ある日、お姫様。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」41話のあらすじと感想!ネタバレ有り

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」42話のあらすじと感想!ネタバレ有り

ある日、お姫様

しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、ジェニットはクロードに冷たくあしらわれてしまう。 宝石眼を見せることすらできなかった。 とある日、気分転換にとルーカスがアタナシアを皇宮の外に連れ出してくれた。 服装も庶民の物に変え、市場を楽しむ。 入ったカフェの隣のテーブルに、ジェニットとイゼキエルがいた。 その場ではなんとかバレずに済んだが、小鳥を扱う店にて、イゼキエルに見つかってしまう。 一方ジェニットは、イゼキエルに置いてけぼりにされ、その後ろには黒髪の紳士が立っているのであった。 詳しくはにてまとめてあります 登場人物一覧は 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」41話のネタバレ イゼキエルに気づかれてしまったアタナシアは、彼に青い小鳥の入った鳥かごを押し付け逃走。 一方ジェニットはアクセサリー専門店で、レースの手袋、ブローチ、ネックレスなど可愛らしい商品を眺めていた。 何がいいかなと選んでいると、贈り物ですかと、黒髪の紳士が話しかけてきた。 知らない人に突然話しかけられて驚くジェニット。 知らない人だから言い切ってもいいかと、自慢気に妹のためですと答えると、その男性は優しく微笑んだ。 その顔つきは、皇帝クロードにそっくりだ。 彼は、少し拝見してもいいですかと言う。 ジェニットが持っていたアクセサリーに触れ、とても繊細にカットされたブルーサファイアだ、フレームの細工もとても美しいと、指で触れながら説明する。 妹さんがお嬢さんのように美しい青い瞳をお持ちなら、とても意味のある贈り物になりますよと、微笑んだ。 ジェニットはそれを購入。 わけあって離れて暮らしていたが、これで喜んでもらい親しくなれたらいいなと言う彼女。 そしてチラっとその紳士の顔を見て、やはり似ていると思う。 ジェニットは、妹は私を嫌いではないと言ってくれたが、父も怖いしと漏らす。 厳しい人なのかと聞かれ、本当は優しいのだが、私とは離れて暮らしていたからと、ジェニットは慌てて答える。 男は鼻で彼女を笑ったようだ。 相手の方を向くと、男は優しい表情のままだ。 見たわけではないので、笑われたのは勘違いかもしれないと、ジェニットは思うのだった。 その頃アタナシアは、遠くまで逃げすぎて、見知らぬところまで来てしまった。 ルーカスを呼べばいいかと思い、その辺の店に入る。 書店だった。 するといきなり、呪いをかけられたようだねと、店主の老人に声をかけられる。 お嬢さんが不幸になることを願う人から呪われたという店主。 アタナシアは、もしかして黒魔法使いですかと老人に尋ねる。 引退したがそうだったと答える老人。 では私にかけられた呪いはどんなものかわかりますかと聞くと、非常に巧妙なものでよくわからないと言われてしまう。 インチキなんじゃないかと疑うアタナシア。 老人は、とにかくそんなものに触れてはいけないと言う。 アタナシアが持っていたのは黒魔法入門の本だった。 黒魔法は必ず代価を払わなければならない、黒魔法を使って幸せになった者など一人もいないからねと。 アタナシアはふと、もし黒魔法で子供を持てばその子も不幸になってしまうのかと尋ねた。 何故そんな質問をするのか疑われるが、もしもの話だと言うアタナシア。 老人は、黒魔法は生ではなく死だ、もし黒魔法で子供を持てばその子は必ず呪われる、抜け出すのは相当な努力が必要だろうと答える。 無闇に不幸を呼び起こす力に頼れば、取返しのつかないことになるだろうと。 でもと言うアタナシアに、お嬢さんはこのようなところにいるべきではない、お嬢さんに売るものは何も無いから出ていきなさいと促す。 店をでたアタナシア。 黒魔法では幸せになれない、黒魔法で子供を持てば必ず呪われると言っていたが、可愛らしいお姫様の小説ではハッピーエンドだった。 じゃあ完結後はどうだったのかと、アタナシアは疑問を持つのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」41話の感想 イゼキエルに見つかったアタナシアは、鳥かごを押し付けることで逃げ出しましたが、バレバレですね。 またもやイゼキエルに弱みを握られてしまいました。 外出していたことがバレたら大変です。 一方、イゼキエルが離れたために、ジェニットにあの黒髪の男が近づきました。 ジェニットはアタナシアにプレゼントを選んでいましたね。 そのプレゼントに、いちいち指で触れる男。 アタナシアが、呪われたと老人に指摘されたので、この男があの贈り物に呪いをかけたのかもしれないですね。 ジェニットが心をこめて選んでくれた贈り物を、アタナシアが無下にするとは思えませんから。 クロードの大事な存在であるアタナシアが不幸になることで、クロードを傷つけようとしたのか、アタナシアを不運にしクロードから引き離し、自分の娘をクロードに近づけさせるつもりなのか。 とにかくアタナシアにとって見えない敵ですね。 ルーカスがそれに気づいてくれればいいのですか。 天才魔法使いなので、是非気づいて彼女を守ってほしいところ。 問題の黒魔法について、アタナシアはあることに気づきましたね。 小説はめでたしめでたしで終わっていますが、その後どうなったのか誰もわかりません。 老人の話すように、黒魔法の子供は呪われるというなら、エンディング後にジェニットに悲劇が起きたのかもしれません。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の

