卓球 やなぎ。 卓球ラバーは柔らかいほどドライブや台上処理(下回転を上回転で返す事等...

若柳卓球協会

卓球 やなぎ

今の若い人の間では知る人ぞ知る、みたいなポジションの「Darker ダーカー 」。 実は50年以上の歴史がある老舗ラケットメーカーなのだ。 バタフライとは対極にあると言っても過言ではないDarkerさんの魅力をお伝えするのに、多くの言葉はいらない。 以下の4つのツイートを見て頂ければ、なんとなく雰囲気は察して頂けるはず。 スピードシリーズの廃番品です。 皆様のご要望にお応えしてお作りしましたが、訳が分からなくなりやめてしまいました。 もう今となっては違いすらよく分からないラケットです。 こだわり過ぎてダメになる典型的なパターンのラケットです。 本当にこんなに弾かなくていいのかなぁ?写真は成型する前の合板です。 ちなみに木材は、柳とウォールナット、黒く見えるのは特殊素材です。 グリップの裏にある緑の素材は特殊衝撃吸収材です。 どこまでも弾かなくするために頑張ってます。 出来上がりましたら動画を作りますので、皆様の感想をお聞かせください。 用具マニアの卓球王国ゆうさんがお気に入りのメーカー?の1つのようで、ゆうさんブログや卓球王国紙面ではちょこちょこ登場するダーカー。 リベルタシナジーなどは比較的若い世代でも知っている人は多いはず。 皆様投票ありがとうございました。 それでは登場していただきましょう、新ラケットでリベルタシナジーFL。 — 左利きの人 7clipperwood 以前はスピードという日ペンラケットが代表作で、6人の世界チャンピオンが使っていたそう。 日ペンラケットのイメージが強く、最近はほとんど話題に登ることも無くなっているダーカーだが、こういう小規模でチャレンジングでちょっぴりおちゃめなラケットメーカーがあってもいい。 これからも末永く続いて欲しい。

次の

【卓球】「やなぎ」という技術知っていますか?

