安倍 麻生 親戚。 安倍晋三と麻生太郎の仲良し指数は?父はなぜ総理大臣をしなかった?|ふじいのブログ

日本銀行の黒幕は天皇家と麻生太郎だった。(上級国民「藤原氏」の末裔について)

安倍 麻生 親戚

安倍晋三と麻生太郎の仲良し指数は? 安倍さんと麻生さんの仲良し度を調べる前に、安倍さんのプロフィールを簡単に見ていきましょう。 安倍晋三のプロフィール 名前:安倍晋三(あべ しんぞう) 出身:東京都新宿区 生年月日:1954年9月21日 血液型:B型 身長:175cm 学歴:成蹊大学法学部政治学科 家族:妻は安倍昭恵さん(1962年6月10日生)二人の間に子供はいない 趣味:ゴルフ 好きな食べ物:カツカレー、、焼き肉、スイカ 座右の銘:初心忘るべからず 安倍さんは、大学では法律を専攻してたんですね!弁護士資格は持っていないようですが。 安倍さんの奥さんといえば、森友問題に花見問題、更には新型コロナウイルスが猛威を振るうなか、大分旅行に行くなど何かといつも世間を騒がせてくれてる安倍昭恵さんですね! こんな女性と馬が合うのかな?総理大臣になる人の器のデカさということなのでしょうか。 心が広い人なんですね!安倍さんは。 出典:時事通信社 (右が麻生太郎さん) 御年79歳のご老人に副総理や財務大臣などの役職を与えて仕事をさせて。 いくら元気とはいえ、そろそろ老後をのんびりと過ごしてはいかがですかって、印籠を渡してあげなきゃ可哀想じゃないですかね。 それとも、麻生さんのわがままで今のポストを用意してあげてるんでしょうか? 実際のところ、この二人の間には何か特別な関係でもあるんじゃないかと調べてみました。 その結果、遠い親戚関係であることが分かりました!ってそんなことぐらい知っているよっていう方が多い? お二人の親戚度は、かなり縁遠い関係で普通であれば「何の付き合いもない」くらいの距離感だと思います。 ただ、これが日本の国家権力を扱うところ、所謂「国の中枢」にいる安倍さんと麻生さんとなると、また少し「様相」は変わってきます。 というのも、それぞれの祖先を見ていくと「佐藤信寛(長州藩士)」、「大久保利通(薩摩藩士)」という名前が。 長州藩と薩摩藩はご存知の通り、長年続いた徳川幕府を倒した時の中心勢力ですね。 今から約150年位前の話になりますが、長州藩の末裔である安倍さんと薩摩藩の末裔である麻生さんが政権を握っている今の日本政府を見てみても、未だにあの当時の血が受け継がれているんでしょうね。 ということで、安倍さんと麻生さんの仲良し指数は、星3つです!!(笑) 安倍晋三さんの父はなぜ総理にならなかった? 安倍晋三さんが長州藩の末裔ということは、その父である安倍晋太郎さんも長州藩の末裔になりますね。 出典:時事通信社(左が父の安倍晋太郎さん) となれば、当然父の安倍晋太郎さんにも、総理大臣になる機会というかお声はかかったのではないかと思います。 