口臭 治す 簡単。 男の口臭|4つの原因と自分で出来る改善&予防法

男の口臭|4つの原因と自分で出来る改善&予防法

口臭 治す 簡単

気になる口臭の原因 口臭には、「生理的口臭」、「病的口臭」、「飲食物などによる口臭」、「心理的口臭」に分けられます。 その違いと原因について説明します。 1.生理的口臭 生理的口臭は、寝起きや空腹時、緊張している時、ストレスが溜まっている時など、ホルモンバランスが崩れた時などに出る、すぐに消える口臭のことです。 誰にでもある口臭なので特に治療は必要ありません。 口の中の唾液の量が減ってしまうことが原因としてあります。 2.病的口臭 病的口臭は、生理的口臭などの誰にでも起こる口臭ではなく、病気の症状として発生する口臭のことをいいます。 虫歯や歯周病や口内炎、下の汚れなどから発生するものと、鼻疾患や胃腸疾患、糖尿病などの病気によるものがあります。 病的口臭は、口臭の元となる病気を治すことができれば改善できます。 3 .飲食物・タバコなどによる口臭 ニンニクや玉ねぎ、アルコールやタバコ等の摂取による口臭のことです。 これは時間が経てば消える口臭ですが、身近な人からすればとても不快感なものです。 4.心理的口臭 実際には口臭がしていないのに、自分自身で強い臭いがあると思い込んでしまう人がいます。 これは、ストレスやトラウマがきっかけとなっているようです。 口臭予防ケア 口臭予防の方法としては、口の中を清潔に保つことが大切です。 毎日のセルフケアだけでなく、歯科医師などの専門家による指導も大切です。 下記では、私生活で改善できる口臭予防対策をご紹介します。 よく噛んで食事をする 柔らかいものばかり食べていると、口の周りの筋力が衰えて唾液の分泌が減少してしまいます。 ひと口30回程度を目安によく噛んで食べることを意識してみましょう。 歯みがきやうがいをこまめに行う 歯みがきやうがいは、口の中を刺激し唾液分泌を促すので唾液腺の活動を活発にします。 一番手軽な唾液分泌に有効な方法です。 すっぱいものを想像する 梅干しを見るとすっぱい感覚が起こり、勝手に唾液が出るかと思います。 この性質を唾液が減りやすいときなどに利用します。 簡単に唾液が出るので効果的です。 空腹になるのを避ける 空腹になると、ねばねばした唾液が増え口臭がひどくなります。 なるべく1日3食しっかり摂り、空腹になる時間をあまり作らないようにしましょう。 また、良く噛んで唾液をたっぷり出せばその日の口臭を予防することができます。 もし食事が摂れない場合は、水を飲みましょう。 水を飲む習慣は口臭予防には大切です。 唾液腺をマッサージする 左右の頬を指で上下に数回こすったり、舌を左右に動かすだけでマッサージ効果があり、唾液腺が刺激されて唾液が多くでるようになります。 舌の汚れの掃除 なんと、口臭の約60%が舌の汚れが原因なのです。 舌に細菌や食べカス、粘膜のカスが付着することで口臭がきつくなります。 そのため、舌の掃除は毎日することをオススメします。 歯ブラシで舌をこする方法でも良いですが、舌掃除専用のクリーナーのほうが効果的に除去することができます。 専門家による指導や治療 病的な口臭は、歯周病や虫歯などが原因となっている場合があります。 口臭が気になったら歯科医院などで見てもらいましょう。 定期的に歯科医院に通うことで清潔に保つことができますし、正しい治療方法や清掃方法について指導を受けることができます。 口臭を予防できる5つの食べ物&飲み物 1.ビタミンC ビタミンCには口臭を予防する力があるため、とても効果的な食べ物といえます。 