ほくほく フィナンシャル グループ。 【2019年最新】ほくほくフィナンシャルグループの売上・業績を調査!四半期ごとの推移や、業界内のランキングを紹介!

グループ企業一覧

ほくほく フィナンシャル グループ

スポンサーリンク ほくほくフィナンシャルグループについて 会社概要 社名 ほくほくフィナンシャルグループ 本社所在地 会社URL 代表者 庵 栄伸 資本金 70,895百万円 従業員 5356 業界 銀行・信金 ほくほくフィナンシャルグループの業績の推移・変化率 過去3年間の売上の推移 年間売上は1836億円。 3年間の変化率は97. 直近3年間での成長率は97. 四半期ごとの売上高・営業利益 期 四半期売上高 四半期営業利益 2017年1Q 458. 83億 — 2017年2Q 480. 77億 — 2017年3Q 488. 37億 — 2017年4Q 446. 23億 — 2018年1Q 466. 6億 — 2018年2Q 451. 03億 — 2018年3Q 454. 66億 — 2018年4Q 436. 87億 — 2019年1Q 444. 88億 — 2019年2Q 473. 9億 — 2019年3Q 443. 33億 — 2019年4Q 474. 銀行・信金業界の売上高ランキング第1位は 日本郵政、第2位は 三菱UFJフィナンシャル・グループ、第3位は 三井住友フィナンシャルグループになっています。 売上高:全体では第637位 CareerBookが調査した有名企業約3000社の中で、ほくほくフィナンシャルグループは 売上ランキング637位です。 順位 会社名 売上高 1位 22,418万円 2位 14,394万円 3位 12,029万円 4位 7,302万円 5位 7,188万円 6位 7,153万円 ・・・・・・・・ 37位 3,479万円 38位 3,478万円 39位 3,472万円 40位 3,463万円 41位 3,438万円 42位 3,429万円 43位 3,414万円 44位 3,370万円 45位 3,369万円 46位 3,349万円 47位 3,296万円 ・・・・・・・・ 84位 2,022万円 スポンサーリンク 従業員数やキャッシュフロー、資産などの情報 営業キャッシュフロー 年度 営業キャッシュフロー 2019年 416. 14億 2018年 1493. 89億 2017年 6088. 69億 投資キャッシュフロー 年度 投資キャッシュフロー 2019年 1849. 49億 2018年 4977. 74億 2017年 -236. 76億 財務キャッシュフロー 年度 売上高 2019年 -476. 94億 2018年 -76. 97億 2017年 -440. 78億 総資産 年度 資産 2019年 13兆1859. 72億 2018年 12兆9962. 92億 2017年 12兆4294. 25億 従業員に関するデータ 平均年収 万円 従業員数 5356人 平均年齢 歳.

