静か にし て ください 英語。 ホテルに英語でクレーム「騒音」「うるさい」「静かな部屋に替えて」

「静かにしてもらえますか?」を丁寧な英語で

静か にし て ください 英語

今回は、日本にある変な英訳を紹介している「Ministry of Japanese English」で取り上げられた実例を紹介します。 NHKのくらし解説の「ちょっと変だぞ その英語」でも紹介されていました。 当サイトでも、日本人の変な英語は紹介していますが、伝わらないどころか逆に混乱を生むきっかけになってしまうので、注意が必要です。 NHKによると、Ministry of Japanese English では無料で相談に応じてくださるそうです。 ありがたいですね。 間違い実例を詳しく紹介・解説してくれています。 とてもいい活動ですね。 「この水は飲めません」どころか、水が主語になっており、肯定文になってますので、「この水は飲みます」という訳になります。 目的語がないため何を飲むかはわかりませんがとりあえず、水が何かを飲むという意味になり、全く成立していません。 Disturb the neighborhood. ここは居住区です。 近所の人を邪魔しなさい。 」となります。 静かにしろという意味とは反対の意味の言葉がついています。 たぶんですが、「近所の人を邪魔します」を「近所の人にとっては邪魔ですよ」という意味で使おうとしたところ、直訳してしまい変な英語になってしまったということではないでしょうか。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は「Ministry of Japanese English」のInstagram ので紹介されれている日本人の変な英語を紹介しました。 どの例にも共通するのは、訳に気を取られすぎて何を伝えたいかわからなくなってしまっている点です。 文字というのは ノンバーバルコミュニケーションですから、シンプルに伝えることを考えるよいでしょう。 どう伝えるとわかりやすいか考えてみましょう。 困ったら「Ministry of Japanese English」に相談してみましょう。 NHKでは、相談は無料と紹介されていました。 ありがたいですね。

次の

「静かな」に関連した英語例文の一覧と使い方

静か にし て ください 英語

飛行機は楽しい旅行のはじまり。 緊張せずに会話を楽しみましょう 飛行機の中では、「毛布ください」「お水ください」など、「~ください」という言い方、よく使いますよね。 そんなとき、あなたが使うのは……、 Blanket, please. (ブランケト、プリーズ/毛布をください)でしょうか? これでもかまわないのですが、 Can I have~? (キャナイハブ~)を使って、もっと英語らしい表現にしてみましょう。 Can I have ~? は、何かをくれるようお願いするときの、ちょっと丁寧な言い方です。 (キャナイハヴサムビア/ビールをもらえますか?) など、なんでも Can I have ~? で頼めばOKです。 飲み物にはよく someをつけますが、なくても通じますす。 「キャナイハブ~」はネイティブがよく使う表現で、慣れればとても言いやすいので、ぜひ使ってみてくださいね! ください/Can I have~を英会話例文で確認してみよう! 【毛布をもらってみよう!】 あなた:Excuse me. Can I have a blanket? (イクスキューズミ。 キャナイハヴァブランケト/すみません、毛布をもらえますか?) 乗務員:Sure. Here you are. (シュア。 ヒアユア/はい、どうぞ) 【水をもらってみよう!】 あなた:Excuse me. Can I have some water? (イクスキューズミ。 キャナイハヴサムウォータ/すみません、お水をもらえますか?) 乗務員:Sure. Would you like some ice in it? (シュア。 ウドューライクサムアイスィニィト/はい、氷は入れますか?) あなた:No, thank you. (ノウ、サンキュー/いいえ、結構です) 【ビールをもらってみよう!】 あなた:Excuse me. Can I have some beer? (イクスキューズミ。 キャナイハヴサムビア/すみません、ビールをもらえますか?) 乗務員:Sure. We have Asahi and Budweiser. Which one would you like? (シュア。 ウィハヴアサヒアンバドワイザ。 ウィッチワンウドューライク/はい、アサヒとバドワイザーがあります。 どちらがいいですか?) あなた:Asahi, please. (アサヒ、プリーズ/アサヒをお願いします) あわせて機内でのマナーを確認 遠い渡航先であれば10時間以上も乗っていることになる飛行機。 外国人と隣の席になることだってありますよね。 そんなとき、あとで「隣に変なジャパニーズがいたよー」なんて言われないためのコツをお教えします(対欧米人限定のマナーです)。 「鼻水は出たらかめ!」(Blow your nose! ブロウユアノウズ が原則。 だから欧米の人はああやって、人前でも平気で「ぶーっ」と鼻をかんでいるのです。 ビールを飲んでると、つい「げぷ~」 burp:バープ とか出てきちゃいますよね。 あれはまずいです。 大きな音でおなら fart:ファート が「ぶ~」とか出ちゃったくらい恥ずかしい(はずの)こと。 きれいなCAさんが「ふわあ~っ」とかやってるとガックリきちゃいますが、決してその人が怠け者ということではないのです、念のため。 【関連記事】•

