キングオブコント ゾフィー。 【しずる/ゾフィー】キングオブコント決勝進出組【天竺鼠/さらば青春の光】

ゾフィーの腹話術コントのふくちゃんが可愛いと大人気!メルカリで販売されていた!|お笑いナビ

キングオブコント ゾフィー

略歴 [ ] 2人ともコンビ解消による離散を経験。 そして2人とも養成所に行っていない同士でもある。 共に相方がいない状態だった時にサイトウが上田から「社交的でないからどうしよう」と言った連絡を受け、サイトウは「上田がネタを書くのならいいかな」と思い直し 、この2人で2014年4月11日に結成。 以後、サイトウは上田に対し、上田にネタ作りに専念させる代わりにネタの練習に使うなどの費用やご飯を奢っている程度だが金銭的な援助をしている。 事務所に所属しないフリーランスのままキングオブコントにて3年連続準決勝進出。 2017年はファイナリストに進出した。 キングオブオブコント放送後の同年10月7日にグレープカンパニー所属となったことを報告。 コンビ名の由来はに登場するキャラクターのから(所属事務所の公式プロフィールにもあるように、英語表記もこれと同じ「ZOFFY」である)。 メンバー [ ]• 上田 航平(うえだ こうへい、 1984-12-17 (35歳) - )ボケ・ネタ作り担当 出身。 身長:170㎝、体重:55㎏ 血液型: 趣味・特技:読書、映画鑑賞、バス旅行 中学生の時に趣味のような感じでお笑い研究会のようなことをやっており、で漫才をやったことがあった。 本人曰く、これがけっこうウケたとのこと。 一方でもやっており、中学入学後すぐを買ったという。 過去に「チェルシー」というコンビでに所属し活動していた。 当時の相方・流木ターナーはに転向し、現在の名前でに所属。 大学卒業後に劇団を旗揚げしたが、上田があまりに尖っていたため50人ほどいた団員が突然全員辞めた。 その後、脚本・出演すべてを一人で行い劇団を再始動させる。 テレビ局や新聞社に自ら取材を申し込むほど熱心に取り組んでいたが、最終的に公演で火事が発生し劇団は終了した。 コント愛が強く、知名度が低くてもコントで食えていける芸人を増やすために、秋山寛貴()、加賀翔()、林田洋平()をメンバーとするコントユニット「コント村」を立ち上げ、「村長」を名乗っている。 坊主頭が特徴。 父は監督を務めた上田誠。 高校時代は剣道部に所属。 父親からのような厳しいトレーニングを受けていたが、あまりに厳しすぎたため野球をやめる。 すべてのネタを考え、ツッコミ部分も記述した上で台本をサイトウに渡している。 サイトウ ナオキ (本名: 斉藤 直樹、 1980-03-26 (40歳) - )ツッコミ担当 出身。 身長:173㎝、体重:65㎏ 血液型: 趣味・特技:ひとり酒、不動産探し、スポーツ吹き矢 高校生の時からをしていた。 相方の上田と同様にバンドをしていたこともあり、楽器はとを担当していた。 前妻に慰謝料と養育費を返し終えた(後述)のに合わせて27歳からお笑い活動を開始。 かつてアルバイトで一緒だった人がの養成所に行っていたこともあり、サイトウのお笑い志望のことを覚えていてその人から誘われる。 しかし当時のサイトウはとにかく人前に出たくない思いだったこともあり、月に1回しか舞台に立てず、これが2年ぐらい続いて結局この最初のコンビは解散となった。 過去にに所属し、「インチキ斉藤」の芸名での元相方上田ケントと、「あずう」というコンビで活動していた。 お互いにネタを書くのがキツく解散したという。 あずう解散後は1年間ほど芸人を辞めて普通に働いていた。 チェーンでとして勤務しており、を務めている。 2020年時点で年商2億円、3店舗を経営。 芸人も居酒屋も両方やりたいということで 、このことを会社に相談したら「広報みたいな形だったらどうだ」と提案され、芸人と居酒屋を両立することを決意した。 その後はライブなど芸人活動の後に会社に行くなど会社勤めとを両立させている。 からは会社を立ち上げ、居酒屋3軒の営業権を借りてに就任した。 バツイチであり、22歳のときにし、息子がいる。 