アンリツ 株価 どこまで 上がる。 コロナバブルの衝撃!【株価は上がるよ どこまでも!】

日経平均がどこまで上がるか計算できる3つの数字 [株式戦略マル秘レポート] All About

アンリツ 株価 どこまで 上がる

今回の記事の内容• 資生堂の株価はどこまで上がる|資生堂(4911)の株価の状況は?• 資生堂の配当と株主優待は?• 資生堂の株価の推移(チャート)は?• 資生堂の株価は上がる?今後の株価の予想は? 投資歴20年のかいまるです。 日本株を中心に1千万円以上の資産を運用しています。 資生堂の2019年の業績は、インバウンド需要は落ち着いたものの、中国事業などの海外事業の業績が伸びたこともあり、 通期の純利益はプラス19. 8%の増益となりました。 資生堂は、言わずと知れた日本市場のシェアNo1化粧品メーカーで世界でも第5位の規模。 世界の約120カ国・地域で事業を展開していて、海外売り上げ比率が5割を超えるグローバル企業です。 インバウンド需要を取り込み業績的には絶好調でしたが、2020年に入り、新型コロナ拡大による外出制限や海外訪日客の渡航制限により、資生堂の業績も大きく悪化、株価も短期的に急落しています。 今回は、そんな資生堂の株価の推移や、銘柄の特徴、株は買いかなどについて見ていきます。 なお、日本株や資産運用に関連するお得な情報や役に立つ情報のページについて、以下にまとめました。 よろしければご覧いただければと思います。 資生堂(4911)はどんな会社? 資生堂は、言わずと知れた化粧品の製造・販売を行っている会社ですね。 ヘアケア商品、医薬品、健康食品などの製造販売も手がけています。 大々的にCMなどの広告を流しているので、資生堂のブランドを見ない日はないぐらいです。 日本市場のシェアNo1!世界でも第5位の規模。 世界の約120カ国・地域で事業を展開していて、海外売り上げ比率が5割を超えるグローバル企業です。 以下、資生堂の株価の推移や業績、今後の予想などを見ていきたいと思います。 資生堂の株価はどこまで上がる|資生堂の株価の状況は? では早速ですが資生堂の株価データ(2020年5月13日現在)を見て行きましょう。 資生堂の株価データ• 株 価: 6342円• P E R : 33. 1倍(予想)• P B R : 5. 31倍(実績)• R O E : 15. 60%(予想)• 配当利回り:0. 92% 株価の指標は、全体的にあまり良くないですかね。 配当利回りが0. 92%と日本株の中でもかなり低い水準ですね。 PERの目安は13~15倍ぐらいですから33倍というのはかなり割高な水準。 同業他者と比べて見ると、• コーセー:29. ファンケル:32. ポーラ:26. 1倍 となっていて、やはり割高な水準と言えそうです。 大々的なCM広告で知名度抜群。 業績順調でグローバルに事業を展開していることもあり、株も人気化しやすいということですね。 資生堂の配当実績は? 続いて配当実績を見ていきますね。 以下が資生堂の配当金の実績です。 しばらくの間20円で変わらずですが、最近は増配傾向が強いです。 資生堂の配当利回りは低いですが、 2016年から3年で配当金が3倍!かなりのハイペースで増配していますね。 直近5年間の配当性向が23%〜35%程度と、無理をしない範囲で配当を実施しています。 資生堂の配当方針を見ると、 直接的な利益還元と中長期的な株価上昇による「株式トータルリターンの実現」を目指しています。 この考え方に基づき、 持続的な成長のための戦略投資を最優先とし、企業価値の最大化を目指す一方で、資本コストを意識しながら投下資本効率を高め、 中長期的に配当の増加と株価上昇につなげていくことを基本方針 としています。 なので無理に配当を実施するより、会社の成長に軸足を置いているということです。 資生堂の株主優待は? さて配当利回りは若干低いものの、かなりのハイペースで増配を重ねている資生堂。 株主優待はどうなっているのでしょうか? やはり自社サービスや商品の優待が改悪されるリスクが少なくて良いですよね。 資生堂の株主優待は、 あわせて読みたい ・ ・ ・ 資生堂の株価の推移(チャート)は? 続いてチャートを確認していきましょう。 化粧品業界で日本No1の資生堂ですが、これまでの株価推移はどうなっているのでしょうか? ここでは過去10年の長期チャートと短期チャートを見ていきます。 