私も、かすかではありますが、その当時、安倍晋太郎さんを総理にしようという動きがあったように思います。 安倍総理の父である安倍晋太郎さんが総理になれなかったのは、残念ながら「膵臓がん」という病にかかり、亡くなってしまったからのようです。 安倍晋太郎さんは、67歳で亡くなられていますが、亡くなる2年前に「膵臓がん」が判明していたようで、その後は病気を隠しつつ議員活動を続けられて、総理大臣最有力候補まで登り続けていったのですが、あと一歩のところで病に倒れてしまわれました。 安倍晋太郎さんは「政界のプリンス」と呼ばれた政治家で、衆院議員で自民党幹事長や官房長官を歴任されましたが、総理大臣になる寸前で亡くなったことから『悲運のプリンス』ともいわれています。 安倍晋太郎さんが「政界のプリンス」と呼ばれたように、その子供である安倍晋三さんも「政界のプリンス」ですね! この「政界プリンス」と呼ばれる所以は、実は祖先にありました。 安倍晋三さんの父方(安倍晋太郎)の祖父は、元衆院議員の安倍寛さん。 戦争反対!平和主義を貫いた議員だったそうです。 安倍晋三さんの母方の親族も大物政治家ばかりで、母方の祖父は岸信介元総理で、岸信介元総理の兄は佐藤栄作元総理と兄弟で総理大臣をされた強者。 さらに遠縁の親戚には、吉田茂元総理や麻生太郎元総理など大物政治家ばかりで、凄い家系で驚くばかりです。 まとめ 安倍晋三さんと麻生太郎さんがなぜここまで仲良しなのか、その理由が遠い親戚関係ということだけでなく、明治維新から続く仲だったということには驚かされました。 腐れ縁というものとは違い、明治維新以降もその当時の血が代々受け継がれてきていたんですね! このお二人の関係は、切っても切れない間柄ということで、今後も仲良くなくては困るというのが実情のようですね。 また、安倍晋三さんの父である安倍晋太郎さんは「政界のプリンス」と呼ばれながらも、膵臓がんという病に侵されてしまい、67歳にしてこの世をさられてしまった「悲運のプリンス」でした。 その後を継いで、総理大臣になった安倍晋三さんもまた、天皇陛下と同じように生まれたときから総理大臣にならなければならなかった所謂「宿命」を背負った人なのかも知れませんね。 安倍晋三さんには、お子さんがいないので次の「政界のプリンス」は途絶えてしまうことになりますが、いずれまた、阿部さんもしくは昭恵さんの家系の中から新たな「政界のプリンス」が送り込まれてくることでしょう! 今まさに、新型コロナウィルス感染の影響で安倍政権にとっては未曾有の危機ではありますが、なんとか踏ん張ってもらって次期リーダーにバトンを渡すまでは身体を壊さないよう気をつけて欲しいものです。 日本の未来を正しい方向へ導いてくれるようお願いします。