卓球 やなぎ

卓球に詳しい人ならとっくにわかっていると思うが、ストップの解説のところで書いた「絶対安全ゾーン」は、実は現代では存在しなくなっている。 ネット際の低いボールでも強いドライブをしてしまう技術が登場したからだ。 それが台上バックハンドドライブだ。 もともとはチェコのコルベルが開発した横回転の強いチキータが発端だったのだが、それを中国が強いドライブをかける技術に改良してしまったのだ。 今ではこの台上バックハンドドライブもまとめてチキータと呼んでいるが、厳密な人は区別している。 ただ、台上バックハンドドライブではいかにも長いのでここでは台上をDと略して「DBドライブ」と書く。 なぜこれが可能になったかといえば、ラケットを台にぶつけない制約の中で、上方へのスイング速度を上げる方法として、手首を使って打球前にラケットを180度近く回転させる方法(右利きの場合、ラケットの先端を時計の針の3時から時計回りに9時まで回転させて9時で当てる)を開発したからだ。 これは腕の構造上、バックハンドだからこそできるものだ。 そんなことぐらい誰でも思いつきそうなものだが、重要なのは思いつくことだけではない。 その先に栄光が約束されているかどうかわからない新しい技術を、才能のある選手が選手生命をかけてやって、実績で証明することが困難なのだ。 ちょっと試して善し悪しの結論が出るのなら、スポーツの技術革新などあっという間に最終形態に行きついてしまうだろう。 しかしスポーツはそうではない。 およそ100年前に守備全盛で始まった卓球が、攻撃優位になるのに50年かかり(日本の登場)、中国と日本のペンホルダー中心からシェーク攻撃が優位になるのに40年かかっている(中国のシェーク化)のはそのためだ。 そして、1960年以降、世界の卓球の技術革新をリードしてきたのが中国なのだ。 1970年代には投げ上げサービス、1980年代にはボディハイドサービス、1990年代にはペン裏面打法、そして2000年代にDBドライブというわけだ。 なぜ中国がこれらの技術革新ができたかといえば、新しい技術を超一流の才能ある選手にやらせることができる人材、システムがあるからだ。 日本のコピー選手を育成することが当たり前の中国だからこれができた。 それにしても中国が恐ろしいのは、新しい技術などなくても、その練習の質、筋力が他国を圧倒していて十分に強いのに、さらに技術革新をして勝利を盤石なものにしているということだ。 まさに尊敬すべき大国である。 さて、絶対安全ゾーンを無にしてしまったDBドライブだが、実は弱点もある。 バックハンドでしかできないことだ。 それを得意としている丹羽がフォア側のボールをわざわざ大きく動いてバックハンドで打っているのはそのためだ。 今回、男子中国チームは日本に肉薄され、かなり焦っただろうことは間違いない。 調子の悪かった張継科はラストで水谷に負ける可能性があったから、ダブルスをとっていれば日本が勝ったかもしれないのだ。 中国が新しい技術開発に着手しないわけがない。 そこで考えられるのがフォア側の短いボールにドライブをかける、台上フォアハンドドライブ、つまりDFドライブだ。 どうやるのかはわからないが「それか!」という方法でやってくるのではないだろうか。 恐ろしいやら楽しみなやらである。 中学1年からペン表ソフトで卓球を始める。 高校時代に男子シングルスで岩手県ベスト8。 大学時代、村上力氏の影響を受け裏ソフト+アンチのペン異質反転ロビング型を目指して地獄を見る。 家電メーカーに就職後ワルドナーにあこがれシェークに転向するが5年かけてもドライブができず断念し両面表ソフトとなる。 全日本マスターズサーティおよびフォーティで予選参加者が3、4人のときにかぎり宮城県代表になること4度。 このころから情熱が余りはじめ卓球本を収集したり卓球協会や卓球雑誌に手紙を送りつけたりするようになる。 卓球本収集がきっかけで2004年から月刊誌『卓球王国』でコラムの執筆を開始。 世界選手権の[裏]、DVD『』の監督なども担当。 中学生の指導をする都合から再びシェーク裏裏となり少しずつドライブができるようになる。 2017年末に家電メーカーを退職し卓球普及活動にいそしむ。 著書に『』『』がある。 NHK「視点・論点」「ごごナマ」、日本テレビ「シューイチ」「ネクストブレイク」、TBSラジオ「日曜天国」、文化放送「グッモニ」など出演多数。 仙台市在住。 so-net. jp 最近の投稿•

次の

卓球ラバーは柔らかいほどドライブや台上処理(下回転を上回転で返す事等...