資生堂の長期チャート 以下は過去10年のチャートです。 2015年以降の株価上昇が凄まじいですね。 長期的には上昇傾向と行って良いと思います。 2015年1月に1700円程度だった株価が、2018年6月に8500円程度の水準まで上昇していますね。 3年半足らずで株価5倍程度ですから十分すぎるパフォーマンスですね。 他方、やはり2020年に入ってから、新型コロナウイルス拡大による業績悪化もあり、株価が6000円台にまで低下していますね。 資生堂の6ヶ月短期チャート 以下が2019年末からの6ヶ月短期チャートです。 新型コロナウイルス拡大の影響による外出自粛・渡航制限などにより2020年に入って株価が短期的に下落傾向ですね。 2018年に入ってから順調に株価が上昇してきましたが、2020年に 短期的には結構大きく株価が下落しています。 ・2020年1月16日:9250円 ・2020年3月17日:5243円 となっていてわずか2ヶ月で4000円以上も下落していますね。 40 %以上の下落ですから短期的には調整局面に入りました。 5月の段階で株価は6000円を超える水準まで急回復したものの、新型コロナ拡大の影響もあり株価は下落しています。 外国人旅行客の旺盛なインバウンド需要による業績好調だった資生堂も、新型コロナ拡大による渡航制限により厳しい状況が続きそうです。 株価は短期的に大きく調整していますね。 このように株はリスクが高い、コロナショックみたいな株価暴落が怖い…という方もいると思います。 そういう方は1株からの少額投資はどうでしょうか? 少額投資でリスクを低く運用を行うことが可能です。 詳しくは以下の記事にまとめています。 資生堂の株価が長期的に上昇している理由は? 一時調整局面に入ったものの、株価は絶好調の資生堂。 資生堂の株価が上昇している理由は、 新型コロナの影響が出る前の2019年までは、売上高および営業利益ともに順調に増収増益を重ねています。 純利益をみてみると、2017年に減益となりましたが、2018年には3倍近くに急上昇しています。 資生堂の長期的な株価上昇は、旺盛なインバウンド需要背景とした業績に裏打ちされていると言えますね。 インバウンド需要と好調な中国事業 資生堂の業績が好調なのは、中国人旅行者のインバウンド需要と中国事業の拡大によるものです。 特に2017年、2018年は中国人の高級化粧品の爆買いが話題となりましたよね。 最近ではインバウンド需要も落ち着きを見せていますが、資生堂の中国事業は堅調そのもの。 売上高が2017年で+20%、2018年で+33%まで成長しています。 これらの決算の概況については以下の記事にまとめています。 資生堂の株価はどこまで上がる?チャートから分析 好調な業績を背景に長期的には株価が上昇している資生堂。 この株価はどこまで上がるのでしょうか? もちろん、新型コロナの影響によりしばらくは業績が低迷すると考えられますが、拡大の収束とともに化粧品需要も戻ると考えられます。 資生堂のチャート的には2018年6月に9250円という最高値を付けたのち、 ・2018年10月:8929円 ・2019年 5月:8905円 と2回株価が跳ね返されており、 チャート的には上値の目途は9000円が抵抗線となっています。 すでに2回跳ね返されているので、結構強固なラインといえますね。 逆に9000円のラインを明確に超えることができれば、チャート的には一段高を目指して株価は推移するものと予想。 資生堂株は下落している今がチャンスと考えます。 なお、資生堂株を少額からリスク控えめに投資したいなら、で1株から少額投資を活用すると良いです。 ネオモバなら 格安な月額定額手数料で1株から何度でも売買できるからです。 日本株の通常の取引単位は100株(1単元)。 失敗したときのダメージが大きくなるし、そもそも投資資金が豊富でないと買えないんですよね。 ネオモバは2019年4月に営業開始した新興ネット証券。 しかし、ネット証券最大手のSBI証券とCCC(TSUTAYAやTポイントの運営会社)の合弁会社で、 信頼感もあり安心して利用することができます。 詳細は以下の記事にまとめています。 >> 「資生堂の株価はどこまで上がる」まとめ 今回は資生堂の株価はどこまで上がるということで、株価の推移、配当実績や株主優待、チャート分析などについて述べてきました。 