次の

【家系図】安倍晋三と麻生太郎は親戚だった!天皇家や歴代首相とも…

安倍 麻生 親戚

そして麻生太郎さんの母は、戦後日本を導いた吉田茂首相の娘、和子さんです。 さらに妹は、三笠宮寛仁親王と結婚した信子妃ですから、麻生太郎さんは、皇族とも縁戚関係があります。 また麻生太郎さん自身、鈴木善幸元首相の娘を嫁にしています。 さらに家系をたどると、明治の元勲大久保利通をはじめ、岸信介元首相や、現内閣総理大臣である安倍晋三さんにもつながる麻生太郎さん。 家系図をひもとくと、まさに麻生さんの家系は華麗なる一族なのです。 なんだか響きが凄いですよね。 麻生家は旧華族や皇室との結びつきが濃い家系!? 麻生太郎さんは前述したように、1983年に元首相の鈴木善幸さんの三女である千賀子さんと結婚し、一男一女をもうけました。 弟の泰さんの妻和子さんの祖母は、「伯爵 牧野伸顕」の二女利武子であり、利武子の姉雪子は吉田茂の妻です。 妹の雪子さんは、「子爵 相馬恵胤」の息子で相馬家当主の相馬和胤と結婚しました。 末の妹の信子さんは、寬仁親王妃となり彬子女王と瑶子女王をもうけました。 つまり、麻生家は旧華族や皇室との結びつきが非常に濃い家系になるのです。 なんとなく麻生さんの奔放な発言に納得してしまいました。 麻生太郎・麻生家始まりのストーリー! 麻生家は1857年に生まれた「麻生太吉さん」から始まります。 当時はまだ庶民が、 西アフリカでダイヤモンド採掘業にも従事しました。 1973年には麻生セメントの社長になり、1962年の原油の輸入自由化によって衰退していた炭鉱業からセメント業への転換を成功させました。 1979年の衆議院議員総選挙に福岡から出馬して、 定員5名中4位で初当選して政界へ入りました。 狭き門ですね。 そして、1996年に橋本内閣の経済企画庁長官に就任して初入閣します。 2001年には自民党総裁選に出馬して、元首相の小泉純一郎さん、橋本龍太郎さんと戦って3位、となりました。 麻生太郎が総理大臣に就任・そして辞職! 小泉政権で党政務調査会長を務め、2003年に総務大臣として入閣して、郵政民営化を進めました。 2006年に再び自民党総裁選に出馬するも現総理の安倍晋三さんに敗れ、外務大臣として入閣しました。 2007年に自民党総裁選に出馬した際は福田康夫さんに敗れ、 2008年4度目の自民党総裁選でついに自民党総裁となり、9月に第92代内閣総理大臣に就任しました。 しかし、たった一年後の2009年8月の衆議院議員総選挙で自民党が民主党に惨敗して第1党の地位を失い、9月に麻生内閣が総辞職しました。 3年後の2012年の衆議院議員総選挙で自民党が政権を奪還、第2次安倍内閣が成立すると、副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣(金融担当)として入閣して、今日の麻生太郎さんに至ります。 麻生太郎さんの経歴も、祖父や父に負けず凄いです。 麻生太郎の年齢はいくつ?経歴・学歴や大学もものすごい!? 麻生太郎さんは、1940年生まれの77歳。 現閣僚の中では最長老です。 学習院大学を卒業後は、アメリカのスタンフォード大学や、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスに留学。 帰国後は麻生セメントの社長に就任。 自社の経営に努めました。 麻生太郎の政界入りは比較的遅く1979年、39歳で衆議院議員に初当選。 一度の落選をのぞいて、以後12回の当選を果たしています。 麻生太郎さんは、自他ともに認める、おしゃれで明るい性格ですが、少し口が軽く、ときおり問題発言をしていますね。 また意外ですが、1979年のモントリオールオリンピックに、クレー射撃の日本代表として出場していることでも有名です。 やはり現役で活躍している麻生さんは元気ですよね。 これは元スポーツ選手というところから来ているのかもしれませんね。 麻生太郎の家系図・学歴や経歴が疑われる声も!? 現閣僚の中でも長老の麻生太郎さんですが、どうやら漢字の多様な読み方は苦手なようでで、漢字の誤読が多さが、マスコミ格好のネタとなっています。 例えば、怪我を「かいが」、完遂を「かんつい」、焦眉を「しゅうび」、順風満帆を「じゅんぷうまんぽ」、 措置を「しょち」、思惑を「しわく」などと読み違えています。 誰でもひとつは間違えてしまいそうなものばかりですが、やはり他の政治家たちより、麻生太郎さんは、圧倒的に漢字の誤読が多いですね。 なんだかお茶目で可愛いですですけどね。