ニンニクや玉ねぎなどの臭いがきつい食べ物を食べたときには、 数時間後にビタミンCが豊富に含まれている食材を食べると良いです。 ビタミンCが多く含まれている食材・・・キャベツ、ピーマン、トマト、カボチャ、ゆず、オレンジ、リンゴ、レモン、キウイなど 2.緑茶、紅茶、ウーロン茶 これらの飲み物には、口臭予防の効果がある成分のカテキンが含まれています。 他にも、抗酸化作用や強い殺菌力、虫歯菌の繁殖を抑える効果もあります。 3.ヨーグルト ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、口のなかの細菌を繁殖させないようにする働きがあります。 ヨーグルトを食べるだけでも良いのですが、ヨーグルトを歯ブラシに付けて歯を磨くとより効果的なのです。 少し抵抗があるかもしれませんが、普通に歯磨きをしても消えなかった口臭が消え、歯茎もキレイになるのでオススメです。 4.ハーブ ミントやバジル、クレソンなどのハーブ類には消臭効果や抗菌作用があります。 さらに栄養価も高く、美容に良い食物繊維やビタミンA、B、Cが含まれているため、血液をサラサラにしてくれる成分も含まれているので体の中からキレイにしてくれます。 また、肉料理などの油による胃の荒れも予防してくれるので、口臭予防に良いでしょう。 5.海藻類 昆布やめかぶなどの海藻全般に多く含まれるアルギン酸という成分が唾液の分泌量を促進し、口の中の最近を減らす効果があります。 また、海藻類には生活習慣病予防にも効くといわれています。 口臭を予防するための3つの生活習慣 1.しっかりと睡眠をとる 睡眠不足の場合、自律神経のバランスが崩れてしまいます。 また、口呼吸の場合は口の中が乾燥しやすく口臭の原因に繋がるため、十分な睡眠をとることが大切です。 2.ストレスを溜めない ストレスを溜めすぎると、口の中の唾液の量が減ってしまい口臭に繋がるので、ストレス発散できる趣味を持つことや、リラックスをする時間を作ることが大切です。 3.1日3食を心掛ける 1日3食、規則正しく食事をすることが口臭予防には大切です。 暴飲暴食をすると、胃や腸の機能が低下してしまい、唾液の分泌が抑制されてしまうので口臭が強くなってしまうためやめましょう。 ゆっくりと良く噛んで食べることを心掛けましょう。 自分自身の口臭の原因はわかりましたか? 大切な人間関係を壊してしまわないためにも、この対策を試して気になる口臭を改善しましょう。 2018年4月24日• 2018年4月6日• 2018年4月2日• 2018年4月2日• 2018年3月30日• 2018年3月30日• 2018年3月8日• 2018年2月24日• 2018年1月29日• 2017年12月25日• 2017年11月9日• 2017年11月8日• 2016年12月6日• 2016年7月16日• 2016年5月20日• 2015年6月17日• 2015年5月22日• 2015年4月9日• 2015年3月19日• 2015年3月6日• 2015年2月20日• 2015年1月20日• 2014年12月26日• 2014年11月21日• 2014年11月14日• 2014年11月7日• 2014年10月27日• 2014年10月24日• 2014年10月16日• 2014年10月14日• 2014年10月10日• 2014年10月6日• 2014年10月1日• 2014年9月27日• 2014年9月24日• 2014年9月19日• 2014年9月16日• 2014年9月12日• 2014年9月10日• 2014年9月8日.

