努力します 敬語。 「努力します」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

「努めて」「努めてまいります」の意味とビジネスでの使い方、類語、漢字を解説

努力します 敬語

仕事での納期や締め切りは先方との約束です。 まずはその納期に間に合わない、締め切りに遅れる点に対して、誠意を持ってしっかりと謝りましょう。 納期に間に合わない時の上手な謝り方 納期に間に合わない、締め切りに遅れるときは言い訳せずに「誠に申し訳ございません」 納期や締め切りに間に合わない、何かミスをして謝る、上司や先輩の誘いを断る時の話し方は重要です。 言い訳はできるだけ止めた方がいいでしょう。 致し方ない事情であっても、言い訳を強調した話し方では、いい印象を与えません。 直接出向くのが難しい場合は電話やメールでの謝り方が良い 納期遅れの際、直接出向いて謝るといった事が難しい場合は、まず電話やメールで謝罪しましょう。 その後には必ず直接出向いての謝り方が良いでしょう。 直接出向くのが難しい場合でも、電話やメールでの謝罪の後に直接出向く事で対応にも誠意を感じられ、良い印象となります。 しかし、できれば電話やメールではなく直接出向いて謝罪した方がより印象はよくなります。 その代わりに、当日、本社までわたくしが直接書類を お渡しに参りたいと考えております。 お時間をいただくことになってしまい大変申し訳ないのですが、 どうぞよろしくお願いいたします。 納期に間に合わないと思った際の謝り方の手順 納期に間に合わない、締め切りに遅れるといった時の謝り方における手順をまとめてみました。 上記の通り誠意を持って謝り、そこから代替案を提案していきます。 わからなければ、「恐れ入りますが」「差し支えなければ」と率直に聞いた方がよい。 メールをする際には、自分の非を認めてなおかつスムーズな連絡を心がけましょう。 問題は要するに、ほとんどの人が自己弁護に終始してしまう事です。 上記の通り誠意を持って謝り、そこから代替案を提案していきます。 場合など、状況は様々だと思います。 しかし謝罪は、一度すれば終わりという事は、ほとんどありません。 大抵は、手順を踏む必要があります。 社内の複数の部署などで謝罪する際には、ばらつきが出ないよう、対応を統一しておいてください。 謝罪ではまず状況を把握し率直に謝る 納期遅れや仕事の取引などで、自分たちに責任があるトラブルが起きたときは、相手に謝罪をしなければなりません。 企業や担当者とのコミュニケーションを良好にする謝罪の基本を説明します。 最初に、先方の怒りを和らげるため、相手が特に何について怒っているのか、状況を把握し、その事について率直に謝ります。 納期遅れの改善策を提案する謝り方 例えば、納期が遅れた場合、遅れた事実について怒っているなら「納期が遅れて申し訳ありません」などと謝罪します。 遅れが予想されたのに、それを伝えなかった事に怒っている場合は、「連絡を怠り申し訳ありません」といった謝り方になります。 当面の怒りを和らげた後は、改善策を提案します。 その際にも、改めて謝罪の言葉を述べます。 納期が遅れた場合なら「遅れた分の代金は割り引かせていただきます。 本当に申し訳ありませんでした」といった具合です。 「これで、ご了承いただけませんでしょうか」といった言葉を添えてもいいでしょう。 納期遅れに対するメールでの謝り方:具体例 納期に間に合わない、締め切りに遅れる場合に最近ではまずメールで謝る方法もあります。 そのメール文例を紹介します。 株式会社〇〇、営業部の〇〇です。 さて、 10日付のメールにてお問い合わせいただきました 「〇〇」についてですが、 納期が遅れておりまして誠に申し訳ございません。 御社に多大なご迷惑をおかけしておりますことを、 心よりお詫び申し上げます。 今回の納期が遅れました原因は、 注文数の想定を誤った結果と深く反省しております。 現在、弊社ではフル稼働で 生産にあたっている次第でございます。 御社には遅くとも 1月10日 火 までにお届けできる予定です。 確実な配送スケジュールがわかり次第、 改めてご連絡申し上げます。 メールにて恐縮ですが、 取り急ぎお詫び申し上げます。 株式会社〇〇、営業部の〇〇でございます。 じつは、メーカーからの入荷がたいへん遅れており、ご指定の期日にお届けする 事が出来ない状態です。 発売後予想以上の売れ行きと、一部海外工場のストによる部品製造中止状態に よるものとのことです。 本日までご連絡が遅くなり、大変申し訳ございません。 メールにて恐縮ですが、お詫びとご連絡を申し上げます。 納期に間に合わないときは遅れることに率直に謝り代案を出す 納期に間に合わない、締め切りに遅れる思った際のメールでの謝り方をみていきましたが、いかがでしたでしょうか?本来であるならば、納期遅れという事態は招いてはいけない事です。 そのようになる前にいくつかの手段はあるのです。 しかし、納期遅れを招いてしまったのならば、遅れたことに対し誠心誠意謝るしかありません。 いざという時のために、紹介した謝り方を覚えておきましょう。