相手の女性はバーテンダー時代に出会い、後を追う形で19歳のときに上京した。 その女性とは24歳で別れ、27歳の時までとを返し続けていた。 その後再婚して娘が生まれている。 「チェだぜ!」というギャグを持つ。 この『チェ』とはを意味するが、普通に舌打ちしている瞬間を岡部大(ハナコ)に目撃されている。 賞レース成績 [ ]• 2014年 準決勝進出• 2015年 キングオブコント 準決勝進出• 2016年 キングオブコント 準決勝進出• THE VERY BEST OF FREE2017 優勝• 2017年 キングオブコント 決勝8位• 2018年 キングオブコント 準決勝進出• 2019年 キングオブコント 決勝5位• 2019年 準優勝 出演 [ ] テレビ [ ]• () - 2012年6月10日、上田のみ「チェルシー」時代の出演• ()- 2017年4月25日• 2017()- 2017年10月1日• ()- 2017年10月27日他• ()- 2017年12月7日• モテワンコンテスト2017()- 2017年12月20日• (TBS)- 2017年12月20日• 第51回 2018(フジテレビ)- 2018年1月1日• お正月もいかがdeSHOW()- 2018年1月2日• (日本テレビ) - 「ワラガチャ! 」コーナー、2018年3月28日、4月25日、6月27日• (TBS)- 2018年4月1日• ()- 2018年4月20日• (テレビ朝日)- 2018年5月31日• (テレビ東京)- 2018年6月10日• ()- 2018年11月7日、14日、2019年2月6日• (日本テレビ)- 2020年1月5日、4月15日• (TBS)- 2020年2月11日• (日本テレビ)- 2020年4月20日• お助け! コントット(テレビ朝日)- 2020年7月11日、7月18日 ラジオ [ ]• () - 2016年5月21日・6月11日、2017年6月9日・11月17日(月間チャンピオン)、2019年8月9日• (TBSラジオ) - 2018年8月14日から、上田のみリポーターとしてレギュラー出演• それいけ! おしゃべりスター! (JFN PARK) 単独ライブ [ ]• 第1回単独ライブ「 悪魔にパンを投げろ!」(2016年3月19日、ユーロライブ)• 第2回単独ライブ「 おとなだろ」(2017年2月19日、ユーロライブ)• 第3回単独ライブ「 MU」(2017年6月17日、ユーロライブ)• 第4回単独ライブ「 TeHe」(2018年2月3日、ユーロライブ)• 第5回単独ライブ「 まっすぐズレてる」(2019年5月4日-5日、ユーロライブ) 合同ライブ [ ]• 「 わらふゾフィるお」(2019年1月31日、新宿バティオス) - とのツーマンライブ• 「 ZOMMY」(2019年、渋谷ユーロライブ)) - とのツーマンライブ• 「ゾフィーとやさしいズがやりたい16のこと」(2019年12月7日、新宿バティオス) - とのツーマンライブ 脚注 [ ]• Walive! 2017年2月12日. 2020年3月20日閲覧。 50)より• Twitter 2014年4月11日. 2018年1月1日閲覧。 テレビドガッチ 2017年9月26日. 2017年10月7日閲覧。 お笑いナタリー 2017年10月7日. 2017年10月7日閲覧。 2018年1月8日. 2018年1月23日閲覧。 お笑いナタリー. 2018年1月23日閲覧。 TVでた蔵. 2020年3月19日. 2020年3月20日閲覧。 2018年1月17日. 2018年1月23日閲覧。 ぽ~くちょっぷ篠木 怒りのメガトンパンチ 2016年8月9日. 2018年1月23日閲覧。 岡部, ハナコ 2020年1月27日. 2020年4月19日閲覧。 お笑いナタリー 2018年8月15日. 2018年8月15日閲覧。 お笑いナタリー 2018年12月9日. 2019年3月20日閲覧。 お笑いナタリー. 2019年12月21日閲覧。 お笑いナタリー. 2019年12月21日閲覧。 外部リンク [ ]• - Ameba• - Ameba•

