笑っていいとも 最終回 動画。 中居正広にしかできなかった?「笑っていいとも!」最終回での仕切り

『レディプレーヤー1』は笑っていいとも最終回である

笑っていいとも 最終回 動画

お昼の12時は誰もが一度は見たことがあるだろう国民的番組『森田一義アワー笑っていいとも!』が、本日3月31日で最終回となる。 ちなみに本日の放送で8054回目だそうだ。 検索サイト『Yahoo! JAPAN』ではトップのロゴの隣にタモさんがいるなど、最終回を祝う仕様となっていた。 ロゴの隣のタモさんを押すと、中段の「最終回祝ってくれるかな?」のボタンに移動する。 このボタンを押すと、中からタモさんが出てきた。 特設サイトに移動すると、いいとも生放送中にタモさんにメッセージを贈ることが出来るフォームがあった。 ここでメッセージを書くと今日の生放送中に読まれるかもしれない!? さらに、Yahoo! テレビでは『笑っていいとも! グランドフィナーレ カウントダウン特集号』の特設ページも登場。 本日20時から放送する『笑っていいとも! グランドフィナーレ 感謝の超特大号』の番組紹介や、いいともレギュラー陣のスペシャル映像などを見ることが出来る。

次の

中居正広にしかできなかった?「笑っていいとも!」最終回での仕切り

笑っていいとも 最終回 動画

爆笑問題のお二人が笑っていいとも!グランドフィナーレでバナナマン日村さんが行った郷ひろみものまねスピーチについて、の中でこのように語っていました。 (田中裕二)まあ、にぎやかだったりね。 (太田光)しっちゃかめっちゃかでしたからね。 (田中裕二)しっちゃかめっちゃかになった途中から、みなさんもね、見てくれた人はわかると思いますけど。 まあ、ちょっとすごい状況になっちゃって。 グッチャグチャのね。 あんなのがありましたから、まあ興奮はしてるしね。 感傷に浸るような状況ではないですからね。 (太田光)『いやー、でもよかったー!』っつってましたよ。 タモリさん。 (田中裕二)いや、タモリさん、すっごい喜んでいて。 『番組として面白かった』って。 感想ね。 みんながそうなのよ。 今日の3時間何分のいいともね、最後のグランドフィナーレっていう番組が面白かったね!っていう感じでしたね。 (太田光)あの、とにかく後半のメッセージ。 スピーチ。 『スピーチだけで番組、できちゃうんだな』って言ってたし。 (田中裕二)言ってた。 (モノマネで)『やっぱりね、バラエティーのすごさなんだよね。 あれはたとえば俳優だけとかだったら、あんなの絶対に持たないよ!』っつって。 (モノマネで)『あれはだからさ、バラエティーの方がさ、笑わすのもいてさ、泣くのもいてさ・・・』って。 すごいそれを何度も言ってたね。 だからたしかにみんな面白かったんだよね。 (太田光)面白かった。 (田中裕二)ね。 泣いてる子は泣いてる子で面白いし。 (太田光)あれはね、最初はもう、『本当にまじめにやってください』って言ってたんでしょ。 番組サイドは。 タモリさんを泣かそうっていう、そういう裏テーマがあって。 だけど日村がね、いきなりもう・・・どうしようもなかったですね。 あいつは。 (田中裕二)郷ひろみやっちゃって。 日村が裏テーマをひっくり返す (太田光)あそこっからね、笑わせなきゃいけない空気になったんです(笑)。 (田中裕二)でもあれは、実は(設楽)統が仕掛けてるんですよね。 (太田光)そうなの。 (田中裕二)もう、振りがそういう振りだったんですよね。 真面目にいって、で、『あとは日村さん・・・』っていう。 もう振りで。 で、ヒムケンはそういう笑かしの方やったんだけど。 あとで誰かと話してたらしいんだけどさ、あのみんなのグチャグチャ、あったじゃない。 中間の。 で、あれを見て統が『あ、これ真面目じゃないやつの方がいい』って思ったんだって。 で、『俺らもぶっこみたい!』って思ったんだって。 バナナマンはバナナマンで、あそこ、ほら、上がってきてなかったから。 見てて、バナナマンとしてもちょっとギャグみたいな、そういう方にやりたいと思って、そうしたみたいよ。 (太田光)ああそう。 (田中裕二)面白かったよねー。 本当ね。 (中略) (田中裕二)夜は本当ね、吉永(小百合)さんから始まって。 おもしろかったねー。 でも、本当あれは、ああいうのがあるとね、お祭り騒ぎで。 27時間みたいな時もああいう感じ、ちょっとね、近い感じもあってさ。 だけど昨日はちょっといつもと違う、27時間でもないし、年末特大号でもない感じがありましたね。 (太田光)うん。 (田中裕二)お客さんのところにいるのが、また歴代のね、出演者のみなさんでさ。 で、またリーダー(渡辺正行)が号泣しててさ。 ずーっと。 (太田光)あ、そう? (田中裕二)ずーっと泣いてたよ!見てなかった? (太田光)あ、リーダー、いるのはわかってたけど。 (田中裕二)もうさ、柴田理恵さんより泣いていたね。 リーダーの方が。 あの人、もういま、死ぬほど涙もろいのよ。 なんでも泣いてるからさ。 (太田光)ぜんぜん気がつかなかった。 (田中裕二)気がつかなかった? (太田光)もう俺は無我夢中だったから。 (田中裕二)だから最後のスピーチね。 で、最初ベッキーから始まったじゃない。 で、もうベッキーも泣いてたし。 そん時からリーダーもずっと泣いてて。 で、どうしようかな?俺、スピートの時、そこをつっこみたいなってちょっと思ったんだけど、たぶん気づいてないから。 みんな。 あんまりウケないかな?と思ってやめたんだけど(笑)。 いや、でも本当、リーダー泣いてたね。 (太田光)ああそう。 (田中裕二)だから結構みんな泣いている人、いたもんね。 客席はね。 まあ、テレビ見て感動したっていう人も。 みんな、良かったね。 また、可奈ちゃんがすごかったね。 号泣して。 (太田光)だから、ローラが言葉につまった時に、『あ、ローラ泣いてる』と思ったら、逆サイドから『ウウウー!』って声が聞こえてきて。 フッと見たら、柳原可奈子がもう、すんごい顔して泣いてましたよ。 ウウウーッ!っつってましたよ(笑)。 (田中裕二)面白かったね、しかしね。 また、劇団(ひとり)も、まあ下らない。 ひどいのやってたけど。 あれも、結構終わってみんな。 あの、やる前は実はあんまりみんなで『今日、スピーチどうする?』みたいな会話ってしてなかったんですよ。 なんか、それはしない雰囲気っていうかね。 で、終わった後に、まあみんななんとなく、良かったね、みたいな雰囲気になって。 そこでみんな、『でも、どう思ってた?』みたいな話になってさ。 打ち上げの時にさ。 やっぱり、劇団もダブルスタンバイしてたって。 つまり・・・ (太田光)どっち側も? (田中裕二)そう。 真面目な。 みんなが真面目な感じでやるかもしれないから、そしたらこんな感じかな?って。 で、笑いの方でもいっていいっつったら、あれ。 昨日やったやつだった。 でも、俺もだからわかんないじゃん。 本当、空気が。 自分の前の人がどういうスピーチするかでぜんぜん変わるじゃん。 ああいうのって。 だから俺も、たとえばこういうことを言おうかな?っていくつか考えたけど、割と設定としては真面目な感じかなと思ってて。 (太田光)うん。 (田中裕二)で、割といい話っていうか。 真面目な方を多めに考えてたんですよ。 だからあの、レズのおばさんのやつとかは本当はあんまりやる予定はなかったんだけど(笑)。 (太田光)ああ、レズ。 (田中裕二)あれとかは、もし砕けた感じだったらそういうのもアリかな?って。 (太田光)ウケてましたよね?珍しく。 (田中裕二)珍しくじゃないですよ!みんな、あったかいんですよ。 お客さんも。 (太田光)いつもお前、1人でスピーチする時、ドン滑りするじゃん(笑)。 (田中裕二)そんなことはない。 そこまでじゃない! (太田光)ドン滑りするくせに。 (田中裕二)あんまりウケないけども。 得意じゃないから。 あんまりそういうのね。 いや、だからたしかに緊張するしね。 みんな、もう。 綾部なんかもガッチガチになっててさ。 綾部は緊張してて。 (太田光)スピーチ、あったんだっけ?あいつがなかったんだ。 澤部がなかったんだね。 (田中裕二)澤部はなかったね。 だからピースは2人でいってさ。 だから割と歴の浅い人はあんまり。 だから武井くんとか。 そういうのは。 (太田光)そう。 だから本当はローラがないはずだったらしいんだよね。 (田中裕二)あ、(木下)優樹菜が。 (太田光)優樹菜がないはずだったんだよね。 <書き起こし終わり> [関連記事]• 爆笑問題が語る いいとも最終回特番バナナマン日村スピーチの舞台裏•

