ラインモバイル ビデオ通話 無料。 LINEのビデオ通話で通信料金はどのぐらい?ビデオ電話の通信量を解説

コミュニケーションアプリ LINE(ライン)

ラインモバイル ビデオ通話 無料

皆さんlineの無料通話を利用していますか? 普通の電話だと通話料金がかかってしまいます。 友達と長電話すると、1時間なんてあっという間ですよね。 しかし、このlineの無料通話。 無料という部分があやしくないですか? 答えを先に言うと、 パケットを消費しているんです!!! パケットとは、通信量のこと。 つまり、 通話料金は0円だけど、パケット消費はしているということなんです。 ・・・。 これを本当に無料と言えますか? 携帯で1時間電話すると電話料金もバカになりません。 dokomo、ソフトバンク、auといったキャリアは、電話料金がかかるのに、なんでLINE通話は無料なの? これは、当然の疑問です。 世の中、 無料であることには必ず裏があります。 LINEの無料通話が完璧なら、 どうして全ての携帯で通話料金が0円にならないのでしょうか? 今回はLINEの無料通話の真実にせまります。 スポンサーリンク LINEの無料通話はパケットを消費する Lineの無料通話。 確かにある意味で無料です。 というのも、 Lineの無料通話はパケットを消費するんです。 しかも、電話を受けた側もパケットを消費します。 えっ!?と思いましたか?知らない人は、この時点で驚きですよね。 電話を受けた方もパケットを消費しているんですよ? パケット消費を無料と捉えるかどうか・・・ここは難しいポイントですよ。 パケット消費=無料になるか? 普通の電話の場合、 受けた側は通話料金がかかりません。 おそらく通信に詳しい専門家でない限り、Lineの無料通話と聞けば、お金がかからないと思ってしまうでしょう。 しかしLINE電話は、パケットを消費しているんです。 しかも、電話をかけた側も受けた側も両方にパケット消費が発生します。 よくこれで無料と言ったものです。 今までの音声通話と同じ感覚だと、痛い目を見ることになります。 月額料金に変化はないことから無料通話と言っている たしかにパケットを消費したとしても、定額データ利用なら、支払う金額に変わりはないかもしれません。 ですが、契約するデータ量も細かく規定されていますよね? 1Gか2G、3Gとデータ量によって、月額料金は大きく変わってきます。 2GBで毎月ギリギリで、やりくりしている人は、LINE通話でデータ量を圧迫している可能性もあります。 ほとんどの人がデータ通信に関しては 定額サービス契約していると思います。 定額サービスじゃないと、データ通信料金がとんでもない事になりますからね。 そのため、仮にlineの無料通話でパケットをいくら消費しても、 月額料金に変化はないことから無料通話と言っているわけです。 もしくは 通話料金がかからないという意味での無料通話ということです。 通信速度の制限の罠 確かに定額プランでの契約なので、金額に変更はないです。 しかし、スマートフォンは 月のデータ通信量を使い切ると、通信速度の制限がかかります。 通信速度の制限がかかれば、インターネットでの検索などで、ページの読み込みが遅くなったり、おそらく動画などはまともに見れないでしょう。 その他データ通信を利用するアプリなどでも、通信速度の制限によって、イライラすることも多くなります。 出来れば通信速度が快適な状況で使いたいものですが、知らない内に制限されてしまって使いにくくなっていませんか? Lineの無料通話はお金はかかりませんが、月の利用データ量を無意識に使ってしまっているということなんです。 大きく分けて2つです。 nuro. Wi-fiについてご存知でしょうか?聞いたことあるけど詳しくは説明できないという方のために簡単に説明します。 Wi-fiとは無線lanのことです。 Wi-fiとは、自宅まで有線で伸びてきているインターネット回線を、 自宅内で無線に変化させるもののこと。 無線接続であれば、家の中でどこにいてもインターネットを利用することができます。 Wi-fiはすごく便利ですね。 自宅で契約したインターネットの回線を利用すると、 スマートフォンのデータ通信料を全く使用せずに済みます。 自宅で契約している回線は、本当の意味で定額サービスのはず。 これならデータ通信の限界も消費もなく、本当に無料と言えるでしょう。 ただし、 Wi-fiを利用するには自宅でインターネット回線を契約している必要があります。 自宅にインターネット回線契約していない場合はこの方法は利用できないです。 格安simサービスのlineモバイルをご存知でしょうか? 格安スマホは、キャリアのスマートフォンに比べて月額料金が大幅に下がります。 キャリアのスマートフォンでは、おそらく月額料金が5000円を超えていることでしょう。 格安スマホの場合であれば最安値水準で500円。 約5000円近く安くなる計算です。 そんな格安simサービスの中でも、Lineモバイルがすごいんです。 なぜなら、Lineモバイルの場合、Lineアプリの利用にパケットの消費がかからないからです。 Lineアプリの利用とは、Lineの無料通話に含まれます。 つまり、 本当の意味でlineの無料通話が実現できるわけです。 さらに契約内容によっては、 Lineアプリだけでなく、他のsns(Instagram、Twitter、Facebook)に関してもパケットの消費が全く発生しません。 そして、パケットを消費しなければ、もう言うことはありません。 最高です。 wifiや格安SIMサービスをうまく利用すれば、スマートフォンでのLINEの利用でパケットを消費せずに済みます。 パケット消費に気づかずに利用しているかたが多いと思いますので、ぜひこの方法を取り入れてくださいね。