次の

ゾフィー(芸人)はキングオブコントファイナリスト!インテリ上田と専務サイトウ?!

キングオブコント ゾフィー

ゾフィーのプロフィール 引用: 左: 上田 航平 (うえだ こうへい) 生年月日:1984年12月17日 出身地:神奈川県 身長:170cm 血液型:O型 コンビの役割:ボケ担当 右: サイトウ ナオキ 本名:斉藤 直樹(さいとう なおき) 生年月日:1980年3月26日 出身地:青森県 身長:173cm 血液型:O型 コンビの役割:ツッコミ担当 ゾフィーの2人は元々別のコンビで活動されていました。 上田さんが 「チェルシー」、サイトウさんが 「あずう」というコンビでした。 2人とも相方がいなかった2014年に 「ゾフィー」を結成! すると結成したその年に キングオブコントの準決勝まで進出! 結成した年に準決勝まで行くのは相当凄いと思います! 2015年と2016年も準決勝まで勝ち進み、 2017年に キングオブコント決勝に進出しました! そしてこれまではフリーで活動していたのですが、 2017年のキングオブコント後に 「グレープカンパニー」に所属しています。 サンドウィッチマンやカミナリがいる事務所ですね。 ネタはコントを行うコンビです。 演技力の高さが売りで、 特に上田さんが怒ったり、興奮した時の表情やキャラがとても面白いです。 上田さんは劇団を旗揚げした経験があるので、 この時の演技がコントに生かされているのでしょう。 ゾフィー上田の学歴が凄い!? 上田さんの出身大学は 慶応義塾大学でした! めちゃくちゃ頭が良いですね! 失礼かもしれませんが、意外でした(笑) お笑い芸人だと オリエンタルラジオのあっちゃんも慶応出身です。 更に上田さんのお父さんは 慶應義塾高等学校の野球部の監督を務めた上田誠さん。 慶應義塾高校は選抜に選ばれたこともある名門で、 上田誠さんは名将と言われていました。 お父さんの影響で慶応に進学したのかもしれません。 そうだとしても慶応に入学できるのが凄い。。。 スポンサーリンク サイトウは居酒屋を経営している!? サイトウさんは芸人の他に 居酒屋の仕事をしています。 しかも 3店舗も経営しています。 経営しているお店は以下のようです。 おいでや川越店• 大西鮮魚町田店• 副業というより2足のわらじという印象。 エンディングへ MCはニュークレープ、デビさん 取材のカメラが来ていると言うことでこれ映るかもよと、ゾフィーさん決勝進出おめでとうございますと、そこからお二人の意気込みを。 離婚の時期や理由、お子さんの性別までは分かりませんでした。 溺愛してそう(笑) まとめ 今回はゾフィーについて、まとめてみました。 キングオブコントでは結果を残せませんでしたが、 ゾフィーのコントは面白いものばかりです。 野球部のコントは最高なので、ぜひ見てみてください! 最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

次の

【最速予想】キングオブコント2020!優勝を掴み取り売れる芸人はだれ? 決勝日程はいつ?

