米津 玄 師 パプリカ セルフ カバー。 米津玄師「パプリカ」セルフカバー評:幅広い世代を虜にするアレンジャーとしての手腕

米津玄師「パプリカ」セルフカバー評:幅広い世代を虜にするアレンジャーとしての手腕

米津 玄 師 パプリカ セルフ カバー

パプリカはNHK「2020応援プロジェクト」の曲 とはNHKの「2020応援プロジェクト」の一環として作られた曲です。 オーディションで選考された、小学生5人のユニットFoorinが歌い、作詞作曲を米津玄師さんが手がけた事でも話題となりました。 2018年7月に発売され、8月、9月にはNHKのみんなの歌にもなり、幼稚園や保育園、小学生に絶大な支持を得る曲となっています。 パプリカはYouTube動画も人気 YouTubeでもダンス動画が公開され、子供達が踊る振り付けを真似る子が続出するほどの人気となっています。 幼稚園などでも話題になり、親子で口ずさめる話題の曲となっています。 パプリカのCDはアートワークも秀逸 加藤隆さんがデザインを手がけるパプリカのアートワークは秀逸で、ジャケや中ジャケもその世界観が存分に堪能できます。 子供向けの曲らしくノスタルジックな感じを受けますが、奥深さも兼ね備えていて子供達のアートへの興味を持たせてくれるような感じです。 米津玄師さんのセルフカバーのパプリカ 作詞作曲を手がける米津玄師さんのセルフカバー 子供達の大人気のパプリカですが、2019年8月には米津玄師さん自身による歌唱のバージョンが発表されています。 この曲がNHKみんなの歌の8月、9月の曲となっていて話題です!! 音楽的に優れたパプリカのセルフカバー パプリカのセルフカバーは、米津玄師さんのこだわりが随所に見れる曲となっています。 まずはイントロのピアノの正しく調律されていないような感じと、音が歪んでいてとても印象的です。 近年のLO FI HIP HOPなどでよく使われる手法で、古くは戦場のメリークリスマスのイントロなどにも用いられており、印象的な始まりをより強調してくれる効果があります。 そして平歌部分のドラムは裏打ちと、さりげないリムショットで徐々に盛り上がっていく現代のEDMなどによく見られる手法になっています。 そしてBメロではさらにTRAPなどでよく聞くような音色のドラムが足され、サビ前の盛り上げに一役かっています。 そしてサビでは笛の音などがノスタルジックな原曲をさらに盛り上げるような効果を生み出していて、トロピカルハウスなどにも通じる要素です。 途中に挿入される気づかない程度の声ネタも良いスパイスとなっています。 サビのバックに入るリバースのかかった音も音作りに関するこだわりが見て取れます。 それらの上で、米津玄師さん自身が歌う事で曲の持つノスタルジックな雰囲気が強調されて心に響く曲となっています。 パプリカは全世代対応型のヒット曲となった パプリカはFoorinのヒット曲が子供とその親に愛され、米津玄師さんが自ら歌唱する事で中高生まで幅広く支持されて、全世代対応のヒット曲となる要素を満たしたと言えます。 曲の持つ素晴らしさがこのような形になる、良い例そして参考にしたい手法であると言えます。 まとめ パプリカは米津玄師さんのセルフカバーで、さらに世代をこえて愛されるヒット曲となった。 パプリカを子供と一緒に聞きながら歌って踊る瞬間は最高です。