資生堂は、インバウンド需要や中国事業が好調なこともあり、業績は絶好調。 株価も大きく上昇していました。 しかし、新型コロナ拡大によるインバウンド需要の消滅により業績が悪化、株価も大きく下落しています。 他方、資生堂の事業は、人口が減っていく日本市場だけじゃなく、売り上げの半分以上は海外市場。 特に中国事業の伸びが、資生堂の成長を支えています。 途上国の経済発展を考えると、短期的には調整局面も、長期的には資生堂の業績や株価に期待が持てるといえます。 最後に賢く株式投資や資産運用するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。 世界中の株、債券、金などに手間をかけずに自動運用 なおJTのような優良株への個別株投資もおもしろいですが、 株式、債券や金、不動産などに資産を分散して長期運用するというのがリスクをおさえた合理的な投資手法です。 自分でポートフォリオを作って運用するのも良いですが、 ウェルスナビを活用して長期投資すれば、ロボアドバイザーが世界中の市場の株、債券、金、不動産などの米国ETFに分散投資してくれます。 自分も活用していますが、口座にお金を振り込めば基本的に何もしなくても良いんですよね。 忙しい会社員や主婦の方に特におすすめです。 詳しくは以下の記事にまとめています。 相場を気にしないで年率1. 5〜6%で運用する方法 コロナショックの大暴落をみてしまうと株式投資はちょっと…。 相場を気にしないで運用したい方はソーシャルレンディングのが最適な選択肢かもしれません。 の最大の価値は 株やFXのように相場の値動きを常にチェックして売買を行う必要がないこと。 日々の相場の動きを気にする必要がありません。 その特徴は、集めた資金を上場している大企業などに貸し付けること。 なので比較的低いリスクの案件に投資できるので、手堅い運用ができます。 年利回りは1. 5%〜6%(税引き前)が中心。 銀行に預金するよりもかなり高い利回りを期待できますね。 詳しくは以下の記事にまとめていますのでぜひご覧ください。 関連記事・おすすめ記事 最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。 この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。 読まれている方に少しでも役に立つよう、資産運用に関連するトピックについて解説しています。 ぜひご覧ください。 新型コロナウイルスの拡大によって日本経済に大きな打撃が走っています。 外出自粛やインバウンド消失など、この状況下でおすすめの銘柄についてまとめました 株初心者でも安心して投資できる業績鉄板の日本株銘柄をまとめました。 新型コロナ拡大でも業績に期待できる銘柄です。 是非ご覧ください。 好業績、高配当銘柄の代表格である商社株の特徴をまとめました。 景気敏感株で配当が安定しないという印象でしたが、安定配当を志向している会社が多く長期投資に向いているといえますね。 こちらも、業績が安定していて高配当の銘柄の代表格である銀行株の特徴をまとめました。 マイナス金利の影響で経営環境は厳しいものがありますが、株価の見通しはどのようなものでしょうか? 化粧品株の今後の見通しについてまとめました。 インバウンド需要、アンチエイジング、男性化粧品など、化粧品は国内事業の伸びが期待できる数少ない分野。 おすすめの銘柄は? アップル、マイクロソフト、アマゾン、グーグル、コカ・コーラ、マクドナルドなど米国には高い成長を続けるグローバル企業が多いです。 米国株への投資を考えている方に向けて、買い方をまとめました。 日本株の通常の取引単位は100株(1単元)。 失敗したときのダメージが大きくなるし、そもそも投資資金が豊富でないと買えません。 少額からリスク控えめに投資したいなら、で1株から少額投資を活用すると良いです。 ネオモバなら 格安な月額定額手数料で1株から何度でも売買できるからです。 ネオモバは2019年4月に営業開始した新興ネット証券。 しかし、ネット証券最大手のSBI証券とCCC(TSUTAYAやTポイントの運営会社)の合弁会社で、 信頼感もあり安心して利用することができます。 詳細は以下をクリック!.