次の

LINEモバイルの通話料金を徹底解説!|「いつでも電話」と10分かけ放題でお得

ラインモバイル ビデオ通話 無料

データ通信SIMでLINE無料電話を使って節約をしよう LINEアプリはデータ通信のSIMを契約するだけで使うことができる節約の味方です。 LINE無料通話を活用して、どんどん節約しましょう! LINEアプリ、使っていますか? 人気のSNSアプリ「LINE」。 今では若い人だけでなく、中年の人からお年寄りまで幅広く使われているみたいですね。 このLINEアプリにある無料通話機能、使っていますか?メールに代わってLINEアプリがたくさんの人に使われるようになって数年が経ちます。 高校生は写真SNSのインスタグラムに移行しつつあるという話もありますが、未だに多くの人はLINEでコミュニケーションを取っています。 LINEアプリにはトークメッセージの送受信に加え、電話機能やグループトーク機能もあります。 また、あまり重くないデータファイルなら送受信できますので、スマホで撮影した写真やビデオのやり取りもできます。 いろいろと便利なアプリですね。 LINEアプリの無料電話 LINEアプリには通話料金のかからない「LINE無料通話」があります。 スマホは電話回線とインターネット回線を使うようになっています。 本来電話をかけると電話回線を使い、基本的に30秒20円ほどの通話料金が必要になります。 しかし、LINEの無料通話の場合はインターネット回線を使うように作られています。 インターネット回線を使ったLINEの電話機能では通話料完全無料の通話が実現されているのです。 これは、今までにもあったIP電話という技術を生かした機能です。 ただ、通話料はかかりませんが、データ通信を使いますので、データ通信量は消費されます。 また、消費するデータ通信量は増えますが、ビデオ通話もできます。 遠く離れた人と顔を見て会話することもできます。 筆者の場合はパソコンの操作などを聞かれた時、すぐその場に行けない場合はLINEのビデオ通話で操作を指示しながら教えたり、買う物の確認など時間の節約や間違いの確認に役立てています。 グループ通話もできる LINEの無料通話はグループでの通話もできます。 最大200人を同時接続し会話できます。 なかなか200人で話をする機会というのはないと思いますが、集まる時間が取れない友人とグループ通話機能で旅行の計画を話したりといったこともできます。 さらに、4人までならビデオ通話もできます。 家族や友人で使うとコミュニケーションが広がりそうですね。 カウントフリーの格安SIMを使えば実質電話無制限!? LINE無料通話は、LINEが使い放題になる(通信量がカウントされない)格安SIMを使うことで通話可能な時間が無制限になります。 LINEモバイルならLINEが使い放題 格安SIM「」にはLINEアプリで利用するサービスの通信量がカウントされないカウントフリー機能が備わっています。 LINEアプリ内で使うデータ通信のほとんどが使い放題にできるのですが、その中にはLINE無料通話も含まれています。 カウントフリー機能を実装しているMVNOは他にもあり、契約する格安SIMによってどのアプリの通信量を消費しないのかが違いますが、LINEモバイルであれば間違いなくLINE無料通話を使い放題にすることができます。 LINEアプリを使い放題にするための月額料金は無料で、 とにかくLINEモバイルを契約さえすれば、LINEアプリを使い放題にできるということなのです。 実際にLINE無料通話を使うと、1時間で20MB近くのデータを消費します。 1GBや3GBを契約している場合は、かなりの時間を通話に使えることが分かりますが、もちろん他のことにもデータ通信を使いますよね。 データはどんどん消費され、LINE無料通話を使おうとしてもデータ量の残りが少なくて電話ができないということもあり得ます。 しかしLINEモバイルを使っていれば、どれだけデータ量が減っていても、例え0MBになっていても快適に電話を使うことができます。 他の格安SIMならデータ通信の残量が0MBだと高速通信は使えず、遅い通信速度になります。 そうなるとデータの送受信もLINE無料通話も遅くなってしまって、使い物にならない状態になってしまいます。 しかし、LINEモバイルはLINEアプリがカウントフリーの安心格安SIM。 例え データ通信の残りが0MBになってしまってもカウントフリーで使えるアプリの機能は高速通信で使い放題にできます。 データ通信量が0MBでも全然不自由しません。 おそらくSNS系サービスを使う上では一番便利な格安SIMなのではと思います。 ただしどのサービスも、外部リンクへの接続やライブストリーミング動画の再生は基本的にカウントフリーとならないので、そこだけ注意しておきましょう。 1GBのプランにはデータ通信契約と音声通信契約があります。 データ通信契約の場合はLINEモバイルの中でももっとも安い、500円です。 かなりおトクと言えますね。 