次の

中居正広にしかできなかった?「笑っていいとも!」最終回での仕切り

笑っていいとも 最終回 動画

Contents• 伝説の「笑っていいとも!」最終回 1982年10月にスタートした「笑っていいとも!」 実に約32年間もの長きにわたって生放送を続けてきた誰もが大好きだった番組ですね。 その数、8054回目の放送をもって、涙の最終回を迎えました。 伝説の「笑っていいとも!」最終回では豪華メンバーの共演が 最終回ということで、過去にレ ギュラーを務めていてメンバーとタモリさんのトークが繰り広げられるというコーナーがありましたね。 明石家さんまさんとタモリさんのトークが長引いてしまったため、当時共演NGと言われていたダウンタウンととんねるず、爆笑問題などが一斉に同じ舞台の上に上がるというシーンがありました。 実は、このシーン、予定にはなかった進行だったとか・・・ ダウンタウンの松本人志さんが、とんねるずと爆笑問題と同じステージいたことから、何度も「ネットが荒れる~!」と言っていたセリフが今でも忘れられません。 翌日は予想通りに、ネットでは盛り上がりました。 「笑っていいとも!」さんまさんのエピソードも秀逸 明石家さんまさんの話が長いとダウンタウン浜田雅功さんが、ガムテープで明石家さんまさんの口をぐるぐる巻きにするという場面がありましたが、これに関しては事前に打ち合わせされていたそうです。 でもダウンタウン浜田雅功さんは、大先輩の明石家さんまさんにそんな事をするのは「怖いからいやだ」と何度も拒否をしていたそうですよ!! そして、とんねるず、爆笑問題が乱入してきたとき、明石家さんまさんは、そっとステージからいなくなります。 これにはある理由があったそうですが、この話がとても良い話ですので、 ぜひこちらをご覧ください。 「笑っていいとも!」最終回まとめ 今回は、今や伝説となっている 「笑っていいとも!」最終回について調べてみました。 この最終回、本当になにが起こるかわからない久しぶりのドキドキを味わえた放送となりました。 数年たった今でも、こんなに大御所と言われる芸人さんが一堂に集まる番組はありませんからね。 いつか、 「笑っていいとも!」を超える伝説の番組が現れてくれたらなぁ!!と願うばかりです。 今回も最後までお読みいただきありがとうございます.

次の