次の

製薬大手・第一三共の「株価」はまだ上がるのか、もう天井なのか…?(マネー現代編集部)

アンリツ 株価 どこまで 上がる

〔photo〕gettyimages 3月29日、日経平均株価は終値ベースで2万1205円をつけた。 前年度末の同終値は2万1454円であり、この1年間で日経平均は約250円下落して終わったわけだ。 この1年、ソフトバンクグループなどは時価総額を大きく伸ばした一方、トヨタ、パナソニックなどは時価総額の減少に歯止めがかけられなかった。 こうした巨大企業の低迷がそのまま日経平均株価の不振に表れているかたちで、新年度入りした日本株の先行き不透明感は増すばかりである。 そんな日本株市場にあって、ズバリ的中率80%を超えるが導き出した「今週の注目銘柄」を紹介しよう。 まず、今週の『Phantom株価予報AIエンジン』がピックアップした大本命銘柄は 第一三共 (4568)である。 第一三共は言わずと知れた国内製薬の大手企業だが、ここへきて株価が急騰していることをご存じだろうか。 財産ネット企業調査部長の藤本誠之氏が言う。 「第一三共はもともと循環器と感染症薬に強みを持っていますが、現在は抗がん剤の開発に注力しています。 そんな同社が開発中の抗がん剤『トラスツズマブ・デルクステカン』について、このほど 英製薬大手のアストラゼネカと提携すると発表。 マーケットはこれをグッドサプライズとして好感視し、3月29日にストップ高となるほど同社の株が盛り上がっています」 第一三共とアストラゼネカの提携内容は、今後の開発費を折半して共同開発するうえ、販売面でも共同販売して収益を折半していくというものだ。 目下、第一三共は2025年までに「がんに強みを持つ先進的グローバル創薬企業」になるとの目標を掲げて、その中期経営計画を実行している真っ最中。 一方、同社はこれまでにがん治療薬での経験がほとんどない中で事業を立ち上げてきたため、がん領域に強いグローバル企業であるアストラゼネカとの提携が 力強い追い風になることは間違いない。 実際、今回の提携内容の詳細を見ると両社の「本気度」がうかがえる。 前出・藤本氏が言う。 「今回の契約では、まず第一三共がアストラゼネカから 契約一時金として13. 5億ドルを受け取れるかたちとなっています。 さらに、開発を進めていく中で対象疾患が拡大したり、販売の進捗に応じて追加の報奨金を受ける契約となっており、第一三共としては 最大で約69億(約7590億円)という巨額を受け取れる内容になっているんです」.