次の

パプリカの米津玄師セルフカバーが音楽的に魅力な理由

米津 玄 師 パプリカ セルフ カバー

がNHK『みんなのうた』8-9月のうたとして、自身が書き下ろした楽曲「 パプリカ」をセルフカバーすることが決定した。 合わせて Foorinの最新アーティスト写真も公開となった。 小学生5人組ユニットFoorinが歌唱している楽曲「パプリカ」 「パプリカ」は2020年とその先に向けて、頑張っているすべての人たちを応援するプロジェクトの曲として、2018年7月に発表。 米津玄師が書き下ろした「パプリカ」は、オーディションによって選ばれた小学生5人組ユニットFoorinが歌唱、ダンスの振付を辻本知彦、菅原小春が担当している。 Eテレの多くの番組とのコラボレーションをはじめ、全国各地の子どもたちとともにパプリカをおどるイベントを定期的に開催し、関連動画のYouTube総視聴回数は1億7,000万再生を突破するなど、子供たちの間で今最も人気のあるキッズソングとして認知されている。 <NHK>2020応援ソング「パプリカ」ダンス ミュージックビデオ 今回はプロジェクトが2年目に突入することを機に、作詞・作曲・プロデュースを担当した米津自身がセルフカバーを制作。 映像は、Foorin「パプリカ」のシングルジャケットを描いた、加藤隆が手がける事に決定した。 楽曲は8月1日(木)10時55分よりNHK総合『みんなのうた』にて初回放送されることが決定している。 また、合わせてFoorinの最新アーティスト写真が公開となった。 今までの赤色をメインとした衣装から心機一転、パプリカの「黄色」をメインカラーとし、広大な青空と海をバックに、ちょっぴり成長した、元気な表情をみせる新ビジュアルとなった。 奇しくも米津玄師・アーティスト写真と同じ海岸で撮影されたアーティスト写真は、結成後1年が経ち、可愛らしくもどこか逞しくなった5人の成長を感じさせる、元気いっぱいな写真となっている。 今や日本中の子供たちに愛される楽曲に育った「パプリカ」をどのように米津玄師が歌うのか。 是非とも8月1日の初回放送をチェックしてみてほしい。

次の

米津玄師さん「パプリカ」MV、自身11作目の1億再生突破|文化・芸能|徳島ニュース|徳島新聞

米津 玄 師 パプリカ セルフ カバー

「パプリカ」は2020年とその先に向けて、 頑張っているすべての人たちを応援する「<NHK>2020応援ソングプロジェクト」の曲として、2018年7月に発表されました。 Eテレの人気番組とのコラボや、番組の合間合間に「パプリカ」が流れるため、 小さな子供たちを中心に大人気な曲です。 本来は小学生5人組ユニット「Foorin(フーリン)」が歌唱を担当しているため、これまで米津さんが歌っているバージョンは発表されていませんでした。 筆者は元々の「パプリカ」ももちろん好きなのですが、 「いつか米津さんバージョンが聴きたいなぁ」と思っていたため、今回のセルフカバーは飛び上がるほど嬉しかったです。 米津玄師「パプリカ」セルフカバーにファンの反応は? 米津玄師さんの「パプリカ」セルフカバーバージョンを聴いた、ファンの反応をまとめました。 なんですかあれ 美しく軽やかでスタイリッシュな 感じで後半くらいの和な感じが🌺 — だれ。 すごく良かったな~!!! 米津さんが「パプリカ」を歌うのを心待ちにしていたのか、みなさんの嬉しそうな様子がこちらにも伝わってきます。 Twitterでは、 「 パプリカ米津玄師バージョン」と言うタグも生まれているようですよ。 みなさんの感想が見たい方はぜひ検索してみてくださいね。 まとめ:米津玄師「パプリカ」セルフカバーアレンジがおしゃれで最高! いかがでしょうか。 今回は、 米津玄師「パプリカ」セルフカバーバージョンについての情報、動画や放送日、「パプリカ」を実際に聴いたファンの反応をまとめました。 「Foorin」の歌う無邪気な「パプリカ」ももちろん良いのですが、米津さんの「パプリカ」も非常に良い曲ですね。 大人が昔の楽しかった思い出を振り返るような…米津さんの歌う「パプリカ」には、大人のほろ苦さを感じた気がします。 あくまで筆者の感想ですが。 風がふわっと通り過ぎていくような、あたたかい音楽を浴びた感覚です。 米津さんの曲のパワーには毎度驚かされますね。 放送開始の8月1日から9月末まで何度も聴けますので、聴きそびれた方はぜひ米津さんの音楽を身体中に浴びてくださいね。 これからも、米津玄師さんの情報を紹介していきます。 このブログには、 米津玄師さんの最新情報, ライブ情報, コラムなどを掲載しています。 その他にもライブ, セトリ, グッズ, CD・DVD, MV PV について、さらに新曲情報やプロフィール、彼女の噂なども随時更新中! 米津玄師さんがボカロP(ハチ)だった頃から米津さんが大好き。 そんな管理人が、米津さんファンの方や初めて米津さんを知った方にもわかりやすく、皆さんに愛されるブログを目指して頑張っていきます。

次の