セブン ルール おにぎり。 12月17日(火)

【セブンルール】人気おにぎり店「ぼんご」店主2代目右近由美子とは?

セブン ルール おにぎり

食べ歩きに最適。 握りたての温かいおにぎりはやっぱり旨い! — さとき stkisr 美味しそうですね! そんなおにぎりのメニューの定番(梅・鮭の他・卵黄のしょうゆ漬け・マグロ角煮)といった美味しそうな具材が、なんと56種類もあるんです! ぼんごのメニュー一覧 これは、食べたくなりますね! Sponsored Link ぼんごおにぎり専門店がセブンルールに登場!=店主紹介! 59年間営業を続けているおにぎり専門店【ぼんご】現在2代目となる店主を紹介します。 【ぼんご】店主 おにぎり、本当に美味しかった。 大塚にあるおにぎり専門店「ぼんご」。 女将がぼんごに出会った経緯、毎日休まずに握り続けてきた理由、あれこれ聞いてきました。 女将さんの温かな人柄にふれて、取材中に涙が出そうでした。 毎日行列のできる人気店ですが、理由はおにぎりの美味しさだけではありません。 東京の食事が当時は馴染めなく、米が特に口に合わなく偶然入った、おにぎり専門店【ぼんご】の店長と知り合いました。 なんと27歳年上の店長と結婚した由美子さんは、連日行列ができるおにぎり専門店の【ぼんご】を二人で切り盛りすることにまりました。 由美子さん自分の職業は周囲に隠していたそうです。 その訳は、おにぎり屋はカッコ悪い職業だと思い込み恥ずかしい事だと感じていました。 連日行列ができるおにぎり屋に変えた心境とは 右近さんは、7年前旦那さんを亡くし、 右近さん自身意識を変え 【ぼんご】をもっと魅力あるお店にしたいと、意識がかわりました。 右近さんの心境は、番組の中で明かされます。 ぼんごおにぎり専門店がセブンルールに登場!=7のルールとは? おにぎりを握りたて提供している、【ぼんご】そのこだわりこそ、7つのルールの1つかもしれませんね。 シンプルなおにぎりだけにこだわりがある、右近 由美子さんが作るおにぎりが人を感動と魅力を引き寄せる秘密と、彼女のセブンルールは何か? ルール 1 作り置きしない ルール 2 おにぎりは三手以内で握る.