また、本来LINEアプリは登録や引き継ぎにSMS認証が必要です。 SMSが使えないと利用者確認が取れないため使えません。 格安SIMにもよりますがSMS機能は120円から150円くらいの追加料金が必要になります。 これがなければ登録時に利用確認のショートメッセージを受け取ることができず、LINEアプリを使うことができません。 しかし、LINEモバイルは一番安い月額500円のデータ通信SIMで SMSが使えない場合でもLINEアプリの利用登録ができる仕組みを作っています。 これはLINEを運営しているLINEモバイルにしかできないことです。 LINEモバイルでLINEを使うことによって、その性能をフルに引き出すことができ、LINE無料通話を最大限に活用することができます。 LINEモバイルの月額料金• データSIM SMS付き• 音声通話SIM SIMタイプは、 「データSIM SMS付き 」と「音声通話SIM」の大きく分けて2種類です。 以前はSMSが付いていないデータSIMもありましたが、現在は上記2種類となっています。 データSIMは電話番号を使った通話ができないSIM、音声通話SIMはできるSIMと考えてください。 電話番号を使った通話なので、LINE電話のようなネット回線を使った通話はデータSIMでも可能です。 どちらのプランにもSMSがついているため、ショートメッセージの送受信ができます。 SMSを使った認証はGmailやメルカリといった様々なアプリで必要なので、ありがたいですね。 LINEデータフリー:0円• 「LINEデータフリー」は、文字通りLINEがデータ通信量ゼロで使えるオプションです。 LINEデータフリーは全ての料金プランに無料で付いているため、全プランでLINEが使い放題となっています。 「SNSデータフリー」は、LINE+Twitter+FaceBookが使い放題になるオプションです。 「SNS音楽データフリー」は、LINE+Twitter+FaceBook+Instagram+LINE MUSICの5種類が使い放題になります。 SNSをよく使っている人なら、オプションに加入するだけで消費データ量がグンと減るでしょう。 そうすれば、契約するデータ容量が減って月々のスマホ代も節約できるはずです。 公式サイト: DMM mobile DMMモバイル でも「SNSフリー」開始! 出典: でもLINE、Twitter、Facebook、Facebook Messenger、Instagramでは高速データ通信量を消費せずに通信を行うことができる「SNSフリー」オプションが2017年9月14日より開始されました。 カウントフリー機能は魅力的なので、ユーザーとしても選択肢が増えてうれしいですね。 外部リンクへの接続やライブストリーミング動画の再生は対象外という点を含め、カウントフリー対象はLINEモバイルとほぼ同じですが、Facebook MessengerとLINE MUSICで両者に違いがあります。 LINE無料通話ももちろんしっかりカウントフリーとなっていますよ。 また、公式アプリ以外での利用は対象外となる場合がありますので注意しておきましょう。 SNSフリーはデータ容量3GBプラン以上より申し込みでき、月額250円のオプションとなります。 元々DMM mobileは、格安SIM業界でも最安クラスのMVNO。 LINEの友人以外に電話できない LINE無料通話はLINEアプリで友達に登録されている人としか電話できません。 携帯電話番号や固定電話番号のような電話番号をダイヤルすることはできないのです。 しかし、LINEアプリにはLINEの無料通話で話せない相手に電話をかける機能として「LINE Out」が備わっています。 LINE Outならダイヤル発信できるので、携帯や固定電話番号にも電話ができます。 LINE Outは無料ではなく、基本的に通話料がかかります。 また、最近では広告動画を視聴することで無料通話が可能な「LINE Out Free」も出ていますが、それが煩わしい場合は使う分だけ料金をチャージしておくプリペイド式の「コールクレジット」や30日プランの購入、LINEコインの消化が必要となります。 格安SIMでLINEを使う時、SMS機能は必要? 先ほど述べた通り、LINEモバイルではSMSが使えなくてもLINEの利用登録が可能です。 さて、その他の格安SIMの場合はどうなのでしょうか? LINEアプリを新規登録する場合にはSMS認証や電話接続、またはFacebook認証を利用します。 LINEモバイルを契約している時のみSMSなしでの新規登録も可能になりますが、他の格安SIMではSMS機能を付けておいた方がよいでしょう。 また、LINEアカウントの引き継ぎの場合はメールアドレス登録(+パスワード)かFacebook連携、2つの方法があります。 こちらも最終的には電話番号を入力し、SMSで受信した4桁の認証番号を入力する場面があるので、SMSはやはり必須と言えるでしょう。 050電話番号や仮想電話番号によるアカウントの作成および引き継ぎはできません.