卓球 やなぎ

2017. 11・更新 平成29年度若柳卓球協会主催大会を掲載しました。 2014. 23・更新 「第7回若柳会長杯争奪高等学校新人卓球大会」の中止について 第7回若柳会長杯争奪高等学校新人卓球大会は、会場が確保できなく中止になりましたのでお知らせいたします。 2013. 09・更新 「若柳卓球スポーツ少年団団員募集」について 若柳卓球スポーツ少年団ではただいま団員を募集しております。 毎週火曜日と木曜日にアスパルサブ体育館において、小学生から高校生まで約30名ほどの団員で練習を行っております。 時間は午後6時45分~午後9時15分です。 指導体制は5~8人の指導者がボランティアで実施しており、スポーツ少年団の公認指導員も2人含まれております。 詳しくは以下のポスターをご覧ください。 (クリックすると拡大されます。 ) 1,募集人員 小学生の男女 地域は問いません! 2013. 29・更新 若柳中学校が全国中学選抜でベスト16に入りました。 平成25年3月25日(月)~26日(火)に奈良市中央体育館で、第14回全国中学選抜卓球大会が開催され、若柳中学校がベスト16に入りました。 予選リーグでは、新松戸南(千葉県)を5-0で明倫(北海道)を3-2で下し1位トーナメントに進出しました。 決勝トーナメントでは瀬高(福岡県)に3-0で敗れましたが、私立中学校が多い中、立派な成績だと思います。 今後の健闘をお祈りいたします。 2012. 21・更新 若柳Aが河北杯で22年ぶり2回目の優勝をしました。 平成24年8月18日(土)~19日(日)に一関市総合体育館(ユードーム)で、第63回河北旗争奪岩手・宮城県中学校卓球大会が開催され、若柳Aが22年ぶり2回目の優勝を果たしました。 準決勝では若松クラブBを2-0で、決勝では若松クラブAを2-1で下しました。 メンバーは左から藤原理奈さん 2年 、加藤遥菜さん 2年 、鈴木ちなみさん 3年 、鈴木佑理子さん 2年 です。 2012. 10・更新 加藤・鈴木 佑 組 若柳中学校 がカデット女子ダブルスで準優勝しました。 平成24年8月8日(水)~9日(木)に仙台市体育館で、第32回宮城県中学校新人卓球大会個人戦 兼平成24年度全日本卓球選手権 カデットの部 宮城県予選が開催され、加藤遥菜・鈴木佑理子組が準優勝しました。 二人は平成24年11月16日(金)~18日(日)に埼玉県越谷市総合体育館で開催される、全日本選手権のカデットの部に出場します。 2012. 30・更新 気仙沼・大船渡沿線卓球大会で迫桜高校が優勝! 平成24年7月29日 日 に気仙沼市総合体育館(ケー・ウエーブ)で開催されました、「第55回気仙沼・大船渡沿線卓球大会」で、迫桜高校が優勝しました。 大船渡クラブとの決勝では、1番の小野寺、2番の熊谷が連続で負け、ダブルスの金野・横田組も2ゲームを取られる苦しい展開でしたが、そこから3ゲームを連取すると、4番の横田、ラストの金野が勝ち勝利を収めることができました。 2012. 26・更新 若柳中学校が県総体の女子団体で優勝しました。 平成24年7月22日(日)~24日(火)に栗原市若柳総合体育館(アスパルわかやなぎ)で開催されました、第61回宮城県中学校総合体育大会卓球競技の女子団体で、若柳中学校が決勝で河南西中学校を3-2で下し5年ぶり11回目の優勝を果たしました。 全般のシングルスでは共にエースが勝ち1対1となりました。 3番のダブルスが負け4番の髙橋選手も1ゲームを落とし一時劣勢に追い込まれましたが、そこから髙橋選手が奮起し3ゲームを連取すると、ラストの加藤選手も勢いづき3-1で河南西の本田選手を振り切り、勝利の栄冠を勝ち取ることができました。 去年は準優勝に終わっただけに優勝の喜びは一塩でした。 若柳中学校は、平成24年8月4日(土)~6日(月)に須賀川市の須賀川アリーナで開催される平成24年度東北中学校卓球大会に出場します。 2012. 20・更新 「バタフライ・ジャパンツアー in 若柳」のフォトギャラリーを掲載しました。 平成24年6月1日(金)の午後5時~8時に、栗原市若柳総合体育館(アスパルわかやなぎ)において、「バタフライ・ジャパンツアー IN 若柳」が開催されました。 講師は、現在世界の男子のトップレベルの誰もが使う、 チキータの発案者のピーター・コルベル氏でした。 