次の

右近由美子(おにぎり)の年収やWiki経歴や年齢は?お店ぼんごの場所やおすすめメニューや口コミ評判は?【セブンルール】

セブン ルール おにぎり

名前 : 右近由美子 うこんゆみこ 生年月日:1952年6月23日 年齢 :67歳 2019年現在 出身地 :新潟県 現住所 :東京都 趣味 :和太鼓 創業58年の老舗で、 おにぎりの具も種類豊富で全部で55種類のおにぎりがある、東京都豊島区で有名なおにぎり専門店『ぼんご』の 店主が右近由美子 うこんゆみこ さんという方です。 右近由美子さんは1952年6月23日に新潟県で生まれて、2019年現在で67歳になります。 右近由美子さんが現在は東京都に住んでいます。 お昼から夜までおにぎりを握っているという右近由美子さんのエネルギー量は、67歳とは思えないほど半端ないですね! 今まで握ったおにぎりの数は600万個以上にもなるそうです。 おにぎり・ぼんごの歴史 元々ドラマーだったおにぎりぼんごの 先代・右近佑 たすく さんはは昭和35年に大塚駅前で「おにぎりぼんご」を開業しました。 大塚駅前の再開発に伴い2000年に現在の金田ビルに移転します。 店名「ぼんご」の由来はパーカッションのボンゴから来たもので、 音が遠くまで響くように店名も遠くまで響き渡りお客様に来ていただきたいという想いで、先代・右近佑さんが命名しました。 先代・右近佑さんの後を継いで 「ぼんご」の2代目として右近由美子が経営をします。 右近由美子 おにぎりぼんご の年収は? 1日におにぎりを1,000個以上売っている毎日行列の絶えないおにぎりぼんごですが、右近由美子 おにぎりぼんご さんは私服でもクロムハーツをつけていることから、「年収をかなり貰っているのでは?」と思い、年収はいくらなのか調べてみました。 調べて結果、右近由美子さんの年収については詳しくは出てきませんでしたが、 資金調達マニュアルに飲食店経営者の年収について記載してあったことと、実際に おにぎりぼんごが年に売上がどのくらいあるのかを過程ですが考えて、推測ですが私なりの結果を考えて見ました。 まずは、資金調達マニュアルに飲食店経営者の年収について記載してあったものです。 「日経レストランONLINE」の発表によると、飲食店経営者の平均年収は627万円となっております。 2017年における全国の平均世帯年収は545万8000円ですので、飲食店経営者の年収は全国の平均よりは高くなっております。 とあります。 このことを考えると、お店が大繁盛のぼんごの店主である右近由美子は、 最低でも627万以上の年収を貰っていることがわかりますね。 そして、おにぎりぼんごが年に売上がどのくらいあるのかを過程ですが考えてみました。 おにぎりぼんごの公式サイトをで調べると、一番安いおにぎりでも「260円」と考えて、1日に1,000個以上売れるものと考えます。 凄いですね! おにぎりぼんごは毎週日曜日が休みなので、週4回は月に休みがあると考えると1ヶ月に24日以上はお店を営業していることが考えられます。 かなり儲かってますよね! 笑 右近由美子 おにぎりぼんご の高校は? 右近由美子さんの高校について調べてみた結果、ネットなどには右近由美子さんの高校についての情報は載っていませんでしたが、右近由美子は新潟県出身ということもあって、 新潟県の高校に通っていたのではないか?と考えられます。 右近由美子 おにぎりぼんご の経歴は? 右近由美子さんの経歴について調べました。 右近由美子さんは高校を卒業後には、新潟県内の燃料会社に就職しました。 右近由美子は燃料会社を退社したのちに、上京して上野にある喫茶店の店員として働いていました。 その当時の友人とおにぎりぼんごにお客さんとしておにぎりを食べに行き、 ぼんごの先代である「右近佑」さんとの出会いが右近由美子さんの人生を大きく変えました。 ぼんごのおにぎりの美味しさに感動をして、 右近由美子さんはおにぎりぼんごお常連になったそうです。 右近由美子さんが常連になっていくうちに、右近由美子さんと先代・右近佑さんは親しくなり、右近由美子さんが 24歳の時に先代・右近佑さんに猛アタックを受けて結婚したそうです。 なんと 二人の歳の差は27歳差もあったそうです。 と考えると、旦那さんの右近佑さんは当時51歳だったということですね。 結婚後はお店の皿洗いからはじめましたが、後におにぎり作りも手伝うことになりました。 最初は旦那さんの右近佑さんと同じ食材を同じように握っても全然味が違ったと言います。 右近由美子さんが納得いく味のおにぎりを握れるようになったのも、10年ほどかかったと言います。 おにぎりって思ったとりも奥が深いですね…。 旦那さんの右近佑さんが病気で倒れた時には、右近由美子さんは旦那さんの右近佑さんを介護しながら10年間も一回も休むことなく営業しました。 そして旦那さんの右近佑さんが亡くなったお葬式の日にもお店を開いて営業していたそうです。 旦那さんの右近佑さんが亡くなって辛いはずなのに、それでも仕事をする右近由美子さんのメンタルは本当に尊敬できます。 先代・右近佑さんの後を継いで 「ぼんご」の2代目として右近由美子が経営をし、具材の味付け調理全般を担当し、お客様にご満足いただけるおにぎりを日夜研究しました。 また先代より引き継いだ握り方を従業員に伝え「ぼんご」の品質・味を維持したおかげで、現在は 1日におにぎりを1,000個以上売れる大繁盛のお店と成長しました。 右近由美子 おにぎりぼんご の旦那や子供はいるのか? 右近由美子さんの旦那についてですが、 ぼんごの先代である「右近佑 たすく 」さんです。 右近佑さんは右近由美子さんとは27歳も離れており、右近由美子さんがお店の常連の時に出会い結婚しました。 右近佑は7年前に病で亡くなられており、現在は右近由美子さが2代目としてぼんごを継いでいます。 右近由美子さんの子供については色々と調べた結果、今のところ情報はなかったですが、セブンルールが放送された時にでるかもしれないので、新しく情報が入り次第更新していきます。 右近由美子 おにぎりぼんご 【セブンルール】まとめ いかがでしかか? 右近由美子さんが元々常連さんだったのがきっかけで、先代・右近佑と結婚したことにはびっくりしました。 旦那さんが亡くなられて、自分がお店を引き継ぐことになって大変だったと思いますが、1日1,000個以上のおにぎりが売れるくらい繁盛して、旦那からお店を引き継いだ右近由美子さんは、67歳の今でも現場でおにぎりを握ってると聞くと、若い私も負けられないなと思いました。 右近由美子さんの年収についても、もし1,000万円以上の年収があるのであればかなりのやり手の方ですね! 高校や子供については情報があらずわかりませんでしたが、情報が入り次第更新していきます。 右近由美子さんの健康とおにぎりぼんごの繁盛をお祈りしておます!.