ある日、お姫様になってしまった件についての75話を翻訳した方、内容を教...

ある日、お姫様

『 ある日、お姫様になってしまった件について』はspoon先生によるコミカライズ作品で、現在FLOSコミックにて3巻まで刊行されています。 原作はPlutus先生が担当しており、韓国で刊行された小説となっております。 本作は現代で人気があったネット小説『かわいらしいお姫様』というタイトルの中に登場する悲劇の脇役姫・ アナタシアの幼少期に転生してしまった事から物語が始まります。 ストーリー通りに物語が進めばアナタシアは物語の主人公である ジェニットに毒をもった冤罪で父・ クロードに処刑されてしまいます。 そこでアナタシアは悲劇の結末を避けるため必死に奮闘しますが、物語と全く異なるタイミングで父親と遭遇し、その上興味を持たれてしまいます。 本当は父親であるクロードに全く愛される筈ではなかったのですが、父親に興味を持たれてしまったのならばと今度は生き残りをかけた奮闘劇がはじまります。 今回は『ある日、お姫様になってしまった件について』2巻のネタバレ記事です。 1巻のネタバレはこちら 王道のファンタジー系作品として大人気の『ある日、お姫様になってしまった件について』。 作画の奇麗さやフルカラーである点から話題の作品です。 今回は『ある日、お姫様になってしまった件について』3巻のネタバレ記事です。 『あ … 『ある日、お姫様になってしまった件について』のネタバレ! 『ある日、お姫様になってしまった件について』2巻はアナタシアとクロードが舟遊びをしている最中、アナタシアが船から転落し溺れる様子をクロードが見つめたまま助ける事がなかった事件の後から始まります。 興味を失われたかと思いきや父親によって護衛騎士として任命された ロベインに連れられ、アナタシアは再びクロードの元へと連れていかれます。 部屋の中で仮眠を取るクロードを前に、積もり積もった鬱憤が爆発するアナタシア。 一発殴ろうとした直前に目を覚ましかけたクロードに、子守唄を歌うふりをしてアナタシアは難を乗り切ります。 クロードの態度はいつも通り変わらない者の、アナタシアとティータイムを共にするなど引き続き興味は持っている様子。 アナタシアはクロードの飲むお茶に興味を示し、同じものを口にします。 珍しい味に「口の中で花さくようだ」と感動したところ、お茶会の空気が固まります。 アナタシアの亡き母である ダイアナもアナタシアと全く同じ感想を口にしていたからです。 クロードの元を去った後、自分の宮殿で母親であるダイアナに会ってみたいと口を滑らせてしまうアナタシア。 侍女であるリリーと騎士であるロベインはなんとかアナタシアにダイアナの事を伝えられないかと奮闘しますが、アナタシアはクロードが母親の話題を嫌っているため「クロードに母親に会いたがっていると伝えないでほしい、自分まで嫌われてしまうから」と怒ってしまいます。 何とかその場をやり過ごし、再びクロードの元に行くアナタシアの前に アルフィアス公爵と名乗る男性に出会います。 彼は小説に登場する男主人公・ イゼキエルの父親だったのです。 クロードの元でアナタシアは再び以前うたった子守歌を歌う様命令されます。 