スイッチ テレビ に 映ら なくなっ た。 画面が真っ暗、音も出ない

【Switch】TVモードにしても、映像がテレビに映りません。どうすればよいですか?

スイッチ テレビ に 映ら なくなっ た

家の中の一部がつかない• 家中の電気が全部つかない• 周りの家全体が真っ暗 家の中の一部がつかない 家の中の一部がつかない場合は、ブレーカーが落ちている可能性があります。 アンペアブレーカーは、メインブレーカーとは別に個別のブレーカースイッチに分かれています。 その分かれているブレーカースイッチがオフになっている可能性があります。 まずはブレーカーを全てチェックしましょう。 ブレーカーが全てオンになっている場合は、使用している蛍光灯の故障やコードが痛んでいることでショートしまった可能性があります。 対処法 ブレーカーのある場所に行ってからフタがついている場合はフタを開けます。 開けた中にはスイッチが複数ついているので、そのスイッチのどれかがオフになっていないか確認します。 オフになっていればスイッチをオンにしてから、もう一度蛍光灯をつけてみます。 蛍光灯の故障やヒューズの痛みが原因の場合は、一旦蛍光灯をコンセントからはずして、ヒューズの交換や配線用遮断機のスイッチをいれます。 家中の電気が全部つかない 蛍光灯を換えてから電気をつけてもつかないとき、他の部屋の電気もつけて見ましょう。 そのときに他の部屋の電灯もつかない場合は、家全体が停電になっている可能性が高くなります。 対処法 家中の電気がつかない場合は、メインブレーカーがオフになっている可能性が高くなります。 この場合、ブレーカーのある場所(脱衣所やキッチン)に行ってからメインブレーカーがオフになっていないか確認して、オンにすれば解消されます。 周りの家全体が真っ暗 家の電気が全くつかない場合、周りの家や交差点の電気がついていない場合もあります。 この場合は、家だけの問題ではなく付近一帯の停電が考えられます。 事前に工事による停電の回覧などが回ってきていて、停電をしている可能性もあります。 対処法 周りの家全体が停電になっている場合は、故事による停電の場合もあるので、まずは工事停電などのお知らせが来ていなかったか確認します。 来ていない場合は、純粋に停電であることが考えられます。 この場合は、契約している電力会社に電話してから事故停電なのか工事停電なのかを確認しましょう。 どちらにしても復旧後には、家電製品の時間がずれているので調節をします。 変えた電灯だけがつかない場合はこれをチェック!• 電灯取り付けが悪い• 元のソケットの接触が悪くなっている 電灯取り付けが悪い 電灯が使いない原因として、電灯の取り付けが悪く緩んでいる場合があります。 取り付けるときにしっかりとはめ込んでいないときにつかないケースがあります。 元のソケットの接触が悪くなっている 電球ではなく電灯を天井に取り付けるときに、ソケットが浮いた状態でうまくはめ込みが出来ていない場合が考えられます。 対処法 電球がうまく入っていない場合は、一度取り外してからつけ直してみるとつく可能性が高くなります。 電灯自体の取り付けがうまく出来ていない場合は、一度はずしてからつけ直します。 つけるときに「カチッ」という音がするので、その音で取り付けが正常に出来ているかを確認します。 元のソケットの接触が悪くなっている 電灯を交換しても全くつかない場合、天井のソケットにしっかりと取り付けが出来ているかどうかを確認します。 確認してから「カチッ」と差し込めれば、ソケットのほうに何か異常があることが考えられます。 ソケットの接触が悪い場合やソケット自体にうまく通電されていない場合が考えられます。 対処法 元のソケットに異常があるかどうかを確認する必要があります。 確認方法は簡単です。 別の部屋についている電灯をもってきて、取り付けてみます。 取り付け後にうまく点灯しない場合は、ソケットに異常がある可能性が高くなります。 この場合は、電気工事会社や電気店に電話してみてもらう必要があります。 単純に電気がつかないといっても、原因はいくつか考えられます。 まずは、電気がつかないときに冷静になって、原因が何なのかをしっかりと把握することが大切です。 原因がわかれば、自分で出来るものなのか電力会社に確認をするべきなのか、電気工事会社などに依頼して見てもらうべきかがわかります。

次の

【突然電気がつかない原因て何!?】停電・電球の取り付け・ソケットの故障!?