次の

【セブンルール】人気おにぎり店「ぼんご」店主2代目右近由美子とは?

セブン ルール おにぎり

大手チェーンの中でも毎年のように改良を繰り返して断トツのクオリティを誇っているのがセブン-イレブンだが、今年も精米方法や海苔の包装フィルムを見直すなど、全面的なリニューアルを実施した。 なぜ、セブン-イレブンはここまでおにぎりにこだわるのか。 経済ジャーナリストの河野圭祐氏がレポートする。 これはセブン-イレブン・ジャパン(以下SEJ)の自社電子マネー、nanacoの集計データの結果だという。 それだけに、手巻きおにぎりのリニューアル発表会も力が入っていた。 発表会場は老舗料理屋の「つきじ治作」(同・中央区明石町)で、会場となった2階の広間へ行く途中、中庭に広がる池には優雅に鯉が泳いでいる。 手軽で身近な商品であるおにぎりの新作発表の場としては、やや演出過剰の感もなくはなかったが、SEJの園田康清・米飯・麺類シニアマーチャンダイザーはこう話した。 「最初に発表場所を聞いた時は私も驚いたが、これまで42年間、当社はおにぎりの品質を磨き続け、かつ品質を守り抜いてきたという自負があり、より新作おにぎりの価値をお伝えできると考えてこの会場を選定しました」 1974年に1号店がオープンしたセブン-イレブンでは、1977年におでんが登場、翌1978年におにぎりを発売しており、この2つは同社の看板商品で双璧。 ただ、おにぎりで言えば発売40周年の一昨年が節目の年だ。 同年にも厳選米おにぎりを発売してはいるが、今回は、なぜこのタイミングでおにぎりの刷新だったのか。 「例年、気温が上昇してくるこの時期からおにぎりの販売も、より上がってくるので、さらに美味しいものをお届けしたいということでこのタイミングになりました」(前出・園田氏) セブン-イレブンの加盟店に端を発したコンビニ業界の24時間営業問題からちょうど1年。 SEJはその後もスマホ決済での失態等、後ろ向きの話題が目立った1年でもあったから、看板商品のリニューアルで一度、重い空気を払拭したいという思いもあったかもしれない。 2014年以降、消費者の支出額は米よりパンのほうが大きい状況が続く中、SEJでは米飯類(弁当、おにぎり、寿司など)の売り上げがパン類の1. 5倍あるという。 その米飯類で中核を占めるのがおにぎりで、「セブン-イレブンの、いわば生命線になる商品という認識」(園田氏)だけに、これまでも改良に次ぐ改良を重ねてきた。 今回のリニューアルのポイントは、包装フィルムの仕様を5年ぶりに刷新し、密閉度を高めた新パッケージを採用したことが1つ。 もう1つが精米法も14年ぶりに変更し、低温精米を採用したことで、米への負荷をより減らして本来の旨味を向上させたという。 海苔のパリパリ感も一層増し、焼成法は昨年、特許を取得したそうだ。 SEJが今回発表したリニューアルおにぎり5品(鮭、ツナマヨ、辛子明太子、梅肉、昆布)のうち、鮭やツナマヨは販売数で1位、2位を占めるボリューム商品。 ちなみに鮭、ツナマヨのおにぎりは訪日外国人の間でも人気らしい。 こうした点はファミリーマートやローソンのおにぎりでも同様の傾向があるが、ローソンの場合、親会社である三菱商事が2014年秋、1460億円を投じて、ノルウェーのサケ養殖大手のセルマックを完全子会社化したことから、太い調達ルートができたことも大きい。 実際、ローソンのおにぎりで売れ筋の上位はツナマヨ、焼鮭ほぐし、それにプレミアムの金しゃりおにぎり焼きさけハラミがベスト3で、鮭商品が2品入っている。 定番のおにぎり以外では、ローソンでヒットした「悪魔のおにぎり」などもある。 