必死に歌うアナタシアの子守歌で眠りにつくクロードの横で、アナタシアも眠ってしまいます。 そこでアナタシアは何処か自分に似た、とても美しい容姿の女性が登場する夢を見るのでした。 その後、再会したアルフィアス公爵はアナタシアに同年代の友達が欲しくはないかと声を掛けます。 候補の一人目はイゼキエル、そして二人目はヒロインであるジェニットだとアナタシアは気が付きます。 皇帝であるクロードに気に入られている自分に保険を掛けているのだと気が付いたアナタシアは、アルフィアス公爵に「自分より程度の低い友人など必要ない」と毅然と断ってしまいました。 場所が代わり、アナスタシアは自分が暮らす宮殿の近くで魔法を操る青年と子犬に似た獣に出会います。 不思議な雰囲気をもつ青年は、獣がアナタシアの中で抑えきれない魔力が生んだ神獣だと告げます。 クロと名付けた神獣を食べてしまおうとする青年から、クロを守るためにアナタシアは契約を結びます。 しかし、そこで事件が起きます。 いつものようにお茶会をしていたところ、 アナタシアが口から血を吐いて倒れてしまったのです。 なんとかアナタシアは目を覚ましたものの、激痛にうなされ続けるアナタシア。 原因はアナタシアの体内での魔力暴走だったため、宮廷仕えの魔術師ですらどうすることもできません。 そんなアナタシアを助けたのは、以前庭で出会った 不思議な魔法使いの青年でした…… 『ある日、お姫様になってしまった件について』2巻の感想 1巻ではまだアナタシアに興味を示し始めたばかりだったクロード。 2巻ではそんな二人の距離がアナタシアの涙ぐましい努力によって少しずつ変わり始めます。 アナタシアの生き残りをかけた奮闘戟がクロードに影響していく様子は思わず何度も読んでしまう程です。 特に今回二人の関係が大きく変わったのは、アナタシアがクロードの前で血を吐いて倒れてしまうシーン。 今まで殆ど表情を動かさなかったクロードが倒れていくアナタシアを前に驚いたように目を開くシーン。 そして目を覚まし駆け寄ってくるアナタシアを思わず抱きとめるシーンはドキドキが止まりません。 本来の物語とは全く異なる展開になり始めた中でアナタシアは今後どうなるのか、クロードとアナタシアの関係はどうなっていくのか、3巻も目が離せません! 1巻のネタバレはこちら 王道のファンタジー系作品として大人気の『ある日、お姫様になってしまった件について』。 作画の奇麗さやフルカラーである点から話題の作品です。 今回は『ある日、お姫様になってしまった件について』3巻のネタバレ記事です。 『あ … 『ある日、お姫様になってしまった件について』をまとめてお得に読みたいなら以下のサイトがおススメです。 ebookjapanならお得に読める? は日本最大級の品揃えを誇る電子書籍サイトで、あの ヤフー株式会社が運営するサービスです。 ebookjapanでは初回限定で 50%OFFクーポンが獲得できます。 購入金額 税込 の50%分 最大500円分 が値引きされます。 初回ログインから 60日後まで有効で、期限内であれば 6回まで使えます。 割引額は最大500円分なので、合計額が1000円以上になるように買うといいでしょう。