次の

株式会社ほくほくフィナンシャルグループ (富山市|銀行

ほくほく フィナンシャル グループ

年 従業員数 平均年齢 勤続年数 年収 2018年 12人 47. 7歳 23. 2年 931万9000円 2017年 12人 44. 4歳 21. 5年 856万6000円 2016年 13人 44. 0歳 20. 5年 901万1000円 2015年 13人 44. 1歳 20. 0年 894万2000円 2014年 13人 42. 0歳 18. 3年 867万5000円 2013年 13人 40. 6歳 16. 7年 818万5000円 2012年 13人 42. 0歳 17. 1年 887万6000円 2011年 12人 43. 0歳 18. 0年 914万5000円 2010年 12人 42. 0歳 17. 0年 905万5000円 2009年 12人 41. 4歳 16. 5年 865万6000円 ほくほくフィナンシャルグループの年収偏差値 3000社以上の上場企業におけるほくほくフィナンシャルグループの年収偏差値を算出いたしました。 このデータによって、ほくほくフィナンシャルグループの年収が上場企業内、業界内、都道府県内においてどれほどの位置にあるのか相対的な状況を知ることができます。 都道府県別での 年収偏差値 81. 7 23社中 ほくほくフィナンシャルグループの年収偏差値は69. 2でした。 平均よりもかなり良い収入状況です。 偏差値60以上は全体の16%程度。 上位2割に相当する優良企業といえます。 全国を対象とする上場企業全体の年収偏差値よりも、業種内や都道府県別の年収偏差値に注目した方が良いケースもあります。 全企業を含めてしまうとコンサル系や銀行業など高収入体質の業界も含めて対比することになり、その企業の実態を把握しにくくなるためです。 サービス業や小売り系は総じて低収入だったり、東京や大阪には年収2000万円に近い企業があったりと企業を取り巻く状況は様々であることを加味して判断すると適切な企業状況を知ることができます。 ほくほくフィナンシャルグループの全上場企業中の年収ランキング 3000社以上ある上場企業の中でのほくほくフィナンシャルグループのデータを上場企業別・業種別・都道府県別にランク付けしました。 ほくほくフィナンシャルグループの平均年収 931万9000円、生涯年収 2億6873万8652円のランキングは以下の結果となりました。 年齢 月額給与 給与 年間 ボーナス 年間 年収 30歳 36万3068円 435万6824円 129万5577円 565万2401円 31歳 38万549円 456万6589円 139万1493円 595万8083円 32歳 39万8029円 477万6354円 148万7409円 626万3764円 33歳 41万2683円 495万2203円 156万6194円 651万8398円 34歳 42万4511円 509万4136円 162万7846円 672万1982円 35歳 43万6339円 523万6068円 168万9497円 692万5566円 36歳 44万8166円 537万8001円 175万1149円 712万9150円 37歳 45万9994円 551万9934円 181万2800円 733万2735円 38歳 46万9995円 563万9946円 187万8438円 751万8386円 39歳 47万9213円 575万566円 194万5786円 769万6352円 40歳 48万8432円 586万1184円 201万3132円 787万4317円 41歳 49万7650円 597万1803円 208万479円 805万2282円 42歳 50万6868円 608万2422円 214万7826円 823万248円 43歳 51万6880円 620万2566円 221万3653円 841万6219円 44歳 52万7686円 633万2235円 227万7957円 861万192円 45歳 53万8492円 646万1904円 234万2261円 880万4166円 46歳 54万9297円 659万1573円 240万6566円 899万8140円 47歳 56万103円 672万1242円 247万870円 919万2113円 48歳 56万8207円 681万8488円 253万1514円 935万3円 49歳 57万2258円 686万7099円 258万6666円 945万3765円 50歳 57万6309円 691万5709円 264万1819円 955万7529円 51歳 58万360円 696万4320円 269万6972円 966万1293円 52歳 58万4410円 701万2931円 275万2124円 976万5056円 53歳 56万5506円 678万6083円 261万7070円 940万3153円 54歳 53万1299円 637万5595円 235万5210円 873万805円 55歳 49万7092円 596万5108円 209万3350円 805万8458円 56歳 46万2884円 555万4619円 183万1491円 738万6111円 57歳 42万8677円 514万4132円 156万9631円 671万3764円 58歳 39万9504円 479万4058円 137万2459円 616万6518円 59歳 37万2489円 446万9876円 120万3011円 567万2887円 生涯賃金・生涯年収:2億6873万8652円 30歳から55歳の年収推移を今一度確認してみましょう。 30歳の年収は565万2401円 35歳の年収は692万5566円 40歳の年収は787万4317円 45歳の年収は880万4166円 50歳の年収は955万7529円 55歳の年収は805万8458円 30歳から順調に伸びて50代前半で最高年収に達した後は定年に向けてゆるやかに減少していきます。

次の

ほくほくフィナンシャルグループの企業研究

ほくほく フィナンシャル グループ

経営の透明性を高め、コーポレート・ガバナンスの充実に努めております。 基本的考え方 当社グループ(当社および子会社、関連会社)は、当社グループの持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を図るため、次の基本的な考え方に沿って、コーポレート・ガバナンスの強化・充実に努めております。 1 株主の皆さまの権利を尊重し、平等性を確保する。 2 株主の皆さまのみならず、お客さま、地域社会、従業員などのステークホルダーの利益を考慮する。 3 適切に情報を開示し、透明性を確保する。 4 監査等委員会の監査等の機能を有効活用するとともに、独立社外取締役の活用により取締役会の監督機能の実効性を高める。 5 中長期的な企業価値向上に向け、株主の皆さまとの建設的な対話に努める。 コーポレート・ガバナンスの状況 当社では、意思決定機関である株主総会・取締役会を頂点として、社内規定により運用権限の委譲を行うことで迅速に意思決定する体制を構築しております。 取締役会が決定した基本方針に基づく細目ないし専門的事項にかかる案件は、経営会議をはじめとする機関において迅速に対応しております。 また、経営会議とは別にグループ会社間で営業方針の徹底を図る「営業推進会議」を設置しております。 当社は、監査等委員会設置会社の形態をとるとともに、社外取締役を選任いたしております。 また、グループのガバナンス体制を強化し持株会社としての経営管理を適切に行うために、当社の主要な子会社である北陸銀行と北海道銀行の間では両行の出身者を相互に取締役に選任し、相互理解と相互牽制を図っております。 以上により、意思決定、業務執行、評価・修正を循環的に行う体制を構築しているほか、取締役会にて内部統制の基本方針を決定し、内部統制体制の整備を図っております。 主要な機関等の概要は以下のとおりです。

次の