次の

国民にマスク2枚。安倍に5.4億円。麻生に60億円。安倍、麻生は上級国民の一族「李家」

安倍 麻生 親戚

2017年10月の衆院選で自民党は281議席を獲得し、第98代内閣総理大臣に就任した安倍晋三首相。 10代~20代の若者を中心に高い支持を受けている自民党・安倍首相は、日本では誰もが知る人物ですが、テレビを見ていてもあまり総理の血縁関係にかかわる報道はされませんよね。 安倍総理が副総理の麻生太郎氏と親戚関係があるという事実は、意外と知られていないのではないでしょうか。 そんな親戚同士のお2人は、国会中継や会見で談笑するなど仲が良いシーンも度々見られます。 長年コンビを組んできた信頼関係があるということでしょう。 本記事では安倍晋三首相と麻生太郎副首相の家族構成や、親戚関係の程度、家系の重要人物、天皇家とのつながりといった内容をご紹介していきます。 (以下、敬称を略します) 以下、家系図は公表されている情報に基づいて作成されたものを参考にして説明していきます。 さっそく安倍総理と麻生副総理の家系図から親戚かどうか見ていきましょう。 安倍総理の祖先を辿ると、高祖父は佐藤信彦になります。 佐藤信彦からみて(安倍晋三氏とは別の家系の)孫の妻である桜子、その父親が歴代の総理大臣である吉田茂です。 ここでも安倍首相の親戚にビッグネームが出てきましたね。 そして、吉田茂の娘・和子の子供にあたるのが麻生太郎氏なのです。 もう一つ、親等数を数えてみると、途中に配偶者を経て9親等離れていることが分かります。 一般的な感覚では7親等以上になると「他人」ですので、安倍総理と麻生副総理は他人に近い親戚といえそうです。 安倍総理自身は第90代、96代~98代と内閣総理大臣を歴任してきました。 祖父の岸信介もまた第56、57代内閣総理大臣を務めた人物です。 もう一人の祖父の安倍寛は衆議院議員でした。 さらに岸信介の兄であるのが佐藤栄作、第61~63代の内閣総理大臣です。 また、安倍首相の父親・安倍晋太郎は竹下内閣の下で自民党幹事長を務めましたし、長男の安倍寛信は三菱商事執行役員をしています。 現・自民党衆議院議員の岸信夫は、なんと安倍首相の実弟ということも判明しました。 苗字が違うため気づきませんでしたが、祖父である岸信介の一族へ養子として迎えられたためです。 こうして家系図を見ると政治家・総理大臣一族とも呼べますね。 安倍総理と昭恵夫人は1984年に知人の紹介で知合いました。 当初は安倍総理は昭恵夫人が待ち合わせに遅刻したため「第一印象はあんまりだった」とおっしゃっています。 昭恵夫人も「良い人だとは思いました。 でも、政治家の家庭は大変な気がして」始めは気乗りしなかったそうです。 けれど次第に惹かれあって結婚に至ったということでした。 安倍夫妻の子供は現在までおらず、不妊治療や養子縁組も検討されたそうです。 雑誌のインタビュー記事によると、結婚したのは24歳で自然に子供はできるだろうと考えていたそうですが、残念ながらそうはならず、後援者からは子供ができないことへの非難の声もありプレッシャーだったようです。 今では吹っ切れ仕事に専念し、安倍晋三首相の兄・安倍寛信氏の子供が安倍家の後を継ぐことが期待されているそうです。 麻生太郎氏の父は麻生太賀吉で、その長男が麻生太郎氏です。 麻生太賀吉は麻生鉱業と麻生セメントの事業で一財を築き、戦後は九州財界の重鎮である九州電力会長でした。 衆議院議員を務めたこともあります。 また、前述のように吉田茂は麻生太郎氏の祖父にあたります。 さらに祖先を辿るととんでもない人物に突き当たります。 それが日本の歴史上外すことのできない大久保利通です。 麻生太郎副総理が大久保利通の子孫だったとは驚きですね。 大久保利通は薩摩藩士の出で、江戸幕府を討幕し、明治政府を樹立した中心人物として誰もが習いました。 他にも、麻生太郎氏の妻・千賀子は鈴木善幸元首相の娘です。 安倍総理と同じく、麻生一族も政治家一族ということですね。 日本のトップである安倍首相、ナンバー2の麻生太郎副首相、そして日本の象徴である天皇家は全て親戚としてつながっていました。 さらに安倍祖首相と麻生副首相の祖先には名だたる歴代首相や歴史的人物が名を連ねていることがわかりました。 その血筋が現在の子孫へと脈々と繋がっているということですね。 しかし、今回紹介した家系図は本当に簡易的なもので、すべてのつながりのほんの一部しか示せていません。 天皇家や公家、財閥関係者たちは結婚や養子縁組などを行っており縁戚関係は複雑に絡んでいるため、政権力や財力を伴って密接につながっているのです。 血筋を辿ると驚きの事実が判明してきましたが、皆さんもご自身の祖先を探究してみると面白い発見があるかもしれませんので、ぜひ調べてみてはいかがでしょうか。

次の