今回の講習会では、なんと参加者全員がコルベル選手のチキータを受けるという幸運に恵まれました。 講習会中、子供たちは満面の笑顔でコルベル選手とふれあうことができ、楽しいひとときを過ごすことができました。 最後はチームごとにコルベル選手と記念撮影をし、講習会を終了することができました。 コルベル選手並びにタマス社のスタッフの皆さんには、大変お世話になりました。 この場をお借りいたしまして厚く御礼申し上げます。 2012. 21・更新 佐々木美玲さん(若柳クラブ)がホープス女子(宮城県予選)で優勝 平成24年5月19日 土 に泉体育館で開催されました、全国ホープス宮城県予選のホープス女子の部で、栗原市立畑岡小学校6年生の佐々木美玲さん(若柳クラブ)が優勝しました。 カブ男子で佐藤陽生くん(若柳クラブ)、バンビ男子で岩淵圭悟くん(若柳クラブ)、バンビ女子で佐藤琉花さん(若柳クラブ)の3人も代表に決まり、7月27日(金)~29日(日)に兵庫のグリーンアリーナ神戸で開催される全日本選手権大会(ホープス・カブ・バンビの部)に出場します。 ご健闘をお祈りいたしております。 2012. 12・更新 県総体の男子団体で迫桜高校が準優勝! 平成24年6月3日 日 ~5日 火 に仙台市泉体育館で開催されました、「平成24年度 第61回宮城県高等学校総合体育大会」で、迫桜高校男子が準優勝しました。 古川学園との決勝では、1番の熊谷一穂選手がシングルスでベスト4に入った古内選手を3-2に破る活躍を見せ、序盤で2点先取しましたが、後が続かなく残念ながらインターハイ出場の目標を達成することができませんでした。 女子団体はノーシードからベスト8に入り、男子ダブルスでは、三野宮優樹・岩渕隼斗組がベスト4に入りました。 平成24年6月22日(金)~24日(日)に、天童市の山形県総合運動公園体育館で開催される「平成24年度 第66回東北高等学校卓球選手権大会」に、男子団体、男子ダブルスで三野宮優樹・岩渕隼斗組、男子シングルスで岩渕隼斗選手が出場します。 2012. 29・更新 本吉はまなす杯中学生卓球大会で鈴木ちなみさんが優勝 平成24年4月29日 日 に本吉町民総合体育館で開催されました、第39回本吉はまなす杯中学生卓球大会で、若柳中学校3年生の鈴木ちなみさんが優勝しました。 準決勝で相手にゲームポイントを握られてからの冷静沈着な試合運びは見事でした。 おめでとうございました。 今後の一層のご活躍を期待しております。 第13回全国中学選抜卓球大会が平成24年3月27日 火 ~28日 水 に福井県営体育館で開催されました。 若柳中学校は、第1ステージの予選リーグでは残念ながら2敗を期し、3位トーナメントに回りました。 3位トーナメントでは、1回戦から決勝までどちらが勝ってもおかしくない内容で、苦しみながらもチーム全員で栄冠を勝ち取ることができました。 結果は以下の通りです。 女子団体第1ステージ リーグ戦 第1試合 若柳中学校 2-3 鎌倉中学校(群馬) 第2試合 若柳中学校 0-5 山陽女子中学校(岡山) 女子団体第2ステージ トーナメント戦 1回戦 若柳中学校 3-2 平群中学校(奈良) 2回戦 若柳中学校 3-1 日吉中学校(愛媛) 準決勝 若柳中学校 3-2 泉丘中学校(茨城) 決 勝 若柳中学校 3-1 石鳥谷中学校(岩手) 2012. 27・更新 被災されたチームに協賛品が贈呈されました。 平成24年2月26日(日)に「アスパル・わかやなぎ」において小・中学校卓球交流大会が開催されました。 その開会式の中で、被災された男子9チーム、女子3チーム、合計12チームに、バタフライ、TSP、ニッタクの3社様からご提供いただきました協賛品の贈呈式が行われました。 被災されましたチームには、1日も早く復旧できる事をお祈り致しております。 男子 宮城県 ・向洋中 ・津谷中 ・飯野川中 ・蛇田中 ・渡波中 ・階上中 岩手県 ・大船渡中 福島県 ・郡山第一中 ・郡山第四中 女子 宮城県 ・津谷中 岩手県 ・大船渡中 ・TEAMーKESEN 2012. 14・更新 第27回栗原市卓球選手権大会の結果を掲載 平成24年2月11日(土)にアスパル・わかやなぎにおいて第27回栗原市卓球選手権大会が開催されました。 小学生から一般まで約200名の選手で熱戦が繰り広げられました。 各種目の優勝者は以下の通りです。

次の