ひと よ 映画 館。 ひとくずの上映スケジュール・映画情報|映画の時間

ひとくずの上映スケジュール・映画情報|映画の時間

ひと よ 映画 館

Ainu ひと 作品情報 あいぬひと• 作品情報• 上映終了• 動画配信 隠れたって、どこに居ようと…アイヌはアイヌだわな 日本の先住民族・アイヌ。 かつて、アイヌモシリ(アイヌの大地)と呼ばれた北海道の日高地方・平取町には、今も多くのアイヌ民族が暮らしている。 アイヌ文化研究において多大な貢献を果たした故・萱野茂氏の出身地でもある。 1869年、明治新政府がアイヌ民族を「平民」として戸籍を作成し、同化政策や開拓を進めた結果、アイヌ文化は急速に衰退していった。 一世紀半経過した今、生活スタイルを変容させながらも、アイヌ文化を伝承する努力を続けてきたこの地域には、現代のアイヌが快活に生きる。 差別と貧乏を経験した人、伝統的な織物を作る人、祖母のカムイユカラ(口承文芸)を聞き覚えている人、イオマンテ(熊送り)などの儀礼儀式を小さいころに見聞きした人。 文化伝承のために、地域のリーダー的存在として、積極的に活動する。 昭和から平成のアイヌの変容を示す生き証人でもある「ひと」の姿を描いたドキュメンタリー。 公開日・キャスト、その他基本情報 公開日 2018年9月15日 キャスト 監督: 制作国 日本(2018) 上映時間 81分 ユーザーレビュー.

次の

Ainu

ひと よ 映画 館

生まれてからずっと虐待される日々が続く少女・鞠。 食べる物もなく、電気もガスも止められている家に置き去りにされた鞠のもとへ、犯罪を重ねる破綻者の男・金田が空巣に入る。 幼い頃に虐待を受けていた金田は、鞠の姿に、自分を重ね、社会からは外れた方法で彼女を救おうと動き出す。 そして、鞠の母であるりんの恋人から鞠が虐待を受けていることを知る。 虐待されつつも母親を愛する鞠。 鞠が虐待されていると確信した担任教諭は、児童相談所職員を連れてやって来るが、鞠は母の元を離れようとせず、保護する事ができずにいた。 金田は鞠を救うため虐待をするりんの恋人を殺してしまう。 りんを力ずくで、母親にさせようとする金田。 しかし、りんもまた、虐待の過去を持ち、子供の愛し方が分からないでいた。 そんな3人が不器用ながらも共に暮らし、「家族」の温かさを感じ本物の「家族」へと近付いていくが。 「ひとくず」の解説 人と人との繋がりや心の琴線に触れる物語を描いてきた劇団テンアンツ代表の上西雄大監督が、30年以上児童相談所に勤務している児童精神科医師の楠部知子先生から「虐待をしてしまう大人もまた傷ついている」という実態を耳にし、傷ついた子供だけでなく、虐待をしてしまう大人にも眼を向けてあげてほしいと制作した感動のエンターテイメント映画。 上西雄大が主演を務め、育児放棄する母親役を古川藍が演じる。 (作品資料より).

次の

映画「はるヲうるひと」公式サイト

ひと よ 映画 館

展示内容・施設(開館当初) [ ]• 「いのちの息吹」ゾーン - ジオラマやレプリカ等で、森の生きものを紹介• 「ブナの四季」ゾーン - ブナ林の自然サイクルを、映像音響とジオラマで紹介• 「こころとからだの部屋」ゾーン - 脳のはたらきとからだ全体・各部の関わりを紹介• やすらぎの部屋 - アロマと映像、音響、照明などをもちいた癒し体験ルーム• 交流の広場• ふれあいステージ - セミナー・ワークショップ会場• こころのシアター - 大型立体ハイビジョンシアター「」等のプログラムを定期上映• ミュージアムショップ - 書籍、防災関連品、オリジナルグッズ• レストラン テナント [ ]• (IRP) 建築概要 [ ].

次の