次の

5Gのアンリツ、20年3月期、減益見通しに市場戸惑い :日本経済新聞

アンリツ 株価 どこまで 上がる

2015年中盤の二段上げ天井、それによる下落を的中させた後、2016年相場については、日経225では外してしまいましたが、マザーズ指数が「日経225はもう昨年6月高値を抜けないと予想されるため、日本株に全面買い指示は出さないが、個別材料株は事実上全面買いだ」と指摘した2月12日の664ポイントを安値にドンピシャのタイミングで急反騰。 2013年5月に付けたアベノミクス始まって以来の高値を更新。 日経225の敵を討ってくれた格好となりました。 そして、マザーズ指数の5月12日高値1229ポイントでダブルトップの大天井形成も的中。 そして、2017年全体相場予測は『2月前後を高値に下落。 5月前後を大底に急反騰。 7月前後を天井に9月前後にかけ下落。 10月前後にかけ上昇。 12月前後にかけ下落』でした。 「7月前後を天井」の部分について日経225が年初来高値を更新したため「天井」は外れましたが、上下のトレンドは的中。 「2月前後を高値に下落。 5月前後を大底に急反騰。 」に続き「9月前後にかけ下落。 10月前後にかけ上昇。 」も同じく的中。 また、2016年に予想していたアベノミクスの3段上げが米大統領選挙により1年遅れ2017年に実現した格好となり、2012年からお伝えしてきたアベノミクス3段上げによる『日経225の目標値2万2666円』が現実の物となりました。 続いて2018年全体相場の予測は『2月前後にかけ下落。 3月前後から上昇。 6月前後から下落。 9月前後から上昇。 10月前後から下落。 11月前後から上昇』でしたが、こちらは見事、すべての予想が的中となりました。 そして今年、2019年の全体相場の予測は『2月前後から下落。 3月前後から上昇。 4月前後から下落。 6月前後に底打ち反転。 年末まで上昇継続』。 しかも今年は、6月にかけての下げ幅次第では、1999年1月、2003年4月、2012年11月に続き、相場人生4回目となる日本株全面買い指示を出す可能性も…。 いずれにせよ、私、前池英樹は… 勿論、相場の世界に絶対はありませんので、 今後もこの未来予測が的中するとは限りませんが、 20年以上を費やし積み上げてきた相場のノウハウを基に、 「アベノミクス」と呼ばれるようになったこの日本株急騰の一段上げでは バイオ関連と ゲーム関連を中心に、二段上げでは 格安スマホ関連、 自動走行関連などで「5倍高」を超える大化け銘柄が飛び出しました。 また、 サイバーセキュリティ関連、 マイナンバー関連、 インバウンド関連の急騰も裾野を広げました。 2016年の相場では、 人工知能 AI 関連、 インバウンド関連、 バイオ関連、 ゲーム関連、 有機EL関連、 フィンテック・ブロックチェーン関連等が市場を賑わせました。 2017年の主役は 半導体関連の[6254]野村マイクロ・サイエンス、 水素エネルギー関連で[3441]山王、大相場を演じた バイオ関連の[2160]ジーエヌアイグループ等。 そして年後半からは自動車の急速なEV化の波から、 電池関連、 EV関連等の銘柄も相場を形成しました。 そして2018年に入り、 仮想通貨関連の筆頭格として[3808]オウケイウェイブがテンバガー(10倍高)を達成。 他に 仮想通貨関連としては、[2338]ファステップス、[3825]リミックスポイント、[4764]SAMURAI&JPARTERS、等の銘柄が相場に。 その他、 セキュリティ関連で[3356]テリロジー、[2467]バルク、[3054]ハイパー。 AI関連では、トヨタ自動車との資本業務提携を発表した[3906]ALBERTが大相場になったのも、記憶に新しいところ。 このように、アベノミクス以降の相場では 「テーマ関連株」が急騰銘柄の一つのキーワードとなっており、今後の相場でもこの動向は継続していくことが予想されます。 2 期間契約 150,000円~ 弊社、契約締結前交付書面に記載の「<E>髙山緑星の未来予測銘柄会員」に従い、契約期間中、プランごとの当社が推奨する情報をメール等の電子媒体等の方法により提供します。 3 勝ち株ホットLINE 月額39,800円 弊社、契約締結前交付書面に記載の「<G>髙山緑星の【勝ち株ホットLINE】」に従い、契約期間中、主に短期で利ザヤ抜きが確保できるとみる、デイトレ~スイング目線の銘柄をメール等の電子媒体等の方法により提供します。 