パチスロ動画 ヨースケ。 懐かしの4号機「アラジンA」を打ってきました|1GAMEいきなりヨースケ(番外編)【パチスロ・スロット】 │ パチスロ動画

北斗の拳

パチスロ動画 ヨースケ

そんなてつさんがいろんな意味でスゴい人なのは間違いありませんが、私はヨースケさんの存在は非常に大きい、と強く感じています。 1だけでは組織は回らないし、極端な例ですけど、てつさんとガット石神さんとあおいちゃんだけでは、1gameはここまでの存在にはなっていないと思うんです。 ヨースケ たしかにマイルドにしなければいけないという気持ちはあります。 ボスはもとから狂犬なので 笑。 でも結局、動画の再生回数、SNSのフォロワー数、知名度などうちはあの人が非常に大きなウェイトを占めています。 なぜなら 数字を担保するにはいろいろなものを犠牲にしなければいけないから。 2には、キャラを演じ切るのは難しいかもしれません。 ヨースケ てつさんが書籍 『パチスロ馬鹿が動画配信を始めたら再生回数が1億回を超えました』 にも書いてましたけど、アンチ陽動作戦だったり炎上作戦だとか、代表が率先して泥水をかぶってくれている。 つまり僕らが守られている側面もあるんです。 嘘がつけない僕、人柄がにじみ出ているガットくん、新人のあおいちゃんがわざわざ炎上をしかけても意味がないし、絶対に上手くいかない。 戦略頭脳というか、己を殺してキャラクターをつくるような強靭な精神力を僕は持ち合わせていません。 「No. 1」になるにはそれぐらいやらないとなれないと思います。 ヨースケ それでも 「パチンコ・パチスロは誰よりも好きだ」という気持ちはだけは持っています。 これだけはてつさんにも負けないし、ずっとNo. 1でありたい。 ファンの人が増えてくれるのは嬉しいし、もちろん数字が取れるにこしたことはない。 でも、僕の動画の冒頭のモノマネがそうなんですけど、「 刺さる人に深く刺さればいいな」という気持ちでやっています。 たとえ万人にウケなくても、1人のパチンコファンに刺されば嬉しいです。 視聴者数だけを考えればGODを打てばのいいのに、自分の好きな台を打つ。 ヨースケ そこはやっぱり大事にしていますよね。 『ブラックラグーン2でやれること全部やったった|1GAMEいきなりヨースケ 44【パチスロ・スロット】』なんかはその最たる例かもしれません。 それが許されるのが1gameの居心地の良さかもしれませんけど。 ここでもヨースケさんの存在は大きいんじゃないですか? ヨースケ 演者以外のスタッフもたくさんいるんですけど、みんな仲良くやってますね。 僕はわりと「面倒見はいい」って言われますけど、後輩たちが実際はどう思っているかわかりません。 でも、理不尽なことを言ったり、叱責したりということはしない。 自分がやられてイヤなことは絶対にしないって決めています。 てつさんだけでは上手く回らないというか、年齢的にもキャリア的にもヨースケさんは絶対不可欠な存在ですよ。 ヨースケ いや、てつさんは表ではあんな感じですけど 笑 、裏ではすごく物腰柔らかで、とにかく面倒見がいい。 理不尽なこともいっさい言わない。 スタッフの あきおさん〈〉はポカが多かったりするので、何回も同じことを言われてたりもしますけど 笑 、最初から怒鳴ったりは絶対にしない。 あきおさんをはじめ、頑張っている編集サイドの意見も聞いてくれるし、ボスの判断が正しいことは多い。 反対意見を言う時もちゃんと理由も言ってくれるから、みんなも納得するんです。 ボスも人間だもの 笑。 でも迷いが出たときは、その場にいるみんなの意見を聞いてくれる。 実際、「そんなことやってもムダだよ」なんていうボスの発言は一度も聞いたことはないですね。 少なくとも暴君ではない。 ちなみにヨースケさんご自身は自分で意見を出すタイプですか? ヨースケ おかげさまで実践が多いので、編集部にいることは少ないですけど、LINEなどで意見交換はよくします。 あと、うちは人材に恵まれていて、りんのすけくんはじめみんな頭がいいんで、 僕はそれに乗っかることが多いですね。 そこに「あとこれはどう?」って感じで意見を追加します。 そこに若い子がさらに意見を乗せてくれることもよくある。 出玉という見せ場がない時は、フリートークが最後の手段になるんですけど、そんなときに話のネタも振ってくれる。 非常にありがたいですねー。 だから、うちはあきおさんがカメラマン以外のときは完璧です 笑。 それではインタビューの締めくくりとして、最後に4月スタートのヨースケさんの連載についてお聞かせください! ヨースケ 僕の人生はパチンコ・パチスロとともにありました。 紆余曲折があって、いま1gameにいるんですが、どういう出来事があって、何をやって、ヨースケという人間が形成されたか……というのが最初のテーマです。 あとは、41歳になろうとしている僕が歩んできたパチンコ道……たとえば5号機の変遷だったり、さまざまな時代のパチンコを振り返りながら、思い出話ももしていきたいと思います。 ヨースケ パチンコ好きな人間として、あまりこういう機会もないので、やっぱり「刺さる人に刺さる文章」が書ければいいかな、と。 だからといって、どちらかというとキワドイことを書くつもりはありません。 好きで楽しんでらっしゃる方と、「あーそうそう!」「わかるわかる!」という気持ちを共有していきたいです。 パチンコ好きな人が集まる飲み会は楽しいけど、連載がそういう場所になればいいですね。

