サニー ゴーン。 サニゴーンとは (サニゴーンとは) [単語記事]

【ソードシールド】サニーゴの種族値、わざ、特性など能力と入手方法【ポケモン剣盾】

サニー ゴーン

図鑑説明 れいが たかまり カラから ときはなたれた。 れいたいで かくの たましいを っている。 たましいを おおう れいたいの からだには ちゅうい。 ふれると いしのように うごけなく なるぞ。 のが成長し、を成し遂げた姿。 美しくも何処か禍々しさを感じさせる貌となった。 でしか出現せず、と対のに納まっている。 見たから分かる通り死んで化してしまったに加え、生態からの、図鑑説明から「Ble ニクル 」と呼ばれる触れた全てをさせるのような現もと思われる。 には「ーンの玉と血液から生まれた」というがあるため、なかなか凝ったである。 ニーゴの頃から殻の中に核が閉じ込められていたらしく、時に殻が崩れることでに動けるようになった。 としての体は滅んでしまったが、新たに霊体の体を手に入れサニゴーンとして生きていく事となる。 そもそものご先祖様なので死んでいるのだが。 ニーゴの重さが0. 5kgであるのに対し、サニゴーンは0. してなくなった殻の分だけ体重が減っている。 身軽になったことが嬉しいのか、ふよふよと彷徨うようすがよく撃されている。 殻がなくなったおかげかより霊体をに扱えるようになった。 では枝を切り離して相手にぶつけたり、枝で相手を締め上げたりと意外な柔軟性を見せてくれる。 のにはサニゴーン達が集まって枝を切り離しへ放つ習性があり、そのは的でと言われている。 とのやのなど諸説あるが、詳しくは解明されていない。 よく見ると霊体には顔のような形のが開いている。 のをかぶっているようである。。 から出すと、殻に核が乗っかった状態から霊体が縦ににゅ~っと。 まるでのように。。 ので前後含めて一にしか生息しておらず、入手しの1匹。 サニゴーン自体が野生では出現せず、前のニーゴが 「の池」がの時に5で現れるだけ。 で狙おうにも、サニゴーンもニーゴも 低で発生する限定である。 更にの個体はサニゴーンのでしか入手できない。 で「ほろびのボディ」と言う専用を持つ。 効果はなんと 「接触する攻撃を受けるとお互いを『状態』にする」というもの。 と異なり「ぼうおん」でも防ぐことは出来ず、接触攻撃ならば必ず発動する。 『触れると石のように動けなくなる』と言う説明の通り、うかつに触れてしまうと3後にはになるので要注意。 することにより霊体で覆われたためか あのと互な特攻に加え特防が大幅に上昇し、優秀なアタッへと生まれ変わった…と思いきや、 と素さは据え置きのまま。 防御に至っては殻がくなったのが原因か 前より下がっていると言う極端な配分になってしまった。 何故か攻撃も上がってしまっているため、やの自傷が致命傷になりかねない。 攻撃と防御が逆ならばどれほど良かっただろうか。 加えてののように一致で撃てる技があると言う訳でもなく、ロプや、などウェだけは豊富にあるがどれも刺さる相手が少なく、頼みの綱のとも相性がいまひとつ。 総じてになかったなと言う悲しい立ち位置に納まることになった。 それでも原種にべれば幾分かはなのだが。 サニゴーンがこんな状態である一方、前のニーゴはのと相性が良くと似たに居るため、「のために生まれた」などと言われている。 サニゴーンは泣いていい。 関連動画 まだありません 関連商品 関連項目•

次の

サニーゴ

サニー ゴーン

技が無効化された場合や、自分が『みがわり』状態の場合は発動しない。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 特性などでランクが下がらない場合は、回復の効果のみ発動する。 すでにランクが最低の場合は失敗する。 『ノーマル』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『あく』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 交代しても効果は続く。 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 『ほのお』タイプには無効。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 また、相手の『こおり』状態を治す。 ダイマックスしている相手には効果がない。 第7世代以降は、連続で使うと必ず失敗する。

次の

サニゴーン

サニー ゴーン

技が無効化された場合や、自分が『みがわり』状態の場合は発動しない。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 特性などでランクが下がらない場合は、回復の効果のみ発動する。 すでにランクが最低の場合は失敗する。 『ノーマル』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『あく』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 交代しても効果は続く。 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 『ほのお』タイプには無効。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 また、相手の『こおり』状態を治す。 ダイマックスしている相手には効果がない。 第7世代以降は、連続で使うと必ず失敗する。

次の