次の

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」24話のあらすじと感想!ネタバレ有り

ある日、お姫様

しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、イゼキエルがアタナシアに近づこうとすると、突然現れたルーカスによって止められる。 少年二人は互いを牽制しあう。 イゼキエルは帰り際、興味深い本がありますねと言い、彼女の手に触れながら図書館の本を渡し、自分もお茶会に読んで欲しいとささやく。 その本は隠し読みしていた恋愛小説で、ルーカスに取り上げられたアタナシアは、顔真っ赤で取り返そうとする。 図書館警備の騎士達にも見られ、恥ずかしい思いをする彼女。 その後アタナシアは、完璧なイゼキエルに嫉妬しているのかとルーカスに聞くも、俺の方が上だと言い張る彼なのだった。 詳しくはにてまとめてあります 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」39話のネタバレ 後日、またも皇宮でお茶会が開かれたが、相変わらずのイケメン談議で、アタナシアはついていけない。 前回、クロードにお茶会は楽しかったかと聞かれたので、楽しかったと答えたら、カレンダーが変わる前にまたピクニックが開かれたのである。 前回もそうだが、政治・身分関係なく色々な令嬢たちを招いたようなので、クロードはただアタナシアに友達を作ってあげたいようだ。 今回も参加してくれたヘレナ令嬢は、よほどルーカスが気に入ったのか、毎晩彼の夢をみると話す。 これは運命、私のこれまでの人生は彼と出会うためにあったのだ、孤高の黒狼ルーカス様、と熱弁するヘレナ。 全く理解できないアタナシアは、少し休憩と言い、その場を離れる。 木陰で休むアタナシアに、彼女を気遣い声をかけるジェニット。 ジェニットは、令嬢らとの会話は時間を忘れるほど楽しいと言うのだが、では何故そこから離れて自分の所に来たのだろうかと、アタナシアは疑問を持つ。 令嬢達との会話は初めて聞く内容なので、面白くて仕方がないというジェニット。 とくにイゼキエルのことを優しいカリスマと話すのが面白く、彼に教えたのだそう。 彼は、そんな話何処で聞いたのかと聞くので、お姫様のお茶会だと教えたら、なんとも言えない表情をしたというのだ。 やはりジェニットは女主人公だと思うアタナシア。 彼の表情が本当に面白かったと朗らかに笑うジェニットに、面白そうですねと言い、少し和らいだ表情になるアタナシア。 令嬢達が大盛り上がりしていたので、先に戻って会話を楽しんでくださいと、ジェニットに戻るよう促す。 ジェニットは少し黙ると、お姫様は私のことがお嫌いでしょうかと言う。 直球の質問に、言葉がでないアタナシア。 ジェニットはひどく落ち込むので、アタナシアは慌てて、実は同性の友達がいなかったから、慣れていないのだと説明する。 特に嫌いというわけではないとアタナシアが言い訳すると、ジェニットはキラキラした目で微笑んだ。 ジェニットはもじもじしながら、私も同じです、不快に思うかもしれませんが、私とお姫様は似ていると思いませんかと言う。 初めて見たときから、ずっとお姫様とお友達になれたらと思っていた、失礼でしょうかと、照れながら聞くジェニット。 小説の中で、幼いジェニットが家族という存在に恋い焦がれていた描写は、何度もでてきた。 クロードを本当の父だと思っているだろうし、アタナシアのことも姉妹だと思っているのだろう。 姉妹という単語につられ、失礼ではないと答えるアタナシア。 ジェニットは本当に嬉しいと言い、とても愛らしく微笑んだ。 そのあまりの可愛さに、ジェニットを警戒していたアタナシアの緊張がほぐれる。 ジェニットは、一度招待してみたかったと、アルフィアス公爵邸に来ませんかと誘う。 機会があればと答えるアタナシア。 警戒心が解けたり、そう答えられたのは、クロードが前より怖くないせいなのだろう。 その後、ジェニットは、他の令嬢からイゼキエルの好きなものを聞かれるが、答えに困っていた。 ふと、草陰を走る黒っぽい何かに気がつく。 気になり1人でおいかけてみると、見知らぬ宮殿に迷い込んでしまった。 何者かと声をかけられ、ジェニットが振り向くと、そこにはクロードがいたのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」39話の感想 アタナシアが全く理解できない、イケメン談義のお茶会がまた開かれました。 あのルーカスが異様に褒められているので、アタナシア的には聞くに堪えないようでしたね。 アタナシアの手が前回同様タコのようにぐるんと丸まっていましたが、韓国ならではの表現方法なのでしょうか。 耐えられなかったアタナシアは、少し離れたところに移動しますが、ジェニットが寄ってきました。 原作では、アタナシアから父の愛を奪った上に、間接的に命まで奪う人物なので、アタナシアはかなり警戒しています。 それでも、女主人公だからこその可愛らしい微笑みで、アタナシアの警戒心が解けていきました。 おまけにアルフィアス公爵邸宅に行く約束までしてしまいます。 アタナシアより上手のイゼキエルがいるだろうに、また彼が彼女にアプローチしてきそうですね。 アタナシアは気まずい思いをしそうです。 ジェニットはイゼキエルに、この前の茶会での内容を伝えたそうですが、アタナシアはあのとき皆をしらけさせないため、イゼキエルに好意的な発言をしていました。 それでイゼキエルはいてもたってもいられなくなり、アタナシアの図書館へ潜り込んだのかもしれませんね。 皇城から出してもらえないアタナシアなので、この訪問約束が実現するかが、まず問題ですね。 そしてジェニットは、女主人公の力なのか、迷い込んだ先でクロードに遭遇しました。 イベントを生み出しましたね。 もうアタナシアという愛する対象がいるクロード。 彼の目に、ジェニットはどう映るのでしょうか。 ジェニットは宝石眼を隠しているので、冷たくあしらわれてしまうのでしょうか。 次回が気になりますね。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の