豚肉 ごぼう 炊き込みご飯。 炊き込みご飯に合うおかず特集!今日の晩御飯におすすめの絶品レシピ

鶏ゴボウの炊き込みご飯のレシピ・作り方

豚肉 ごぼう 炊き込みご飯

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ•

次の

鶏ゴボウの炊き込みご飯のレシピ・作り方

豚肉 ごぼう 炊き込みご飯

こんにちは。 料理研究家の河瀬璃菜です。 炊飯器に任せっきりで作ることができて、おかずがなくても満足感が得られる「炊き込みご飯」、老若男女問わず愛される料理ですよね。 ごぼうや、きのこなどを入れるのが定番ですが、肉をたっぷり入れて作ることで、肉のうま味を逃すことなくお米に染み込ませた、肉好きをうならせる「炊き込み肉飯」が完成します。 これ一食でおかずは作らなくてOK!というズボラ旨い「炊き込み肉飯」のレシピを3つご紹介します! 1. 厚切り豚ばらとコチュジャンのサムギョプサル風肉飯 材料(2合分)• 豚ばらブロック肉・・・300g• キムチ・・・100g• お米・・・2合• 万能ネギ・・・適量• A 水・・・380cc• A 薄口醤油・・・大さじ1• A コチュジャン・・・小さじ1• A 鶏がらスープの素(あればダシタ)・・・小さじ1• A にんにく(すりおろし)・・・1かけ• A 生姜(すりおろし)・・・1かけ 作り方• 豚ばらブロック肉は塩胡椒(分量外)を適量ふり下味をつける。 キムチはざく切りにする。 万能ネギは小口切りにする。 お米は洗って、ザルにあげる(時間があれば30分ほど浸水させる)。 釜に、Aとお米を入れ、よく混ぜ合わせたら豚ばら、キムチをのせて炊飯する。 炊き上がったら混ぜて器に盛り、万能ネギを散らす。 辛いのが好きな方は、お好みで炊き上がりにキムチを足して辛さを調整してください。 肉の中でも特に脂身の多い豚バラ肉から出た脂に、お米一粒一粒がコーティングされています。 肉汁のうまみが口にいっぱいに広がりますが、ここにコチュジャンとキムチが加わることで味をピリッと引き締めてくれますよ。 牛コマ肉と生姜とネギの風肉飯 材料(2合分)• 牛コマ肉・・・300g• 白ネギ・・・1本• ごぼう・・・1本• お米・・・2合• 卵黄・・・お好みで• A 水・・・320cc• A めんつゆ(3倍濃縮)・・・大さじ4• A ごま油・・・小さじ1• A 生姜(スライス)・・・2かけ 作り方• 白ネギは斜め薄切りにする。 ごぼうはささがきにする。 お米は洗って、ザルにあげる(時間があれば30分ほど浸水させる)。 釜に、Aとお米を入れ、よく混ぜ合わせたら牛コマ肉、白ネギ、ごぼうをのせて炊飯する。 炊き上がったら茶碗に盛り、お好みで卵黄を乗せる。 牛肉とネギとごぼう、これらの相性は言わずもがな。 ここに生姜がさわやかなアクセントになって、箸が無限に進んでしまいます。 と白ネギのサムゲタン肉飯 材料(2合分)• ・・・300g• 白ネギ・・・1本• 甘栗・・・50g• 干し椎茸(水で戻す)・・・4枚• クコの実(あれば)・・・5粒• A 干し椎茸の戻し汁・・・400cc• A 鶏がらスープの素・・・小さじ1• A 生姜(スライス)・・・1かけ• A 黒コショウ・・・少々 作り方• 白ネギは斜め薄切りにする。 干し椎茸は5mm幅に切る。 お米は洗って、ザルにあげる(時間があれば30分ほど浸水させる)。 釜に、Aとお米を入れ、よく混ぜ合わせたら、白ネギ、干し椎茸、甘栗、クコの実をのせて炊飯する。 炊き上がったらはほぐして混ぜる。 あっさり風味なのに、鶏肉のダシを存分に感じることができるのがこちらのサムゲタン肉飯。 時間をかけて炊き込まれた白ネギは柔らかく、ほのかに甘さを感じることができますよ。 お肉のうまみをぎゅっと閉じ込めた「炊き込み肉飯」。 具材を入れたら、あとは炊飯器に任せきりで作ることができるので、ぜひお試しくださいね。 河瀬璃菜 りな助(料理研究家・フードコーディネーター) 1988年5月8日生まれ。 県出身。 フードクリエイティブファクトリー所属 料理好きな母のもとで育ち、食に携わる仕事に就きたいという思いを自然と持つようになりました。 両親が共働きで常に忙しくしていましたが、食卓を囲み食事を一緒に食べることで自然と会話が生まれ、どんなに忙しくてもコミュニケーションを大切にすることができました。 そんな経験から、食卓でのコミュニケーションは大変重要で気づきの多いものだと私は思っています。 「食を通して大切な人との暮らしをもっと楽しく」という意図に基づき、レシピ開発や講師、イベント企画運営、メディア出演、コラム執筆、執筆プロデュースなど、食に関わる様々な活動をさせていただいています。 2014年7月よりフードクリエイティブファクトリーの執筆プロデューサーに就任し、月間40本の記事をプロデュースしています。 著書「ジャーではじめるデトックスウォーター」「決定版節約冷凍レシピ」「発酵いらずのちぎり」 Blog: Twitter:.

次の

肉の旨みがご飯にしみっしみ!炊飯器まかせの「炊き込み肉飯」が最高にウマすぎるレシピ

豚肉 ごぼう 炊き込みご飯

五目炊き込みご飯の準備 まず、干し椎茸1~2枚は戻すのに時間がかかるため、事前に水100mlほどを加えて上にキッチンペーパーをかぶせ、数時間ほど水戻ししておきます。 それから米も研いだ後に浸水させておくとよいです。 浸水させることで、米に火が通りやすくなり、ふっくら美味しく炊き上がります• 戻った干し椎茸は水気をしぼって2~3㎜幅に、ごぼうはささがきにして水にさらしておきます。 こんにゃくは厚みを3等分に切ってから、棒状に切ります。 にんじんは5~6㎜角や2~3㎝長さのせん切りにします。 また、油揚げは厚みを半分にして、粗いみじん切りにします。 【ここからは『もし鶏肉を入れるなら』の工程】 鶏肉は炊き込みご飯用にカットされたもも肉を買ってくるか、皮ごと1㎝四方ほどに切ります。 鶏肉は 熱湯をまわしかけ、さっと混ぜてからざる上げし、塩ひとつまみ(分量外)を加える、この下処理をしてから炊き込むのがおすすめです。 余分な臭みや脂を落とすことで、そのまま炊き込むよりも美味しくなると思います。

次の