動で設定がONになっているので、このまま見たいページを開くとキチンと広告がブロックされているのが分かると思います。 「Adblcok Plus」適用前(左)と適用後(右) 広告の非表示を解除したい場合は、右上のメニュー1番下の「ABP:xxxxxxxxx(ドメイン名)」で無効をタップすると広告が表示されるようになります。 広告ブロックアプリで有名な 「Adblock Browser Android版」の使い方をご紹介します。 まずGoogle Playストアで「Adblock Browser」検索し、インストールしましょう。 Adblock Browser Android版を検索 ホーム画面にAdblock Browser Android版が表示されるので、タップして起動させましょう。 Adblock Browser Android版をインストールして起動 最初の画面で初期設定を行います。 と言っても2タップするだけです。 Adblock Browser Android版の初期設定 次に見たいページを表示します。 広告が出る場合は 右上のメニューから「このサイトで広告をブロック」にチェックを入れます。 Adblock Browser Android版の広告非表示設定 これで設定は完了です。 いつも見ているページを見てみましょう。 広告有り(左)と広告無し(右) 広告有り(左)と広告無し(右) 見事広告が消えてますね! このブラウザを使えば簡単に消せて非常に便利です。 またメインで使っているブラウザの設定を一切触らないのも良いですね。 その他にも広告ブロックでオススメのアプリは「Javerin Browser」や「Adguard Content」などが有ります。 「Javerin Browser」「Adguard Content」 どちらも有名なソフトで広告ブロック機能も優秀で、ページの読み込み速度も速いです。 広告の中には「おっ、これ良さそう!」と思ったりする物もあるからです。 実例で言いますと、僕は Akerunというスマホが家の鍵になるスマートロックと呼ばれる製品をウェブの広告で知りました。 そして今現在実際に使用していますが、とても便利です! Akerunの広告 もし広告を見ていなかったら未だに存在自体知らなかったかも知れません。 そう思うと広告って良い部分も沢山あると思います。 また広告を見る事によりそのコンテンツの提供者側にはいくらかのお金が入りますので、それがより良いコンテンツに繋がるのも事実なのです。 なので一切合切全ての広告は不要!とするのは少し勿体無い気がしています。 まとめ:知っていて損はナシ!ケースバイケースで使い分けよう 広告は企業がユーザーにより良い商品、サービスを紹介するためのものでメリットが多い半面、 過剰な広告はユーザーを非常に不快にさせ本来のコンテンツの邪魔になってしまったりとデメリットもあります。 そこで登場したのが広告ブロックアプリ。 これを使用する事により広告のみを非表示にする事が可能になりました。 更にはデータ通信量の節約や表示速度の改善にも繋がっています。 ただ一方で、 広告をブロックする事で知らなかった商品やサービスに出会う機会を失います。 それらを踏まえた上で、今見ているページで「すごく広告が邪魔だな!」と感じる人は、このブロックアプリで非表示にする事で快適にページを見る事が可能になると思います。 新しいテクノロジーやデザインの製品に興味があり発信しています。 最近は自作や修理も意欲的に行っており技術記事も発信していこうと思っています。 モバレコでは、2016年から活動しており主にiPhoneの設定記事が最近では多いです。 iPhoneはじめスマホを深く使いこなして欲しいと思っています。 またトラブルシューティング等も得意なので皆さんの「困った」や「これが知りたかった」、「こんな使い方が出来るんだ」と言った部分を紹介していきたいと思います。 モバレコ以外のメディアでも、ちょこちょこ活動しています。

次の

Androidスマホで広告ブロック

広告ブロック アプリ おすすめ android

「画面をスクロールするつもりが誤って広告をタップし別サイトに飛ばされた!」 「いつも見たい場所に邪魔な広告が出てきてうざい!」 インターネットサーフィンを行う中で、様々な広告が表示されるのは周知のことでしょう。 中には有益なものもありますが、誤クリックを狙ったものも多数存在し、多くの方が鬱陶しいと思っているのではないでしょうか? iOS9のアップデートにより以前よりも広告の表示は減りましたが、広告はまだまだあらゆるサイトで表示されているというのが現状です。 この記事ではそんな問題を解決する、iOS9、iOS10、iOS11をお使いの方におすすめしたい、設定アプリで広告を消す方法について紹介しています。 尚、今回紹介する方法はiOS9以降にアップデートされていれば下記のいずれの端末でも設定が可能です。 iPhoneの広告をブロックするおすすめ方法は設定アプリ? 広告をブロックする方法のひとつにサードパーティが提供するアプリケーションを活用するというものがありますが、電池の消耗が大きくなる上に、メモリも少なからず専有してしまうためおすすめな方法とは言えません。 それでは、どのように広告をブロックするのかと言うと、 iPhoneにもともと備わった 設定アプリから本体機能を使ってブロックします。 外部アプリケーションインストールの手間や、VPN設定、メモリ専有の心配が無く、誰でも簡単に使用が可能な本体設定にそのような便利な機能が付いているのは有り難いですね。 ブラウザで表示される広告には複数の種類がありますが、今回ご紹介する設定でほとんどの広告を非表示にすることが可能です。 ちなみに、iPhoneでsafari サファリ 意外のブラウザ、例えばGoogleのChromeやMozillaのFirefoxをお使いの方はこの記事の方法で広告ブロックは出来ませんので注意してください。 【ブロック手順】• 「設定」を開く• 「safari」をタップ• 「詳細」をタップ• 設定はいつでも変更可能です。 問題がある 場合には同じ手順で設定を戻して下さい。 こちらも先程と同様に、キャプチャと共に手順を確認していきましょう。 歯車のアイコンの「設定」をタップします。 画面中ほどにある「safari」をタップします。 一番下までスクロールして「詳細」をタップします。 「JavaScript」という項目がありますので右側のトグルをタップします。 ボタンが白色になれば設定完了です。 iPhoneの広告をブロックする設定の最終確認 上記2つの設定を行っていただければ、煩わしい広告表示は大きく改善されます。 ただ、設定手順の中にあるボタンの色を誤った状態で完了させてしまうユーザーが多くいるため、今一度間違いが無いかご確認ください。 結果的にこのような状態になっていれば、どちらの広告もブロックされている状態です。 【ポップアップ広告】 【追尾型広告】 ポップアップ広告はオンの状態、JavaScriptはオフの状態であればブロックの設定が完了しています。 それぞれ別の機能で制御を行う形になりますので、片方の機能はオンにもう片方の機能はオフにする必要があり誤認が非常に多い部分となります。 iPhoneの広告がブロックされていない?Safariを再起動してみよう! ここまでの設定が完了した方はSafariの再起動を行わなければ、これまでに行った設定が反映されない可能性がありますので、インターネットを利用する前に Safariの再起動を行いましょう。 ホームボタンをダブルクリックし、起動しているSafariを削除します。 以上で全ての手順が完了です。 広告の中には読者に有益な情報を与えるものも多く存在しますが、誤クリックを誘発するような場所に設置されていることも多くあります。 ネットサーフィンの度に広告が邪魔だと思われる方は、この方法でストレス無く利用が可能になるでしょう。 これまでに行った設定はいつでも変更が可能です。 一度広告ブロックの設定機能をお試しいただき、不都合が生じるようであれば、いつでも元の設定に戻していただければと思います。 【こちらの記事も人気です】.

次の