これは以前、南極地域観測隊が夜食として食べていたおにぎりをテレビが紹介して以降、SNSなどで話題となり、それをヒントにローソンが独自開発したものだ。 2018年10月から発売して定番商品となり、「一時は、不動の販売数1位だったシーチキンマヨネーズの販売を超えていたこともある」(同社幹部)という。 ローソンは最近も「お茶づけ海苔味おにぎり」や「あさげ味おにぎり」などを販売、ナチュラルローソンで2012年から売り出した、もち麦入りおにぎりは現在、青い看板のレギュラーローソンでも販売するヒット商品になっている。 一方、ファミリーマートは、帝人が開発したスーパー大麦を使用したおにぎりが話題になった。 対するセブン-イレブンでは、チャーハンやオムライスのおにぎり版といった変化球商品もラインナップに加えているものの、園田氏は次のように話している。 「おにぎりは毎日食べる方もいて、鮭やツナマヨなどの商品が基本メニューであることは普遍。 面白味や新しさの打ち出しも、健康米を中心に検討していきますが、どこに注力するかはコンビニチェーンごとに少し違うでしょう。 当社では、毎日買っていただけるボリュームゾーンの優先度を高めています。 最近は、セブン-イレブンでもたとえば牛肉を使ったおにぎりも結構、売れるようになってきていますが、あまり奇をてらわず、定番商品中心なのは変わりません。 また、ベーシックなおにぎりは、40代から60代の比較的年代の高いお客様に売れる傾向があって、そうした年代の方は食べる量が減っている中で、お弁当より相対的におにぎりを選ばれているのではないかと。 おでんなら、かき入れ時は冬場という季節的なトレンドがありますが、おにぎりは年間を通して相当な数の販売をしているので、いずれにしろ、飛びぬけて重要なカテゴリーなのです」 2018年度のおにぎり販売数22億7000万個という数字を聞けば、セブン-イレブンがいかにおにぎりに注力しているかが分かるだろう。 ちなみに、自前のおにぎり専用工場はローソンで約40か所、SEJは倍の約80か所をそれぞれ擁し、その差も大きい。 「パン類は日持ちがするので、おにぎりに比べて廃棄ロスが少ない商材です。 一方、自社工場で完結できるおにぎりに対し、パン類はプライベートブランド商品であっても、ある程度はパンメーカーさんの協力が必要になってくる。 つまり、パン類よりもおにぎりのほうが総じて利益率は高いのです」 こう語るのはファミリーマートの幹部だが、同社では、パン類はおにぎりや弁当以上の売り上げがあり、大手パンメーカーを巻き込んで昨年、今年と「うまいパン決定戦」といったイベントも開催するなど、最近はパンに注力しているイメージが強い。 ともあれ、より利益率が高いおにぎりは、激しい競争の中で各社拡販を狙い、今後もあの手この手の販促キャンペーンが繰り広げられていくだろう。 再び園田氏が語る。 「販促はいろいろなパターンをテストしていく。 従来のおにぎり100円均一もそうですし、30円引きにしたらどうなのかとか、あるいはドリンクとのセット価格、さらに時間帯によって価格を変えるなど、いろいろなチャレンジを実施し、お客様から一番ご支持いただけることをやっていきます」 昨年7月から、ミニストップが「100円おにぎり」を仕掛けて話題となり、集客面では一定の成果を上げているものの、価格勝負の体力消耗戦ということもあって、同社は3期連続で赤字見通しと業績は厳しい。 「価格を下げないと太刀打ちできないから下げているのかな、というふうに見える部分も正直(ミニストップには)ありますし、われわれの土俵に上がって来られないチェーンは価格訴求の対応になっていくでしょうね。

次の