レシピ チャーハン。 電子レンジと耐熱ボウルで3分!なのにスプーンが止まらないおいしさの「ハム卵チャーハン」

最強の街場チャーハンは「しっとり」が旨い!大山『丸鶴』秘伝のレシピを大公開

レシピ チャーハン

中でも安心して食べられるチャーハン。 冬のダイエット、どう成功させようか悩んでいる人も少なくないでしょう。 運動はさておき、食事コントロールをしようとすると、やっぱり大敵は、「糖質」。 こういう我慢って、できればしたくないものですよね。 そこで今回は、いつものお家チャーハンを美容向けにするための簡単コツを3つご紹介したいと思います。 そのために重要なのが、「たんぱく質」。 野菜に多く含まれる「食物繊維」は、血糖値コントロールの点で役立ちますが、食欲増進に関わるグレリンというホルモンを刺激するのは、たんぱく質であることが分かっています。 また、美肌・美髪作りには欠かせない栄養素でもあります。 チャーハンに使用するごはん量をいつもの8割にセーブし、卵やチャーシュー、かまぼこ類などを2倍量にすることで、全体量をコントロールしながら、満足度の高い美容チャーハンに仕上げましょう。 できれば加熱に強い美容オイル 「ダイエットの時には油は控えめに」というのは大いなる誤解。 特に主食(米・パン・ジャガイモなど)による血糖値の急上昇を緩やかにするために、オイルは有効であることが分かっています。 つまり、積極的に使うべき。 せっかくなので、美容オイルを選びつつ、加熱に強いものが理想的です。 オリーブオイルかアボカドオイルがオススメです。 あまりにたくさんの食材を入れすぎると、チャーハン本来の魅力が失われてしまいます。 そこで推奨したいのは、「チャーハンの脇に美容食材を添える」というアイディア。 ダイエット中に不足しがちなビタミン・ミネラルがしっかり補えることや、肌に潤いを与えたり、整腸作用を期待すべく、オススメしたいのは、豆苗、海苔、ナッツ。 これらは食感や香りもアップして、チャーハンの味わいに奥行きを与えてくれます。 以上3点をふまえて作ったレシピをご案内しましょう。 【作り方】 1 大きめのフライパンにオリーブオイルと生姜をひいて火にかける。 香りが出てきたら、溶き卵を流して、かき混ぜる。 2 卵が8割固まってきたら、ごはんとチャーシューを加えて香ばしく炒める。 火加減は強めの中火。 3 オイスターソース、マヨネーズ、こしょうを加えて強火で仕上げる。 4 お好みの器に盛り、豆苗、海苔、ナッツをお好みで添える。 <文・写真/スギアカツキ> 【スギアカツキ】 食文化研究家、長寿美容食研究家。 東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。 基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。 現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。 女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。 著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。 Instagram: sugiakatsuki/Twitter: sugiakatsuki12 外部サイト.

次の

パラパラチャーハンのレシピを<銀座アスター>が伝授。プロ並みの味を作る裏ワザとは?