次の

LINEビデオ通話の使い方!料金は無料?招待方法や切り方も | LINEアプリの使い方・疑問解決マニュアル(LINE活用ガイド)

ラインモバイル ビデオ通話 無料

LINE無料通話の仕組み LINEは日本人のメッセージをやり取りするアプリとして絶対的な人気を誇っており、スマホユーザーであれば、ほとんどの人が利用していると言っても過言ではないと思います。 元々は若者のユーザーが多かったようですが、最近は年配の人も、家族や仕事先の人とのやり取りにも使っているようで、広い年代に利用者が多いのもLINEの特徴です。 LINEには音声通話の機能があるプランも準備されているので、電話回線を利用しての通話も可能です。 また、LINE無料通話を最大限活用することで、LINE無料通話をメインの電話として利用することも十分可能だと思います。 LINE無料通話で使う回線は電話回線ではなく、モバイル通信やWi-Fiなどのインターネットを通して行われます。 一般的に格安SIM携帯から電話回線を使って他の携帯電話へかけると、30秒20円程度の通話料がかかりますが、LINE無料通話であれば、通話料が必要なくなりますし、LINEモバイルの場合は、LINE無料通話時にカウントフリーというデータ通信容量も必要が無くなりますので、通信容量も不要です。 LINE無料通話を使ったことがない人は、その通話品質がどの程度か心配をしている人も多いでしょうが、LINE無料通話の通話品質はかなり良いです。 これはLINEモバイルが他の格安SIMの会社に比べて通信速度が速く、安定しているというデータからも分かる通り、インターネット回線が良好なため、音声品質も良くなっています。 さすがに大手キャリア各社のVoLTE通話などと比べると差があると感じることもあるようですが、電話としての機能はLINE無料通話でも十分に果たしているといえるレベルのようです。 大事なことは、通話する人達の通信環境が良好であるかで、自宅のWi-Fi環境など、お互いの通信状況が良い環境であれば、問題無く音声通話の品質も保つことが出来ます。 LINEモバイルではLINE無料通話もカウントフリーなの? LINEモバイルにはカウントフリーと呼ばれる機能があり、一定のサービスに対して、データ通信容量が不要となっています。 カウントフリー機能とは、一定のデータ通信をデータ通信利用容量の対象外とする機能をいいます。 分かりやすくいうと、LINE、Twitter、Facebook、Instagramの基本通信容量がかからずに利用することが出来るというものです。 また、各プランのカウントフリー対象サービスの詳細は、下記の通りとなりますので、確認しておいてください。 月額500円~利用出来るLINEフリープランでも、LINE無料通話は適用されていますのでカウントフリーとなります。 テキストや音声メッセージの送受信、スタンプ、画像、動画などのファイル送受信、無料通話、ビデオ通話も全てカウントフリーです。 他にもタイムラインの閲覧や投稿、スタンプなどのダウンロード、アカウント設定などの利用もカウントフリーで利用可能となります。 LINEフリープランは、月々の基本通信容量が1GBなので、スマホの利用方法が、LINEをメインに利用しているというユーザーや、家ではWi-Fiを使うので、外出時に少しだけ利用できれば十分というユーザーにはぴったりのプランです。 なにより格安な値段設定なので、2台目のスマホや、子どもに持たせる初めてのスマホにももってこいのプランになっています。 コミュニケーションフリープランでは、LINEのカウントフリーに加えて、Twitter、Facebook、Instagramの利用がカウントフリーとなります。 Twitterであれば、メッセージの送信や、タイムラインの表示や、投稿、Facebookであればタイムラインの表示、投稿など、Instagramであれば、タイムラインの表示、投稿、ストーリーの画面表示、投稿、ダイレクトメッセージの利用なども全てカウントフリーとなります。 LINE MUSICのカテゴリや検索の画面表示、音楽・音声の視聴、オフライン再生のための音源保存などがカウントフリーとなります。 「音質-高」で長時間利用した場合、帯域を長時間占有する他のお客様の迷惑となる利用と判断され、通信を制限される場合があります。 また自身の通信利用状況に合わせて毎月の通信容量を選ぶことが出来ますので、ライフスタイルに合わせたプランの契約が可能となります。 