次の

「鋭意」の意味とビジネスでの使い方!「鋭意努力」とは?【類語・言い換え】|語彙力.com

努力します 敬語

努力します 敬語とビジネス文例集 /• 今後、このようなことが二度と起こらないよう再発防止に努めてまいります• 全力を尽くす覚悟にございます。 精励する所存にございます。 今後も、皆様方のご期待に添えるよう、精一杯努力してまいる所存にございます。 皆様のご期待に添うべく、精一杯努力してまいりますので、なにとぞご支援を賜りますようお願い申し上げます• 皆様のご期待に沿えるよう、これからも邁進してまいりますので、これからも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。 これを機にさらなる努力を重ねてまいる所存です。 今後ともご支援とご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。 より一層皆様にご満足いただけますよう、全力を尽くす覚悟でございます。 仕事に励んでおります。 皆様のご期待にお応えできるよう、鋭意努力いたす所存でございますので、何とぞ一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。 使命を果たすべく、業務に邁進する所存です。 期待に添えますかどうか案じておりますが、誠心誠意努力いたす所存です。 皆様に愛される店になるよう、今後も努力してまいります。

次の

ビジネスにおける「努めて」の意味と使い方!敬語表現も解説

努力します 敬語

努めての意味 努めての正確な意味 「努めて」という言葉には、「力を尽くす」という意味があります。 「実現にむけて努める」や「問題の解決に努める」などの使い方をすることが多く、努力をするという言葉とも似た言葉だと言えるでしょう。 とくにビジネスシーンの上では、与えられた仕事や、自分自身で掲げた目標にたいして努力する、やり遂げるという意味を持ちます。 努めての類語 「努めて」という言葉の類義語には、「勤めて」や「務めて」などがあります。 「勤めて」は「会社に勤める」「職場に勤務する」などの意味があり、「務めて」には「役職を務める」「親としての務め」などの意味があります。 「勤めて」や「務めて」との違い 「力を尽くす」などの意味を持つ「努めて」に比べて、「勤めて」と「務めて」は、何かに対して「ツトめる」という使い方をするため同じような言葉に聞こえます。 ただし、大きく分けると「勤める」は会社や職場など、各々理由はあれど収入などのために勤めることを意味しますが、「務める」は、親や役職などの責任を果たすために務めることを意味します。 努めてまいりますの意味 ビジネスシーンで「努めて」という言葉を使う場合、「努めてまいります」という使い方をすることが多くなります。 「努めてまいります」という言葉は、「努めて」に「まいる」を組み合わせた言葉です。 「努めて」は「頑張る」「努力する」などの謙譲語になっており、「まいる」は「行く」の謙譲語になりますので、ビジネスシーンで目上の方に対して使う言葉としては最適な言葉だと言えます。 努めてまいりますの使い方 ビジネスの上で使える言葉 ビジネスシーンで「努めてまいります」を使う場合、上司などの目上の人間に、仕事や目標を与えられた際に、それに対して努力することや頑張ることを、宣言、約束するという意味で使うことが多い言葉になっています。 お詫びの上でも使える言葉 「努めてまいります」という言葉は、お詫びの言葉と合わせて使うことも可能です。 例えば、仕事の上で失敗や不祥事を起こした際に「申し訳ありませんでした」などの謝罪の言葉を使います。 履歴書などでも使える言葉 上記のように、「努めてまいります」という言葉は、さまざまなビジネスシーンの上で役に立つ言葉のひとつですが、就職活動などの際の履歴書でも使用しやすい言葉です。 例えば、志望動機や自己PRを書く欄に、「貴社の力になれるように努めてまいります」や「貴社で活躍できるように努めてまいります」など、目標に向かって努力、邁進しますという表現をする際に使える言葉になっています。 「努めて」の例文• 今後ともサービスの向上に努めてまいります。 同じことのないように、我社の信頼回復に努めてまいりたい所存でございます。 皆さまのご期待に添えることができるよう、誠心誠意努めてまいります。 努めてまいりますを使う時の注意点 すでに起こったことへの謝罪にはあたらない 「努めてまいります」という言葉を使用する際の一番の注意点としては、あくまでも目標や仕事に対して一生懸命取り組んでいくという意味であり、失敗や不祥事を起こした際の謝罪の意味を持っている訳ではないということです。 失敗を取り戻すために努めることはあっても、謝罪の意味として「努める」という言葉を使うと誤解を招くこともありますので、謝罪の言葉と組み合わせて使用する際には注意が必要です。 あくまでも、謝罪が終ってからの「努めてまいります」という使い方が正しい使い方です。 誤字に気を付けたほうがいい言葉のひとつ 前述でも紹介しましたが、努めてという言葉には「勤めて」や「務めて」などの同じ読み方でも違う意味の言葉が多数存在します。 当然、読み方は同じでも、それぞれの意味は異なりますので、努めてを文字で使う場合は、誤字に気を付けて使うようにしましょう。 まとめ 自分の今後の努力や決意を宣言したり、約束したりすることのできる「努めてまいります」という言葉。 そのほかにも、謝罪の際の今後の方針を述べるために使用したりと、その用途はさまざまです。 ビジネスシーンでは、自分の気持ちを表すためには大変役に立つ言葉になりますので、ぜひ意味を理解して活用することをおすすめいたします。

次の