レシピ チャーハン

チャーハンの下ごしらえ まず、チャーハンを作る前にご飯を炊くところからスタートします(今回は2人分で1. 5合炊、炊き上がり約450~500gほど)。 というのも チャーハンを作るには炊き立てのご飯を少し冷ますくらいが、ご飯の表面が崩れていないので粘りが出にくく、くっつきにくいパラパラのチャーハンになる!と思います。 5合分の米を研いで水加減をしたあとに そこから大さじ1の水を抜くくらいの、ちょっと少なめの水加減で硬めにごはんを炊きます。 その場合は大さじ2の水を抜くくらいの水分量で炊きましょう!炊き立て以外の方法は下の補足にて。 ご飯が炊けたらすぐに、バットや大きな平皿に取り出して広げて粗熱を取ります。 粗熱を取る時間は5~10分くらいで、冷ましすぎないことも大切です。 基本のチャーハンに合わせる具は長ねぎと卵。 こちらはご飯を冷ます間に長ねぎを切るとよいです。 ねぎはみじん切りにして、容器に入れておきます。 卵2個分はボウルに割って箸でほぐします。 塩ひとつまみ(分量外)を加えて、しっかり混ぜ合わせておきます。 写真では中華鍋を使っていますが、大きめのフライパンでもOKです。 卵を入れる前に、しっかり油が熱くなるまで加熱します(中華鍋の場合は煙が出てくるくらいまでしっかり!)。 卵を炒める時は少しだけ火を落とします。 それから卵を入れ、箸ですぐ全体を混ぜ合わせます。 卵全体が半熟になって固まれば、卵液を入れていたボウルにすぐに取り出します。 くっつきやすいフライパンや鍋の場合は、一度洗って乾かすか、キッチンペーパーなどでさっと汚れをふき取ってから次へ移るとよいです。 ここからは終始強火でチャーハンを仕上げていきます。 油がしっかり熱くなれば、ねぎのみじん切りを入れてさっと炒めます。 ねぎをさっと炒めたら、すぐに粗熱を取っておいたご飯を加えます。 ヘラの先でご飯の全体を6~7回、ほぐすようにつついて、鍋を振って、またご飯を同じようにほぐすということを何度か繰り返します。 ご飯を炒める時間は1分ちょっとくらい。 上の流れを繰り返して、強火で炒めながらご飯を温めつつ、しっかりほぐします。 ご飯とねぎを炒めたら、卵を戻し入れます。 卵をヘラの先でほぐしながら、前の工程のように、鍋を振りながら炒めます。 チャーシューなどを加えるなら、ねぎと一緒のタイミングで入れるとよいです。 ご飯は保温時間が長かったり、しゃもじで何度も混ぜることで、表面が崩れて粘りも出やすくなります。 そういった粘りの出やすい、くっつきやすいご飯でチャーハンを作るよりも、炊き立てがやはり作りやすさの面でも味の面でもおすすめです。 炊き立て以外なら、炊き立てのごはんを急速冷凍したものなどがよいです。 お米の品種によっても、炊きあがりの粒感がしっかりしているかどうか、粘りが出やすいかどうか、など違いがあります。 品種をいろいろ試してみるのも面白いです(参考までに、上の写真のとき含め、私はつや姫で作ったチャーハンが好きです)。