カウントフリーは上手に使うことで月々の通信コストと通話コストが大きく改善できますので、LINEモバイルを使っているのであれば、これらの機能をフル活用することをおすすめします。 LINE無料通話の利用方法 2017年現在、格安SIMを使う人の割合も増えてきており、インターネット経由でのIP電話というものの認知度も高まってきています。 今までは電話回線のみでしたが、これからは、電話回線と、IP電話の両方を状況に合わせて使い分けていくような形が一般的になるのではと考えています。 LINEモバイルのLINE無料通話機能は多くのユーザーにとって利用価値のとても高いものになっていますが、今まで使ったことのない人の為に使い方を説明しておきます。 まず、条件として、相手とLINEの交換を行っていないとLINE無料通話することは出来ません。 相手がLINEアプリを入れていなかったり、ガラケーであった場合はLINE無料通話は出来ませんので、他の方法(通常の電話回線利用など)で対応してください。 1.LINEの画面から友だちリストを選び、通話したい相手をタップします。 2.選んだ相手の画面下にある「トーク」「無料通話」「ビデオ通話」を選ぶ画面から、「無料通話」をタップします。 通話の手順は以上です。 非常に簡単に利用が出来るので、通信機器に疎い年配者でも使うことが出来ます。 LINE無料通話はLINEアプリ利用者がこれだけ多い現在、とても使い勝手のよいサービスとなっています。 格安SIMは料金が安いだけでなく、サービス面でも日々進化して行っているので、これから新しく格安SIMを契約しようと思っている人にもおすすめです。 LINE無料通話が便利になる得ワザ LINE無料通話機能はシンプルな設定なので、誰でも簡単に利用することが出来ますが、更に便利にするような得ワザも多く存在します。 利用頻度が多いと思われる代表的な得ワザを紹介します。 LINE無料通話をメインの通話手段とすることも十分可能ですので、これらの得ワザをフル活用してください。 ホーム画面にショートカットボタンを作成しておくことで、直ぐにトークや無料通話が始められるので、便利です。 作成する方法は、トーク画面の右上のメニューから「トーク設定」を選び、「トークショートカットを作成」か、「無料通話ショートカットを作成」をタップすればOKです。 料理中や、作業中でも両手を使いながら電話が出来るので、利用頻度は高いです。 やり方は、通話中にスピーカーのボタンをタップするだけです。 そうすることで、音がスピーカーから流れますので、スマホを耳元に当てなくても通話することができます。 ブロックとは異なりますので、着信履歴があったことは通知されます。 やり方は、LINEの「その他」から「設定」「トーク・通話」をタップし、「通話の着信許可」の設定をオフにすればOKです。 相手が着信拒否中のあなたに通話を発信すると、通常時と同じく「発信しています」と表示されて呼出音が流れます。 その時も、相手のトーク上には「着信がありました。 通話の着信許可がOFFになっているため、応答できません」と出ますが、自分には着信しません。 一方、相手のトーク画面には「応答なし」との表示がなされます。 LINEモバイルでLINE無料通話を利用する際に注意することはある? とても便利で多くの人に支持されているLINE無料通話ですが、何点か利用する際に気を付けたいところがあります。 そのため、会話中に音声が途切れたり、ノイズが入ってくることもあります。 特にお互いの通信状態が悪い場所の場合は、電話回線に比べると、音質が落ちると感じるでしょう。 マナーとして、仕事で相手先へかける電話や、音声が不安定になるのを避けなければいけない場面では、やはり電話回線の方が信頼度が高いのは事実です。 対処方法としては、通信状態の良い場所から電話する、通常の電話回線を利用した電話へと切り替える。 等の対応をするなどが考えられます。 特に企業の重要な情報や、個人情報を取り扱いする場合には、情報流出を防ぐ意味でも、LINEを利用するよりは、電話や書面で伝える方が望ましいこともあるでしょう。 手軽にメッセージが送れたり、情報が発信できるので、うっかりミスで誤送信などの可能性もあるので注意が必要です。 相手がスマホの場合は、LINEアプリを入れてもらうことが出来ますが、ガラケーの場合は、こちらが電話回線を使った連絡に変える必要があるでしょう。

次の