4 その他の複数プラン 弊社、契約締結前交付書面に記載の<A><B><C><D><F>に関しましては、現在当サイトにおいては募集しておりません。 【ご利用のお客様へ】 国内上場有価証券等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があります。 信用取引を行う場合は、信用取引の額が当該取引等についてお客様の差入れた委託保証金または証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます)を上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格または指標等の変動により損失の額がお客様の差入れた委託保証金等の額を上回るおそれ(元本超過損リスク)があります。 手数料等およびリスク等については、当該商品等のをよくお読みください。 投資顧問契約にあたっては「金融商品取引法第37条の3」の規定に基づき、ご負担頂く助言報酬(以下「情報提供料金」)や、助言の内容および方法(以下「提供サービス内容」)、リスクや留意点を記載した「」を予めお読み頂き、内容をご理解の上ご契約をお願いしております。 ご契約に関する事前の注意事項、情報提供料金、提供サービス内容に関しましては、各商品の詳細ページにて事前にご確認頂き、内容をご理解の上お取引下さい。 なお、登録自体は無料で行うことができ、登録と同時に料金が発生することは一切ありません。 詳細は以下1〜5とします。 顧客が電磁的方法による交付を利用できる書面は、金融商品取引法その他の関係法令により電子的交付等が認められている書面を含む次に掲げる書面とします。 ・契約締結前交付書面 ・投資顧問契約書 契約締結時に交付する書面兼用 ・契約変更書面 2. 電磁的方法による交付とは、契約締結前、契約締結時等に顧客にお渡しする「契約締結前交付書面」及び「投資顧問契約書 契約締結時に交付する書面兼用 」等を、当社ホームーページ上または電子メールにより送付する方法(金融商品取引業等に関する内閣府令第56条第1項第1号イ、ロ、ハ、ニの各方法)とします。 なお、上記に記載の通り、電磁的記録を利用する方法としてPDF形式にて交付を行なうものとし、顧客には予めアドビシステムズ社より配布されているPDFファイルを閲覧確認出来る「Acrobat Reader」を使用する事、以下 a 〜 c 同意して頂くものとします。 a 電磁的方法による交付を受けるため、閲覧ファイルを閲覧できる環境であること。 b 閲覧ファイルを出力し、書面の作成(プリンタ等にて印刷が可能であること)及び保存が可能であること。 c 電磁的方法による交付を受けるに際し利用する電子計算機が、当社が必要と定める環境(OS、閲覧用アプリケーションのインストール等)に合致していること。 また、当社は電磁的方法による交付をした書面に関して、交付時から起算して当社設備内に保存するものとし、随時確認が可能な状態にするものとします。 免責事項 当社は次の事由 a 〜 d により顧客及び第三者に生じた損害について、その責めを負わないものとします。 a 何かしらの事由により電磁的交付のサービスの全て又は一部の提供が不可能となった場合 b 顧客の会員ID及びパスワード等を顧客自身が入力したか否かに関わらず、予め当社に届け出られている認識番号と一致することを当社が確認して本人認証が行われた電磁的方法による交付の利用により生じた障害 c 通信回線、通信機器及びコンピューターシステム機器の障害による情報伝達の遅延、不能、誤作動等、又は受領した情報の誤謬、停滞、省略及び中断並びにシステム障害等 d ファイルの保存、実行、削除、印刷等、顧客の使用に係る電子計算機に生じたあらゆる不具合等 4. 法令の変更、監督官庁の指示等により、当社は書面の電磁的方法による交付等に代えて、既に電子交付等をした書面を含め、郵送等による交付等を行う場合があります。 顧客は当該方法により各種書面を交付することを、同意したものとみなします。 【金融商品取引法第37条に基づく表示】 商号:株式会社 新生ジャパン投資(金融商品取引業者) 住所:東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目26番2号 業務内容:投資助言・代理業 登録番号:関東財務局長(金商)第796号 加入協会:一般社団法人日本投資顧問業協会 第012-02541号、特定非営利活動法人証券・金融商品あっせん相談センター FINMAC.

次の