スイッチ テレビ に 映ら なくなっ た

ガーン、テレビが映らない さっき、「私、すごい! 快挙!」と思えることがありました。 ゆうべ、ドラマを見ようとテレビをつけたら、映りません。 「受信していません」たらなんたらメッセージが画面にあらわれます。 こういうの前にも出て、その時はスイッチ入れなおすかどうかで直ったなあと、ネットの情報も参考にやってみました。 直りません。 思い返すと一昨日は古い冷蔵庫を大小合計5台、電気屋さんにもってってもらいました。 そのうち2台はテレビのアンテナの近くでした。 そのそばにあった洗濯機も処分しました。 その晩は疲れていたし、ドラマもなかったし、テレビをつけずに寝たような気がします。 やっぱりあの移動と関係が。 電気屋さんに「テレビ映らなくなったので」と助けをもとめようと考えて、 その前に、テレビのある部屋(すなわち台所兼居室)の中に入って来ても大丈夫なようにお片付け。 それから外に出て、ここがこうつながっているのよねと調べてみました。 アンテナからコードが伸びて、お湯のボイラーのある建物のコンセントに差すようになっています。 抜けてません。 このコードは知らずに以前抜いて、テレビが映らなくなったので、ちゃんと「アンテナ用」とラベルをつけてあります。 外に出たり中に入ったりしてたどってみると、そのコードはアンテナまで行っているのではありませんでした。 そのコードの先にはテーブルタップがあっただけでした。 そこに洗濯機とか冷蔵庫とかアンテナに行くコードとかを差していたようです。 断線部位発見 ではアンテナにいくコードはどれか? ありました。 ちょん切られてプラグのついてないコードが。 昨日のどさくさで、これもいらないコードだと思った誰かがちょん切ったのでしょう。 幸いプラグの部分を切り落しただけのようで、プラグさえひっつけてコンセントに差せるようにすれば、直るかも… どうしてそういうことになったか、 うちの父は電気の配線とかいろいろちょこちょこするのが好きで、そのあたりにもコードがたくさん這ったりぶら下がったりしているのです。 ここに住みついてもう4年近くなりますが、はい、私も片づけていませんでした。 なくなったプラグの代わりに、いっぱい転がっている古い延長コードから、ネジが錆びていない新しそうなプラグをみつけて外しました。 そして、このプラグをアンテナからのコードの先につけるのですが、古いコードというのは、外のビニール?が老化していてカチンコチン。 ペンチで切れ目を入れて引っぱったら、はい、線が2束出てきました!というようにはいきません。 引っぱったら中の線もろとも切れました。 うーん、やっぱり電気屋さんに行って、コードも新しくしてもらうかと迷いつつ、今度はカッターを取ってきて削りました。 中の線を切らないように外側だけ取ろうというのですからなかなかたいへん。 失敗を繰り返しながら、2束の線を露出することに成功。 プラグの中のネジに巻き付けて、プラグのふたを閉じようとすると、閉まりません! 映った! ふたがなくても問題ないはず。 コンセントに差しました。 家の中に入ると、テレビの番組が魔法みたいに映っていました! 当然なんですけど。 プラグのふたは、ネジ止めの代わりに、ネジごと、父がたくさん残してくれた?絶縁テープで巻いてしまいました。 ついでにコンセントの使ってない差し込み口も絶縁テープで塞ぎました。 一応、簡単な屋根のあるところですが、雨風で、ショートもせずによくまあ無事だったと思いました。 水がかかったらどうなるのか、私の理科の知識ではナゾです。 プラグとコードのつなぎ方など、私がいったいいつ覚えたのか不思議です。 簡単ではありますが、最近の電気製品はプラグとコードが一体化してます。 ネジ止めではありません。 私は、自分の手でいろいろできた幸せな時代に生まれたのかもしれません。 老化したビニールの被覆を削りながら、電気の取り扱いの資格を取ろうかと一瞬思いましたが、大丈夫です、忘れました。 なぜネジが閉まらなかったか、それはプラグのふたの中に突起が2つあったからです。 その突起は柔らかいコードなら押さえつけて曲げて、ネジが閉まるはずだったのです。 プラグを取った古いコードを見るとその部分におさえられた跡があります。 長いコードがあっちこっち動いても、プラグの中でコードを固定して電線が切れないようにする仕組みでしょうか。 直すのに、他の人の手もわずらわせず、お金もかからず、一応、めでたしめでたし、でした。 コードには「アンテナ用」とラベルをつけておきました。 私がオーストラリアに帰ったあと、この建物は残るのか、 誰かが住んでくれるのか、 ともかく、これで「受信できません」メッセージは当分見なくてすむでしょう。