次の

口臭は舌・喉に溜まった食べカスが原因!「水でうがい」だけで防げる理由とは

口臭 治す 簡単

誰でも気になる口のイヤなニオイ。 じつは、口臭のレベルは時間帯によって変化しています。 なかでも一番臭いのが朝の起床時。 なぜかというと、寝ているときに口内細菌が増殖してしまうためです。 日中は、食事をすることで唾液が出るので、口の中の細菌は洗い流されます。 また、歯みがきをすれば、さらに細菌はいなくなります。 その後、細菌は増えていくものの、食事をとったり歯をみがいたりすることで、口臭は少なくなっていきます。 口臭が強くないのに口臭を気にしすぎる人もいますが、一方で、口臭の検査と治療を行う口臭外来を受診する人の60%以上は実際に口臭があります。 口と鼻はつながっているため、鼻は常ににおいにさらされているため、慣れが生じて実際に口臭があるのに自分では気づかない場合もあるのです。 口臭が気になる人は、歯科医に相談することをおすすめします。 口臭の原因は、大きく分けて2つあります。 1つめは、内臓など体に原因がある場合で、消化不良、肝機能低下、糖尿病などが考えられます。 消化不良の場合は、食べたものが胃や腸で停滞し、異常発酵することで腐ったような臭いの口臭が発生するのが特徴です。 肝機能低下では、毒素が分解されないためにアンモニア臭がし、糖尿病では、アセトン臭という甘酸っぱい臭いが特徴的です。 内臓など体に原因がある場合は、歯科医ではなく内科医の受診がおすすめです。 2つめは、口の中に原因がある場合で、 「舌苔(ぜったい)」という舌の汚れや、歯の汚れ(プラーク)、虫歯、歯周病などが考えられます。 「舌苔」とは、舌の表面に溜まった細菌の塊のことで、なかなかとれません。 舌の表面は、舌乳頭という凸凹の組織で覆われていて、ここに口や舌の表面からはがれた古い細胞や食べものが溜まると、それを栄養源とする細菌がどんどん増殖していきます。 そうして細菌が臭いを出しながら、しかもネバネバとした物質を出し、ますますとれにくくなってしまうのです。 口臭の治療は、まず原因を特定することが第一です。 歯周病が原因であれば、歯科医院で治療を受けながら、歯磨きをしっかり行って汚れを除去します。 歯間ブラシやデンタルフロスを使うと、より効果的です。 唾液の減少が原因の場合は、 しっかり噛んで食事をするように心がけましょう。 また、耳やあごの下あたりを優しくなでたり、ガムを噛んだりすることで、唾液の分泌をよくすることができます。 ガムには、一時的に口臭を抑える効果も期待できます。 口の中が乾燥すると口臭が出やすいので、鼻呼吸を心がけることも大切。 また、こまめに水分をとるようにすれば、口の中が潤うため、細菌が繁殖しにくくなります。 舌苔の除去も大切です。 1日1回舌ブラシを使ってケアを行いましょう。 鏡で見ながら、ブラシで汚れをこすり取ります。 舌苔は舌の奥に多くあるので、念入りに奥を掃除します。 このとき息を止めると、吐き気を抑えることができます。 口臭が一番強いのは朝なので、朝食をとる前にケアするのが効果的です。

次の

自分の口の臭いが不安…

口臭 治す 簡単

口臭の元といえば、真っ先に思い浮かべるのはニンニクなどの臭いの強い食べ物だろう。 ただ、そのような料理を食べて臭うのは一過性のもの。 慢性的な口臭は、毎日の歯磨きによるオーラルケアはもちろんのことだが、食生活そのものを見直すことによって改善される。 意識して摂りたいのが噛み応えのある食べ物。 例えば、サラダなどの生野菜。 しっかりとした歯応えが歯垢などを削ぎ落してくれる。 さらに、食物繊維は便通を促し体内をあがってくる悪臭の元を排出する働きがある。 一方、柔らかい食べ物ばかり食べているとニオイを中和する唾液の分泌が少なくなり、骨格にも影響する。 歯並びが悪くなり歯垢もたまりやすい。 柔らかい食べ物を摂るときも、よく噛むことを意識しよう。 大切なのはたくさん噛んで唾液の分泌を促すことだ。 起床時は、いつも以上に口臭が…と感じている人も多いだろう。 それは、口腔内の「乾燥」が原因。 通常、口の中は唾液で潤っているが、起床時や緊張している時は唾液の分泌量が低下する。 口腔内を殺菌する作用がある唾液の分泌量が減少することで、ニオイを放つ菌やバクテリアなどが繁殖し口臭を発してしまうという仕組みだ。 こういう時は、菌を寄り付かせないよう意識的に水分を補給する。 「意識的」というのは、食事や生理的欲求以外のタイミングで飲むこと。 こまめな水分補給が唾液の分泌を促し乾燥を未然に防いでくれる。 口腔内が乾燥する時間帯は人それぞれ。 バッグやデスク上に、ペットボトルの水やお茶などを常備し、ニオイの原因を断ち切ろう。 きっちりと時間をかけて1本1本丁寧に歯を磨くのは当然だが、見落としがちなのが舌。 鏡で自分の舌を見てみよう。 舌全体に白い汚れがついている人はNGサイン。 これは「舌苔(ぜったい)」と呼ばれ、食べ残しや粘膜が剥がれ落ちたカス。 口臭の少ない人にでも必ずあるものだが、過剰な舌苔は口臭の原因になる。 これを除去することも口臭予防につながる。 とはいえ、毎日のこととなると長時間の歯磨きも難しく、舌のケアまでは時間がない…という方は、「舌クリーニング」機能を搭載した電動歯ブラシを試してみてはどうか。 手で磨くより効率的に歯垢を取り除いてくれる。 スタイリッシュなデザインのものだとインテリアの雰囲気も損なわない。 口臭を予防する食生活やアイテムを取り入れて、「口臭ゼロ」の清潔感のある男性を目指そう。

次の