次の

基本のチャーハンを丁寧に美味しく作るレシピ/作り方:白ごはん.com

レシピ チャーハン

「チャーハンを家のキッチンで上手に作る」って永遠の課題ですよね。 ごはんと具材を炒めるだけなのに、「ごはんがくっついてベチャっとする」「パラッとなるまで炒めようとすると時間がかかりすぎて焦げてしまう」「なんだか油っぽくなる」など、なかなか上手にできないもの。 やはりお店のように強い火力のコンロや鉄の中華鍋がないと無理なのか……と諦めるのはまだ早い! 実はそんな悩みを簡単に解決する驚きの裏ワザがあるのだそう。 教えてくれるのは、<銀座アスター>伊勢丹新宿店料理長、安蒜(あんびる)義政シェフです。 チャーハンをパラッとさせる裏ワザは、ごはんを水洗いすること! 「レストランのチャーハンは、火力の強いコンロでよく油のなじんだ中華鍋を使って作ります。 そのため、ごはん同士がくっつく余地がなくパラパラに仕上がりますが、ご家庭だとコンロの火力も弱く、そもそも中華鍋をお持ちでないことも多いですよね。 事前にさっと水洗いすれば、表面のぬめりが取れて、炒める前にごはんがパラパラの状態になります。 このとき使うのは余分な水分が飛んだ冷やごはんがおすすめ。 ただし洗ったあとは、しっかりと水けをきりましょう」 実際に作り方を見ていきましょう。 今回は「家庭のコンロ&フッ素樹脂加工のフライパン」という条件で上手にチャーハンを作る方法を教えていただきます。 量が多いと具材や調味料が全体に混ざりにくくなるので、直径26㎝のフライパンなら多くても2人分まで。 パラパラに徹底的にこだわるのであれば1人分ずつ作るのがベストでしょう」 <材料>(1人分)• 冷やごはん…180g(茶碗山盛り1杯)• 卵(L玉)…1個• チャーシュー(細かく刻む)…30g• えび(ボイルしたもの・細かく刻む)…20g• 青ねぎ(小口切り)…15g• しょうが(みじん切り)…少々• サラダ油…小さじ2• 塩、こしょう…各少々• ごはんは水洗いし、よく水けをきる 冷やごはんはさっと水洗いしてザルにあげ、ペーパータオルでしっかりと水けをふき取ります。 「水のきり方があまいと、ベチャっとした仕上がりになるので、よく水分をふき取るようにしましょう」 2. フライパンにサラダ油、しょうがを入れて中火にかける フライパンにサラダ油を入れて全体になじませ、しょうがを加えて強火にかけます。 「しょうがは『風味づけ』ではなく、油の『におい消し』という理由で加えます」 3. 卵を加え、大きく混ぜる 油を十分に熱したら溶いた卵を一気に加え、木べらで大きくかき混ぜます。 Q:フライパンはあおらなくていいの? A:プロの料理人が鍋をあおるのは、火力が強いから。 食材が鍋肌に当たって焦げるのを防ぐためです。 家庭のコンロはそこまで火力が強くないのであおる必要はありません。 むしろ温度が下がってしまうので、なるべく避けて。 Q:手早く作業しないとダメ? A:チャーハンというとスピーディに仕上げるイメージが強いですが、家庭のコンロなら強火にしたところであまり火力は強くないので、慌てなくても大丈夫です。 それよりもここではある程度時間をかけて、卵とごはんをよくほぐし、しっかりと水分を飛ばすことがチャーハンをパラパラに仕上げるポイントです。 塩、こしょうをふる ごはんと卵がよく混ざり、水分が飛んだら、塩、こしょうをふってさっと炒めます。 Q:チャーシューがない場合は? A:ベーコンやハム、ウインナソーセージなど、旨みの強い食材で代用可能です。 チャーハンの具材はチャーシューなどの味が出るもの、ねぎ、卵があれば十分おいしく作れます。 今回は彩りでえびを使いましたが、それ以外の具材は季節に応じて好みのものを使ってみてください。 青ねぎを加えてさっと炒める 軽く炒めたら青ねぎを加えます。 「緑色が映えるので、九条ねぎや万能ねぎなどの青ねぎがおすすめですが、長ねぎでも問題ありません」 8. しょうゆを鍋肌から加え、さっと混ぜたら完成! さっと炒めたらしょうゆを鍋肌に当てるようにして加え、全体をよく混ぜます。 「しょうゆは最初に加えると、チャーハンが黒く焦げてしまう可能性があるので、仕上げに加えましょう。 鍋肌に当てることで香ばしい香りを引き出します。 ここまで『フライパンはあおる必要はない』と言っていましたが、最後は『一気に全体を混ぜる』という意味で、あおるのも有効です」 Q:仕上げにごま油は入れなくていいの? A:ごま油は「香り油」といって、中華料理では風味づけによく使われますが、今回はしょうゆの香りを生かしたいので不要です。 シンプルなのに滋味深い! パラパラ絶品チャーハンの完成 器に盛ったとたん、パラッと崩れる黄金のチャーハン。 食べると、ごはん粒と具材の旨みが一体となって口いっぱいに広がります。 チャーシューの噛み応え、ねぎのシャキシャキ感がアクセントになっていて、食べる手が止まりません。 やさしくて滋味深い、毎日でも食べられそうな飽きのこない味わいです。 「特別な調味料や食材を使わずともおいしいチャーハンは作れます。 シンプルが一番!」 プロが教えてくれた驚きの裏ワザ。 騙されたと思ってぜひ一度試してみてください。 まるでお店のような仕上がりにきっと驚くはずです。

次の