キングオブコント ゾフィー

コンテンツ• お笑い芸人「ゾフィー」ってどんなコンビ? 所属事務所、同期の芸人、結成の由来 まずはコンビの基本情報から。 ゾフィーはボケ担当の上田航平さんと、ツッコミ担当のサイトウナオキさんの二人で構成されるお笑いコンビです。 結成は2014年で、前述のと同期になります。 芸人としてもまだまだ若手、キャリアの薄さに焦る時期ではないですが、その一方、自分たちが勝ち取りたかったビッグタイトルを手にしてスターの階段を登り始めた同期が居ることに、ゾフィーの二人はどんな思いを抱いているのでしょうか…。 ゾフィーは結成後、特定の事務所に所属することをしませんでした。 あえてセルフプロデュースをしてコンテストや賞レースに出場し、実力を磨いていたのです。 自分たちの、そして相方の秘めたる実力を確信していなければ、自責が重いセルフプロデュースをすることなんて出来ないですよね。 凄いです。 その結果、結成直後の2014年から連続でキングオブコントの準決勝まで進み、2017年にはとうとう決勝の舞台に立ってみせました。 それを機にセルフプロデュースを止め、サンドウィッチマンやカミナリ等実力派芸人が多く所属するグレープカンパニーに身を寄せ、現在に至っております。 ですが、その満願の舞台で披露したネタが、ネットを中心に物議を醸すことになってしまったのですが…それについては後に回して、先に二人のプロフィールを見てみましょう。 ゾフィーのボケ担当、上田航平さんの驚きのプロフィール! 上田 航平:1984年12月17日生まれ、170cm 55kg O型、神奈川県出身 趣味…読書、サウナ 坊主頭が特徴的な上田さんは、以前別の事務所で「チェルシー」というコンビを組んでいました。 しかし解散してしまい、以前から知り合いだったサイトウさんに相談した結果、その流れでコンビを組むことになったそうです。 そんな上田さんですが、最終学歴を見てみて驚き。 何とあの、慶應義塾大学卒! 同じ芸人で慶大卒といえば、オリエンタルラジオの中田さんやふかわりょうさんが有名ですね。 どちらもインテリ芸人としてニュース番組やクイズ番組で活躍しておられるので、上田さんもブレイクしたらそういう場面での露出が増えると考えられます。 もっと活躍して有名になって、インテリ芸人の頂点の座に君臨する宇治原さんやカズレーザーさんを脅かす存在になってほしいですね! また上田さんのお父様も、慶應義塾高校の野球部監督を務めておられました。 上田さん自身も高校時代は野球部に所属していたそうですが、猛練習に耐え切れず辞めてしまったそうです。 当然、野球を辞めることも芸人になることも反対されたそうですが、プレッシャーにも反対の声にも負けずに、自分のやりたいと思うことを貫き通した上田さんの姿勢は、見習うべきものがあるような気がしますね。 私自身がプレッシャーに弱く、他人の目を気にし過ぎてしまう性格なので尚更です。 ゾフィーのツッコミ担当、サイトウナオキさんは会社の専務!? 芸人と居酒屋の二足の草鞋! サイトウナオキ:1980年3月26日、173cm 65kg O型、青森県出身 本名…斉藤直樹、趣味…一人酒、不動産探し ツッコミのサイトウさんもゾフィー以前は「あずう」という別のコンビを組んでおり、芸名も「インチキ斉藤」と名乗っていました。 この時の解散理由が「ネタを書くのが辛くなった」ということで、ゾフィーを組む際に上田さんがネタ作りを担ってもらえるようお願いした、ということです。 慶大卒のインテリにネタを書いてもらえるなら、確かに安心出来ますね。 そんなサイトウさんですが、芸人以外にもうひとつの顔を持っています。 なんとサイトウさんは、居酒屋チェーンの専務取締役として会社勤めをしているのです。 サイトウさんは1年程芸人を休んでいた時期があり、その際に居酒屋に就職しました。 そこでの仕事ぶりが評価されてとんとん拍子に出世していき、現在はその中の数店舗を束ねる社長として子会社を立ち上げ、取締役として経営にあたっています。 会社側も芸人との両立を前向きに考えてくれているそうで、そんな大らかな会社とサイトウさんのような上司の下で働きたかったと羨ましく思うばかりです 笑 ちなみにサイトウさんは離婚歴があり、息子さんが居られるそうで、キングオブコント直前のインタビューでは、賞金を息子さんの進学費用に充てたいと語っていました。 親子仲は離れ離れで暮らしている今も然程悪くないということで、是非ブレイクしてヨリを戻してほしいと願ってしまいます。 …けどブレイクしたらしたで、今度は居酒屋経営の方が大変になっちゃうかも? キングオブコントで炎上芸人の仲間入り!? ゾフィーのネタ紹介 ゾフィーのネタで一番有名なのが、キングオブコントの2017の決勝で披露した「母の家出」。 詳細は省きますが、息子役の上田さんが母親のことを「メシ作る人」としか呼ばないという設定に、「ネタだとしても不愉快」だという声が多く上がりました。 私も見ていたのですが、確かに実の息子が母親を「メシの人」としか呼ばないことには、モヤッとした感情を抱きます。 審査員の三村マサカズさんも真剣に釘を刺していましたし、もう少しネタの中でフォローが必要だったかなと思います。 もちろんゾフィーのネタはこの家出ネタだけではありません。 上田さんの高校時代を彷彿とさせる「野球部」や、師匠と弟子のすれ違いを描く「おやっさんとマサル」等、ネタ構成の妙を感じられる秀作ぞろいです。 YouTubeのグレープカンパニー公式チャンネルで彼らのネタを見られるので、要チェックです! 私のおすすめはこの「バイク事故」。 一度見だすと次の展開が気になってしょうがなくなること請け合いです!

次の