次の

静かに怒ってる。 英語に訳したい。

静か にし て ください 英語

このコンテンツは、 がネイティブの翻訳者と協力して、日常英会話で使う表現や勉強法を できるだけ分かりやすい言葉を使って説明するメディアです。 こんにちは! 英会話ハイウェイ運営者のアキラです。 今回は、 「静か」の英語についてニュアンスごとに5つに分けて説明します。 「静か」の英語と言えば、やはり「quiet」や「silent」が思い浮かぶのではないかと思います。 では、「quiet」と「silent」の違いは分かりますか? どんなふうに使い分ければいいのでしょうね? この記事では、 「quiet」と「silent」の違いや、その他の「静か」の英語について説明します。 それぞれ意味が少しずつ違うので、正しい使い分けを覚えて、言いたいことを正しく伝えられるようになってください。 音がほとんどしない 音がほとんどしなかったり、人がほとんど話していないときの「静か」の英語は 「quiet」です。 「quiet」という言葉を使う場合、完全な静寂を期待されているわけではありません。 たとえば、図書館で本のページをめくる音や受け付けで話す声など、 ある程度の音は許容されるという含みがあります。 My father was a quiet person. 父は静かな人でした。 It's very quiet here. ここはとても静かですね。 You have to be quiet in the library. 図書館では静かにしなければなりません。 外にいる犬を静かにさせたいなら、犬を家の中に入れる前に、静かになるまで待つ必要があります。 音がまったくしない 音がまったくしなかったり、誰も話していないときの「静か」の英語は 「silent」です。 「silent」という言葉を使う場合、 完全な静寂が期待されます。 たとえば、小さなペアピンを床に落としただけでも音が響きわたるような静寂さです。 The classroom was completely silent when the teacher came in. 先生が入ってきたとき、教室は完全に静寂でした。 The town was as silent as the grave. 町は、墓場のように静かでした。 彼女は英語を話せなかったので黙っていました。 なお、「silent」は、前に紹介した「quiet」と意味が似ているので、あまり区別せずに使われることもあります。 音も動きもない 音も動きもなくて静かという意味の英語は 「still」です。 「quiet」や「silent」は音に焦点を当てた言葉ですが、「still」は 動きがないということに焦点を当てた言葉です。 つまり、動きがないから音がせずに静かであるという意味です。 The house was still as everybody was asleep. 誰もが眠っていたので家は静かでした。 The room grew still when she started singing. 彼女が歌い始めたとき、部屋は静まりかえりました。 警察官は、彼に静止して銃を捨てるように命令しました。 気持ちが平穏である 騒音がなくて静かだったり、心配事がなくて平穏な状態であることを英語で 「tranquil」と言います。 「tranquil」は、環境や気持ちについて使うことができます。 I want to have a tranquil garden where I can spend all day reading a book. 1日中、本を読んで過ごせる静かな庭がほしいなあ。 I would like to live a tranquil life in a peaceful village. 平和な村で静かな人生を生きたいなあ。 トランキライザーは、精神安定剤のことや。 「tranquil」(形容詞)の動詞形は「tranquilize」(静かになる、落ち着かせる)で、その名詞形が「tranquilizer」(トランキライザー、精神安定剤)ということやな。 ちなみに、「tranquil」は「calm」(静かな、穏やかな)と同じような意味やけど「calm」の方がよく使われる。 口調が静か 穏やかで威圧的でない音や声について使うのは 「soft」です。 「soft」は、文字通りには「柔らかい」という意味です。 でも、音や声について使うときは、「soft voice」(小声、穏やかな声)のような意味になります。 My father spoke in a soft voice. 父は、静かな口調で話しました。 I like to listen to soft music while studying. 私は、勉強しているときに静かな音楽を聴くのが好きです。 英語を話せるようになる勉強法とは? この記事では、「静か」の英語についてニュアンスごとに5つに分けて説明しました。 正しく使い分けることで、言いたいことを正しく伝えることができるので、この機会に覚えてしまってください。 ただし、 よく使う表現を暗記しただけでは、英語を話せるようにはなりません。 言いたいことを英語で言えるようになるには、英語を話すための専用の勉強が必要です。 そのための勉強法について詳しくは、メール講座で説明しています。 以下のページから無料で参加して、不要になればいつでも解除できます。 気軽に参加してください。

次の