次の

何故つかない?突然、テレビの電源が入らなくなった時の原因と解決方法

スイッチ テレビ に 映ら なくなっ た

急にテレビが映らなくなった…その原因は様々です。 ブースターのコンセントが抜けていませんか? 「急にテレビが映らなくなって困っています」 このような内容のお電話を頂く時があります。 この場合、原因として一番初めに考えられるのが、電源のトラブルです。 アンテナには、電波を増幅するための「ブースター」という機器が取り付けられていることが多くあります。 設置場所は、多くの場合アンテナの直下ですが、室内や屋根裏に設置されている場合もあります。 このブースターには電源が必要なため、屋内のコンセントから電気を取っています。 ところがその電源が、気付かない内に抜けていることがあります。 掃除などの際、誤ってブースターのプラグを抜いてしまいそのまま気付かない。 新しい電気製品のプラグを差すコンセントが足りず、替わりに抜いてしまった。 お子さんがテレビゲームなどの接続で、親が気がつかないうちに抜いてしまうなどです。 このような場合は、ブースターの電源プラグをコンセントに差し直せば映るようになります。 アンテナの直下に取り付けられたブースター本体 屋根裏に設置されてブースターの電源部(左)とアンテナ線の屋内分配部 雷で自動的に保護回路が… 雷などの過電流でブースターの保護回路が作動し、自動的に電源を切ってしまう場合があります。 雷や地震の後、急にテレビが映らなくなった場合は、テレビのブースターのスイッチや電源を入れ直してみて下さい。 ブースターは、テレビの後、最近の新築の住宅では納戸や屋根裏、バスルームの上などに設置してあります。 一度、ブースターの電源を確認してみてください。 こちらのページもぜひ参考にご覧ください。 アンテナ線が断線、接触不良 ? ブースターが付いていないアンテナの場合は、断線が考えられます。 古いアンテナの場合は、長年の風雨でゆられるなどして、アンテナ線が断線したり、や接触不良になっている場合があります。 このような場合は、外見では分からない場合がほとんどです。 そのような場合には、アンテナ本体からテレビまで全体を調査し、トラブルの個所を特定し修理します。 アンテナケーブルの張り替えなどが必要にる場合もまります。 よくお問い合わせ頂くトラブルです。 特に屋根馬(屋根の上に建てたアンテナ)の場合、アンテナポールの下の方につけたパラボラアンテナは、強風で足元をさらわれやすくなります。 この場合、アンテナの方向調整をすれば直りますが、同時に、再発防止のための固定工事をしておくことをお勧め致します。 それでもトラブルの原因が分からない。 お客様ご自身でのトラブル解決が困難。 そんな時には、お気軽にアンテナマイスターにお電話下さい。 何時でもお伺いいたします。

次の