次の

懐かしの4号機「アラジンA」を打ってきました|1GAMEいきなりヨースケ(番外編)【パチスロ・スロット】【動画】|パチンコ・スロット情報まとめアンテナ

パチスロ動画 ヨースケ

関連記事• 2020年5月19日 18:00 - [スロぱち速報]• 2020年4月28日 19:04 - [スロぱち速報]• 2020年4月28日 18:00 - [スロぱち速報]• 2020年6月12日 18:00 - [スロぱち速報]• 2020年6月3日 18:00 - [スロぱち速報]• 2020年6月18日 18:00 - [スロぱち速報]• 2020年6月15日 18:00 - [スロぱち速報]• 2020年6月15日 19:00 - [スロぱち速報]• 2020年6月15日 19:00 - [スロぱち速報]• 2020年5月22日 18:00 - [スロぱち速報].

次の

いきなりヨースケ#1

パチスロ動画 ヨースケ

今やYouTubeの実践動画でチャンネル登録者数53万人を誇る『1game』 ワンゲーム。 そもそも1gameとは、ユーザー、ファン自身の力でパチンコ・パチスロ業界を盛り上げようという集団のこと。 2というポジションにいるヨースケ氏 だ。 いざ、「職業は?」と聞かれたらなんと答えているんですか? ヨースケ 今は「パチンコタレント」って答える場合が多いですね。 おかげさまで、テレビに出演させてもらうことも増えました。 お仕事相手によっては、「パチンコ・パチスロ系Youtuber」と言うケースももちろんあります。 ヨースケ ただ、代表 てつ氏 も言っていますが、いわゆる「パチンコライター」ではありません。 今のところは文字を書いていませんからね。 でも、 来月からはNewsCrunchで連載も始まるので、「パチンコライター」を名乗ってもいいかもしれない 笑。 連載については、次回 3/28更新分 に詳しくお聞かせいただくということで、実際にこの1年で増えたお仕事はなんでしょうか? ヨースケ 圧倒的に増えたのは パチンコ メーカーさんのからのお仕事ですね。 主には新台のレポートですが、いわゆるオフィシャルの仕事ですから、「1gameもメーカーの犬になりやがって!」「メーカーもよくあんな危ないところに仕事を頼むよな」なんて声もあるんですが、うちはボス てつ氏 が暴れているだけなんですけどね 笑。 ほかには『みんなのパチンコフェス』など、業界主導のイベントにもお声がけをいただくことも増えました。 それでも後発ともいえる1gameに仕事が来るのはなぜだと思いますか? ヨースケ 1gameは最近出てきたわりには、YouTubeの再生回数など数字上ではそこそこの媒体なので、まずは単純に「数字を持っているな」という認識だと思います。 あとは時代も変わってきてるのかなっていうのは強く感じますね。 そして、紙媒体の力もどうしても落ちてきている。 でも、ネットの配信はOKという流れの中で、1gameにオファーがあるんだと思います。 そもそもうちのチャンネルは、パチンコ・パチスロを好きな人が選んで見に来るので、メーカーさんからすると、ターゲットも絞れるし、数字を取れたほうが当然プロモーションになるわけです。 テレビCMよりもネットがプロモーションに求められるなんて、ちょっと前なら考えられない時代の変化ですよね。 でも、YouTubeだっていつかは大きな節目にぶつかるはず。 そのときのために次のステップも見ておかねば、と自分には言い聞かせています。

次の